エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

30年ぶりに再会した幼馴染の悦びに濡れた緋肉に囚われて

投稿:2020-03-07 19:11:10
更新:2020-03-07 19:11:10

本文

空蝉さん(50代)◆JJUVZgE

俺の勤め先にパートでやってきた人妻は、幼馴染の典子だった。

中学卒業で離れ離れになって以来、30年ぶりの再会だった。

お互い、思いを寄せていたものの、唇を重ねただけの関係だった。

言葉は要らなかった。

お互いの連れ合いには悪いと思いながらも、見つめ合って連れ込み宿の格子戸をくぐり、30年ぶりに唇を重ねた。

6歳年下の可愛い女房がいながら、昔、思いを寄せた幼馴染を抱きたい気持ちは治まらなかった。

仄かに香り立つ四十路女の艶かしく甘い匂いは、女房と違う媚薬のような匂いだ。

湯船に浸かりながら向ける誘うような目配せ、落ち着いた四十路女の仕草と身のこなしは昭和の色気を感じた。

これから恵む恍惚の夢に色めき立つ女の肌と濡れる雌蕊の匂いに、雄蕊もそそり起った。

畳の上に敷かれた布団、並べて置かれた枕、そこに寝そべる典子はゆっくりと脚を広げた。

しっとりと湿り気を絶やさない雌蕊が裂けて、噎せ返るような艶香が肉欲を煽った。

「典子、綺麗だね。可愛いオマンコ見せておくれ・・・」

足を拡げると緋肉が覗き、女が見せる羞恥の美が極まった。

欲情の炎が燃え盛り、雌蕊に唇を寄せ、花弁をめくり、花芯に舌を添えて転がした。

幼馴染との婚外淫戯に悶え乱れてしまう典子は、ついに自ら交合を乞うた。

色めく典子の緋肉に俺の雄蕊が埋もれゆく・・・

典子は乳房を淫靡に震わせて、悦楽の淫水を滴らした。

妖艶な四十路女の肉に浸りきり目を閉じれば、ランドセルを背負っていた無邪気な典子、異性を意識して思いを寄せはじめていたセーラー服の典子の姿が蘇った。

激しい交合に揺れ彷徨う乳房、滴る汗、俺と典子は貪るように姦淫の熱に蕩け落ちた。

これ以降も月に数回、愛しき幼馴染の吸い尽くすような女肌、蠕動する雌蕊に雄蕊を囚われ、突姦を繰り返した。

女房を抱くとき、やっぱり女房は可愛くて、これほど肌が合う女はいないとつくづく思うのだが、典子と会うと、典子の淫気に惑わされ、温かき緋肉の抱擁を堪能したい欲望に駆られ、情事に没頭してしまった。

情事を重ねること5年、俺と典子が五十路を迎えたとき、典子が突然旅立った。

パートにやってこない典子は、店まであと200mのところでバスと接触した軽トラに自転車ごと飛ばされ、息を引き取った。

告別式で泣き崩れた典子の夫を見て、俺は胸が抉られた。

遺影で微笑む典子が、

「ごめんなさい、あなた・・・」

と夫に向けた贖罪の笑みに見えた。

御導師の緋の衣の赤が、典子の緋肉の赤と重なった。

引導が渡された。

「お前は俺の女房じゃない。夫の元に帰れ・・・さようなら、典子・・・」

30年越しの思いを遂げて5年間愛し合った幼馴染を見送った。

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]