エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

夫婦のセックスでクンニとフェラは?

投稿:2020-03-03 19:04:12
更新:2020-03-03 19:04:12

本文

アユミさん(40代)◆FRkBl4g

40歳の二児の母親です。

結婚して14年が過ぎましたが、3歳年上の夫は今でも私を求めてくれます。

私たち夫婦は、どちらからともなく寄り添い、穏やかな愛情の中、告白もなく結ばれた特殊な始まりでした。

夫27歳、私24歳、男女の親友みたいな関係だった夫と飲み歩いて、終電を逃してしまった夫を私のアパートに泊めた夜でした。

何事もなく朝を迎えたのですが、なぜだか、夫をこのまま帰したくない気持ちがあって、そうしたら、夫も同じだったようで、そのまま押し倒されて・・・されるがままでした。

それは、女にとって、あなたに任せます、どうぞご自由にという意思表示でした。

裸にされて、愛撫されて、アソコを指で撫でられて、そして夫が入ってきて・・・これが始まりでした。

私は、夫が初めての男性ではありませんでした。

でも、クンニをされたのは、夫が初めてでした。

夫がクンニをしてきたのは、確か5回目のセックスの時でした。

初めは、足を拡げてアソコを舐められるなんて、とても恥ずかしくて、嫌でした。

でも、その恥ずかしさが気持ち良さに変わって行って、クリトリスを舌先で転がされた時は記憶が飛びほど気持ち良いやら恥ずかしいやらで、どうにかなっちゃいそうでした。

それからは、毎回、身も心も夫に捧げる気持ちで恥ずかしいアソコを舐められています。

今では、たっぷりクンニされたら、たっぷりフェラしてあげます。

元々、クンニだけじゃなく、フェラもそんなに好きじゃなかったけど、夫のセックスは、基本的に私を感じさせることが目的なのです。

私が、夫のモノでのた打ち回るほど感じて淫らに喘ぐ姿が、夫にはたまらない幸せを感じるのだそうで、私も気持ち良いのですべて夫に捧げています。

だから、私に快感を与えてくれる夫のモノをフェラするのは、私もこの上なく嬉しいのです。

結局、今はクンニもフェラも大好きになってます。

夫の献身的なセックスを経験して、愛する男性と交わる事が、これほど素敵な事だと気付いて、若かりし頃の軽率だった交わりを猛省しました。

夫以前に交わった男性は3人、短大時代に2人、就職してから1人でした。

夫のセックスを経験して、それまで私を抱いた男性たちは、自分勝手なセックスだったと知りました。

気持ち良くないことは無いのですが、私がノッてきたところで向こうが終わる感じでした。

フェラばかり強要して、私のアソコは指に唾つけて1分くらい弄って終わり、後はスキンについているヌルヌルに頼っていれていました。

今、私を献身的に感じさせて、愛してくれる夫に心から感謝しています。

夫がしてくれるクンニは快感が凄くて、時に逝かされてしまいますが、でも、クンニって、そんなところを舐めてくれるという事から、愛されているという実感があります。

先日、ママ友の飲み会があって、そこで出るのは決まって下の話で、先日はクンニとフェラの話題でした。

ご夫婦のセックスで、クンニとフェラが全く無いご夫婦って半分いるんですよ。

時々というご夫婦もいましたが、ウチは毎回10分以上クンニされてるなんて言えず、

「ウチも時々・・・」

なんて言ってしまいました。

だから、ここに真実を書き込んでみました。

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]