エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 11 分で読了)

【閲覧注意】【精神崩壊】保育士の彼女の自宅で見つけたヤクザのレイプ強姦ビデオ続編‼︎(1/2ページ目)

投稿:2020-04-07 04:59:57

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文(1/2ページ目)

ヤークン◆IXGRcHE(兵庫県/20代)
前回の話

【残虐な筆写が含まれます、気の弱い方は読まないでください。】続編です。

【薬物摂取の筆写や監禁強姦シーンが含まれますが、犯罪ですので絶対に真似しないようにお願いします。】

5年程前に体験した体験談です。

保育士の彼女の自宅で偶然にも見つけたDVDにマジックで書かれていた報復。〇〇園との文字。

僕は軽い気持ちでDVDを再生すると、そこでは三人の女性が監禁され強姦されているレイプビデオだった。

気が弱い僕は今まで誰にも言えず5年間が過ぎた。

ヤクザにレイプされ寝取られた彼女の保育士の千佳ちゃんとも年内に2015年中に別れました。

僕は怖くてヤクザの人達に脅されて、お金を恐喝されるんじゃないかとレイプされた初めての彼女とも別れてしまいました。

ここで当時初めて出来た彼女、保育士だった千佳ちゃんの略歴とイメージを紹介します。

年齢は当時24歳で僕と同い年でした。

女子大を卒業して保育士になって2年半。

昨年までは姉が担任だったひまわり組の副担任をしており、姉に可愛がられていたそうです。

その年初めて担任になり、ひまわり組の担任になりました。

〇〇千佳仮名。

大阪府豊中市出身、兵庫県〇〇市在住。

年齢24歳。職業保育士。

〇〇女学院卒業。

西内まりや似のギャル系保育士。

身長158センチ、体重47キロ。

高校時代まではチアリーディング部所属で全国大会に出場経験あり。

女子大ではラクロス部に入り女子ラクロス部の部長までしていた体育会系のサバサバしたサバサバ女子。

スポーツ好きで一緒にサッカー観戦などをしていた。

スリーサイズは上から86センチDカップ、55-85。

チアと女子ラクロスで鍛えたスレンダーでスタイルの良いモデル系美人だった。

大学時代はカラオケ店でバイトしてたらしい。

好きな歌手は西野カナでカラオケでも西野カナの歌を歌っていた。

僕はあの日、千佳ちゃうが帰宅してからも藤谷美紀似の真由美さんの続きが気になって、話が頭に入らなかった。

夜9時頃、翌日仕事だった僕は彼女の自宅マンションを出て自宅に帰った。

その時にこっそりと藤谷美紀似の保護者真由美さんのレイプビデオと泉里香似の里香先生の強姦ビデオを持ち帰った。

バレてはいけないと週末金曜日に千佳ちゃんの自宅にこっそりと返しておいた。

そして三枚目のミムラ似の麻美先生の強姦DVDをこっそりと持ち帰る。

僕はその日から数日間、毎日本物のレイプビデオを見て深夜にシコシコしていた。

取り敢えず藤谷美紀似の保護者真由美さんの続きのラストの強姦DVDを回想します。

その日自宅に帰宅した僕は風呂に入る前にテレビでDVDを再生した。

この日は藤谷美紀似の保護者真由美さんの強姦シャブセックスで何度も抜いた。

僕は5回ぐらい自慰をした。

それぐらい興奮した。

真由美さんが中出しされた辺りから続けます。

僕は続きから再生するために、45分頃から再生した。

丁度、彼女が帰宅して消した辺りだった。

「あ〜ん、出したの⁈出しちゃったの⁈」

「ダメじゃん‼︎中で出したら妊娠しちゃうじゃん‼︎」

「熱い‼︎熱いの出てる‼︎赤ちゃんデキちゃう‼︎」

「ホントに出したんだ‼︎」

「でも、気持ち良かったからいっか⁈」

「主人にはヒミツだよー」

「私主人以外の人に出されちゃった‼︎」

「しかも、ヤクザ‼︎ヤクザにレイプされちゃった‼︎」

「奥さん、警察行ったらアカンで‼︎」

「行ったらアンタも捕まるで‼︎シャブ使ったんやからな‼︎」

「覚醒剤取締法違反容疑や‼︎」

「わかったな‼︎」

「ハイ。勝手に射ったんじゃん。」

「黙ってればいいんでしょ‼︎」

「白い粉欲しかったら、ここに電話し‼︎」

「ウチの組はシャブは厳禁や‼︎シャブがバレたら破門や‼︎」

「ここの組はシャブ卸してる薬局や‼︎」

「売人にコイツに電話したら白い粉手に入るで‼︎」

「コワイ‼︎売人とか怖いよ‼︎」

「じゃあ、ケツ上げんかい‼︎」

「ケツに注射したる‼︎」

「注射⁈何⁈シャブ⁈」

「違うわ、知らん方がええ‼︎気持ちいい、おクスリや‼︎」

「えっ⁈また射つの⁈」

「安心せえ‼︎お前はヤクザにレイプされた言ったら捕まらん‼︎大丈夫や‼︎」

「でも、覚醒剤取締法違反で逮捕されちゃうんでしょ⁈」

「カタギの初犯は執行猶予って決まっとるんや‼︎」

「シャブでも初犯やと執行猶予やから大丈夫や‼︎」

「ワシら前科があるから懲役やけどな‼︎」

「コイツは恐喝未遂で執行猶予中やから、次捕まったら懲役や‼︎」

「だから警察行ったらアカンぞ〜」

「行ったらアンタも捕まるし、ワシらアンタの家族に挨拶に行くからなぁ‼︎」

「旦那の会社、上場企業やろ⁈上場企業の嫁はん捕まったら、旦那会社辞めなアカンようなるで‼︎」

「ケツ突き出さんかい‼︎普通シャブは腕に射つんやけど、オンナは腕に注射跡あったらマズイやろ⁈」

「〇〇知っとるやろ⁈ジャンキーで有名な歌手や‼︎あの子は舌の裏に射つことで有名なんや‼︎」

「シャブ中は炙ったり、足の静脈に注射するんや‼︎目立たんからなぁ‼︎」

「でも舌の裏に射つオンナは重度のシャブ中や‼︎」

「普通は舌の裏に射つなんか知らんからのう‼︎」

「旦那にバレんように、足の付け根の静脈に注射したろ‼︎これで旦那にもバレんわ‼︎」

【皆さん、もう一度忠告しときます。薬物は犯罪ですので絶対に真似して薬物を使わないようにお願いします。】

「射って‼︎シャブ射って‼︎気持ちいいの‼︎おクスリ気持ちいいの‼︎」

「ならアナルにイボイボデカチン挿れるか⁈なら白い粉を注射したろ‼︎」

「お尻に挿れて‼︎挿れて‼︎アナルに頂戴‼︎早く‼︎早くして‼︎」

「このオンナエロイでんな〜兄貴ワシのオンナにしてよろしいか⁈」

「構わんが、あんまシャブ使うなや‼︎本家から通達が出とる‼︎パクられたらカシラが破門や‼︎」

「わかりました、下手は打ちまへん‼︎このオンナワシの愛人にしますわ‼︎」

「会費やけど、今月お前まだやろ⁈」

「スンマヘン兄貴⁈カシラ今払いますわ‼︎」

「シノギキツイのはわかるけどなぁ‼︎会費滞納続くようやったら破門やぞ‼︎」

「へい‼︎スンマセン‼︎ワシもカスリぐらいしかシノギないもんで、今月もキツイんですわ‼︎」

「カシラ‼︎偉い迷惑掛けました‼︎今月分です‼︎5万入ってます‼︎スンマセン‼︎」

「ええわーわかったから、仕事戻れ‼︎」

「へい‼︎スンマセンでした‼︎」

大声でカシラらしき人物の方に消えたチンピラヤクザ‼︎

僕は覚醒剤とか聞いて怖くなりました。

ヤクザとは縁がない普通の中小企業のサラリーマンです。

僕はビクビクしながらDVDを再生します。

「オチンチン頂戴‼︎お尻に頂戴‼︎アナルに挿れて‼︎」

「シャブは御法度やが、今はシャブぐらいしかシノギないがな⁈本家からは会費増やせ‼︎言われるわ‼︎臨時徴収まであるんや‼︎」

「半グレの子らは、オレオレで稼いどるけど、ウチの組はITなんか出来んがな‼︎シノギは昔ながらの博打‼︎クスリ‼︎ミカジメ‼︎の三本柱や‼︎」

「安倍総理が三本の矢言うとるけど、ヤクザの三本の矢は、博打‼︎シャブ‼︎ミカジメのカスリの三本柱が三本の矢や‼︎」

「兄貴は野球賭博でシノギしとるからええけど、ワシみたいなチンピラは地回りしてカスリ取るぐらいしかシノギないがな‼︎」

「今は暴排条例でシノギ払わん店も増えて来た‼︎今でも払ってくれるんは、闇カジノ、ソープ、ホストクラブが三本の矢やがな。」

「キャバクラやガールズバーも払ってくれるけど、最近は若い半グレの子らがキャバクラやガールズバーやっとるから、ワシらもシノギ大変や‼︎」

「コラ〜ドアホ〜何シノギの話、話しとるんじゃ‼︎ボケ〜指詰めさすぞ〜コラ〜」

「バカか‼︎お前‼︎カメラの前でシノギの話すんな‼︎ドアホ‼︎」

「カシラ‼︎スンマセン‼︎ワシがしっかり教育しますわ〜」

「お前は部屋住みからやり直せ‼︎ボケ〜」

怒号が鳴り響く。

頭をどつかれるチンピラヤクザ。

兄貴分に頭を叩かれていた。

若頭がキレていた。

シノギの話はタブーらしい。

「お前はコイツ押さえとけ‼︎ケツ挿れるから‼︎」

「アレ持ってこい‼︎付け根に射て‼︎」

「奥さんちょっと我慢しいや‼︎スグ気持ちようなるから‼︎」

「何か注射器みたいな物を持ってきたチンピラヤクザ。」

「またアングルは振られて画面が切れた。そして音声だけ聞こえた‼︎」

「頂戴‼︎頂戴‼︎シャブ頂戴‼︎なんでもするから、シャブ射って‼︎お願い‼︎」

「あー気持ちいい〜あー気持ちいい〜」

「カメラが元に戻った。またシャブを注射したのだろうか⁈」

「皆さん、もう一度忠告します。薬物を使用所持すると各自法律で罰せられます。絶対に薬物を使用してはいけません。」

「お尻‼︎お尻‼︎お尻気持ちいい‼︎アナル気持ちいい‼︎」

「カラダが変なの‼︎こんな濡れたことも感じたこともないの〜」

「藤谷美紀似保護者の真由美さんは、ケツにアナルに挿れられていた。」

「感じるの〜感じるの〜スゴイ感じるの‼︎」

「カラダが熱くて変なの〜お尻気持ちいいの〜」

「アナル最高〜最高〜お尻気持ちいいの〜」

「イボイボチンチン気持ちいいよ〜」

「奥さん、ワシのオンナになるか⁈なったらシャブやるで‼︎アイツよりワシの方が金もあるで‼︎」

「どっちでもいいよ〜おクスリ頂戴‼︎イボイボチンチン頂戴‼︎デカチン挿れて〜」

「旦那と別れるか⁈なら旦那に別れの挨拶せえ‼︎カメラに向かってお別れの挨拶せえ‼︎」

「アナタ〜アナタを愛してました‼︎今日までは愛してました‼︎でも、アナタより気持ちいいの‼︎こんな濡れたことも感じたこともないの‼︎」

「アナタ〜ゴメンなさい‼︎私と別れてください‼︎私、イボイボチンチンが病みつきになったの‼︎白い粉気持ちいいの〜アナタゴメンなさい‼︎」

「離婚届にサインして郵送します‼︎すみません‼︎アナタの会社に離婚すれば迷惑掛けなくて済みます‼︎」

「私が捕まったら、アナタにも迷惑掛けます。長年私を愛してくれてありがとう‼︎ゴメンなさい‼︎」

「離婚してええんか⁈ホントにええんか⁈」

「アナタ〜アナタのこと、今は愛していません‼︎〇〇さんのことしか考えられません‼︎」

「だから別れてください‼︎お願いします‼︎子供達はアナタが引き取ってください‼︎すみません‼︎」

「旦那にこのビデオ郵送してええか⁈」

「はい。送ってください。アナタのことは、もう愛していません‼︎ゴメンなさい。別れてください。」

「このイボイボチンチンが頭から離れないの‼︎」

「許してください。警察には言わないでください。子供達やアナタに迷惑は掛けたくないの‼︎」

「離婚すれば、私が捕まってもアナタや会社には迷惑掛からないから‼︎」

「チンチン二本頂戴‼︎二本ブチ込んで〜お願い‼︎」

「衝撃の内容だった。シャブは理性を崩壊させる‼︎絶対に手を出してはいけない。僕はかつてない興奮状態で悟った。」

「皆さん、強姦も拉致監禁も刑法に抵触します。」

「覚醒剤も覚醒剤取締法違反で処罰されます。絶対に犯罪行為ですので行わないでください。」

「アナル気持ちええか〜なら二本挿し行こか⁈」

「兄貴、先に出して下さい。ワシは次に出しますわ‼︎」

「二人のチンピラヤクザは、上下になり藤谷美紀似の真由美さんを挟み込んだ‼︎」

「そしてサンドイッチになり、アナルとマンコを交互に犯す‼︎」

「あーダメ〜お尻拡がる〜拡がっちゃう〜でも気持ちいい〜」

「よっしゃ‼︎ワシがピストンするで、アナルセックスどうや⁈」

「アヘアヘアヘアヘ」

「ダメ〜気持ちいい‼︎頭がおかしい‼︎逝っちゃう‼︎逝っちゃう‼︎逝く〜逝く〜」

「肛門‼︎お尻‼︎アナル‼︎ダメ〜」

「激しくしないで〜しないで‼︎」

「お尻の穴裂ける‼︎裂けるよ〜」

「逝く‼︎逝く‼︎逝く‼︎逝っちゃう‼︎逝っちゃう‼︎」

「こりゃ、ええオンナや。こんな美人久しぶりや‼︎」

「ワシもアナルで逝くぞ〜」

「バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン」

「バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン」

「ダメ〜逝く〜逝く〜逝かせて〜逝っちゃう‼︎」

「白目を剥いて、よだれを垂らしながら絶叫する藤谷美紀似の真由美さんは尋常ではなかった。」

「お尻気持ちいい‼︎お尻拡がる‼︎でも気持ちいい‼︎」

「アナルで中出しすんぞ〜ええな〜」

「出して‼︎アナルで出して‼︎いい‼︎いい‼︎いいから出して‼︎」

「バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン」

「形の良いお尻を待ち上げてアナルを激しく犯すヤクザ‼︎」

「アナルで出すぞ〜」

「出して‼︎出して‼︎」

「ア〜ン、出てる〜お尻に出されてる〜」

「オラ‼︎奥さん、子供達にお別れせえや‼︎もう子供とは会われんのや‼︎なんか言ったれ‼︎」

「ミツルちゃん仮名、ママもうミツルちゃんと会えないの〜ゴメンね〜」

「ミツルちゃんは、立派な人になってね‼︎パパの言うこと聞くのよ‼︎ママは、もうアナタを愛せないの‼︎」

「ゴメンね‼︎ミツルちゃん‼︎ママを恨んでください‼︎ママの子供でゴメンね‼︎本当にゴメンなさい‼︎」

「ママは、お尻に挿れられて感じる変態なの‼︎おクスリ射たれて、気持ちよくなってるの‼︎」

「ママは、いけないおクスリ射たれて、警察に捕まるかもしれないの‼︎でも気持ちいいの‼︎ゴメンなさい‼︎本当にゴメンなさい‼︎」

「真由美さんは、アナルに中出しされたザーメンをアナルから出しながら、子供に謝罪していた。」

「とても幼い子供に見せられるビデオではなかった。真由美さんの贖罪だった。」

「そろそろ時間ですわ‼︎カシラ‼︎あと1発ぐらいよろしいでっか⁈」

「もう1時間過ぎて、2時間ぐらいやが、編集しよるから大丈夫やろ‼︎」

「兄貴‼︎ワシもう1発マンコしますわ‼︎」

「オチンチン頂戴‼︎どっちの穴に挿れるの⁈」

「イボイボチンチン⁈アナタの22センチのデカチン⁈どっち⁈」

「兄貴は、よろしいでっか⁈」

「ワシは今出したばかりやから、お前がヤレ‼︎」

「カメラに誓えや‼︎何射たれてんのか⁈旦那にも教えたれ‼︎」

「アナタ〜私真由美はヤクザの人にシャブ射たれて、シャブセックスしています‼︎」

「だから逮捕されるかもしれないから離婚して下さい‼︎」

「シャブってわかってるの‼︎白い粉注射されてるの‼︎でも気持ちいいの‼︎アナタのじゃ感じないの‼︎」

「だから離婚して下さい。離婚届は郵送しますから、アナタが出して‼︎お願いします‼︎」

「ハッキリ言ったれ‼︎チンコ小さくて無理って‼︎」

「ゴメンなさい‼︎言いにくいけど、アナタ小さいの‼︎だからアナタで感じたことないの‼︎」

「アナタ‼︎今まで7年間幸せでした‼︎ありがとう‼︎」

「こんなこと言われたら、僕ならショックで自殺しそうだ‼︎旦那さんが心配だ。」

「私を壊して〜オマンコでもアナルでも好きな穴に挿れて〜お願い‼︎」

「なら、二本挿しもう一回行くか⁈」

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。