月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 18 分で読了)

【評価高め】
ワガママな姉貴と2泊3日のキャンプをした話し。(2日目~最終日)(1/2ページ目)

投稿:2020-04-09 17:32:43

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

キャンプ大好き◆JTaCFwc(20代)
前回の話

また多数の評価を入れて頂きありがとうございました。これで完結します。

俺(カズキ)・・・20才・大学生。

姉(ユズキ)・・・23才・幼稚園の先生。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

キャンプ2日目(昼)

マニアックなオナニーを冷やかしたら、思いっきり頭を叩いてきた姉貴。

本能だけで動くもんだから、お尻に出した精子が寝袋に垂れてしまってる。

いいから動くなと、うつ伏せに寝かせて垂れた精子を拭い取り、新しいティッシュでお尻を拭いた。

そして次は姉貴の股間。大量の愛液でグッチョグッチョのネバネバ状態のマンコをティッシュで拭いてあげた。

「・・・アンタに拭かれるのって、すっごく微妙な感じなんですけど。」

「そうなの?もしかして嫌だった?」

俺としては何の意識もしてなかったが、言われてみれば昨夜は拭いてない。また怒り出すかもとビクビクしてしまう。

「嫌とかじゃなくて、すっごく恥ずかしいって言ってんの!わかんなさいよ!」

・・・そりゃ無理だろ。俺はエスパーか?

相変わらずの理不尽攻撃。でも、こういう怒りかたをする姉貴を凄く可愛いと思った。そして、ちょっと苛めたくなってしまった。

「ふ~ん。そんなに恥ずかしいのに、お尻の穴は見せちゃうんだ。」

そう言いながら、お尻を大きく広げて肛門を露出させてみた。シワが引っ張られて、内側のピンク色の部分まで少し見えてる。

「そ、それはカズが勝手に見てるんでしょ!じっくり見んなっ、スケベ!」

焦りまくりの姉貴だけど、だからと言って拒否してない。本気で嫌がってるなら蹴りかパンチが飛んでくる。

もうこうなると、俺のイメージしてた姉貴が変わってた。本当の姉貴はMなんじゃないかと。思い返してみれば、エッチしてる最中の姉貴はMっぽい。

そう思ったら、2回もイッたチンコがムクムクと勃起してた。

これまでSMプレイの経験も興味も無かったけど、姉貴がMとなれば話しは別。普段は高慢な姉貴を苛めるのは快感すぎる。

ヒクヒク動いてる広げた肛門を、人差し指で軽く弄ってみた。すると姉貴は吐息を漏らし、体を震わせて反応した。

「もうバカ……その気になっちゃうよ?」

「その気になってるクセに。」

「うっさい!」

これで完全に、俺の中での姉貴はMに決定。そうとなれば、このまま言葉責めを続けて姉貴の羞恥心をくすぐりたい。

広げたままの肛門を舐めながら、感じると言った奥の方まで舌先を入れた。姉貴は息を荒げて声を漏らし始めた。

「・・・お尻の穴、気持ちいい?」

「・・・ぅん、気持ちいい。」

わざと名称を言ってみたけど、M認定した姉貴の反応はイマイチ。もっと恥ずかしがらせようと、言ったセリフが失敗だった。

「姉ちゃんのお尻の穴って本当にエッチだよな。毛も濃いしさ。」

・・・慣れない事をするもんじゃない。

それを言った瞬間に、バッと振り向いた姉貴の真っ赤な顔は、羞恥心にプラスして怒りを露にしてる表情だった。

「ホントに大っ嫌い!!もうアンタなんかに絶対に見せないからね!」

驚いて呆然とする俺。頭を叩かれたほうが、まだ救いがあった。立ち上がった姉貴はタオルを巻いて、怒り心頭といった感じでテントから出ていった。

・・・やってしまった。お尻の毛がNGワードだとは思わなかった。

こうなった姉貴は手がつけられない。長年の経験からよ~く知ってる。下手に構うとイライラを増していく面倒な状態。

そんな姉貴の機嫌を直す作戦を考えたが全く浮かばない。それも当然で、それが出来るなら今まで苦労してない。

しばらくして外を見ると、岩に座って海を眺めてる水着姿の姉貴がいた。

俺の水着も置き去りだったのを思い出し、姉貴の背中を見ながらブルーシートの中に入っていった。

・・・水着が無い。そのかわり、盛り上がった砂山に枝が1本突き刺してあった。

幼稚園の先生じゃなくて幼稚園児。(泣)

怒っちゃ駄目だと自分に言い聞かせ、砂山から水着を発掘。それを水洗いする悲しい背中の俺がいた。

水着になってブルーシートから出ると、まだ姉貴は海を眺めてた。どう見たって声を掛けられる雰囲気じゃない。

仕方なく気持ちを切り替えて、俺は昼食の準備に取りかかった。

作るのはタコヤキ。キャンプでというか、屋外では初めての試みだった。

海鮮ばかりの料理と、海水で塩辛くなった口。それにはソースとマヨネーズが最高に合うんじゃないかという理由。

まずはタコを捌く。ちょっと面倒な下処理をして、適当なサイズに切っていった。

それから生地を作り、用意してきた具材を細かく切る。何が面倒ってこれが面倒。本当ならこの作業を姉貴にやらせるつもりだったのに…。

カンカンに炭を起こし、その上にタコヤキの鉄板を置いて準備完了。熱くなった鉄板に油を引いて、少し待ってから生地と具材を投入。絶対に上手くいくと思った。

・・・が、大失敗。鉄板に生地がくっついて全く剥がれず悪戦苦闘。

「・・・下手くそ。」

その声に、ハッと後ろを振り返ったら、いつの間にか姉貴が背後から見てた。そしてフッと鼻で笑われた。

怒りよりも悔しさMAX。必ず2回目は成功させると心に誓った俺。

よくよく考えてみれば、家で使用してるタコヤキ器はテフロン加工で、これは鉄製。つまり油の量が圧倒的に足りなかった。そして、生地が少し重たい気もした。

生地に水を足し、大量の油を引いて再チャレンジ。緊張しながらその時を待った。

頃合いを見計らって竹串を入れてみると、今回は大丈夫、くっついてない。ただ、生地が緩いので返すのが難しい。そもそも俺、あんまりタコヤキを作った経験が無い。

「あーもう!ちょっと貸しなさいよ。」

俺から強引に竹串を奪った姉貴は正面に座り、みるみるうちに返していった。まるで本職の人みたい。

「姉ちゃんすげぇ!カッコいい!」

俺と違って姉貴は昔から器用で、それが幼稚園の先生として唯一のアピールポイントだと思う。それを言ったら殴られるだろうけど。

「・・・いいから、お皿。」

紙皿を渡すと、姉貴はタコヤキを乗せていった。ちゃんと綺麗な形をしてる。そこにソースとマヨネーズをかけて完成。

「・・・ありがと姉ちゃん。」

「先に言うことは?」

「・・・ご、ごめん。」

「嫌だ、絶対に許さない。」

謝らせておいて許さないという、怒った姉貴が得意とする攻撃。ムカッとなるが、もう免疫があるので我慢可能。

下手に絡むと面倒なことになるので、無言でタコヤキを口に運んだ。

・・・熱い!けど、旨い!

驚くほど美味しかった。アウトドア効果が大きいんだろうけど、今まで食べたタコヤキの中で最高の味だと感じた。

「姉ちゃん、マジで旨い!」

「うん、ホント美味しいね~。これ完全に私のお陰だよね、感謝しなさい。」

姉貴もご満悦の様子で、ハフハフしながら喜んで食べてる。でも姉貴って、ひっくり返しただけなのでは…。

そんな疑問を感じつつ、ビールを持ってきて2人で乾杯。姉貴の機嫌を知りたかったが、敢えてそこには触れなかった。わざわざ地雷を踏む必要は無いと判断。

タコヤキとビールの相性は最高で、グビグビと飲みながらタコヤキを堪能。途中、もの珍しそうに見てた家族にも振る舞って、作った生地を全て食べ尽くした。

お腹一杯で鉄板を洗ってテントに戻ると、椅子に座った姉貴がビール片手に俺を待ってた。

「・・・許して欲しい?」

そう聞いてきた姉貴は、明らかに何かを思いついた顔。もう間違いなく非道な交換条件を出してくるのが目に見えて分かった。

「そりゃまぁ、許して欲しいよ。」

それでも、こう答えるしかない俺。姉貴が何を言ってくるのか不安で仕方ない。

「じゃあ私のオシッコで顔を洗ってよ。そしたら許してあげる。」

・・・聞き間違えかと思ったが、どうもそうじゃないらしい。どうなのよ?…と、姉貴の目がそう聞いてる。

「・・・いいよ。わかったよ。」

少し考えて、無理な条件じゃないと判断して了承した。その瞬間、睨んでた姉貴の表情が崩れていった。

「嘘でしょ?それ本気で言ってんの?」

・・・姉貴、大爆笑。

その姉貴を見て、恥ずかしさと悔しさで泣きそうになってる俺。

「いいよ、ホントにやる?…な~んて。」

小馬鹿にしながら爆笑を続ける姉貴。

ここから2人の意地の張り合いが勃発し、大変な事態になってしまった。

「・・だからやるって言ってんだろ。」

あまりの悔しさにプラスして、アルコールの力が働いてた。これまでの経験で身に付いた姉貴に対する免疫力。それが失われてた。

笑ってた姉貴の表情が一変。

「はぁ?じゃあやってみなさいよ。」

睨みながらそう言った姉貴を負けじと睨み返した。エロとは違う興奮状態。

「やるから早くオシッコ出せよ。」

「いいわよ、絶対にやんなさいよ!」

椅子から立ち上がってブルーシートに入っていく姉貴に続き、俺も入っていった。

水着の下を脱ぎ、しゃがんで放尿する姿勢になった姉貴。その正面に座り、くっつけた両手をマンコに向かって差し出した。

「ホントに出すよ?言っとくけど謝るなら今のうちだからね!」

「いいから早く出せって。」

中学生の頃までは毎日のように喧嘩。それこそ殴り合いに近い状況もあった。でもこの数年間、ここまで反抗した事は無かった。

「・・・出るよ……もう出るもん。」

その数秒後、マンコのヒダの間からピュッと液体が飛び、続いて勢いよくオシッコが放出された。

生暖かさを感じながら、それを手のひらで受け止める俺。みるみるうちに手のひらは、薄黄色いのオシッコで一杯になった。

意を決し、そのオシッコを顔に持っていこうとした瞬間、俺の腕を掴んだ姉貴がいた。

「やめてよもぉぉっ。ホント大っ嫌い、カズなんて大っ嫌いぃぃっ。」

くしゃっと崩れた姉貴の顔。その目からは大粒の涙がポロポロと零れ始めてた。

・・・怒りの興奮は一瞬で冷め、その代わりに訪れたのは、やっちまった感の特盛。

放尿が終わった姉貴は、逃げるようにブルーシートから出ていった。相変わらず本能で動くから、下半身はスッポンポンのまま。

とりあえず手を洗い、姉貴を追ってテントに入ると、背中を向けて座った姉貴はヒックヒック泣いてた。

「・・・姉ちゃんゴメン。俺が悪かったから、そんなに泣かないでよ。」

そう言って肩に手を掛けると、姉貴は肩を揺すってイヤイヤをした。

「やめて!その手で触んないで!」

・・・いや、そっちなの?!…と思いつつ、とにかく姉貴の機嫌を直さなきゃいけないと、色々と想定してみた。

「洗ってきたから大丈夫だよ。つか、姉ちゃんのなら汚いなんて思わないし。」

「・・・どうしてよ。」

想定した結果、下手な言い訳をするよりも、姉貴に対する俺の気持ちを素直に言った方が良いって結論になった。

「姉ちゃんが可愛いからかなぁ。」

「・・・・・・変態。」

なかなかズキッときたけど、これくらいじゃヘコたれない。まだ唄える!頑張れる!

「姉ちゃんが怒ったお尻の毛だって、可愛いと思ったから言ったんだよ。」

「嘘つき!可愛いわけないでしょ!」

「ホントだってば。姉ちゃんとのギャップがすっごい可愛いくてエッチじゃん。」

そう言って、恐る恐る姉貴の肩に手を掛けてみた。さっきと違い、拒否をしない。

・・・ここからが勝負だった。

いきなり強引に姉貴の体を押し倒し、マンコにむしゃぶりついた。

「やだっ!ちょっと待って!」

体を動かして逃げようとする姉貴の腰を、ガッチリ押さえて舐めまくった。

「待って!ホントに待ってカズ!まだ拭いてないから!汚いってば!」

たしかにオシッコの水滴と匂いがあったけど、不思議と汚いとは思わなかった。一応断っておくが、俺はそういう性癖じゃない。

「だから綺麗に舐めてんじゃん。姉ちゃんが信じてくれないからさ。」

「もうバカ!わかった、わかったってばぁ!信じるからやめなさいよ!」

焦りまくりの姉貴だけど、そう言われたって止まらない。まだ、お尻が残ってる。

「じゃあコッチも信じてくれる?」

次はお尻の毛。サワサワと毛に触れながら肛門の周りを優しく撫でた。途端にピクッピクッと姉貴の体が反応。

「んっ…もう。くすぐったいぃ。」

そんな姉貴の声は気にせずに、肛門の周りに生えてるお尻の毛を舐め始めた。

「待って待って!じゃあ私が信じられることしてよ!それでいいでしょ?」

とりあえず俺は舐めるのをストップ。そして今度は何を言い出すかのかとドキドキしてたら、今回は凄く簡単な内容だった。

「・・・私のお尻見ながら自分でしてみてよ。そしたら信じてあげる。」

それを聞いた俺は、昨夜と同じ横向きの69の体勢になってチンコを握った。目の前には姉貴のマンコと肛門。しかもマンコからはオシッコとは違う液体が滲み出てた。

・・・これ、むしろ御褒美だろ。

「イク前にちゃんと言ってよね。もし顔にかけたらパンチだよ。」

姉貴に見られながらのオナニー。かなりの羞恥心を感じたが、それ以上に興奮する光景を目の当たりにして、すぐに絶頂が訪れた。

「・・・姉ちゃん、イキそう。」

命令どおり宣言したら、チンコをギュッと力強く握られた。当然ながら、上下してた俺の手は止まる。

「だ~め~。イカせませ~ん。」

顔を上げて見ると、ニヤニヤと意地悪そうな顔をした姉貴がそこにいた。これは御褒美じゃなく、姉貴の作戦だった。

笑ってる姉貴。そしてムスっとする俺。思ったのは、姉貴には勝てないって現実と、やっぱりコイツはSだって事実の2つ。

「私が許すまで我慢してなね。勝手に出したら二度としないからヨロシク~。」

そう勝ち誇って冷ややかな目をした姉貴の顔は、Sってのを疑う余地の無いものにした。

時計を見ると午後3時。

テントから出て辺りを見ると、キャンプ場にいるのはウチの他に2組だけになってた。どちらも張っているのはタープなので、キャンプじゃないのは明らか。

つまりこの日、キャンプ場に泊まるのはウチだけ。怖がりの姉貴は大丈夫だろうか。

そんな心配をしながら水着を取ってテントに戻ると、姉貴は寝袋に入ってた。

「・・・眠~い。お昼寝しよ?」

そういう時間でもないが、言われてみるとたしかに眠い。朝からバタバタして釣りをやり、食事をして遠泳。帰ってきてから2回放出し、それからタコヤキ作りと派手な喧嘩。

・・・内容濃すぎ。そりゃあ疲れてる。

「そだね~お昼寝しちゃお。」

何の違和感もなく姉貴と同じ寝袋に入って2人でお昼寝。このままエッチしたい気持ちよりも眠気が勝利した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

姉貴に起こされて時計を見ると午後4時。

かなり寝た気がしたが、たった1時間のお昼寝だった。それでも体力は回復してアルコールも抜けてる。

オシッコしたいという姉貴と海に入って仲良く放尿。例のごとく、ヤドカリを見ながらのカモフラージュ。

そのままスノーケリングで海遊び&夕食の食材調達。貝を採るのは難しくないので姉貴にもやらせてみると、ムキになって潜ってた。

しばらく楽しんで海から上がると、他の2組は撤収を始めてた。まだ姉貴は気付いてないが、暗くなってからが不安。

それから昨日と同じようにブルーシートの内側で海水を落としたんだが、昨日と違うのは2人で洗いっこ。

イク寸前で止まってるのを思い出しかのように、俺のチンコは一瞬で硬く勃起。それを弄ぶように、指でツンツン触って笑う姉貴。

俺も負けじと姉貴の全身を泡だらけにしながら、硬くなったコリコリの乳首、そしてお尻と触っていった。

「まだ許してないからダメ~。」

明らかに自分も感じてたクセに、姉貴からストップされて、またもや中途半端に終了。完璧に手玉に取られている俺だった。

スウェットに着替えてテントから出ると空はオレンジ色。昨日に続いて2回目となる綺麗な夕焼けが始まってた。

そんな中、アウトドアの荷物を持った方々がキャンプ場から帰ろうとしていて、それを見た姉貴は早くも気付いてしまった。

「ねえ、みんな帰るみたいだよ。」

「そうらしいね。この時間だから、今日は民宿に泊まるんだと思うよ。」

姉貴が何を言い出すかとドキドキ。ウチだけじゃ怖いから、自分も民宿に泊まりたいとかって言い出しかねない。

「じゃあ今夜は私たちだけってこと?」

「キャンプはウチだけみたいだね。」

ここで姉貴が何と言うか、緊張が高まる。

「・・・じゃあ、貸し切りってこと?」

「ま、まぁそういうことかな。」

そう言った姉貴は周囲をキョロキョロと見渡した。そして笑みが溢れた。

「つまりよ、海に向かって思いっきりオシッコしても平気ってこと?」

どうしてその発想になるのか知らないが、何やらテンションが上がってる姉貴。

「朝になったらアレもしちゃいなよ。最高の開放感を味わえるんじゃない?」

もちろん冗談のつもりだったのに、俺の肩をガシッと掴んで姉貴はこう言った。

「・・それ、やりたいかもしんない。」

・・・姉貴の目はマジだった。

さんざん俺を変態だと罵ってきた姉貴。でも絶対にコイツのほうが変態だと思った。

「かまわねーけど俺を巻き込むなよ?」

「さぁね、どうかな~。」

ニヤリと笑った姉貴に嫌~な予感しかしない。そしてこのキャンプで、その予感は外れてこなかった。

何にせよ、俺の心配とは裏腹に、2人きりになってテンションが上がってる姉貴に安心した。まぁ違う不安は生まれたが…。

気を取り直して夕食の準備。この日の晩飯は、タコと貝をぶっ混んだ炊き込みご飯とアジの唐揚げ。唐揚げは簡単だけど、炊き込みご飯は結構難しい。

しかし姉貴は、それを自分に任せろと言う。言い出したら聞かない姉貴なので、不安になりながらもコンロの使い方を教え、俺は材料の魚介を捌きにいった。

後ろを振り返ると、スマホを見てる姉貴。もう絶対に、炊き込みご飯の作り方を検索してるのは明白。…不安でしかない。

戻ってみると、鍋には米が入って準備してあった。自信アリ気に材料を受け取った姉貴を不安そうに見てた俺。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(9件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。