エチケン

体験談・小説メニュー

タイトル(約 5 分で読了)

4本の手によるオイルマッサージで射精

投稿:2020-06-24 00:41:24
更新:2020-06-24 00:41:24

本文

東京都/バンコク人さん(30代)◆GCOCBAg

俺は駐在を命じられバンコクに住んでいる。以前の書き込みで健全店でのボディスクラブの体験談を紹介した。亀頭の角質を除去して貰った訳だが、その後は何店舗かボディスクラブを試してみても、やはり普通の施術で終わってしまい特別な体験は出来ていなかった。敢えて健全店を選んでいるので当然だ。手っ取り早くスペシャルサービスで稼ぎたい店ではスクラブなどのメニューは無い。

スペシャルがあると分かっている同じ店に行くのは俺の流儀に反する。また可愛い子に当たる保証もないし、当たったとしてもサプライズにはなりえない。無駄に綺麗になりながら足繁く新規店舗の開拓に勤しむ日々を送っていた。

そんなある日、広告の片隅に載っていたマッサージ屋のメニューにフォーハンドコースの文字を見つけた。さほど遠くない場所にあるが外観が完全なる健全店だったため牽制していた店だ。要するに二人に施術して貰えるわけだが、健全店であればあるほど二人だとスペシャルに発展しないんじゃないか。

悩んだ時間は一瞬だけで、すぐに予約を入れた。ちょうど一週間分の精子が溜まる週末の午後に予約をし、当日までちんこに触ることなく体調を整えた。

当日を迎え、立派な店の佇まいに臆しながらも中へ入る。受付の女性に予約名を告げて暫し待つ。マッサージを終えたと思われる女性客2名がお茶を飲んでいた。紛れもない健全店だ。

「フォーハンドのオイルマッサージコースのお客様」と店員に声を掛けられる。何も悪いことはしてないはずだが、フォーハンドって何?とでも言いたげな女性客の視線を振り切って、逃げ込むように店の奥に身を隠した。

奥の個室に通されると女性二人が待っていた。20代半ばと思しき可愛らしい二人に心の中で雄叫びを上げる。一人は白くて清楚な感じ、もう一人は褐色で元気よさそうな娘。しかも二人揃って巨乳だと分かる。今から裸になり4本の手が体中を揉み解してくれると考えるだけで興奮してきた。

まずは部屋に備え付けのシャワーに入るため服を脱ぐ。と、部屋から出ていくかと思われた二人は俺の脱いだ服を受け取りタオルを手渡すために、傍に控えている。俺は後ろを向きそそくさと服を脱ぎタオルを受け取った。

シャワー室はガラス張りになっていて外から見える。服を畳んだりベッドを整えたり、と二人は一向に出ていく気配がない。ここでも二人に背を向けながらそそくさと体を洗う。

いよいよ、マッサージ開始。うつ伏せになった俺の腰からタオルを取る。腰を浮かして下ろす時に、俺はちんこを下向きにしてみた。うつ伏せの状態でもちんこが見えるはずだ。

まずは上半身。二人にマッサージされているという満足感が大きいからかもしれないが、かなり気持ち良い。左右それぞれに分かれて同じ動きを繰り出す。二人とも力は十分にあり、筋繊維一本一本がほぐれていくような感じだ。

首から腰まで十分にほぐした後は臀部へ移動。片ケツにつき女性一人とは、繰り返すが贅沢でありリッチな満足感を得られる。ケツ揉みは腰揉みの延長のような感じで、割れ目に侵入することもなく強めの力でグイグイ揉まれて気持ちが良かった。

ここで価格を紹介すると、通常のオイルマッサージは1時間1、000円ほど。二人になると単純に2、000円になるだけ。こんな贅沢が出来るのもタイの魅力の一つだ。

ケツが終わると蒸しバスタオルで体が包まれた。熱いタオル越しに再び揉まれる。幸せすぎて正直エロい気持ちはどこへやら。女性二人は言葉を発することなく一所懸命にマッサージしてくれる。サッと蒸しタオルが取られ、下半身に被されていたタオルが上半身をカバーする。金玉が少しだけ出ているような感じがした。

足の裏から始まったツボ押しも二人の動きがシンクロしている。初めはオイルを付けずに足首から膝、太ももまで一気に4本の手が這い上がってきた。内腿へ移動した直後、指先が金玉をかすめる。金玉タッチの動きはシンクロしていないものの、左右交互に金玉へ与えられる電気的な信号に反応し、早くも勃起してしまった。

玉に押し付けられていた竿は血液を溜め込み徐々に亀頭が頭を出してきている。亀頭で感じた外気の状態から、おそらくタオルは被さっていないだろう。

ドキドキしてきた。ここは健全店だ。女性二人で申し合わせる時間もなく突然現れた亀頭を目の前にして、どんな顔をしているのか。

女性が手にオイルを取る音が聞こえ、再び足の裏からシンクロが始まった。アキレス腱からリンパ腺まで一気に押し上げてきた。しっかりと押さえつけながら上昇してきた親指が太腿を圧迫する勢いだったため、指が金玉どころか亀頭に触れてしまった。

真っ直ぐ下を向いた亀頭の左右を、それぞれ左右の女性の指がかすめていく。相当出ているだろう我慢汁も彼女らには見えているはずだ。仰向けになるのが楽しみすぎるが、ここは一度勃起を抑えたい。グイグイとリンパ腺を刺激され、下半身も同じく蒸しタオルで包まれる。その間に勃起を抑え呼吸を整え、いざ仰向けだ。

仰向けになり明かりが少しだけ落とされ、更に薄暗くなった。二人の表情は良く見える。

まずは下半身にタオルを掛けたままマッサージだ。下から這い上がってくる4本の手が太腿に達した時に、やはり勃起してしまった。下を向いていたちんこが左回りで徐々に上を向いていく。左側は褐色の元気娘だ。邪魔するちんこをそのまま潰し、太腿を両手で掴む。タオル越しとはいえ初めてがっつり触れられたため勃起メーターが振り切り、亀頭は真っ直ぐに俺のへそを指す。

一人の場合は片足にタオルを掛けながら施術していくが、二人の場合はどうか。するりと取られたタオルは半分に畳まれて、ちんこの上に乗せられた。と言っても上を向いた竿半分くらいしか隠れておらず金玉は丸出しだ。まだ彼女らの表情に変化はない。

オイルを付けてから再び二人のシンクロが始まった。太腿から玉の付け根までググーっと指圧される。もう金玉に触れることは互いに何も思ってないかのように、金玉を押し上げキワを圧迫する。俺は目を閉じて深く息をする。

不意に2本の手が金玉へオイルを塗り始めた。一人の仕業なのか共謀なのか確認できない。袋の中で玉を転がし、軽く引っ張ったり皺を伸ばしたりされてるうちにタオルから亀頭が飛び出した。俺はまだ目を閉じているが亀頭が脈打ち頭を振っているのが分かる。まだ金玉マッサージは続いている。いつのまにか4本の手で金玉が揉まれていた。

俺は何も言わない。何も言わないがちんこが脈打っている。

ぬるりと一瞬電気が走ったかと思うと、2本の手がちんこを包んだ。俺はまだ目を開けない。もう2本の手は金玉と肛門を這いまわる。俺が最も好きな、ここが何の空間なのか分からない状況になった。ちんこを触っているのが誰なのか目を開けたくなったが、動きからそれぞれ片手でちんこを撫でていることが分かった。

一本の指が玉から下に向けてツツーっと滑っていき肛門をツンツンする。うっ、となると同時に尿道も刺激される。

ここで初めて彼女らが口を開いた。

「また来てくれる?」

それだけ言うと、二人掛かりの亀頭攻めが始まった。

竿の根元を掴み天井に向ける。尿道に指を滑らせたり亀頭を掴んで捏ねたりする。まるでシゴく気がない。予想のつかない動きに亀頭はただただ我慢汁を垂れ流す。尿道への強すぎる刺激が与えられ、ビクっとなり肛門が締まる。肛門が緩まった隙をついて小指が侵入してきた。俺は絶景を楽しもうと、肘をつき上体を少し持ち上げた。

可愛い子2人がニヤニヤしながら股間を覗き込んでいる。アナル攻めに驚いた俺の心中を察して、一度指を抜く。小指を立てながら、「第一関節だけだから大丈夫」と訳の分からないことを言われ、指を抜き差しされる。亀頭は相変わらずシゴかれず、電気的な刺激が継続して与えられる。くすぐったくて気持ちよすぎて自分ではここまでの刺激を与えることは出来ない。

射精する、というよりは本当に何か漏らしてしまいそうな感じだ。自分の亀頭が攻められている様をまじまじと見る。

じわりじわりと波が押し寄せてくる。もう一段階膨れあがったのを感じ取ったのか、色白娘が亀頭をグッと掴み上下に動かし始めた。同時に、肛門を出入りしている指はもう少し深いところに沈んでいった。すでに限界状態だった俺は脱力を図ることで持ち堪えようとするが、時すでに遅し。

突然、亀頭を包んでいた手がピタリと止まった。すでに引き返せない波に飲まれていた亀頭は、褐色娘が尿道に伸ばしてきた指先をかすめて精子を飛ばした。脈に合わせて溢れ出る精子を二人にじっと見つめられる。シゴかなくとも体内に溜まった快感が後から後から精子を送り出す、

射精後、しばらくピクピクしてた俺を再び蒸しタオルで包んでくれた。たくさん亀頭を愛撫してくれたせいで上半身をマッサージする時間がなくなってしまったが、ここで埋め合わせるかのように一所懸命にタオル越しに揉んでくれた。

二人の息は最後まで揃っていた。俺は気持ちよく自らチップを払い帰宅した。

同じ店で体験したシックスハンドの話はまた今度。

-終わり-
作者にメッセージを書く

話の感想(件)

話の感想を投稿する

内容[必須:現在0文字]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


長くなる雑談は雑談掲示板でお願いします。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]