エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

豊満熟女です。セフレに調教されM女にされています。

投稿:2020-01-13 01:35:55
更新:2020-01-13 01:35:55

この話のシリーズ一覧

本文

ゆかさん(40代)

 最近はセフレの中で一番の巨根村田さんと会うことがほとんどとなりました。

年末年始村田さんとの時間がかなり取れたので、大半村田さんと過ごしました。

毎回村田さんの巨根をはめられ逝かされっパなしのセックスでしたが、この年末年始は

縛られたり、じらされたり、そしてアナルまで犯されました。

連休がスタートして最初に会った時に。

「ゆかさんを犯してみたい」と村田さんに言われ、返答に困っていましたが

「疑似だよ、疑似プレイ」と言われたので、してみることに。

その日はホテルで、「まず目隠ししてみよう」と言うことでアイマスク。

全裸にされた後、両手を後ろで縛られました。

初めてだったので、両手を縛られていることより、見えないことの方が不安でした。

「いいよゆかさん、似合ってるよ」

すると「ブイーン」と音が、これはローターの音です。

それを聞いただけで、「ローター」でされる、という思いが。

来ました。いきなりおまんこに。

「あっ」声が漏れます。

「ゆかさんの好きなローターですよ」

「あー、あー」

「もう感じてるんですか、そんなにいいですか?」

「気持ちいい」

「気持ちいです、では」

「気持ちいいです」

自然と言葉使いが変わってしまいました。

「あらら、もう濡れちゃってますよこんなに、ゆかさんのですよ舐めて下さい」

口元に指が、舐めるとぬるぬるしてます。自分のまん汁です。

ローターをクリトリスに更に押さえつけられもう逝きそうになりました。

「逝きそう」

「何?」

「逝きそうです」

するとローターも止めます。

すぐに再開

「あー逝きそうです」

また止めます。

これを繰り返され、もうどうにかなりそうです。

「お願いです、逝かせて下さい」と言うと

「仕方ないですね」

と言い、クリトリスに強く押さえつけます。

「あー凄い、逝く」

「何ですか」

「ごめんなさい、逝きます」

「逝って下さい、ほらっ、これがいいんだろ、雌豚、逝け」

「逝きます、逝く~」

行った後立ってられなくて倒れこんでしまいました。

散々じらされてから逝かされるともう頭が真っ白状態に

倒れたままぴくぴく痙攣していましたが、村田さん今度は逆に止めてくれません。

「あーもう逝きました」

「逝きたいと言ったから逝かせてあげたのに遠慮しないでください」

そのままローターをクリトリスに。

「あー、逝きます、また逝きます」

今度は潮を吹きながら逝ってしまいました。これを数回繰り返され潮吹きまくり。

村田さん起こされ、膝間付きます。今度は顔に何かか当たります。

これはっ、村田さんのオチンポです。

「さあどうぞ」と言われ、私は夢中で咥えます。相変わらずで太いオチンポです。

村田さんに巨大なオチンポを喉まで突かれ

「おえっ」となりながらのフェラ。

「じゃあそろそろ取りましょうか」と言いアイマスクを外されました。

今度はうつ伏せになってお尻を突き出して下さい。

「おーいいですねこの巨尻たまりませんね」

と言いながら軽くお尻を打つ村田さん。

全然痛くありません、むしろ気持ちがいいです。

「今日からはここも使っていきましょうね」と言いアナルに指をスーと這わせます。

ぞくっとなるような気持ち良さ。

ローションを垂らすとアナルに指を。

「前にも指1本は入れたことありましたよね、今日は2本3本と増やしていきましょ

う」

「あー2本すぐに入りましたよ、3本んもいけそうですね、では」

「入りました、痛くないですか」

「大丈夫です」

「そうですか、お尻も最初から感じてしまうんですね」

「はい気持ちいいです」

「そうですかお尻も感じる変態さんですね」

「だったら行きますよ」

指をズポズポします。

こえれが気持ちいいんです。

「あー逝っちゃいます」

「えー尻で逝っちゃうんだ」

アナルでも感じてしまい、私逝っちゃいました。

そこで手もほどかれ、村田さんのオチンポをフェラ。

手も加わって激しくすると、村田さんも

「あー気持ちいいゆかさんのフェラは格別だ、もっとよくして下さい。

しばらくして

「あーあー、気持ちいい、ゆかさん逝くよ」

村田さんそのまま口の中で逝きました。全部飲み干します。

次に村田さんバイブを、それでまた連続で逝かされます。

バイブをおまんこに、アナル指を、これには私直ぐに逝ってしまいました。

これを連続でされると、もう頭がおかしくなりそうなほど感じました。

途中から記憶がなくなり気が付くと村田さんはもう服を着ていました。

「今日はこの辺にしておきましょうか、また明日に」と言いホテルを出ました。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:7
いいね
投票数:8
続編希望
投票数:33
お気に入り
投票数:6
名作
投票数:0
読みやすい
投票数:2
この記事の解析グラフを見る
合計:56ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 1回
  • 52回
  • 233回
  • 7,256回
  • 7,256回
  • 14,437位
  • 7,349位
  • 7,428位
  • 4,220位
  • 12,042位
※17260記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(6件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]