エチケン

体験談・小説メニュー

タイトル(約 6 分で読了)

【学校内の農場で】退職男性高校教諭の告白…農業高校の17歳の現役女子高生を相手に中出し【海女小屋で】

投稿:2020-03-25 17:28:42
更新:2020-03-25 17:28:42

本文

ロリコン高校教師さん(60代)◆IxBHRTE

平成31年(2019年)3月まで高校教諭として働いていた61歳を超えたばかりの男です。

どの県の教諭であったかは、ご想像にお任せします。

三大都市圏ではなく大学進学率は低く、人口減少は著しく、目立った普通科の進学校は少なく。農業高校や林業高校や水産高校や商業高校が大きな比重を占める県であることは申し上げておきます。

今から投稿することは、私が30歳前後(昭和の終わりから平成のはじめ)に(今では閉校になってしまいましたが)当時は農業と林業と水産業を学べた高校で満喫した15~18歳の教え子たちとの忘れられないSEXの思い出です。

『その高校の所在地には若者のSEXに寛容な素晴らしい風習がありました』

その高校は半農半漁の郡部に所在しており、昔は農家を継ぐ男子や漁師になる男子が多数でしたが、平成に入ると農家や漁師の息子も県庁所在地の普通科の高校へ行くことが一般化して、生徒の70%超は女子生徒になっていました。

細かい内容は書けませんが、当地には若者のSEXに寛容な素晴らしい風習があり、ほとんどの女の子は中学生の間に無礼講を交えた夏祭りや秋祭りで処女を喪失することが一般的でした。中学時代に処女を捧げた初体験の相手の農家や漁師の息子が県庁所在地の普通科の高校へ行くと、地元に残った別の男の子をSEXフレンドにする活動的な女の子も少なくありませんでした。

『優良な就職先や大学の推薦枠を巡る女子生徒の期待に応えるとSEXさせてもらえる』

その高校の女の子たちは、大学進学率が低い土地柄もあって、もっぱら大学ではなく、地元の町村役場やJ◎(◎◎協同組合)への就職を希望しました。

もっとも、少子化のためでしょうか、平成に入ると地元の公立大学や農業系または家政系の大学が、学校内の進学実績の乏しい農業系や林業系や水産業系の高校にも推薦の枠をくれるようになったので、地元を捨てて都会に出たい女の子たちは、大学への推薦枠を巡ってバトルを繰り広げていました。

そして、県庁所在地の性風俗街まで自動車を走らせても3時間はかかる救いようのない田舎ではありましたが、漁師が遠洋漁業に出掛けている間は、趣味と実益を兼ねて観光客を相手に売春する奥さんもいました。

そして、私たち男性高校教師にとって堪らなかったことが『教え子である女子生徒が希望する大学や就職率の良い専門学校への入学や地元の町村役場やJ◎(◎◎協同組合)への就職に成功したら』成功報酬として『自分のために頑張ってくれた男性高校教師にはSEXさせてくれる』女の子の割合が高かったことです。

その農業系高校に在籍していた数年間、私は進学や就職を決めた直後の教え子である15歳~18歳のJK(現役女子高生)を相手に、ある時は学校内の農場の仮眠室の畳の上でで息を殺しながら、ある時は学校林の中にあったシイタケ栽培場の横の苔の生えた岩の上で、ある時は漁師と海女の娘さんの実家が所有する浜辺の海女小屋の中と外で、SEXを満喫しました。

『最も興奮したSEX:海女小屋の横の砂浜で台風の目の中で思い切り膣内射精』

目の前にいる17~18歳の現役女子高生の大学進学先や就職先を確保するだけで、中学時代に処女を捧げた初体験の相手の農家や漁師の息子と別れた後の、次の彼氏を確保できなかった現役女子高生は自らSEXを求めてきます。

それどころか、ご両親が娘さんが非処女であることを承知したうえで、私に娘とのSEXを促すことさえありました。

浜辺に海女小屋を所有されている保護者が『先生には、わが娘の行き先を確保してもらったのに、お礼はできなくて、申しわけありません。』と謝罪しながら、父が『独身の先生も県庁所在地のソープランドに行くと遊ぶ金もガソリン代も高いので、ウチの娘とSEXされてもいいですよ。』と言いました。

母が『ウチの娘は中学2年生の時に夏祭りの時にヴァージン(処女)を失っております。』さらに続けて『ウチの娘は大学の推薦状を書いてもらうために、とっくの昔に校長先生とも進路指導の先生ともSEXしております。』と言い、私は面食らってしまいました。

『・・・』

彼女『農場の仮眠室で先生とSEXした友達から、先生のペニスは、校長先生や進路指導の先生よりも大きくて硬いと聞いています。』

『・・・』

彼女『野球部の◎◎君やサッカー部の00君は無責任に私の中に出しちゃうからコンドームを被せるか、安全日限定でSEXするほかはない。』

『・・・』

彼女『だけど先生は果てる直前に胸の谷間やお腹の上に出してくれるからコンドーム無しのSEXも安心だと友達から聞いています。』

『・・・とても嬉しいけど。彼女の気持ちだけいだだきます。』

と言って彼女の家を出ました。

ところが、彼女は私を追い掛けて来て捕まえ、ご両親が所有される海女小屋に導きました。

そして海女さんや漁師さんの溜まり場の小屋に着くと、昼間であるにもかかわらず大型で強い台風の強風圏内に入っていたためか・・・海岸に誰もおらず、空も海も暗くなって最高の野外セックスの環境が整っていました。

海女小屋には、その当時に彼女が着用していた高校の制服の夏服と冬服のセットがハンガーにかけてありました。

お互いに全裸になってシャワーで汗を流した後に漁師さんの溜まり場の小屋を見渡すと仮眠用ベッドの上に清潔そうなシーツが綺麗に敷いてありました。枕の横にはコンドームとアフターピルが置いてありました。

彼女『これは両親には言っちゃ駄目ですよ!この海女小屋は今や海女さんや漁師さんの溜まり場の小屋ではなく貧乏なJK(女子高生)やJC(女子中学生)が観光客や釣り人の男性客を相手に売春するセックス小屋ですよ!』

『コンドームはともかくアフターピルは何処から調達したの?』

彼女『実は部活動の先輩がソープランドで働いていて・・・私は4月からは先生が推薦枠をくれた大学に通学しながら先輩と同じソープランドで働くから、内緒で、そこのソープランドの店長からアフターピルをもらっています。』

そんな話をしている間に海女小屋またの名をセックス小屋が台風の暴風雨圏内に入ったらしく真っ暗になりました。

私は海女小屋のシャワールームで彼女の頭頂部から足の裏まで丹念になめ回します。シャワーを浴びながら彼女の髪を洗い、唇を奪い、ディープキスを楽しみ、うなじをなめ、鎖骨に愛撫した後、私の右手の指で彼女の左の乳首を転がしながら、彼女の右の乳首を舌で転がしました。すると彼女は気絶してシャワールームの中に崩れ落ちました。

彼女は息を切らせながら『これまでに私がSEXした全ての男性の中で先生が最高のテクニシャンです!』と絶叫してくれました。

私はペニスに温水を浴びせながら、崩れ落ちた彼女の目の前にペニスを見せつけ、フェラチオを強要します。

私は彼女の素晴らしいテクニックに思わず射精しそうになりましたが、必死に我慢しました。

そんな時、どうも浜辺の海女小屋が台風の目に入ったらしく、まったく無風になりました。

私が『俺は野外SEXが好きだから小屋の横の白い砂浜でアウトドアSEXを楽しませて欲しい!』と頼みました。

彼女は花見のために使うシートを小屋の横に敷いて仰向けになり、私の攻撃を受け入れてくれました。

私はピンク色の乳首を丁寧に転がし、彼女が痛がる寸前まで乳房を揉みしごきながら、彼女のヴァギナにクンニリングス攻撃を仕掛けます。男性経験が豊富なわりには彼女のヴァギナは臭くなく、おまけにパイパン(無毛)でしたので、楽しく彼女のアソコを攻め立てました。

彼女は、私のペニスをこすりながら『お願い!そろそろ先生のペニスを私のアソコに突き刺して!』と絶叫しました。

私が彼女の望み通りに正常位で彼女のヴァギナに私のペニスを突き刺すと、彼女は

彼女『校長先生より進路指導の先生より部活動の顧問の先生より野球部の◎◎君よりサッカー部の00君より、先生のペニスとテクニックが完全に上です!』

『俺も17歳の教え子を相手にコンドーム無しのアウトドアSEXを楽しめて最高!』

彼女『お願い!中に出して!!!』

『聞こえな~い!』

彼女『お願い!中に出して!!!』と何度も何度も絶叫してくれました。

もちろん私は怒張したペニスを17歳教え子のヴァギナの中に突き刺し、激しく腰を振りながら・・・

『アッー!!!ごめんなさい!****ちゃんのおとうさん!****ちゃんのおかあさん!今から素晴らしい娘さんに中出しします!!!』

『アッー!!!処女を捧げた大昔の彼氏さん!ごめんなさい!現在の彼氏さん!ごめんなさい!いつか結婚する将来の旦那さん!ごめんなさい!今から一足先に****ちゃんに膣内射精して俺の赤ちゃんをつくります!!!』

『アッー!!!もうすぐ****ちゃんの中に出すよ!』

『アッー!!!台風の中でアウトドアSEXできて最高!』

『アッー!!!****ちゃん!!!出るよ!!!出るよ!!!****ちゃんの中に出しちゃった!!!』

『アッー!!!****ちゃんの子宮に俺の赤ちゃんができちゃう!』

などと絶叫しながら、私は17歳のソープ嬢を相手に大量の膣内射精を楽しみました。

その膣内射精を伴う感動的なアウトドアSEXを終えた後も私の性欲は抑えられず、海女小屋(セックス部屋)に戻りベッドを激しく軋ませながら、17歳の教え子に何度も何度も何度も膣内射精を楽しみ続けました。

台風の目から外れて、再び風雨が強まった後も、私は抜かずの2発目、3発目を楽しみました。

背中と脇腹にに叩きつける暴風の冷たさとペニスを取り巻く彼女のヴァギナの肉壁から伝わる温かみのコントラストを私は死ぬまで忘れません。

もっともっと動物的なSEXの記録の購読を希望されるなら『続編希望』を押してください。

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]