月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 10 分で読了)

【評価高め】
彼女をレイプした男への復讐 完結編 (※閲覧注意※)(1/2ページ目)

投稿:2020-01-18 21:53:06

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

もんちっち(愛知県/30代)
前回の話

※このお話には暴力的、グロテスクな表現が含まれております。

苦手な方は閲覧をお控えください。

復讐を始めてから1か月。

参加した男3人を同じ目に合わせた。

遂に残りは二人。

美穂をレイプし、その嫉妬から彼女の性器を痛めつけた。

このカップルの番がようやく回ってきた。

楽しみは最後に取っておかないとね・・・。

男の名は慎二。

これから奴らを八つ裂きにしてこの復讐は終わる。

どう料理してやろうか・・・。

ずっと考え続けていた。

決行の日を迎え、奴に電話を掛ける。

「もしもし、慎二君かな?」

奴が答える。

「そ、そうだよ。だ、誰だお前は」

既に声が震えていた。

多分復讐したやつの誰かから聞いているのであろう。

知らない番号からの着信に察したようだ。

「あ、わかってるんだね、なら話は早い。

今から言う場所に彼女と一緒に来てくれるかな?」

奴は答える。

「これ以上やるなら警察に行ってやるぞ!い、いいのかそれでも!」

「どうぞご自由に。自分たちがしたことを認め捕まればいい。強姦は罪重いよ。」

「べ、別にいいさ。お前に殺されかけるならその方が楽だ!!」

ちっ、面倒くさいな・・・

「わかったよ、もう諦めるよ。すまなかったな。」

俺は電話を切った。

さぁ他の奴は自分の罪が明るみに出ることを恐れてすぐ捕まったが、

こいつは厄介だ。

しかし許す訳にいかない。

いいさ、別の手段で行こうか。

俺は翌日から慎二の家の前で張り込んだ。

数日観察したが警戒心が凄い。

家を出るときはキョロキョロと周りを見渡し、

常にターゲットである彼女と行動を共にしている。

外出の極力しないようにしているのであろう。

中々外に出てこないのだ。

食事も出前、買い物もネット通販だろう。

業者を確認しなければドアのチェーンも外さな慎重っぷり。

警察に行かれると復讐が果たせない。

慎重にいかなければ・・・。

3日、4日、5日・・・

中々チャンスは訪れない。

7日、8日・・・

そして張り込んで9日目、遂にチャンスが訪れた。

殆ど外出していないストレスもあったのであろう。

二人が車に乗り込みどこかへ出掛けた。

迷わず後を追う。

二人が着いたのは近所のパチンコ屋だった。

相変わらずキョロキョロとしてはいたが、

俺の尾行には気づいていないようだ。

電話から9日、毎日見られているとは思っていないのであろう。

さぁ。復讐の始まりだ・・・。

俺は二人が入店して少し時間を置いて、

奴らの車へと向かった。

そして持ってきたナイフでタイヤを4本とも突き刺す。

万が一の逃走時に備えての行動だ。

これで逃げることはできない。

その後店内に行き、二人の居場所を確認する。

二人は並んで座りパチンコをしているが、

常に周りを警戒していてパチンコどころではない様子。

あらあら、怖がっちゃって。

ざまぁみろ。

さて問題はどう二人同時に捕まえるかだな。

俺は外に出てある人に連絡を取る。

数週間前に知り合ったホームレス。

奴の家の近所で協力者を探しておいたのだ。

携帯は俺が買って与えた。

場所を伝え来てすぐに来てもらった。

待つこと数十分。

やはり集中出来なかったのか直ぐにチャンスは訪れた。

奴の車のすぐ隣に停めた俺の車。

早く来い・・・直ぐ来い・・・。

心臓の鼓動は恐ろしい程早く大きくなっていた。

そしてその時は訪れた。

奴が運転席、女が助手席に別れ車に乗り込もうとした瞬間、

後ろから近づきナイフで太腿の裏あたりを抉った。

「ぎゃーーーーーーーーー!!!」

男が痛みに叫びながら転がった。

助手席を見ると協力者が見事女を捕らえ口を塞いでいる。

俺は素早く男に馬乗りになりガムテープで口を塞さぎ、

後ろで両手を拘束する。

捕獲完了。

すぐさま俺の車のトランクに男をぶち込み、

協力者の元へ。

暴れて逃げようとしている女。

俺は渾身の力を込めて女の腹に拳を突き刺す。

呼吸困難で女は蹲った。

男同様ガムテープで拘束し、

後部座席へ協力者と一緒に乗せ、

直ぐに車を発進させた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

向かっているのは30分程離れた山の中のコテージ。

今日この日の為に借りたものだ。

道中俺は何とも言えない達成感で一杯だった。

これで全て終わる・・・。

騒いでいる女の声も、今は拍手喝采にしか聞こえない。

コテージに着くとまずはトランクを開ける。

開けた瞬間、男の足が俺の顔を蹴り飛ばす。

「ん"ーーー!ん"----!!」

言葉にはなっていないが怒っているのであろう。

何かを必死に訴えている。

有難い・・・

こうしてくれたら俺も冷酷になれる・・・

男の足を掴みガムテープでがっちり拘束。

男を引きずり出した。

出血多量で死んでもらっても困る。

足の傷に力一杯ガムテープを巻きつけた。

そしていよいよ中へと入る。

かび臭い古い匂いと埃まみれの床。

こいつらの最後には丁度いい。

まずは男を正座させた状態でコテージの中心となる太い柱に縛り付ける。

部屋全体が見渡せていまから始まるショーの特等席だ。

そして次は女の方。

こっちは大人しいもんだ。

既に自分のこれからを悟ったのであろう。

黙って部屋へと入る。

そして拘束。

顔はとても整っていてプライドが高そうなアイドルのよう。

慎二に騙されていなければもっとましな人生だったろうに。

二人を拘束した後、ふーっとタバコを1本。

協力者とともに一旦落ち着いた。

二人を見ると完璧な拘束でもう抵抗は無駄だと察したのであろう。

二人とも大人しく下を向いている。

1本タバコを吸い終わった俺は、協力者とに話かけた。

「じゃあちょっと行ってきます。見張りお願いしますね。」

協力者が頷くのを見て俺は二人に微笑みかけ、

コテージを後にした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3時間後コテージに戻った。

実はこれで3往復目、さすがに少し疲れた。

何で3往復もしたかって?

扉を開けてみるといい。

コテージ内には2人の復讐相手と、

13人のホームレスがいる。

そう、俺は協力者の知り合いのホームレスに声を掛けてもらって、

更なる協力者を迎えに行っていたのだ。

協力者と言ってもこの人達は

”タダ女を滅茶苦茶にしたい人”と集めた人たち。

4人ずつ増えるホームレスにさぞ恐怖を覚えたことだろう。

さて、これで役者は揃った・・・。

いよいよ人生最大の屈辱を味わってもらおう。

まずは女へと近付き口のガムテープを取る。

「お、お、お願い・・・止めて・・・」

泣きながら女が俺にしがみつく。

すすり泣きながら許しを乞う女。

快感・・・。

俺は言った。

「俺の彼女にしたことを覚えているかい?泣きながら許しを乞うた彼女に何をしたんだ?同じ女だよな?どれほどの恐怖だったか今ならわかるだろ?」

「わかる、わかります!もう2度とあんなことしません!だからお願い、許して!」

「お前は彼女を許したのか?」

「・・・・・・」

「だよね・・・」

女の髪の毛を掴み部屋の中心へと放り投げた。

そして協力者たちに言う。

「さぁ今からこの女に何をしても自由です。徹底的に嬲って辱めて徹底的に犯してやってください。遠慮はいりません。お好きなようにどうぞ!」

協力者たちが鼻息荒く服を脱ぎ始めた。

全裸となった13人の男。

黒く垢だらけで汚れた肉体。

髪は白髪交じりの長髪。

異臭のする股間たち。

最高のシチュエーションが完成した。

協力者たちが飛び掛かろうとするなか、

後ろの慎二が声にならない声で何かを訴えている。

近寄り最後の言葉を聞いてやろうと協力者たちに待ったをかけ、

口のガムテープを剥がし聞いてやる。

「頼む、止めてくれ。お願いだ。お腹に〇〇がいるんだ。結婚するんだ、俺達。

何でもするから・・・。頼む止めてくれ・・・。」

俺は震えあがった。

「そうなんだ・・・有難う、そんな更に燃えさせてくれる情報をくれて♡」

そう聞いた慎二はがっくりと項垂れて泣き始めた。

さぁ始めよう・・・。

「制限時間は一切なし!どうぞ始めてください!!」

うぉーーーっと雄たけびを上げながら、一斉に女に飛び掛かった。

「やめてくれぇーーー!!!!!!!!!」

慎二は叫んだが誰にも聞こえていなかった。

全員の股間は久しぶりのメスを求めそそり立っていた。

「キャーーーーーーーーーー!!!!!!!」

女の悲鳴が部屋中に響き渡る。

先ずは子供がみかんの皮を剥くように、

乱暴に着ている服や下着を引きちぎる。

そして全裸にした後すぐさま

先陣を切った1人が両足を持ち上げすぐさま無理矢理挿入。

後を追うようにに皆が飛び掛かる。

痛みで苦痛に歪む女の顔。

胸を鷲掴みにする者。

足を舐め回す者。

脇の匂いを嗅ぐ者。

肛門を顔に擦り付ける者。

キスをする者。

乳首を千切れんばかりに引っ張る者。

AVでしか見ることのないと思っていた光景が広がる。

女は既に半分気を失っていた。

それほどのショックであろう。

しかしそれを許すまいと1人が髪を引っ張り思いっきり頬を叩く。

そして数年は洗っていないであろう陰部を躊躇いなく喉の奥へとねじ込みむ。

「オ"ェ"--------」

女は嘔吐するがそれは陰部の脇から溢れる。

彼らは容赦ない。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(8件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。