エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 6 分で読了)

中学時代の美人教師(人妻)と再開し、2人で激しく求め合った。

投稿:2020-02-20 06:50:30
更新:2020-02-20 06:50:30

この話のシリーズ一覧

本文

福島県/武さん(40代)◆M2URZTA

中学時代の美人教師(洋子先生とする)と出会いは、忘れもしない入学式。

中学校に入学し、教室に集合してワイワイと皆で話していると、スラッと背が高くスタイルもいい、物凄く美人な20代前半ぐらいの先生が現れた。

生徒は皆その先生に注目し、男子は「うおっ!」とか「めっちゃ可愛い」とか言っており、女子も「うわぁ~美人」とかざわついていた。

その先生が

「○○武(オレ)くんはいますか?」

と言ったものだから皆オレを注目!

オレが「はい」と手を上げると、

「入学前に準備するもので、ちょうど切れてしまったものがあって渡せなかったから、後で私のところまで来てください。」

との事でした。

ワクワクしながら先生のところに行き、必要な物を受け取り、嬉しくてドキドキしながら帰り、その後、授業も3年間その洋子先生になり、毎時間ドキドキ・ワクワクしながら楽しく受けていた。

友達の中にはかなりスケベで大胆なヤツもいて、洋子先生に後ろから抱きついてオッパイ(後で分かったがDカップ)を鷲掴みにしたり、プリッとした尻にタッチしたり、スカートの中をのぞき込んだりするヤツも何人かいて、その度に先生は「キャッ!またか!!」とか言ってビンタを喰らわしたり、のぞき込んだ顔を踏んづけていた。

そして、それをやったヤツは「デッケー!」とか、「柔らけーケツ♡」とか、「今日のパンツは黒だ!ヤッパ大人の女は違うな!!」とかいって、「帰ってからオナニーしてやる」とか言って興奮していた。

それを見てオレも羨ましいと思いつつ勃起させていて、家に帰ってからオナニーしていた。

そして、中学校を卒業して高校・専門学校と卒業し、就職した初めての勤務先が近隣の市になり、そう言えば洋子先生の家ってここだったなぁ…と思いつつ仕事で回っていると、なんと先生に再会!

「洋子先生ですよね!?」と声を掛けると、「武!」って覚えててくれて、昔話に花を咲かせて、「ところで先生は結婚は?」と聞いてみると

「あの後、武達が卒業してちょっとして結婚したよ。今は娘が1人いるよ」との事で、当時から憧れていたオレはガッカリした。

その後も何度かあう度に楽しく話をしていたが、2年ぐらいすると全然会えなくなっていた。

そして10年以上が経ち、何気に先生の家の近くを通ると、遠くから先生みたいな女性が車を停めて家の方に入って行った。

それを見てオレは、先生だ!と思い、車をゆっくりと走らせ、そして携帯で電話してる不利をしながら車を停止させていると、先生が出てきた。

そこで改めて「洋子先生!」って声を掛けると

「武!!久し振り!!」と気付いてくれて、オレは車を降りて先生と話をし、「先生は今は何してるんですか?」と聞くと

「今は学校を辞めて塾で教えてるよ。これから仕事なんだ。」との事で、これを逃すともう何年も会えないかも知れないと思ったオレは「先生の連絡先教えてください」と言ってみた。

すると先生が「いいよ」と言って電話番号とメールアドレスを教えてくれて

オレが「連絡します!」と言うと「うん。待ってるよ」と笑顔で返してくれて仕事に向かった。

それから数日、メールで連絡を取り合い、先生の仕事が終わった後に食事に行き、支払いを済ませると先生が「私も払うよ!いくら?」と言うので「ここはオレが払うからいらないですよ。」と言うと、

「悪いからダメだよ!」と聞かないので、

「それなら今度、昔から憧れの洋子先生に身体で払ってもらいます♡」と言ってみたら、

「もう!オバサン相手にバカな事言わないで!」と先生らしい事を言っていた。

そして、一緒に出掛ける約束をし、雪景色が見たいとのことで、田舎の風景が有名な観光地へ出掛けた。

そこは古民家が並び、雪が積もった景色が絶景の観光地で、雪道を歩くと結構滑って歩きづらく、そっと先生の手を握ってみた、すると先生も最初だけピクッとなったけどすぐに握り返してきた。

そのまま手を繋いでかまくらの中に入り、「寒いねぇ」と言って後ろから先生を抱きしめた。

怒られるかと思ったけど、先生も「武、あったか~い」と言うので、思い切って正面から抱きしめて、そのままキスしようすると「ちょっ…ちょっ!ちょっと待って!何してるの武!!待って待って!」と力を入れて抵抗されたけど、半ば強引にキスをすると抵抗する力も弱まり、更に唇をこじ開け舌を入れてディープキスをすると、先生の腕がオレの首に絡みついてきた。

そのまま二人で舌を絡ませ激しいディープキスを続けるとチンポも既にビンビンになり、先生が「ちょっと!武、何か大変な事になってるよ!武のH!!」と言ってきたので、

先生の手を取りビンビンになったチンポに持っていくと、またもや「ちょっ…ちょっちょっちょっと待って待って!何してるの!ちょっと!ちょっと」と言ってきたが、構わずに手を添えさせると、先生も観念したのかチンポを握ってきた。

そして、「何これ!凄い…固い…」と言って暫く握っていてくれた。

オレは先生の手を取り、「もう行こう♡」と言うとコクンと頷く先生がめちゃくちゃ可愛いかった。

そして車に乗って「先生を抱きたい!先生と1つになりたい♡本当に初めて見た時からずっと憧れてました。」と言うと、「そんなに何年も…ありがとう。でも…私は結婚してるし…ヤッパリこういうのはダメだよ。」言われ、

それでも熱心に先生との3年間の授業の思い出や、中学時代に先生に抱きついてオッパイを揉んだりスカートの中をのぞき込んだりして同級生が本当は羨ましかったしオレも興奮してたと言う事を熱心に伝えていると、「ありがとう。武の気持ちは嬉しく思うし、こんな歳の離れたオバサンの私で…」なんて言うので、「先生は全然オバサンじゃないし、今でもオレの憧れだよ♡」と言うと、

「でもダメ!今日は…」と言われた。

「先生…今、今日はって言った?」と聞くと、

「うん。今日はこれから仕事だからまた今度」と言ってきた。

オレが「えぇ~今度とお化けにはあった事がないって婆ちゃんが言ってるよ!」と言うと、

先生は「プッ…」と笑い、「私は武のお婆ちゃんじゃないよ♡信じて」と言ってきた。

次のひメールが来て「あの後すぐに生理が来ちゃった。予定より早くなって、武のせいだ!」と言ってきたので、「オレのせいで性的興奮したから?」と聞いたら「バカ!!」と言われた。

その後メールでやり取りをし、数日後に会う約束をした。先生がその日なら大丈夫だと言うから、(生理が終わるからか?)と想像しながら、「その日に先生に会ったら我慢出来ないから、悪い事しちゃうよ♡」と言ってみた。

すると、先生が「悪い事考えてる時は楽しいねぇ♡」と言ってきたので、興奮して心臓はバクバクいってた。

そして当日、待ち合わせ場所でオレの車に乗ると、そのまま近くのホテルに直行し、エレベーターの扉が閉まると激しく濃厚なキスをした。

部屋に入るとすぐに先生を抱きしめ、濃厚なキスをしながら服の上から胸を激しく揉むと、「アン♡感じる♡武」と先生も興奮してるようで、そのまま服を脱がせて、ついに憧れてた先生の生のオッパイを揉んだ。

オレも興奮して裸になり先生と抱き合うと、先生が「武の心臓の鼓動が聞こえる♡めちゃくちゃドキドキいってるよ♡」と言われた。

そして先生をベッドに寝かせ、乳首を舐めながら思い付く限り、ありったけの愛撫をしようと、胸から脇腹、腰骨やヘソ周り、太ももを外から内へと指を這わせ、フェザータッチで愛撫をした。

乳首を舐めいた口も同様に、首筋や鎖骨、脇腹、腰骨、ヘソ周りとキスをしたり舐めたりしながら段々とマンコに近づいてから、一度離れたふくらはぎへと移し、太ももの裏、内ももへと進んだ。

そして、いよいよマンコへと進もうとしたときに先生が「待って!シャワー浴びてないよ。」と言ったので、オレは余計に興奮し、一気にマンコへ口を近づけ、クリトリス周辺を舐めまわした。

すると先生は身体をビクンとさせ「ア~ン…ダメ気持ちいい♡」と感じていた。

マンコを左右に開き、更に膣口を舐めようとすると、大量の愛液が溢れ出しヌルヌルになっていた。

たまらず愛液を啜り膣内も舐め回すと、「ダメダメダメ!アァ~ン♡」と感じまくっていて、オレが「凄い濡れてるよ♡」と言うと、「だって凄く久し振りだし、感じるのぉ~♡そんなトコまで…ダメ♡」

指を入れると結構窮屈で本当に何年もご無沙汰だったらしい。

「先生って感じ易いんだね♡イクとどうなるの?」と言うと「感じるけどイッた事がないから分からない。」と仰天発言!

それならと手マンとクンニを続けると「ダメ♡もう入れて♡」とせがまれ、オレもガマン出来ないのでチンポをマンコに擦りつけ、先生との初めてはヤッパリ直接繋がって感じたいと思い、そのまま生で入れてしまった。

すると中はヤッパリ窮屈で、チンポを締め付けてくる!

「アン!入った♡武を中で感じる♡」

「先生、オレも先生と1つになれて直接先生を感じてる♡気持ちいいよ!」と言うと、

「先生はやめて!名前で呼んで♡」と言われたが、「オレにとって先生はヤッパリ先生だよ。名前で呼べるように頑張るけど、洋子…先生♡」といって腰を振り続けると段々と射精感が高まり、「洋子…先生!もうガマン出来ない!イキそう!」と伝えるも先生は「凄い…気持ちいい♡もっと…来て♡」と相当感じてる様子。

「あぁ!ダメだ!出る!出る!!」とチンポを引き抜き、先生のお腹の上に大量に発射!

「すごぉ~い!いっぱいでたねぇ♡」と先生。

その後2人でグッタリとベッドに寝そべっていると先生が「私達、とうとうしちゃったね。フフッ」と言ってキスをして来た。

オレも「とうとう禁断の生徒と教師の関係になっちゃったね」と言って抱きしめた。

先生の耳元で「先生、イケた?」と聞くと、

「分からない…けど、こんなに感じたの初めて♡フワッとして身体に力が入らない♡」と言うので、

「それがイケたって事だよ♡」と言ってオデコにチュッとした。

その後マッタリとしながらイチャついていると回復してきたので、ゴムを着けて二回戦目をした。

それからは、先生の身体もドンドン快感が開花し、2人で変態じみたセックスもするようになっていく。

その後の話は皆さんの希望があれば書いて行くようにします。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:29
いいね
投票数:44
続編希望
投票数:175
お気に入り
投票数:40
名作
投票数:4
読みやすい
投票数:19
この記事の解析グラフを見る
合計:311ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 33回
  • 246回
  • 1,387回
  • 23,278回
  • 23,278回
  • 2,044位
  • 1,811位
  • 1,355位
  • 730位
  • 4,530位
※17130記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(3件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]