エチケン

体験談・小説メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

上級生の女の子がトイレ掃除の直後におしっこをもらしてしまった話

投稿:2020-06-16 02:08:23
更新:2020-06-16 02:08:23

本文

ナットゥニュウさん◆JxlYR3c

僕が小学3年のときの出来事。

給食の後は掃除の時間。

4,5,6年生は1,2,3年生のトイレを掃除することになっていて、その日も当番で決められた数人が掃除に来ていた。

その日は5年生が掃除に来ていた。

掃除が終了間近になるとトイレの前にはおしっこを我慢している子が集まり始める。

僕は女の子のおしっこ我慢やおもらしに興味があったので、並びながらクラスの女子をこっそり観察していた。

股間を押さえながら足踏みする子、スカートの裾を掴んでもじもじする子、我慢の仕草はそれぞれだ。

僕が密かに想いを寄せてた子(名前はゆかりちゃん)に目を移した。

ゆかりちゃんは少しウェーブのかかった髪を胸くらいの長さに伸ばし、何となく上品な感じのする女の子で、白いタイツをよく着用していた。

ゆかりちゃんはスカートの前で両手を組みジッとしている・・・ように見えて僅かにそわそわしていることに僕は気づいていた。

あぁ、あの子もおしっこしたいんだなぁ・・・、なんて考えていた。

掃除終了後も5年生達は、トイレの前に集まっている子を並ばせて、掃除が終わった後も世話をしてくれた。

ゆかりちゃんも限界が近づいているのか、さっきよりもそわそわしている感じだった。

ゆかりちゃんは2年生のときにおもらしをしており、もしかしたらまたおもらしを見れるのではないかとドキドキしていた。

(因みに4年生のときにもおしっこをもらした)

そんな矢先、列を見守っていた5年生の女子の一人(ツインテール。水色のキュロットスカート)が、

あっ!という表情と泣きそうな表情が混じったような表情になり両手で股間を押さえた。

押さえられたキュロットスカートから水が溢れ出し、足元に水たまりが広がっていく。

彼女はおしっこをもらしてしまったのだ。それも高学年にもなって下級生に見られながら。

俯いてぎゅっと目を閉じ恥ずかしさに耐えているようだ。

それでもおしっこを止めようと必死に両手で股間を押さていたが止まることはなくキュロットスカートを染めていった。

やがてヘナヘナとその場にしゃがみこむ。

同級生が呼んで来てきたのか先生が駆けつけて来た。

そして彼女は連れられて保健室へと向かったようだ。

去っていく彼女のキュロットスカートはお尻の方までぐっしょりになっていた。

耐え難い恥ずかしさであっただろう。

自分のおしっこで汚してしまったキュロットスカートや靴下、上履き、足元に広がった水たまり・・・

先生が駆けつけて来るまでの間、それらの失敗してしまった跡を下級生に見られ続けていたのだ。

後になって思ってみれば、彼女は健気だと思う。

既に自分の我慢も限界なのに、下級生の子を気づかい優先させていたのだ。

その後、彼女がどうなったのか分からない。

無事に登校できているだろうか。からかわれたりしてないだろうか。

でも、どうか健気な心は忘れないでほしいと思う。

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメント(件)

コメントを投稿する

内容[必須:現在0文字]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]