エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

アラフォーの混浴温泉大好き夫婦

投稿:2020-03-29 18:17:22

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

S◆FIclJ0M(栃木県/40代)

40歳になっても看護師を続けてる妻と、数年前から混浴温泉に行くようになりました。

初めは、妻が選んだ秘湯と呼ばれる温泉が、混浴だったことからです。

そこには50代位の酔っぱらったおじさんが3人入ってて、妻の垂れた胸やお尻を凄く褒めてくれたんです。

恥ずかしがってた妻も、最後は隠すことなく、自分の好みでさせてるパイパンのワレメまで見せ、

「毛がないならもう少し近くでみせてくれよ」とおだてられ、妻は彼らの1メートル手前を歩いて笑っていました。

さらにおじさん達にお願いされ、お尻と胸を軽く触られて終わりにしました。

そんな明るい感じで、3人のおじさんには目の保養になったと言われ感謝され

帰りました。

その帰りの高速の乗り口付近のラブホ街を通ると、妻が急に照れながら

「ちょっと寄っていかない?この辺のホテル新しそうだし」と言われ、子供たちも大きくなり家ではやりづらかったので寄りました。

すると妻はいつもより敏感で、積極的で、すでにマンコはヌルヌルでした。

「どうしたんだよ、こんなに濡らして」っていうと、妻は3人に見られて触られて興奮したと最初は隠してたけど、白状しました。

胸は軽くだったけど、自分からは見えにくかったお尻を触るときは、3人とも

お尻は軽くだったけど、指がおマンコをいじってたらしく、それが溜まらなかったようでした。

自分がいなくて、おじさん達にやらせてと求められたら、断らずにやらせたと思うと妻が言った時、激しく挿入しました。

嫉妬で狂いそうだったけど、乱れた妻も最高でした。

そして2回目の温泉に行くことにし、妻に場所を選ばせました。

もちろん、妻が探してたのは混浴で、前回のおじさん達の様な素敵な出会いも期待してでした。

2回目は若者が一人で入ってて、自分が話しかけると、笑顔で話しかけてくれました。

学生さんの許可をもらい、妻を近くに呼びました。

そして、慣れらところで、妻の身体を見てもらい、胸やお尻を触ってもらいました。

妻は笑ってて、彼もさわりながら、パイパンに目が行ってました。

「ツルツルに剃ってるんですよ。見てイイですよ」というと、彼は驚きながらも嬉しそうで、すると妻が

「そこ座ったらいいのかな」というと、湯船から出て、淵に座ると、学生さんに向けてМ字で足を開きました。

「奥さんモロ見えですよ」と言われました。

自分はそこまでするつもりじゃなく、立ったまま、パイパンを近くから見てもらうつもりが、妻はマンコを見せました。

彼は童貞だと話してくれ、生のマンコを見るのも初めてだったらしく、ここまでしたんだからと、クリトリスやチンポを入れる場所を妻にマンコを開かせて教えることにしました。

妻はマンコを開き、若者に教えてました。

そのマンコは明らかに温泉で濡れてるのではなく、ネバネバのマン汁が溢れていました。

おさらいで今度は彼にマンコを開かせ、クリとチンポを入れる穴を探させました。

「凄いヌルヌルしてます」と言われ

「そのヌルヌルでチンポが入るんだよ」と教えると、喜んでくれました。

「童貞なら入れてみたいよな」とポツリと自分が言って、妻を見ました。

妻もこっちを見て、小さな声で

「パパがいいっていうなら、いいわよ」と妻が言うんです。

「いえいえ、そんな旦那さんの前でそんなことできませんから。ここまでさせてもらえただけで、言うことないですから」という学生に、妻が

「いい子ねぇ、ちょっとここに当ててみる?」と妻が彼を立たせました。

湯船の中で彼は勃起してたらしく、妻が彼を呼びました。

そしてちんぽが妻のマンコに当たると、クチョクチョと言ってました。

止めたいけどもっと見たいのと、色々考えていました。

妻は腰を動かし、擦るだけではなく入れようとしてるみたいでした。

するとガラガラっと誰から温泉に入ってきて、慌てて離れました。

おばさん、二人が入って来ました。

自分は妻を連れてあがりました。

妻はフラフラ気味で、着替えて温泉を後にし、二人でラブホへ寄ることにし、その日も嫉妬で妻を攻めました。

また妻はやりたくなったらしく、

「童貞って私経験なかったんだもん。初体験だと彼はずっと私を覚えてくれそうじゃない?そう思うとしたかったのよ」と言われ、嫉妬で激しく攻めました。

さらに立った状態でパイパンを見せるつもりが、マンコを丸見えにしたことを言うと、妻はあれしか思わなかったし、マンコを見せたことで、興奮したと言ってました。

「いつか混浴で会ったばかりの男とやっちゃうのもパパが興奮しそうで楽しそうね」と言う妻に

「ママがやりたいだけじゃないの?他の男とやっても最後は俺を気持ち良くしないと許さないよ」というと、

「じゃぁ次はいい人がいたら、しちゃうかもよ。それでパパが興奮するなら嬉しいし」と言ってくれ、3回目と4回目と混浴に行ったけど、誰も入っておらずにいます。

一人だけで男性が入ってる混浴があったら、凄いことになりそうです。

妻の発情ぶりも最高で、混浴に行ってラブホへ行くのが当たり前になっています。

すでに6か所回ったけど、出会えてませんが、妻と帰りのラブホも楽しく仲良しの秘訣になっています。

-終わり-
作者にメッセージを書く
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:13
いいね
投票数:11
続編希望
投票数:33
お気に入り
投票数:6
名作
投票数:1
読みやすい
投票数:4
この記事の解析グラフを見る
合計:68ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 6回
  • 47回
  • 185回
  • 5,702回
  • 5,702回
  • 8,389位
  • 7,750位
  • 8,802位
  • 5,321位
  • 15,043位
※18672記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]