エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

肉便器にしたJKと輪姦セックス

投稿:2020-03-24 03:23:21
更新:2020-03-24 03:23:21

本文

宮崎県/Kさん(20代)◆ExGHADM

俺は24歳のしがないサラリーマンだった。これはそんな俺が家出したJKを肉便器にした話だ。

仕事から帰ってきて何となく掲示板を見ていたら、「家出しました…〇〇市で泊めてくれる人いたら連絡ください」という書き込みを見つけた。

俺はこの時彼女に浮気をされた挙句にフラれていて、女をめちゃくちゃに犯してやりたいっていう衝動に駆られていたから、これはチャンスだと思い連絡をしてみたら見事に食いついた。このJKの名前はみゆで、くしくも元カノと同じ名前だった。

「みゆちゃんあがってあがって」

「ありがとうございます!」

家の鍵を閉めてさぁ準備完了だ。

「さっそくだけど服、脱げ」

「え…?」

「もう家まで来た時点でお前俺のもんだから口答えすんな!」

と、思いっきりビンタすると、みゆはすぐに従って脱いだ。

俺はみゆをM字開脚させ、縛り上げ電マを当てて、風呂場にその日は放置した。喘ぎ声と泣き声が聞こえてきていたのはいうまでもない。

次の日俺は、昔の悪友たちに声をかけて、10人ほど集めた。

「みゆちゃん俺らの相手壊れるまでしてもらうよー(笑)」

「そんなの…」

何か言おうとするみゆの口がチンポで塞がれた。昨日の電マ放置のかいがあり膣はびしょびしょに濡れており、入れるのは容易かった。

「いやあ…らめぇ」

何か言おうと頑張っているがそんなこと知らない、腰を打ちみゆの中にたっぷりと出した。

俺が抜いたあとすぐに他のチンポを入れられていて、みゆは何度も逝っていた。

俺らは休憩しながらだが、みゆにそんな休憩なんて与えられるはずがない。丸2日間、犯し続けられたみゆは完全に壊れていた。白い液が垂れている膣はパックリ口を開いていて拳までも入るほどにガバガバになっていた。身体はずっと小刻みに痙攣していて顔はアヘ顔の白目を向いていた。

「こいつどうする?」

「もうこんなガバマン女使えないし、捨てちゃおうぜ」

「捨てるならいいとこあるぜ、〇〇山、立ち入り禁止のロープ貼ってあるけど車で登れるからそこのドブに捨てちゃおうぜ」

「いいねーじゃあそこに捨てに行こw」

「でもそんなとこ捨てたら死んじゃうんじゃ…」

「別によくね?w」

「じゃあ捨てるとこ動画撮ってアップしよーぜそうすれば誰か拾いに行くだろw」

といった流れで、みゆを車のトランクに乗せ、山まで行きました。

「まじこいつくせぇよなまだ痙攣してやがるし」

と言いながら、みゆを道路に下ろしました。

「じゃーな肉便器」

と言って俺はみゆをドブに蹴り落としました。

そのあと、みゆがどうなったのかは知りません。

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]