エチケン
体験談を投稿される方へ特典のご案内

体験談メニュー

タイトル(約 14 分で読了)

女友達の梨奈にペットにされた話(1/2ページ目)

投稿:2020-01-13 01:26:19
更新:2020-01-13 01:26:19

この話のシリーズ一覧

1:女友達の梨奈にパンチラ挑発された話2:女友達の梨奈に告白したらまた挑発された話
3:女友達の梨奈にペットにされた話(今見てる話
4:元女友達の梨奈と同棲している話、そして・・・

この話のカテゴリ

本文(1/2ページ目)

名無しさん(20代)
前回の話

女友達の梨奈に告白したらまた挑発された話

前回の続きです。 僕は梨奈によって直接的ではないものの大量射精させられてしまいました。 次の日も大学で梨奈に会いました。 僕(昨日あんなことがあったのにどんな顔をして話せばいいんだ?) 梨奈「おはよー」 僕「り、梨奈!お、おはよう」 梨奈「ん、どうしたの?」 …

前回の続きです。

僕は梨奈に告白して失敗し、ペットにされました。

梨奈には、ペットは大学には連れていけないから大学では梨奈に近づかないように、そしてLINEで呼んだら梨奈のアパートの部屋へ来るようにとしつけられました。

ある日曜日、僕は梨奈に呼ばれて梨奈のアパートを訪ねました。部屋のインターホンを鳴らすといつも通りTシャツにスカート姿の梨奈が出てきました。

梨奈「こんにちは!」

「こんにちは・・・」

梨奈「一人でちゃんと迷わず来れたね♡えらいえらい♡」

梨奈は僕の頭をなでて部屋に招き入れました。

僕は部屋に入ると最初にズボンを脱ぎました。

梨奈「そうそう♡ちゃんと覚えてたね、えらい♡」

梨奈に、犬はズボンをはかないという理由で部屋では下半身裸で過ごすようにしつけられていました。そう、おちんちん丸出しです。

梨奈「じゃあ、自由に過ごしていいよ!おちんちんしごきたくなったら勝手にしごいていいからね♡」

梨奈はスカートをひらりとめくってパンツを見せながらそう言いました。

僕は今まで通り梨奈には会えているのに、ペットにされてから梨奈が前よりも手が届かない存在になり、ものすごく距離ができたような気がして孤独感に打ちのめされていました。

そんな人の気も知ることなく梨奈は寝転がってマンガを読んでいました。

そしてスカートがめくれて黄色いパンツが見えているのに隠そうともしませんでした。

僕は梨奈がわざとそうやって挑発しているのを知っていました。

「ねえ、梨奈・・・」

梨奈「マンガなら読んでいいよ。ペットだからって気にしなくていいからね。」

「いや、そうじゃなくて・・・」

梨奈「おちんちんが大きくなってるね。しごいていいよ!」

僕は梨奈のパンチラを見て勃起していました。

梨奈「あっそうだ、昨日はオナニーした?」

「したよ、二回」

梨奈「二回も?笑」

「うん・・・」

梨奈「やだあ笑。本当にただの犬なんだね♡」

僕は梨奈にペットの健康管理は大事だからとオナニーしたことを報告するようにもしつけられていました。梨奈にはうそをついてもすぐにバレそうだったので正直に答えていました。

梨奈「こ~ら、ちゃんと自分でしたこと言わないとだめでしょ」

と梨奈はほおをふくらませながら言いました。

「ごめんなさい・・・」

梨奈「分かればいいの♡次から気をつけようね~♡」

梨奈は僕の頭をなでなでしながら言い、またマンガを読み始めました。

「ねえ、梨奈。またゲームしない?」

梨奈「ん~?」

「やっぱり梨奈のこと諦めきれない。だからもう一回チャンスを・・・」

梨奈「はあ?」

梨奈の口調が急に強くなり、僕を睨んできました。

梨奈「ペットにゲームする資格があると思ってるの?ふざけないでよ?」

「あ、あの・・・」

すると今度はニッコリとして

梨奈「犬は犬らしくわんわん言いながらおちんちんシコシコしていればいいの♡」

「うう・・・」

梨奈「へ~んたい♡へ~んたい♡」

梨奈の変態コールに僕のおちんちんはさらにビクビクッと立ち上がりました。

梨奈「へ~んたい♡へ~んたい♡へ~んたい♡へ~んたい♡」

「はあはあ」

僕は興奮しておちんちんをしごき始めました。

梨奈「本当にしごき始めちゃった笑。最低♡」

梨奈は笑っていましたが僕のおちんちんを見る目には軽蔑がこもっていました。

「うっ、イキそう」

梨奈「じゃあ風呂場に行こっか♡」

僕は梨奈の後をついて風呂場に行きました。そうして梨奈は、座って足を開いた僕の前にしゃがんでパンツを見せました。

梨奈「ちゃんと射精するところ見ててあげるね♡」

「ううっ、イクッ」

梨奈「いいよ♡情けなくイってね♡」

おちんちんから精液がピュッと出てきました。

梨奈「イっちゃった♡いやらしい♡」

「うん・・・」

梨奈「あまり出なかったね。さては今日もオナニーしてたな。」

「うん、ごめん・・・」

梨奈「いいのいいの♡我慢できなかったんだね♡」

そう言って僕の頭をなでました。

こうして僕は梨奈に呼ばれるたびに部屋へ行って、梨奈にパンチラ挑発や言葉責めをされ、勃起したらおちんちんをしごいて射精させられていました。

そして梨奈は大学では僕には目もくれず、僕は近寄らないように言われていたので梨奈を遠くから眺めていました。

梨奈は僕と知り合う前と同じで一人で行動をしていました。たまに梨奈に男が近づいて話しているのを見ると、ものすごく嫉妬してしまい苦しかったです。

そんなある日、大学にいるとき梨奈が話しかけてきました。

梨奈「今日はちょっと人と会うからさ。呼ぶのが遅くなっちゃうかもしれないから来れないなら来れないでいいからね。」

僕は(男か!?もしかして彼氏!?)と思いましたが声には出せず「うん、分かった・・・」とだけ答えました。

しかし、僕は気になって仕方なかったので大学が終わって、誰かに会いに行く梨奈の後をつけました。

しばらく歩いて梨奈が会ったのは一人の女性でした。梨奈より背は高く、金髪の背中まである長い髪をしているギャルでした。僕は安心して離れたところから様子を見ていました。

僕(梨奈の友達かな?いつも一人でいたからいないのかと思った)

梨奈と女性はしばらく話していましたが女性が何か少し大きな声を出し梨奈の肩を押しました。

僕は最初はボディタッチかなと思いましたが、女性がさらに大きな声を出して梨奈を強く押しました。

女性「てめえ、調子乗んなよ!」

梨奈「・・・」

怒鳴られても何も言い返さず、うつむいている梨奈を見てただ事じゃないと思い、僕はとっさに二人に走り寄りました。

「な、何してるんですか?」

女性「はあ?あんた誰よ?」

「梨奈の・・・知り合いですけど・・・」

さすがにペットですとは言えず、梨奈には友達とも思われていなかったので仕方なくそう答えました。

女性はハヤカワと名乗り、梨奈の高校の同級生だと言いました。

ハヤカワ「で、梨奈がまた仲良くしたいってLINEしてきたから来たわけ。」

「また?」

ハヤカワ「そう。それで来てあげたのにこの子、もうあなたとは縁を切りたいとか言うわけ。意味分かんなくない?」

「梨奈、どういうことか教えてくれる?」

梨奈「・・・」

僕は全く意味が分からなかったので梨奈に聞きましたが、梨奈は僕が来てから終始無言でうつむき、何も答えませんでした。

ハヤカワ「あーだめだめ。その子高校の時からずっと何もしゃべらない子だったから。意味ないよ。」

僕は「意味ないよ」という言葉にカチンときました。

「状況はよく分からないですけど怒鳴ったり体を突いたりするのはよくないんじゃないですか?」

ハヤカワ「はあ?なんで私が責められないといけないわけ?」

「僕ずっと遠くから見てましたけど梨奈は別に何もしてないじゃないですか?」

ハヤカワ「は?ずっと見てたの?ストーカーかよ、気持ち悪っ」

「とにかくもう関わらないでください。梨奈行くよ。」

そう言っても梨奈はうつむき動かなかったので、僕は梨奈の手を取りその場を離れました。

梨奈のアパートの近くまで来ると僕は再び梨奈に聞きました。

「梨奈、さっきのハヤカワって人とのこと聞いてもいい?」

梨奈「・・・今日は・・・帰って・・・」

ずっと無言だった梨奈が力なく口を開きました。

「梨奈のことが心配なんだ。お願い。」

いつになく押しの強い僕に梨奈は困った顔していましたが、やがて

梨奈「・・・来て・・・」

とだけ言い、自分の部屋まで僕を連れて行きました。

梨奈「・・・ズボン・・・脱がなくていいからね・・・」

部屋に入ると梨奈はそう言い、僕は(言うてる場合か!)と思いましたが気を取り直し、

「教えてくれる?」

と床にへたり込んでいる梨奈の前に正座し聞きました。

梨奈は少しの間無言でしたが、やがて話し始めました。会話にすると長いので文章にします。

梨奈は高校時代、梨奈とハヤカワを含む5人グループにいて、梨奈はよくしゃべり仲良く過ごしていたらしい。

ある時から梨奈はスズキ君という男子によく話しかけられるようになったらしい。スズキ君は梨奈に惚れていたのかもしれない。

そのあたりから急にハヤカワが梨奈に冷たい態度をとるようになり、梨奈が理由を聞いても教えてくれなかったらしい。

それでもしつこく聞くとハヤカワに壁に押し付けられ「あんた、スズキ君に色目使ってんでしょ?」と言われたらしい。

梨奈は誤解だったので否定したけど全く聞いてもらえなかったらしく、

「そのでかい胸(当時から大きかったらしい)で誘惑してたくせに!」とか「この長い髪(今と違って背中まであったらしい)だって切りなさいよ!」とか言われたらしい。

次の日、梨奈は髪を自分でばっさり切って登校し、ハヤカワとケンカしたことを知っていた他の三人に心配されたらしい。

ハヤカワがスズキ君のことが好きだったのか、それとも男子にモテる梨奈が気に食わなかったのか、理由は分からないが、それからもハヤカワに冷たく当たられ、それで他の3人もだんだん梨奈を無視するようになったらしい。

何も知らないスズキ君は話しかけてくれていたけど、梨奈の方から避けるようになり話しかけてこなくなったらしい。

その時のことがトラウマになりそれから高校ではあまり人と関わらなくなり友達もいなかったらしい。

梨奈「・・・私が悪かったの、全部・・・」

「梨奈は悪くないよ。ハヤカワが全部悪いよ。」

梨奈「違う、私が・・・」

「悪くないって。梨奈がいい子なのはすごく知ってるし、そんな奴からは僕が守ってあげるから。」

梨奈「・・・が分かるの・・・」

「え?」

梨奈「あなたに何が分かるの!?いつもエッチな目で見てくるだけのくせに!!」

「そ、それは違うよ!」

梨奈「違わない!!あなただって本当は私とヤりたいだけなんでしょ!?心配するふりをしてても結局あなたはそういう人間なの!!」

ポロポロ涙を流しながら叫ぶ梨奈に僕は何も言い返せなくなりました。

梨奈「もう帰って!!そしてもう二度と私に近づかないで!!あなたなんか大っ嫌い!!」

梨奈はそう言うとバスルームへ行き、閉じこもってしまいました・・・

僕(あ、あの女の子かわいいな♡)

大学に入って初めて梨奈を見たとき僕は一目惚れしてしまいました。

服装は地味でしたが小さく可憐な美少女。

でも自分には高嶺の花、そう思っていたので話しかけることはできませんでした。

その日から大学で見かけるたびに梨奈は、それまで恋をしたことのなかった僕に甘酸っぱい感情を抱かせました。

友達のいなかった僕はいつの間にか梨奈を見かけるのを楽しみに大学に行くようになりました。

でも僕には気になっていることがありました。

僕(あんなにかわいいのにどうしていつも一人でいるんだろう?)

一か月が経ったある日、大学のベンチに座って本を読んでいる梨奈を見かけました。

いつもは見ているだけなのに、その日は自然に話しかけていました。

「あ、あの」

梨奈「は、はい!何でしょう??」

梨奈は驚いたように僕を見上げました。

「いえ、何の小説読んでいるのかな~って思って。」

梨奈「ああ笑。これ小説じゃなくてマンガなんですよ笑」

「あ、そうなんですね笑。何のマンガを読んでいるんですか?」

梨奈「進撃の巨人!知ってますか?最近読み始めたらハマっちゃって笑」

当時、梨奈はジャンプ系を中心にバトルもののマンガを好んで読んでいました。

実際、梨奈の部屋の棚にはファッション雑誌などは一切なく端から端までマンガなのでした。

それで僕も進撃の巨人を読んでいたので梨奈の隣に離れて座り少しお話したのですが、緊張して間が空いてしまいました。

僕(えーと、こういう時どうすればいいんだっけ・・・そうだ!服装とかを褒めて・・・)

そう思って梨奈を見ると、梨奈はTシャツに地味目のスカートでお世辞にもおしゃれとは言えませんでした。どうしようと思っていると、

梨奈「服装おしゃれですね」

「え?ああ!大学生になってファッション雑誌とか買って少しね!大学デビューってやつかな?笑」

僕も何か褒めようと思い、

「君も髪型おしゃれだね!ボブヘアーっていうのかな?すごくいいと思うよ!」

すると梨奈の顔から表情が一瞬消え、どこか悲しげに感じました。

僕(もしかして服装は地味だって思ってるのがバレちゃったかな?)

そう僕が焦っていると

梨奈「ありがとう」

そう言って梨奈はニコッと笑いました・・・

ボブヘアーにしてたわけじゃない、そうするしかなかったんだ・・・おしゃれもしなかったんじゃない、できなかったんだ・・・

あれもこれもすべて過去に人間関係で負った傷が原因だったんだ・・・

バスルームから聞こえる梨奈の嗚咽を聞きながら僕は後悔していました。

梨奈に一目惚れして、やっと話しかけたあの日に僕は完全に恋に落ちました。

そして僕はエッチな目で見ることがあっても、梨奈のことは大事に思っていました。

それなのにずっと一緒にいながら何も気づきませんでした。僕は自分が情けなかったです。

ふと見ると梨奈のスマホが床に置いてありました。スマホを手に取るとロックがされていませんでした。

僕は悪いと思いつつも、どうして梨奈が自分をいじめたハヤカワにわざわざLINEしたのか、そもそもまだ連絡先を消していないのか疑問に思っていたのでLINEを開きました。

ハヤカワのアカウントは探してもなかったのですが、マツリちゃんという名のアカウントの画像を見るとハヤカワの自撮りが写っていました。

僕はこれだと思ってトークを開き、履歴をさかのぼりました。

僕は梨奈とハヤカワのやり取りを見て怒りがこみあげてきました。

僕は梨奈のLINEから自分のLINEにハヤカワのアカウントを入れ、アパートを後にしました。

ハヤカワ「梨奈のことで話があるって言うから来たけど早くしてね。うちこれからバイトだから。」

僕はハヤカワに連絡を入れハヤカワが指定したコンビニの近くで会っていました。外はもう暗くなっていました。

「来てくれたことには感謝します。でもあなたのやったことは許されることじゃない。」

ハヤカワ「だから?」

「梨奈に謝ってください。」

ハヤカワ「は?笑。むしろ謝ってほしいのはこっちなんだけど。」

「なんでですか?」

ハヤカワ「聞いてたでしょ?梨奈が仲良くしたいって呼びだしてきたのに縁を切るとか言われてさ?マジで腹立つんだけど。」

「・・・」

ハヤカワ「だから梨奈には謝ってほしいわけ。でないと呼び出されてわざわざ会ったりしないから笑」

「もう一度言います。梨奈に謝って下さい。」

ハヤカワ「いや、無視すんなし笑。だいたいちょっと肩を押したぐらいで」

「いやそうじゃない。学生時代のことを謝ってください。」

ハヤカワ「あー、梨奈から聞いた?」

「聞きましたよ。だから僕は梨奈を慰めました。」

ハヤカワ「ふーん。それで梨奈は何て?」

「梨奈にはあなたなんか大嫌いって言われました。」

ハヤカワ「はっ笑。嫌われてんじゃん。それなのに梨奈をかばうなんてバカなの?アホなの?」

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


読者評価が一定数を超えた投稿者には特典があります!

※詳しくはこちら