エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

妻の全裸を晒して興奮する夫婦

投稿:2020-03-22 19:58:29
更新:2020-03-22 19:58:29

本文

北海道/S.Yさん(30代)◆FIclJ0M

もうすぐ40歳になる妻はちょっとМなとこがあり、恥ずかしいことをされると濡らしちゃうんです。

マンコをじっと見つめてるだけで、

「イッちゃうかも」というほど、見られたり臭いを嗅がれたりは、イヤといいながらも興奮しまくりでした。

そんな妻を誰かに見せたいと思うようになり妻に話したけど、あっさりと却下されあれこれ考え、やっといいと言ってくれたのは、妻の顔にマスクをつけてするならいいと言われました。

マスクを用意し、口と目だけが開いてて、わかりづらいとは思ったけど、

「目で私って思われてもいやだから、これにサングラスもしてでいいならいいけど」と言われ、やっと納得してもらえました。

そして知り合いにバレないようにと、隣町の名前をだし、39歳だったけど、

「30を過ぎたばかり」と書いて募集をかけました。

数日でかなりの人数が来て、一人一人自分が見ていくと、一人気になる人がいました。

本名か匿名なのかわからないけど、知り合いの名前で、妻を呼びました。

彼には前進とチンポ画像を送って欲しいと送ると、少しして画像がきました。

妻と二人で笑いながらも驚きました。

その男性は、妻のママ友の旦那さんで、自分とも知り合いだし、チンポの画像は立派で、卑猥に勃起してて、妻と二人で困りました。

妻から聞くと、そのママ友は今は彼氏と浮気中らしく、旦那さんには何年もやらせてないと聞いてたらしく、可哀想に思いました。

最初は絶対にダメって言ってたけど、妻も旦那さんが可哀想と思ったのと、チンポの画像に

「そういえば、そのママ友が自慢げに旦那の巨根自慢をしてた」というのを思い出していました。

マスクもサングラスもしてるから、絶対にバレることはないので、彼を選ぼうとしました。

見せるだけだったのに妻は

「あんなの入れられちゃったら、クセになったらどうしよう」と妄想していました。

「ママの裸を見てもらうだけだから」というと

「そうだったね、勘違いしちゃった」と言う妻に嫉妬して押し倒すと、妻のマンコは濡れていました。

ただ見せるだけだからと言いながらも、妻も自分も興奮していました。

自分もマスクをして、隣町のラブホで会う約束をしました。

妻にはマスクとサングラスをさせて、下着姿で待たせました。

そして、妻のママ友の旦那のTさんがやってきました。

自分もバレないように、マスクに大きめのオーバーオールを着て返送をしました。

Tさんと自分が話をし、妻が待つ、ベットの方へ行きました。

妻には話さないように言ってあり、Tさんにも今夜だけのプレーとして話さない妻にも納得してもらいました。

自分が見てる中、下着姿の妻をTさんの前に立たせました。

マスクとサングラスをしてるけど、Tさんは下着姿に興奮すると何度も言ってました。

妻に後ろを向かせると、紐のTバックで、お尻は丸見えで、

「たまらなくいいお尻ですねぇ、好みのお尻ですよ」と喜んでくれ、妻に後ろを向かせたまま、Tさんには服を脱いでもらいました。

Tさんは勃起しており、その大きさは驚く大きさでした。

「巨根なんですねぇ、画像よりも本物はデカイですね」と男の自分がいうと

「大きいのが自慢なんですがね、嫁には飽きられましたけど」と笑って言ってて、妻をふり返させました。

妻はTさんの大きなちんぽを見つめてるだろうと思いました。

Tさんには一応あの許可なしで触らないとは言ってたのですが、妻に下着を取るように言うと、Tさんが是非脱がせたいと言いだしました。

妻は少し迷いながらもうなずいたので、ブラとパンティをTさんに脱がせてもらいました。

乳首がカチカチに尖ってて、妻が興奮してるのがわかりました。

乳首を見つめるTさんに妻は興奮してると思いました。

そして紐のTバックを脱がしにかかると、妻の腰に指が触れるだけで、妻はピクピクしてて、Tさんが脱がしはじめました。

「うわぁ毛がないんですね、初体験ですよ。パイパンは」と言いながら、脱がしていきました。

ソファに座らされた妻はМ字で開脚をお願いされ、とうとう妻のマンコが見られちゃう瞬間でした。

ソファの前に座るTさんの前で、妻が両足をあげて、やはり恥ずかしいのか手で隠していました。

「見られると興奮するんだよね?そのために呼んだから見せてあげようよ」と自分が妻にいうと、妻は手をよけました。

そこにはパイパンだけど、使い込まれて黒ずんだマンコがありました。

しかもヌルヌルで、足を思いっきり開いてるので、ビラビラも開いていました。

じっと見つめて、クンクンと臭いを嗅ぎ

「いやらしいですね、最高です。もっと嗅いでもいいですかね?」というので、

「どうぞ」というと、時折り鼻が妻のマンコに当たってるのかピクっと妻がしてました。

「良かったら、手でマンコを開いて奥まで見てもいいですよ」と自分がいうと、妻はイヤイヤとしてたけど、喜ぶTさんに許可を出すと、Tさんはマンコを両手で開いて、奥まで覗き、さらにそこの臭いを嗅ぎ、

「奥さん最高ですねぇ、ほんのりおしっこの臭いが自分は好みなので」というTさんのチンポは勃起したままで、さらに先っぽから我慢汁が垂れていました。

「我慢汁出てますよ。良かったら妻にも見せてあげてください」というと、Tさんは立ち上がり、ちんぽを妻に見せました。

「もう一回、奥さんのオマンコをじっくりと見せてください」と言われ、Tさんはしゃがんでマンコを開いて見始めました。

クリ皮を剝こうとすると、妻は

「あっ」と声を出してしまい、ドキドキでした。

「大きいクリですねぇ、奥さんもオナニー好きなんですか?いじりすぎですかね」と言われました。

妻はマスクをしてるけど、手で顔を隠してました。

こんなにマンコを見られたことはないと思いました。

「奥さん、四つん這いになってもらってもいいですか?」と言われ、妻は言われた通りに四つん這いになり、マンコはもちろん、肛門まで見せました。

お尻を開くと、お尻の穴まで臭いを嗅ぎだし、凄い状況でした。

そして最後はTさんの射精でした。

М字にまた妻になってもらい、Tさんには目の前でオナニーをして出してもらう約束でした。

手でしごくTさんと、妻はマンコをTさんに見せつけており、興奮した自分は二人に提案をしました。

「挿入は困るけど、スマタならいいんじゃないかなって思ったけど」というと

Tさんは凄く喜んでくれ、妻は嫌がるかと思ったけど、黙っているので二人にチンポとマンコを擦らせようと思いました。

一応妻に耳元で

「いいの?スマタ」と聞くと

「イッテもいい?」と言ってきました。

妻は触ってもらってもいないので、我慢の限界の様でした。

そしてTさんが妻のマンコに巨根を擦り付けました。

妻の腰も動き出し、クチョクチョといやらしい音が鳴り続けました。

「はぁっイクッーー」と叫ぶ妻はイカされました。

Tさんも妻の声を聞いて、妻のお腹にたっぷりと精子を出し、プレーは終了しました。

Tさんは満足して帰って行き、今度は夫婦で盛り上がりました。

妻は見られるだけの焦らされプレーは辛いと言ってて、スマタをするくらいなら、Tさんの欲しかったと言ってました。

その後もTさんに何度か会ったけど全く気付かれてなかったけど、妻とTさんが会話をしてるだけで興奮してしまいます。

またしてみたいけど、バレたら困るので迷っています。

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]