エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 5 分で読了)

スカトロOKなメンヘラJKとの出会い

投稿:2020-02-25 06:40:37
更新:2020-02-25 06:40:37

本文

マサトさん◆YokZYAA

援交全盛期の頃の話。当時は出会い系サイトにJCやJKの募集の書き込みが溢れており、容易に若い子と援交できた時代でした。

ただ僕の場合、ロリ趣味な上にスカトロマニアという重度の変態なので、ノーマルセックスやフェラチオでロリ欲求は満たせましたが、スカトロ欲求はなかなか満たせず、毎日いろんなサイトに「スカトロに興味ある若い子募集」と書き込みをしていました(笑)

当然ノーマルの募集に比べたら少ないですが、それでもちょいちょいレスはありました。

だいたいレスの内容は決まっていて、一番多いのが"おしっこOKウンチNG"、稀に"おしっこウンチ両方OK"の子がいて、そして意外に多かったのが「スカトロって何ですか?」という質問のレスでした。

そこで、スカトロを説明するとこれまた大体反応は決まっていて、"おしっこだけならOK"か、返信が来なくなるか、「キモい」とか「死ね」とか罵られた上で返信が来なくなる(これはこれで興奮しましたが(笑))、といった感じでした。

そんなある日、JK2年のサトミという子から「スカトロって何?」と質問が来たのでいつものように説明を返信して、どうせレス返ってこないだろうな〜と思っていたら、「サトミのウンチ見たいんですか〜?」と意外な返信。

そこで調子に乗って「見るだけじゃなくてサトミちゃんのウンチ塗ったり食べたりしたいなぁ」と送ると、「ホントですか〜?サトミのウンチくちゃいよ♡」とこれまた意外な返信。ちょっと変わった子だけどこれはイケる!とソッコーで約束を取りつけることに。

協議の結果、"シャワー浴びずに全身を舐めさせてもらう"、"放尿・排便"、"排泄後のオマンコとアナル舐め"、"食糞・塗糞はやるかどうか会ってから決める"…以上の内容を本人の希望で現金ではなく"新しいケータイを買ってあげる"ことで合意しました(笑)

そして当日…待ち合わせ場所のファミレスの駐車場に現れたのは黒髪ロングのごく普通の制服(夏服)に身を包んだJKでした。

見た目はめっちゃカワイイ!というほどではないけど決してデブスではなく寧ろ小柄で痩せ形なので、ロリ好きの僕にとってはかなりハイレベルな逸材でした。

ところが、逸るチンコを抑えてとりあえずファミレスに入り、開口一番「サトミちゃんみたいなカワイイ子ならウンチ食べたいな」とお下劣極まりない要望を伝えると彼女は「ごめんね、もしかしたらウンチ出ないかも…」と言ってきました。

正直「またか」と思いました…と言うのも、当時ウンチOKで約束をした子がいざホテルに行ったら「やっぱり出ない」というパターンが非常に多かったのです(恐らく半数かそれ以上。それでも20人以上のJC・JKのウンチを堪能しましたが…)

「まぁとりあえず行こうか」とファミレスを出てホテルに行くことに。

車内で「スカトロは実はほとんどの男が好きで普段は隠してるだけ」とか「クラスの男子の中にも絶対サトミちゃんの排泄を妄想してオナニーしてる奴がいる」とかデタラメを吹き込みながらスカトロ物のエロDVDを見せると、「すご〜い!ホントにウンチ食べてる〜!」とはしゃぎながら食い入るように画面を見ていました。

「やっぱりちょっと変わった子だな…」と思いつつホテルに到着。

まずは全身舐め。制服を着たままベッドに寝かせて「おしっこかウンチ出そうになったら教えてね」と言いながら僕は全裸になり、サトミの首筋を舐め始めました。

首筋から耳、頬、唇へと舌を這わせサトミの口の中に舌を突っ込みました。

キスは約束に入ってなかったのですが、サトミも止めることなく舌を絡ませてきました。久しぶりのJKとのベロチューにすっかり興奮して、勃起チンポから溢れてくるガマン汁をサトミの太ももに擦り付けながら執拗に舌を絡め、サトミの口腔内に唾液を流し込んでいると、「おしっこ出そう…」と恥ずかしそうに呟いてきました。

僕が「OK!じゃあ僕の顔に跨がって」と言うとサトミは「えーっ!ここでするんですか?」と驚く。どうやらトイレかバスルームですると思っていたらしい。僕は構わず「膝立ちでも仁王立ちでもいいからパンティ下ろしてスカート捲り上げて跨がって」と言うと「わかった」とパンティを脱いで膝立ちで跨がってきました。

するとすぐに「出るよ!」とサトミが小さく叫び、同時に僕の顔面に温かい聖水がビチャビチャと降り注いできました。

僕は溢さぬよう口を開けながらオマンコに顔を近づけ、夢中でJKの生おしっこを喉の奥に流し込みました。

もう僕のチンポは暴発寸前で、「お願い!チンポにおしっこかけて!」と叫びサトミを後ろに下がらせてチンポに放尿してもらいながら激しくチンポを扱きました。

チンポにビチャビチャ降り注ぐおしっこの刺激、温かさ、臭い、味、グチョグチョと卑猥に響くチンポを扱く音が相まって、

サトミの放尿が終わるとほぼ同時に「イクッ!サトミちゃんのおしっこでイクとこ見て!」と叫びながら大量のザーメンを発射しました。

サトミは「すごーい…すごいねー」と僕にオマンコのおしっこを舐めとられながら感心してるような呆れてるような様子。

ベッドがおしっこでビショビショになったので、シャワーでおしっことザーメンを洗い流してからサトミをバスルームに呼んでプレイ再開(もちろんサトミにはシャワーを浴びさせないまま)。

さっき射精したばかりなのに、童顔・小柄・貧乳のサトミの全裸姿を見たらロリ心が刺激されて、それほど絶倫でないにも関わらず、あっという間に再びフルボッキしてしまいました。

「サトミちゃん、マジでカワイイよ」「マジで好きになっちゃったかも」などと本音まじりのお世辞を並べながらサトミを四つん這いにさせる。

アナルを拡げて舐め始めると「やだ、くすぐったい」と身体をよじらせ恥ずかしがるサトミ。

オマンコよりアナルを見られたり舐められたりするのを恥ずかしがる子が多いので僕はアナル舐めの方が好きなのです(笑)

より羞恥心を煽るためにサトミに自分の両手で尻肉を拡げさせながらアナル舐めを楽しんでいると、突然バスルームの外でサトミのケータイが鳴りだしました。

当然無視すると思っていたらなんとサトミは立ち上がってバスルームを出て行ってしまいました!しかも電話の相手と借りてたCDを返すの返さないのでケンカしだす始末。

"ちょっと変を通り越して異常だな"と思ったけど、こんな自分好みの容姿でスカトロOKな子なんてそうそう会えるものじゃないのでその点は目をつぶり、

バスルームに戻ってきたサトミを本当は怒りたいとこだったけど「もう大丈夫?」と優しく迎え入れました(笑)

サトミは「うん、ごめんね」とまた四つん這いになる。

そこで僕が「ウンチ出そう?」と尋ねるとサトミは自信なさげに「うーん、やってみる」と返答。

そこでサトミにバスタブの縁に足をのせてバスタブに跨がってもらい、僕はそのバスタブの中に横たわり、サトミのアナルから落ちてくるウンチを受け止めることにしました。

ところが予想はしていましたがなかなかウンチが出ません。

しばらくアナルをヒクつかせながらイキんでいましたが、「やっぱ出ないかね〜?」と僕が言うと、急にサトミは「ごめんなさい…」と泣きながら謝りだしてしまいました。僕はあわててなだめすかし、泣き止んだところで「また今度会ってくれる?マジでサトミちゃんのこと好きだから…」とダメ元で言ってみたところ「うん、いいよ、ありがとう」という一応OKの返事。

そこで僕は「じゃあ指切りげんまんのかわりにキスしていい?」と意味不明な無茶振りをしてみました。

どうせその場しのぎのOKの返事でもう会ってくれないだろうと思っていたので最後に"おしっこ飲んでアナルを舐めた口で無理矢理ベロチューする"という変態行為をしてやろうと思ったのです(レ○プとかまでする度胸はなかったので(笑))

ところがサトミは「いいよ」とあっさりキスを受け入れてくれました(多分おしっこやアナル舐めのことを失念してた?)

そしてさらに、ホテルを出て最初のファミレスでサトミを降ろして家に向かって車を走らせているとサトミから「次はいつ会う?」とメールが入ってきました。"ホントに会ってくれるんかい!そしてメールよこすの早っ!"と一人車の中でツッコミつつ喜ぶ僕でした。

結局それからサトミとは3〜4ヶ月ほど付き合うことになり、その間サトミのおしっことウンチをたっぷり堪能するのですが、それはまた今度投稿したいと思います(こんなキモい駄文に需要があればですが(笑))

-終わり-
作者にメッセージを書く
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:11
いいね
投票数:21
続編希望
投票数:77
お気に入り
投票数:14
名作
投票数:4
読みやすい
投票数:8
この記事の解析グラフを見る
合計:135ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 25回
  • 165回
  • 703回
  • 9,155回
  • 9,155回
  • 2,869位
  • 3,038位
  • 3,181位
  • 3,187位
  • 10,465位
※17139記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]