エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 4 分で読了)

ハゲデブオタクの店長とついに…

投稿:2020-02-23 17:09:11
更新:2020-02-23 17:09:11

この話のシリーズ一覧

本文

あみさん(20代)◆EmmXcEY
前回の話

早いかもですけどまた続き書きますね!笑

今回は少し?かなり進展します笑

よければ前の話もお読みください!

仕事終わりに店長に呼び止められました。髪を渡されて、

「今度コンテストあるんやけどこれ見に行こうか。あみちゃんも将来はこういうのでた方がいいと思うし、勉強がてらね!

ちょっと遠いから、ホテル予約してそこ泊まって帰ることにしよっか。」

と、言われコンテストを見に行って勉強させてくれるなんてと思うとすごく嬉しかったんですが、

ホテル泊まるの?と思いました。(笑)

「ありがとうございます!連れて行って欲しいです。でも泊まるんですか?」と聞いちゃいました。

「私、怖がりなんで1人でホテル部屋とか無理ですよ。」と言うと店長が、

「でもさすがに日帰りはしんどいし、一人暮らし出来てるなら大丈夫でしょ!もし無理なら同じ部屋でもいいけど?じゃあ怖くないでしょ?」

と私の怖がりを知っていながらもこういうことを言ってきて下心まる前の店長(笑)

私も連れて行ってもらえるしと思ったので「同じ部屋でも何もしないって約束してください!」と言って結局同じ部屋になりました(笑)

そして当日、私はスキニーのジーンズに深めのVネックを着ました。このVネックを着る時は中にもう1枚見えないように着るんですがこの日はこのVネック1枚(笑)

上からのぞけば見えるし、前かがみになればもちろん丸見えです。

店長は私の格好を見るなり

「あみちゃん可愛い格好して、写真写真」とまた写真(笑)

車に乗ってるあいだも私が寝てるフリしてる間、信号待ちのたんびに上から胸を覗いていました。

会場には偉いさん(おじさんばっかり笑)、そして若い学生が沢山いました。

学生たちは私の格好をみてかなり興奮してました笑

ここからが本番!

いよいよホテルに到着。部屋に入ると綺麗な部屋でしたが違和感が…。

この部屋にはベッドがひとつしかなかったんです。

「店長、ベッドひとつしかないですよ!間違いですか?」

と聞くと、

「間違いじゃないよ。あみちゃんが怖いと思ってダブルベッドの部屋にしたんだよ。」と言われました。

どうやら店長はやる気満々でした!

お風呂はユニットバスタイプで私が入ってる間絶対にトイレ行かないでくださいねと言って入りました(笑)

絶対に覗いてくると思ったのに運転で疲れたのか寝てました笑

そしていよいよ就寝タイム!

同じベッドに入りもう違和感しかないです。私は男の人と初めて一夜を共にします笑

私は男性経験は1人、それも激しくされるのが痛かったので1回しかしてないしでほとんど経験がありません。

緊張してもちろん寝れませんでした。

すると店長が突然手を握ってきました。

「私まだ起きてますよ!」と言うと、

突然上にかぶさってきて

「こんな可愛い子隣で寝てて襲わない人いないよね?」と言われて私は鳥肌が立ちました。

必死に抵抗していると手を抑えられキスされました。店長は

「あみちゃん、僕はあみちゃんが思ってるほどいい人じゃないよ。実はバツ2やし、あみちゃんのことは女としてしか見れない。毎日あみちゃんのこと考えて1人でしてるんだよ。」と言われて私はなんだか優しい店長のイメージが崩れてしまいました。

もうこうなったら身動き取れずキスされたまま服、下着を脱がされあっという間に裸。店長も服を脱いであそこを舐められました。

店長はすごい太ってるんで最初あそこがお腹に埋もれていたんですが、徐々におっきくなり今まで見た中で一番おっきくて太かったです。

「綺麗だな。濡れてるよー。あみちゃんはこんなおじさんに触られて感じるんだねー。」

「店長、もうやめてください」

「やめないよ、あみちゃんを雇った時からこういうことしたいと思ってたし、やっと夢叶ったよ。ほら、早く舐めなよ」

と言われて店長のものを舐めました。

「あみ、あんまり経験ないやろ。下手だなー、そんなんじゃ彼氏出来ても満足させてあげれやんぞ。

また開いて、ゴムないけど生でいいやろ?」

「ごめんなさい、経験はないんです。

ゴムなしはほんとにやめてくださいお願いします。」

「外に出すから」

そう言うとびちゃびちゃのおまんこに店長の大きなのが入ってきました。

「あっーー」

と思わず叫んでしまいました。

「あみ、気持ちいか、こんな気持ち悪いおじさんに感じるんやな。あみが変態なことは知ってるよ。あみのことは毎日見てるから」

「どうやって見てるんですか?」私はとぼけました。

「そんなの言わないよ。でもあみの下着も全種類知ってるし、お風呂で先頭から全部水で洗い流すのとかも知ってるし、知らないことなんかないよ。」

そう言いながらもものすごくつかれて私はもういっちゃいそうでした。

「店長もうダメです。私もういっちゃう。」

「あみ、いってもいいけど僕が気持ちよくなるまでは終わらないよ。勝手にいきなよ。」

といわれて私はこの日何回もいきました。

正直記憶が途中からあんまりないです。

そして最後は店長と同時にいって、

私の顔に大量の精子をかけられました。

「あみ、コレ見て、動画撮っちゃったからもうあみは俺のものだね」と言われてすごくショックでした。

店長は童貞だと思ってからかってたのにまさかこんな人だったとは…。

「あみを雇って正解だったよ。今までも可愛い子しか雇わなかったけどみんなここまではやらせてくれなかったからね。あみ辞めるとか言わないでよ?あみはこのお店に必要なんやから。」

正直もう辞めたいと思いましたが、私のケーキを食べたいと言ってくれるお客様がいてくれたりもするのでこんなことでやめれないと思い、

「やめませんよ。」

と言うと、

「いい子だねー、これからもよろしくね」

とキスされて店長は寝ちゃいました。

次の日はいつも通りの店長に戻って優しい店長でした。

しかし、店長の本当の性癖?がわかってしまいました。

それはまた次書きますね!

読んでくださってありがとうございました!︎︎︎︎︎☺︎

コメントも沢山嬉しいです!

どんどん書いてくださいね!♡

では、また書きますね!

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:16
いいね
投票数:21
続編希望
投票数:73
お気に入り
投票数:7
名作
投票数:1
読みやすい
投票数:8
この記事の解析グラフを見る
合計:126ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 17回
  • 75回
  • 307回
  • 7,950回
  • 7,950回
  • 4,171位
  • 5,946位
  • 5,941位
  • 3,827位
  • 11,406位
※17139記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(47件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]