エチケン
体験談を投稿される方へ特典のご案内

体験談メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

夏祭りで従姉妹のトイレを世話した話 

投稿:2020-01-14 22:23:44
更新:2020-01-14 22:23:44

この話のシリーズ一覧

1:夏祭りで従姉妹のトイレを世話した話 (今見てる話
2:従姉妹が河原で野グソをした話

この話のカテゴリ

本文

名無しさん

中学生最後の夏休み。お盆に父の実家へ帰省した。家に着くなり叔父さんが迎えてくれた。

叔父さんには2年生の活発な結奈ちゃんと5年生のおとなしい結衣ちゃんがいた。

結奈ちゃんは僕を見つけるなり「お兄ちゃんいらっしゃ〜い。」と元気よく駆け寄ってきた

「久しぶり。元気だった?」というと「うん。」と返事をした。お姉ちゃんは奥のほうから見ていたが、僕と目が合うと「…こんにちは。」と一言だけ言って引っ込んでしまった。相変わらずの人見知りだなと僕は苦笑いした。

その夜は、地区の夏祭りがあったのだが、叔父さん達は法事の準備で忙しそうだった。叔父さんが僕に「悪いんだけど2人を祭りに連れて行ってくれるかな?」

と二千円を僕に預けてきた。僕はそれを受け取り祭りに行くことにした。

僕たちが会場についたときはまだ夕方だというのに花火目当ての人でごった返していた。結奈ちゃんは楽しそうに

会場をかけずりまわっていたが、結衣ちゃんは僕の後ろにぴったりとついていた。あまりノリが良くなかったので

「楽しい?」と聞くと「うん。」と答えた。

だんだん疲れてきたので

「少し休もうか?」と声をかけベンチに座り、夜店で購入したやきそばやフランクをみんなで食べた。

食べ終わり、「そろそろ行こうか。」と立ち上がった時だった。結衣ちゃんが僕のシャツを引っ張った。

振り向くと恥ずかしそうに「トイレ…行きたい。」と言ってきた。

それを聞いた結奈ちゃんが「結奈もおしっこ。」と股間を押さえながら言った。そのまま僕らは公園のトイレに向かったが、予想通り女子トイレは長蛇の列だった。

僕は「ちょっと待ってて。」と男子トイレを見た。

個室のほうは空いていたので「こっちにおいで。」と呼んだ。

結奈ちゃんはすぐに来たが結衣ちゃんは躊躇していた。それはそうだろう。

地元の祭り、しかも高学年の女の子にとってはちょっとハ-ドルが高かった。

だがよほど我慢できなかったのか渋々ついてきた。

しかしまたここで問題が。全部和式だったのだ。結衣ちゃんは小さな声で「…できない。」と言った、

結奈ちゃんはというとすでに便器をまたいでおしっこをしていた。

おしっこが終わるとお尻を振ってそのままパンツを上げて出てきた。

僕は結衣ちゃんに「どうする?1回帰る?」と言ったが、片道10分弱かかるため「…我慢できない。」と言った。

僕は少し語気を強めに「どうするの

?結奈ちゃんだってできるんだよ?お姉ちゃんでしょ?手伝ってあげるからここでしよう。」

と言ったら本当に限界らしく小さく頷いた。

さすがに開けっ放しではさせられないし結奈ちゃんも一人にはできないので、狭かったが一緒に入ってカギをかけた。

結奈ちゃんを後ろに立たせ結衣ちゃんを便器にまたがらせた。うまくズボンをおろしてしゃがめないようで、完全に脱ぎ、下半身スッポンポンの状態でしゃがんだ。

僕が前から手で支えると無毛のワレメからおしっこが出てきた。シュイ-という音が個室内に響いた。

終わったようなので「じゃあ拭いて。」というと「…まだ。」と言った。

僕はまさかの答えに驚きながら「うんち?」と聞いたらコックリと頷いた。

結衣ちゃんが躊躇していた理由がわかった。彼女はうんちがしたかったんだと。

「もう少し前に来て。」と座り直させた。

そして「…んっ。んんっ。」と僕の腕をつかみながら息み始めた。不慣れな体制のせいかだんだん息み声と、僕をつかむ力が強くなる。

「ん゛、ん〜〜っ。ハアハア。」

足が疲れるたびに何度もしゃがみ直しながら、必死で気張っていた。

いくら小学生とはいえ胸もふくらみかけ、陰部もただの縦筋じゃない時期に入った女の子が腕を掴んで気張っている光景に不覚にも僕の股間は限界だった。

そしてとうとううんちが顔を出し5センチ位で途切れた。さらに息み続け同じくらいの塊を2〜3個排出した。

結奈ちゃんが「お姉ちゃん、臭い。」

と言ったので「静かにして。」と窘めた。

そして結衣ちゃんが「ハァ」とため息をついて立ち上がって「終わった。」と言ったので、「じゃああと拭いてね。」と言って結奈ちゃんを連れて外に出た。

すごく息んだためか、恥ずかしかったためか真っ赤な顔で出てきた。

その後は無事に花火も終え帰路についた。結奈ちゃんはすっかり疲れてしまったようで僕に背負われて寝てしまった。

その時少し後方を歩いてた結衣ちゃんが「おにいちゃん。ごめんなさい。」

と謝ってきた。僕は「気にしなくていいよ。ただ和式は練習しないとね。」と言ったらはにかんだ笑顔で「うん。」と答えた。疲れたけどとても充実した日だった。

この話の続き

従姉妹が河原で野グソをした話

あの夏祭りから4年。久しぶりに叔父さん家に遊びに行った。高校時代は部活が忙しくて来れなかった。 卒業後社会人になり初めてのお盆休みだった。結衣ちゃん(中3)は相変わらずの人見知りだが、あの一件以来だいぶ打ち解けてきた。冗談で「和式使えるようになった ?」と聞いたらちょっと恥ずかしそうに頷いた。 …

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


読者評価が一定数を超えた投稿者には特典があります!

※詳しくはこちら

通報フォーム

理由[必須]