エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

彼女のスカートの中を見た④

投稿:2020-03-14 22:15:05
更新:2020-03-14 22:15:05

この話のシリーズ一覧

本文

次郎さん(20代)◆QhQRkoQ
前回の話

続編希望が30を超えたのでまた投稿しました。

大学1年生の時の話です。

私と春奈は夏祭りに行く事にしました。

当時、私と春奈は別居していたので夏祭り会場に近い私の家で待ち合わせして夏祭りに行く事にしました。

夏祭りは夕方からですが春奈は昼過ぎに来ました。

まだ夏祭りまで時間があるので私の部屋でスマホをいじって時間を潰しました。

私はクッションに座ってましたが春奈はベッドに座ってました。

春奈はミニスカートを穿いていて膝は閉じていてパンツは見えませんでしたが、生足だったので美脚を見たらムラムラして来ました。

私は我慢できなくなり、春奈を押し倒してしまいました。

春奈は一瞬驚いたようでしたが、やがて目を閉じました。

私はキスしましたが、キスする前に春奈の足を見ました。

するとスカートがめくれていて、ちょっとだけパンツが見えていました。

柄までまは分かりませんでしたが白い色が見えました。

そろそろ行く時間になると春奈は

「ちょっと着替えるね」

と言って脱衣所に入って行きました。

少しすると春奈は浴衣姿で出て来ました。

私は思わず

「可愛い」と言うと

「ありがとう」と言いました。

「帯締めるの手伝って」

「分かった」

「もうちょっと上で締めて」

私は帯を上に上げると春奈の胸に触れてしまいました。

「きゃっ」

「ごめん」

「もう」

ハプニングがありましたがなんとか浴衣を着付け夏祭りに行きました。

行く途中

「なんかスースーする」

「普段スカート穿いてるのに感じるの?」

「私、下着着けてないから」

「えっ、普通着けるよ」

「そうなの?でもまた着替えるの面倒くさいからこのままでいいや」

私は大丈夫かなと心配したら、悪い予想になりました。

金魚すくいをする時、春奈が前かがみになったので春奈の胸元が見えそうになり春奈に耳打ちすると

「きぁあ!」

慌てて胸を押さえました。

その後、食べ物を買うと人気のない神社の裏に行きました。

食べ終わると

「今、2人きりだよね」

と春奈が私に抱きついて押し倒してきました。

「さっきのお返しだよ」

春奈は下着を着けてなく布一枚だったので胸の感触がいつも以上に感じました。

春奈は私に覆い被さる体制になると春奈の浴衣が肌げていて春奈の胸の谷間が見えていました。

春奈はそれに気付かずキスをしてきました。

キスをすると春奈は立ち上がりましたが浴衣の裾を後ろから押さえつけていたので、浴衣が肌げ春奈のFカップの胸が丸出しになってしまいました。

「きぁあー」

春奈は慌てて胸を隠すと不機嫌になりました。

しかし、誰のせいでもないので翌日にはいつも通りの春奈に戻っていました。

春奈は天然でスカートの中を見られる事が少なからずあるので続編希望が多ければ他の話も投稿します。

この話の続き
-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]