エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

友達のパパと生ハメ中出しSEX

投稿:2020-03-21 06:05:26
更新:2020-03-21 06:05:26

本文

なつきさん(10代)◆JmcAFIk

私は去年の春から一人暮らしをはじめた女子大生です。

おっぱいが大きいので(Fカップです)良く痴漢にあうのが悩みです。

親からの仕送りだけでは、寂しいのでアルバイトを探したんですけど、つい高収入に目が眩み、内緒でフーゾクで働いてます。

週に2~3日だけですが、欲しかったブランドが余裕で買えるようになりました。

ある日、写真指名が入り待合室にお迎えに行くと、50代くらいのサラリーマンでした。

今日は出張できた帰りだそうです。

別に珍しい客層ではないのですが、どこかで見たことあるなーと思っていたのですが、思い出せず、手を繋ぎお部屋に移動しました。

相手のお客さんも、私のことを知ってる様子もなかったのでプレイスタート、お客さんの服を脱がして、自分も服を脱ぎ、ブラは外してくれました。

お客さんは私の胸を「大きくてキレイだね」と誉めてくれて、私が体を洗ってあげてる最中もずっと私の胸を触ってました。

オプションで生挿入があって、お客さんが生挿入を選んでいたので、ゴム無しでお客さんにまたがりました。

お客さんのアレがとても大きくて、ちょっと大変でしたけど、固さもあり私も楽しんでいました。

でも、気持ち良さそうにしているお客さんの顔を見ていたら、突然お客さんの正体に気付いてしまいました。

お客さんは地元の友達のパパでした。

私は気付かないふりをしてましたが、内心ちょっとパニックでお客さんが「いくっ!」って言ってることに気付かないで、中に出されてしまいました。

お客さんは、その年齢にしては珍しく、まだ元気で時間も余ってたので二回戦に入り、今度はお客さんが攻めてくれて、バックでお尻を鷲掴みにしながら、激しく突かれました。

1回出してるので、かなり長い時間パンパンパンパン出し入れを繰り返し、私も途中でいっちゃいました。

でも、2回目は黙って中に出してきたので、私はちょっと頭にきて、「この事は、エミには内緒にしておきますね」とわざと自分の正体を明かしました。(エミは私の友達、つまりこの人の娘です)

エミパパは物凄く動揺していて、私は笑いそうになりました。

最後に一緒にお風呂に入りながらエミパパは「ホントにエミには言わないでくれ」と私の胸を見ながらお願いしてしました。

可哀想になり「私もこの仕事内緒なので、大丈夫ですよ。ふたりだけの秘密です」と安心させると、すぐに胸を揉んで乳首を舐めて満足そうにしてました。

そのあとエミパパと濃厚なキスをしてお別れしました。

今度エミの家にお泊まりに行く予定なので、エミパパの反応が楽しみです。

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]