エチケン

体験談・小説メニュー

タイトル(約 6 分で読了)

処女だった高校生時代、オナニーの見せっこした話

投稿:2020-06-27 17:56:59
更新:2020-06-27 17:56:59

この話のシリーズ一覧

本文

アキさん◆VnVgRiA
前回の話

アキです。前回の投稿では、あまり自分のことを書いてなかったので、少し書こうと思います。

今はもう二十代半ばですが、ユウさんとのことがあった頃は16で、もちろん処女でした(というか、キスすら……)。身長は156くらい、やせてる方ですが胸もなかったので、あまり自信になりません(笑)。顔も童顔で中学生に見られたりするのも悩みでした。女子校に通ってましたが、趣味の知り合いで男性の友達は何人かいました。その一人が、24歳のユウさんです。

オナ友になってからも、ユウさんとは趣味のイベントに出かけたりしました。実際に会ってる時の態度は、前と変わらなかったので嬉しかったです。エロい話を自分からしてくることもないし、普段のままなので安心できました。でも、私の方は手を見ると(この指でしてるんだ……)とか想像したりしてましたけど(笑)。

一緒にオナニーしてると、実はユウさんはドSだったことがわかりました。恥ずかしがる私に、いっぱいエロい命令してきたり、イジワルなこと言うんです。

「お尻の穴なめてくださいって、言ってごらん」

「そんなこと言えない……」

「言わないと、なめてあげないよ」

「いやぁ……」

「じゃ、言ってみて」

「アキのお尻の穴、なめてください」

こんな感じで、どんどんエロいこと言わされちゃうんです。でも、本気で嫌なことは絶対言われないので、安心してエロ通話を続けることができました。

ユウさんがイク時の声も、だんだん可愛いと思うようになってきて、精子が出るとこ見てみたい……という興味も出てきました。もちろん言えません。おちんちん見るのも嫌だ、と前に言ったことを覚えてくれてるユウさんは決して、俺の見てごらんみたいな事は言わないからです。

一緒にオナニーするようになって、一月くらい経った日のことです。その日は平日だけど、学校行事の振替休日で朝からアパートにいました。もちろん、さっそくユウさんに電話して、オナニー開始です。この頃は、クリだけでなく、中にも指入れるようになってました。

何回かイッた後で、ユウさんに言われました。

「疲れたでしょ。ちょっと休んで、後でまた再開する?今日は時間あるから、たっぷりつきあってあげるよ」

「……じゃあ、今から会って一緒にして」

口に出した瞬間、自分でもびっくりしました。もちろん、目の前で一緒にしたいという願望はあったんですが、それはまずいなーと思って、ガマンしてたからです。一緒にしたからって、犯されるとか思っていたわけではありません。既婚者とそういうことしたら、まずい……一応はそう考えるだけの理性はあったんです。吹っ飛んじゃいましたけど。

「本気?」

「……うん」

「じゃあ車で迎えに行く。一時間後くらいでいい?」

「うん、待ってる」

まずいなーと思いつつ、嬉しそうに返事してる私がいました。あわてて着替えて(精一杯、大人っぽく見える服にしました)、ユウさんを待ちます。それから迎えに来た車に乗って……気がついたら、ユウさんとラブホの部屋にいました。

一緒にオナるわけですから、こういうとこに来るのが当たり前です。でも、人生初ラブホだった私は、おおはしゃぎで部屋の設備や、ビデオとか自販機とか、チェックしてまわりました。

そんな私がようやく落ち着いた頃、ユウさんが言いました。

「じゃあ、始めようか」

うなずいた私は、服を脱ぎ始めました。脱がせてほしいなーという気持ちもあったのですが、それは何故か恥ずかしくて口に出せませんでした。でも、見られながら脱いでいくだけで興奮してきて、パンツの中はすごいことになってました。

すぐ隣では、ユウさんも脱いでいます。もう平気かなとも思ったんですが、やっぱりおちんちんへの嫌悪感は、完全になくなったわけではなくて、ユウさんがパンツを脱ぐときは、目を背けてしまいました。そうして二人ともマッパになって、ベッドの上に寝っ転がります。

「じゃあ、俺の言う通りにやってみて」

ユウさんは私の足下の方に行って、脚の間をじっと見ています。私は言われるがままにM字開脚して、あそこをいじりはじめました。ユウさんは顔を、オマンコのすぐ近くに持ってきました。ユウさんの息が当たります。

「恥ずかしい……」

「けど興奮してるでしょ、びしょびしょだよ」

その通りです。もう隠しようがありません。ユウさんの息にくすぐられながら、クリをいじりはじめました。男性に見られながらのオナニー。中学生の頃、初めてした頃から、おかずにしていたシチュエーションです。燃えないわけがありません。あっという間にイッてしまいました。

でも、一回で満足できるわけがありません。言われるがままに四つん這いになって、持ってきたローターを使い始めました。その瞬間、いきなりすごい快感が走ります。ユウさんが、私のオマンコにキスしてきたんです。

「ひゃあ!」

変な声が出ました。でもユウさんはそのまま、オマンコをなめてきました。激しくはありません。ゆっくり、丁寧に、じっくりなめてきます。気持ちいいところに舌が当たると、体がビクッと反応します。そうすると、ユウさんはそこをじっくりなめてくれるのです。いつの間にか、ローターはユウさんの手に渡っていて、なめられながらローターで責められるようになりました。

これって、もうオナニーじゃありませんよね(笑)。

「お尻の穴なめてくださいって、言ってごらん」

「そんなこと言えない……」

「言わないと、なめてあげないよ」

午前中、電話でした会話の繰り返しです。おんなじ結果になるとわかってて、抵抗してみました。でも結局、なめてくださいってお願いして、なめられてしまうのです。最高でした。

電話でしてる時も、実はこっそり、自分でなめた指でお尻をいじったりしてたのです。ユウさんの舌の音にあわせて。だから気持ちいいって事は知ってたつもりなんですが、実際になめられるのは、比べものにならないくらい良かったです。

一方的に、一時間くらいイカされた後でしょうか。ユウさんのおちんちんが目に入りました。最初にちらっと見た時と変わらず、すごく大きくて、びんびんでした。キモいって感じは、だいぶ減ってました。

「私ばっかりごめんね。ユウさんもイキたいでしょ?」

「うん、じゃあ俺も始めるね」

「ごめんね、なめたり触ったりできないけど、見てていい?」

「ああ、それだけでも興奮するから」

そう言って、ユウさんはおちんちんをしごき始めました。私はユウさんの太股に頭を乗せて、至近距離から見つめます。もちろんAVを見たことくらいあるのですが、いつも射精の場面の前で止めてしまうので、その瞬間を見たことはありません。

おちんちんを嫌いだったことも忘れて、その瞬間を見逃すものかって気分で、じっと見つめていました。

すると、いきなり快感が走りました。右手でオナっていたユウさんが、左手でローターを、私のあそこに当ててきたのです。もうイキまくって満足したはずなのに、体が反応してしまいます。

「やめて、出るとこちゃんと見たいのに……」

私は息も絶え絶えにお願いしました。イク瞬間の私は、意識が吹っ飛んだような感じになって、目の前のこともわからなくなるのです。いつもみたいにタイミングあわせて、同時にイクようになったら、精子出るとことが見れません。けど、普段は私のお願いなんでも聞いてくれるユウさんが、この時はイジワルでした。

「見たかったら、イカないようにガマンしてごらん」

「いやぁ、そんなの無理……」

情けないことに、ほんとに無理そうでした。でも、ユウさんの手の動きもはやくて、息も荒くて、今まで一緒にオナった経験から、イク直前だとわかりました。

必死に耐えながら、おちんちんを見つめていると、快感の波が引いていきました。ユウさんが、ローターを離してくれたのです。

「ああ、イクッ!」

ちょっと冷静さを取り戻した私の目の前で、ユウさんが精子を出しました。いっぱいいっぱい。私の裸で興奮して、出してくれたんだと思うと、すごく嬉しい気分です。その次の瞬間、またローターが押し当てられました。

私はユウさんにしがみつきながら、一瞬でイッてしまいました。胸のあたりに、精子まみれのおちんちんが当たっています。でも、汚いとかは全然思いませんでした。そのままかたく抱き合って、二人とも動けなくなりました。

10分くらいして、ようやく落ち着いた頃、どちらからともなく、キスをしました。私にとっては、ファーストキスです。オマンコやお尻の穴をなめられるより後って、順番が変ですよね(笑)。

その後、一緒にお風呂入って、部屋を出るまでベッドの上でごろごろしました。ユウさんはちょっと太ってるので、抱きつくとぽにょぽにょで気持ちいいんです。大きなクマのぬいぐるみみたいな感じなのです。

こんなことまでしといて変なのですが、でも私はユウさんに恋愛感情は持ってませんでした。大好きだし、これからもえっちな事したいと思うのですが、つきあいたいとか、そういうのとは違う感じなのです。

そして、冷静になると、まずいことしちゃったなーという思いも蘇ってきました。そんな私に気づいたのか、ユウさんが聞いてみます。

「今日のこと、後悔してる?」

「ううん、これからももっとしたい」

「そっか、俺もだよ」

ユウさんはそう言ってくれましたが、すっくりしない顔しています。理由はわかります。奥さんのことでしょう。私だって、気にしてるのですから。少し経って、ユウさんが言いました。

「……よし、決めた。うちの奥さんも、この関係に引きずりこもう」

続きは、また今度にします。

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]