エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 5 分で読了)

先輩のおうちに遊びに行った時のこと

投稿:2020-05-20 06:41:05

人 が閲覧中

本文

東京都/菜々さん(20代)◆EnFVmJc

おはようございます、菜々です。

昨日アップした高校時代最初の夏休みの思い出に出てくる健太先輩とのエピソードです。

パン!……パン!

あっ!……あぁ!!!あん!!あん!!!

あの日からすっかり暗室での逢瀬が当たり前になっていた。

先輩と私は一つになることを覚え、ますますお互いを求めるようになっていた。

菜々、声出しすぎ。さすがに聞こえちゃうよ…。

両手を口に当てて必死で抑える。

勉強机に私を乗せて上半身を壁にもたれさせて

私の足を持ち上げながら、パン!パン!と強く打ちつける。その度に足首まで下がったパンツが同じように揺れる。

らってぇ、あん、あん、気持ちい…あん!あん!

言葉とは裏腹に先輩はますます激しく動く。

先輩はほとんど表情を変えない。私のことをジッと見つめながら、でもアソコは熱っぽく固く、興奮している。

イクときだけ、グッと顔を歪める。

私はいつもドキドキしながらそれを見ていた。

先輩は高校三年生で、秋が深まると受験生として忙しくなってきた。なかなか土曜日に会えない。

後から分かったことだが、この夏休みも土曜日の逢瀬以外はずーっとずーっと勉強に明け暮れていたらしい。

先輩は平日の帰りも塾に行くことが増えた。

平日の学校でたまたま会ったときは、人気のない場所に手を引いてくれ、軽くちゅっとキスをしてくれた。

私がもの足りなくて上目遣いをする。

先輩も私の気持ちを察してか、頭を撫でる。

心の中で、また、いつ、、、気持ちいいことしてくれるの?とずっと思っていた。

先輩の仕草や顔、私は何回も頭の中で繰り返し、体が熱くなっていた。

ある日先輩から開校記念日の日あいてる?うちに来ない?と誘われた。

先輩のおうちは共働きで平日は誰もいないらしい。

すぐに行く!と返した。

ワクワクしながら、先輩の家に向かう。

ピンポーンと鳴らすと意外にもお母さんが出てきた。

あ!あ、こんにちは!

菜々ちゃーん。こんにちは。

ごめんね。健太ね、まだ寝てるの。

お母さんとは土曜の帰り道に何度か家の前でお会いしてた。

私服だと雰囲気また違うわねぇ〜。

あ、健太の部屋ね、そこだから。私はパートに行くから、ゆっくりね!

私と入れ替わりでお母さんは出て行った。

部屋をノックする。

先輩、菜々です。

反応はない。

失礼しまーすと入ると、まだベットに寝ていた。

机の上には参考書がたくさん置かれていた。

先輩の部屋は男臭く私をドキドキさせた。

部屋の中をぐるぐる見回してベットに目をやる。

ベットの脇に座って、寝顔をジッと見る。

こんな無防備な顔、初めて見たな…可愛いと思った。

ベットの上にあがり、添い寝する。

その振動で先輩が目を覚ます。

ん…ん?菜々……?

あ、ごめん。。。あれ、起きれなかった…

寝ぼけながら私の頭を2、3回撫でる。

先輩が動くといつもエッチをしている時に感じる男の匂いがした。

悶々としてくる。

ちょっと待ってて、顔洗ってくる。

先輩がおもむろに起き上がり、部屋を出ていく。

先輩が寝ていた場所に顔を近づける。汗の匂いもしてきて、早くイチャイチャしたいなと期待を高めた。

戻ってくると、両手にお茶を持ち入ってきた。

顔に歯磨き粉が付いていた。

ぷっ…付いてますよ?

顔を指差しながら笑う。

先輩は、いたずらぽく舐めてみて?と誘う。

先輩が勉強机の前の椅子に座った。

近づいて、ペロッと舐める。

あ!うちと同じ〜、、かも!?

味を確かめる。

へぇ〜、もっと舐めてみたら?と言って

私の手を引く、先輩の前にひざまづくと、顔を近づけて、キスをしてくれた。

ちゅ。

ちゅ。

私が我慢できなくなり、口の間に舌を入れる。

んふ、と先輩が笑い、ディープキスをする。

ちゅ、ちゅ、ちゅ、ぱちゅ。。。

ずっと我慢してたぶん、興奮する。

ん、ん、ん、

先輩が私の体を上に引き上げ、自分の上に座らせる。

くちゃ、、、くちゃ、、、、くちゃ、、、

スウェットを着た先輩はどこか大人っぽくて、興奮する。

先輩の鼻息が荒くなってきた。

あそこが固くなる。先輩も意識がはっきりしてきた。

私の胸を服の上から揉みながら、夢中で久々のキスを楽しむ。

レロレロと唾液を絡ませ合う。

顔を離すと先輩が、菜々と部屋でこうするの新鮮だなという。私は先輩との体の間に手を入れて、わさわさと手を動かしてた。

すぐにキスに戻ろうとすると、先輩が引き離して私を床に座らせた。

エッチで少し鋭い目をしながら、してみて欲しいことがあるんだけど…と言われる。

うん…?

先輩がスウェットを脱いで、パンツを脱いだ。

自分で固くなったそれを持ちながら、これ、舐めてみて?と言われる。

それまでは上下に手で触ることしかしたことがなかった。

戸惑いながら

うん、、、、どうしたらいい?と答える。

先輩は椅子をスライドさせて、私の口の前に差し出す。

キスの時みたいに先を加えて、舌を絡ませてみて?

こんなに間近でそれを見るのは初めてだ。

しかも明るい場所で昼間に。

迫力に圧倒されながらも、私は口を開き先輩のそれをくわえた。

ん…口に入った瞬間、先輩の声が漏れる。

レロレロと先を舐めると、先輩が深く息を吐いた。

はぁ、、、やば、、、

菜々、もう少し音立てられる?

一度口を離し、唾液を溜めてチュパチュパと音を立てる。

先輩は私の顔を両手で持ちながら、はぁ、はぁ

と言う。

やがて私の顔を前に引き寄せ、自分で出したり入れたりをする。

な、菜々、歯立てないで…ぐっ、、、

チュパチュパと口の中で動くそれに更に舌を当てる。

お口がまるであそこになったみたいと思った。

なぜかその扱いに興奮し、私も声が漏れる。

ん、ん、ん、と腰もよがってくる。

グチュ、グチュ、グチュ、グチュ

ご、ごめん。ちょっと出るかも…

え!出るって…そう思った瞬間に口の中でアレが

ビクッビクッとし、液体が流れ込んできた。

先輩は私の顔を持ちながら、飲んでみて?という。

ごくんとすると頭を撫でてくれた。

今思えば、先輩はSが強かったと思う。

その後、私を立たせ顔を見ながらパンツの中に手を入れてきた。

一本、二本と指を入れる。

くちゃ、くちゃ、くちゃ

部屋にその音だけが響く。

私も声を荒げないように、手で口を押さえながら

はぁ、はぁ、はぁ、あ、あと喘いだ。

ぐちゅ!ぐちゅぐちゅぐちゅ!

強めに先輩の指が出入りすると、すぐに果ててしまい床に座り込む。

先輩は机の引き出しからゴムを出し、

私の手を引いて、ベットに投げつけた。

完全に理性を失ったオスの顔になってる。

ぞくぞくしながら先輩を受け入れる。

パン!パン!パン!初めから強く腰を動かす。

私の両腕をベットに押さえつけ、無言でひたすら攻めてくる。

先輩、もう、、、、いっちゃう。

それを聞くと先輩がスッと抜く。

間を開けてズンっと入ってくる。

パン!パン!パン!

あ、、、あ、、あ、、、

その焦らしを繰り返され、もうイッてるのか、イッてないのかわからない。

容赦なく打ちつける先輩の腰とぬちゃぬちゃという音。

口が自然と開き、よだれが垂れる。

だめ。だめなのぉ、、、奥、、、奥に来てる。

ズンズンする。あ、いや、いや、いや。

自分の言葉とは思えない。

ぬっちゃ、ぬっちゃ、ぬっちゃ

先輩が、ぐ…あ、あ、ああー!

と声を出し、ぱん!!!と腰を打ち付ける。

ドクドクと音を立てながら、私を見下ろす。

そのまましばらく余韻に浸っていた。

ゴムを取ると、やっといつもの先輩に戻って、ごめん、菜々のフェラ見てたら理性飛んじゃった。

息を切らしながら、すっかり冷めたお茶を先輩はがぶ飲みした。

私はお尻をヒクヒクしたまま、天井を見上げていた。

気持ちいいというより、もっと上の何かに出会ったような気持ちになった。

そのまま先輩は私を優しく包み込み、しばらく2人で眠りにつくのだった。

-終わり-
作者にメッセージを書く
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:8
いいね
投票数:9
続編希望
投票数:19
お気に入り
投票数:5
名作
投票数:6
読みやすい
投票数:9
この記事の解析グラフを見る
合計:56ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 2回
  • 19回
  • 95回
  • 5,751回
  • 5,751回
  • 12,851位
  • 13,085位
  • 13,265位
  • 5,216位
  • 14,154位
※17942記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(3件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]