月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

オナニーを偶然盗撮してしまったので脅しておちんちんを晒します

投稿:2020-03-27 13:58:24

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

リセット
置き換え

本文

いろはに◆c2ciZlA(千葉県/20代)

昔、私は逮捕されてもおかしくないようなことをしていました。

他人のおちんちんを盗撮し、無修正でネットにばら撒く、という男性が震えあがりそうな行動です。

男の人の一番大事なところを晒したい♡という歪みきった性癖によるこの行為で、のべ数十本のおちんちんが晒されてしまいました。

顔を写すことはなかったといえ、SNSに投稿したり、怪しい海外のエロサイトに投稿したり、ひどいときにはゲイサイトに投稿したこともあります。

痴女どころか悪女と呼ばれてもいいくらいのことを、私はしていたわけです。

そんな私に晒された男性のなかに、特に印象深い人がいました。

私が公園のトイレに仕掛けたカメラに写った、高校生くらいの男の子です。

私は、「未成年おちんちんの放尿シーンが見れる!」と意気揚々としていたのですが、期待は良い方向に裏切られたのでした。

まず、彼のおちんちんは明らかに勃起しているのです。

ファスナーから飛び出るおちんちんは反り返っており、やや窮屈そうでした。

彼はその立派なおちんちんを片手で持ちました。

そして、一番恥ずかしい行為を始めてしまったのです。

おちんちんをしっかり握りしめた彼の手は、勢いよく前後に動いていました。

紅潮し、快楽に溺れる彼の顔もしっかり写っています。

公衆トイレという、外から丸見えな状況での、大胆なオナニーでした。

2分程で彼はイってしまいました。

声を上げなかったのが残念でしたが、射精時のピュッという音は逃しません。

発射の後、彼のおちんちんから、ドロドロとした白い液が大量に溢れるのを見ました。

盗撮されているとも知らず、彼はお構いなしにイキ顔を晒しています。

しかし、すぐに賢者モードに入ったようで、その後は何もなかったかのように帰ってしまいました。

一方私は、予想以上の収穫に興奮しっぱなしでした。

今日だけで、彼の恥ずかしいモノを全て知ってしまったのです。

しかも高校生にしてはかなりの大きさのおちんちんでした。

そこで、生で撮影したい、と思った私は、翌日の同時刻に、その公園に行ってみることにしたのです。

そして次の日。

なんと彼は予想通り、昨日と同じ時間にやってきました。

私もすぐ追いかけます。

しかし、少しタイミングが早すぎたようで、まだ彼はファスナーを下ろす最中でした。

突然駆け込んできた私に驚いたように、彼は

「な、なんですか?」

と言いました。

私は率直な行動に出ることにしました。

「ねぇ、昨日ここでオナニーしてたよね?」

その瞬間、彼の顔が引きつりました。

「やっぱり…」

否定する隙も与えず、私は彼に近づきます。

「ど、どうしてわかったんですか?」

私黙ってはスマホを取り出し、盗撮した動画を彼に見せました。

オナニーしている彼の顔と、大きくなったおちんちんが写っています。

彼が精子を飛ばすシーンまで、全部見せてあげました。

「これを拡散されるか、今おちんちんを出すかを選んで」

私は彼にそう囁きました。

当然彼はおちんちんを出す方を選び、ファスナーを下ろしておちんちんを取り出します。

しかしこれではおちんちん全体は見えません。

「ズボンを足首まで下ろして」

やや命令口調でしたが、彼は黙って従います。

私は面白くなって、どんどん要求を付け足しました。

「まっすぐ立って」

「両手服をめくって」

そして彼のおちんちんは、あっという間に丸出しになってしまいました。

完全に勃起しています。

ズボンで締め付けられないせいか、昨日より上を向いているようでした。

私は早速スマホでカメラを起動し、おちんちんの撮影を始めます。

オナニー動画で脅したのは効果的だったようで、彼は何も抵抗しようとはしません。

写真は10枚ほど撮れば十分でした。

後は彼に、最高の羞恥心を味わさせるだけです。

SNSを開き、彼のおちんちんの写真を貼り付けました。

その画面を、何も言わずに彼に見せます。

彼は状況をすぐ理解したようで、恐怖に満ちた表情で私からスマホを奪い取ろうとしました。

かなり本気っぽかったので、私も抵抗しようとしたのですが、ここでハプニングが起きます。

私の手が思いっきり、彼のおちんちん(先端)にぶつかってしまったのです。

正直これは申し訳ないと思っています(笑)

しかし私は容赦なく、悶絶する彼の目の前で投稿ボタンを押しました。

その瞬間の、絶望感に満ちた表情が忘れられません。

彼の大事なモノが全て、晒されてしまった瞬間でした。

余談ですが、彼のおちんちんを画像検索すると、たくさんのエロサイトがヒットするのです。

誰かが彼のおちんちんでオナニーしていると思うと興奮してしまう私でした。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:5
いいね
投票数:4
文章が上手
投票数:2
続編希望
投票数:5
お気に入り登録
投票数:1
名作
投票数:0

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:17ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 8回
  • 57回
  • 1,767回
  • 4,330回
  • 0位
  • 16,560位
  • 14,595位
  • 11,772位
  • 17,956位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 3Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 11,697位
  • -位
※19278記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(2件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]