月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 8 分で読了)

1人で水遊びをしていた少女との再会

投稿:2020-06-26 08:06:48

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

プールの監視員◆eSZFRlA(千葉県/30代)

何年か前に忘れない出来事を体験した。

6月下旬の平日、仕事が休みだがやる事が無かったので近くに有る小さな海水浴場にそこは国道から少し入った人気の無い場所シーズンになれば少しは賑わうがこの時期は誰も来ないが、シャワーとトイレはあった。

夏にプールの監視員をするのに準備を?そう思い少し身体を焼きに来た。

うつ伏せになり少し眠ってしまった様だ。

起きて周りを見るとプールバックと洋服明らかに自分の荷物では無いので周りを見渡すとそこにはスクール水着を着た。

少女が1人居たので様子を見ていた。

手を回したり潜ったりと何かを探して?すると少女はこちらに気づいた様子で笑いながら手を振ってこっちに走って来た。

少女「お兄ちゃん久しぶり」

「あれ?もしかして、不思議ちゃん?」

少女「そうだよ、お兄ちゃん寝ていたみたいだったから1人で遊んで居たよ。」

「遊んで居たって、学校は?」

少女「学校休みでお母さんと泊まりに来たけど、買い物したりお父さん迎えに行くって」

確か、去年は中◯生になったとか聞いていたけど、顔はまだあどけなさは残るが、身体は去年より背も高くなり、女らしい身体に」

少女「去年はクラスで1番小さかったのが、今は1番背が高いんだ、すごいでしょ!」

「可愛くなったよね、彼氏もいるでしょ」

少女「居ないよ!小さい頃からお兄ちゃんと結婚したいって神様にお願いしてるんだよ」

俺は去年までの小学低学年の様な身体つきしか知らないから大人になっている顔からきつそうな水着の上からでも分かる成長に驚いて少女とは言えない女の子を見た。

少女の名前はあおいと言い驚く俺を見てあおい「お兄ちゃんに言われたとおりに嫌いな牛乳も毎日飲んだからかなぁ?」

そんな事を聞いて居ながら見事に成長した。

身体を何度も見てしまった。

あおい「お兄ちゃん!話し聞いてる?」

「う、うん、1年いや10ヶ月ぶりだね。水着小さく無い?きついでしょ?」

あおい「だって、学校の水泳がまだだってお母さん水着買ってくれないんだよ。」

「それだけ成長したら水着だって新しいの。買って貰わないとダメだよ、ホラ!」

はみ出しているお尻の部分を引っ張り

「ぱちぃーん」

あおい「でしょ!あっ、少し焼けてるね!今年はお兄ちゃんみたい真っ黒になって2人はカップルですか?とか言われたい」

「カップルって、俺たち付き合うの?」

あおい「お母さんもねえ、お兄ちゃんなら付き合うのオッケーだって言ってるよ!それにあなたはモテないからお兄さんが小さい頃から好きなんだから結婚して貰えばって言われた、結婚を前提に付き合って!」

「こっちは大人だよ、まだ中◯生でしょ?好きな相手見つかるから、それまでなら」

あおい「ヤッタァ〜、夏休みずっと一緒」

その時は知らなかったが、彼女の親が近くに別荘を買ってホテルに泊まり、別荘にも行く。

更に、高◯生になった少女に夏休みの間ホテルのプールの監視員のバイトで来る事に去年迄は少女は小学生にしか見えなかった。

しかし今年高校一年生、夏休みの間ずっと彼女とは仕事仲間になるが、こちらは社員俺「水着きついでしょ、みていても窮屈だし色々と成長して居るから水着脱いだら?」

あおい「水着脱いて洋服着たらお兄ちゃん。泳ぎ教えてくれないでしょ、脱がない!」

「高◯生なら泳げるでしょ?」

怒った様にあおいが声を上げた。

あおい「去年だってクロールと背泳ぎやっと出来たくらいだし!さっき泳ごうとしたら」

「あ、そこは見てたよ!」

俺が見ていたのは水着が窮屈なとこだが。

あおい「お兄ちゃん、トイレ行ってくる」

後ろ姿を見るとやはり水着が小さい様でお尻は少しはみ出している。

女の子のトイレって意外に長いよな。

それにしても胸もあんなにおっきくなってもしかしたらお姉さんかな?別人みたい笑すると、俺を呼ぶあおい。

あおい「お兄ちゃん!お兄ちゃん大変!」

俺はあおいの元へと向かう。

「どうしたの?紙ないの」

あおい「水着が脱げないの!」

スイミングの女の子達は水着は脱がないで股の部分をずらして用を足しているが…そんな事は知らないし、小学生の頃も良く。

トイレ行って水着脱がせて着せてをした。

やっぱりあおい本人だった。

小さい頃と全く変わらないあおい。

「もう小学生じゃないんだから平気でしょ着たんだから脱げないって?」

あおい「漏れちゃうよ!お兄ちゃん…」

俺はあおいの手を引っ張りトイレの個室に俺「ごめんね、こうすればできるよ」

水着の股の部分をずらしてほら!オシッコそのまま用を足しながら、スッキリした顔あおい「お兄ちゃん凄い!頭いいね」

「子供じゃ無いんだからさぁ〜」

あおい「でも水着脱げないみたい、脱ぐ時はお兄ちゃん手伝ってね、今は脱がないけど」

「小さい頃よくトイレ行ったよね。」

あおい「お母さんも、お兄ちゃんの方が安心だって言ってたよ、家の近くのプール行くと必ず言ってた笑」

「小学生じゃあおいちゃんだけだったよ!他の子は親が連れて行ってたから」

普通女の子ってトイレの中に入ってくるのはもちろんだけど用を足している音でさえ聞かれたくないのが普通だと思うがこの子はあおい「オシッコ終わったよ、お股洗って」

「ホントに小学生みたいだね」

手洗い場で水を出して小さい頃と同じ様に水着の隙間から割れ目に沿って水を掛けて更に俺は水着をずらし成長した所も洗った。

イタズラに大きくなった胸にも水を掛けてお椀型のCかDはあろうかという両方の胸に水を掛け両手で洗うように何度か優しく。

触っていると、真ん中の部分乳首が浮かびそれをつまむと小さく吐息を漏らした。

あおい「お兄ちゃん?恥ずかしいよ」

「あっ!ごめん、去年と違うよね」

あおい「去年は全くなかったから」

「外にあるシャワーに蛇口付ければ水出るからそこでもう一度洗おうよ」

あまり使われないトイレだが地元の方の。

おかけで砂浜にあるトイレだが凄く綺麗にしてあり、その隣に併設された室外に有る2つのシャワーも小さい屋根とプラスチックの扉(外から見えない様になって居るが中も薄い透明な板だけなので透けて見える)あおいは俺の手を取りシャワーへと向かう。

あおい「水着脱げないよ!」

「水着脱いて着替えてお母さんの所?」

あおい「そうじゃ無くて、脱げないから」

「シャワー、冷たいけどオシッコしたからそこだけは洗っておかないとダメでしょ?」

するとあおいはシャワーの蛇口を思い切り回し、頭から水が勢いよく出てきてしまい。

「キャー」

と叫びながら俺にしがみつく。

一緒に頭から全身に冷たい水を浴びたが水を止めて成長した身体を抱きしめた。

かなり冷たかったのか震えるあおいの胸の。

先のとがった部分を肌で感じてそのまま手は水着からはみ出したお尻の部分を鷲掴みその手を離すまでじっとお互い見つめ合う。

あおいがシャワーの蛇口を思い切り回し2人してびしょ濡れです抱きしめ合った。

あおいの身体の震えが止まったと同時にお互い見つめ合う様に時間が止まる。

あおいの顔が真っ赤になり身体中熱くなる。

恥ずかしいのかそのまま目を閉じた。

何かを求めている様にしているので俺は冗談のつもりで、浮かび上がる乳首の先を両手で水着の部分を思い切り引っ張ってると

「もう!着れそうな水着これだけなのに」

更に

「お兄ちゃんと一緒にプールの監視書類と面接で夏休みバイトするのにもう!」

「面接は知らないけど、事務に任せだし」

あおい「バイトするのに学校の水着じゃダメだって言われたから買わないと。」

「お母さんと話し合ってから決めようと」

あおい「出来たら一緒がいいな!」

「揃ってサイズが有ればいいし着て欲しい水着が有るから出来ればそれで」

あおい「プールのバイトだってさぁ、お母さんが私の初めてのバイトだからって」

お兄ちゃん私とお母さんが泊まりに来た翌日必ず遊んでくれたし、凄く安心したって。

お兄ちゃんとバイトするのを後押ししたのはお母さんだよ、私知らなかったから。

2ヶ月間寮生活してみてって言ってくれた。

俺はふとあおいが何をしていたのかを問い。

手をギュッと掴んで2人で砂浜に向かう。

俺が寝ていて起こさない様に気づかれない?様に泳ぎの練習をしていたそうだ。

笑俺「ちょっとだけみて居たよ。」

あおい「思い出して練習してた。」

「声掛けてくれたら良かったのに。それに日焼けするよ!」

あおい「顔は困るけど身体は日焼けしたい」

時計を見るとまだ10時過ぎた所だ。

日差しは強く今日遊んだら2人真っ黒だろう。

風はなく気温は32度、砂も熱い。

泳ぐ?それとも遊ぶ?あおいに聞いた。

両方と言われたから、泳ぎながら遊ぶ事にクロールはかなり上達したけど背泳ぎは?あおい「お兄ちゃんに支えてもらわないと」

プールでは何人か泳げない子供に泳ぎを教え1日か2日で何とか型にして泳げる様に監視をしながら教えていた。

「背泳ぎでしょ?」

あおい「全然ダメだよね、きっと」

「クロールは綺麗に泳げるからすぐ覚える。と言うけどなぁ。今やるの?」

水に入る前に砂浜と思ったけど、熱いので浅瀬で波はほとんどない場所で、ほぼ背中が着く位の浅い所に仰向けになった。

腕を回すフォームは綺麗でもいざ泳ぐとどうなるかはかなりの不安があった。

仰向けのまま少しずつ背中とお尻を持って深い所へと徐々に移動する。

身体中が緊張しているみたいで、脇とお尻をくすぐり始めた。

あおい「ちょ、ちょっと!お兄ちゃん。」

笑いながら中腰の俺に体勢を変え抱きついた。

「水着、小さくてお尻はみ出してさぁ、小さい頃から怒らなかったから。」

抱きついたまま真っ赤になったあおいがあおい「2人きりだから意識しちゃうよ」

確かにお尻を触りながら水着ずらしてしまい。

丸出しになっでハッキリ色が違う。

「真面目に練習するから。怒らないで」

「あおいはお尻が重いから持ち上げないとほら!もっとあご引いてしっかり腕回す!」

あおい「お兄ちゃん小さい頃からお尻触って叩かれたよね。それで腕はこうするの?」

「お尻触って怒るならヤメるよ、それと回す腕は片方だけ回すからね。」

すると、腕を伸ばして回すと型の良い胸が水着の隙間から横胸がチラッと。

その横胸を押さえる様に腕を回す。

さすがに今度は何も言わない。

それでもやっぱり両手回したら胸でちゃう。

だろうなぁ、それはそれで嬉しいけど俺「ビート板あったよね?それを2枚使う。背中とお尻に乗る様にしてバタ足して!」

そのまま泳ぐあおいの横について声を!あおい「そのまま交互に腕回せる?」

するとやはり両手を回すと右から胸が…左からも水着は胸の谷間に吸い寄せられ。

お椀型の胸が飛び出した。

するとあおい「お兄ちゃん!お、に、い、…」

そのまま水に潜り水着を直ししゃがみ込む。

「2人だけで良かったよね。」

あおい「う、うん」

もう辞めようか?水着買ったらにしてさぁ、あおい「辞めちゃうのかぁ〜、ウーン」

あおいが何かを考え居る様子。

あおい「お兄ちゃんの水着貸してください」

俺の他に持って居る水着を下に履いて、上はスクール水着を下だけを切って着ると言う。

水着とハサミを車に取りに行き、あおいに私、車の中で着替えて戻って来た。

あおい「水着、切っちゃったけど仕方ない。よね、もう着ないし、って着れないから」

「所で、去年と今年どこがどう変わった」

あおい「身長は137から147位かな?」

「そんなに身長伸びたんだ!顔は同じで背が伸びて他も伸びたんだね。」

あおい「伸びたって事?おっきくなったって行って欲しいなぁ〜、大人びたとか笑」

「確かに!去年迄小学生と間違えてられてあれ?お兄さんの娘さん?とか言われてさぁ真っ赤になってしがみついたよね?」

俺の競パンはぴったりで、上も余裕が出来て男物を女の子が身につけるとエロいなって泳ぎは次にしてお母さんから連絡有るまで遊べるでしょ?それとも帰る?あおい「お兄ちゃん、もうお昼だよね?」

「お昼になるね、おにぎり持って来たから一緒に食べる?それともどこかお店行く?」

あおいはおにぎりを食べるといい唐揚げと卵焼きも半分ずつにして食べた。

お互いにシートに向かい合って食べていたが脚を広げて食べる股間の食い込みが気になりさっきのトイレで股に水を掛けた時も少し気になって居たが、チラチラ見るからあおい「お兄ちゃんどうしたの?脚広げてどこ見てるの?もしかしてここ?」

股に食い込む水着を指差して俺「そう、そこがすごく気になる笑」

あおい「ここっていつも人いない。」

それから2人でシートの上でごろごろして居るうちにお互い眠ってしまった。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:8
いいね
投票数:11
文章が上手
投票数:7
続編希望
投票数:51
お気に入り登録
投票数:6
名作
投票数:3

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:86ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 1回
  • 15回
  • 66回
  • 1,511回
  • 6,366回
  • 14,955位
  • 14,205位
  • 14,603位
  • 12,827位
  • 16,570位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 9Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 6,521位
  • -位
※20160記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]