エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 18 分で読了)

会社の後輩と家飲みしたその後 終焉(1/3ページ目)

投稿:2020-01-08 12:29:52
更新:2020-01-08 12:29:52

この話のシリーズ一覧

本文(1/3ページ目)

千葉県/名無しです…さん(20代)◆IRgSg0A
前回の話

あれから部長へ連絡することは勿論無く、いつものルーティンをただ過ごしています。

香奈さん親子が来るときは隆生は来ず、隆生が先約の時は香奈さん親子が来ません。

香奈さん親子が来た時は、基本健太が早苗に甘え、香奈さんも何度言っても聞かないので、諦めています。

早苗も健太がカワイイらしく、色々と世話を妬いています。

金曜日に来たときは、たまにそのまま泊まって行き、みんなでリビングに雑魚寝するので、夜中に健太が早苗にちょっかいを出し、早苗が軽くそれに応じる感じです。

ちょっかいと言っても、胸を触ったり乳首を吸ったりする程度で、健太は私が気付いていないと思っており、赤ちゃんのように早苗の乳首を吸っています。

早苗はそれをニコニコしながら見ているだけで、好きにさせています。

たまにですが、早苗が健太に胸を吸わせながらチンポをしごき、射精させてから寝るのがルーティンです。

その後は、ほぼ早苗が明け方私の所に来て、寝バックで挿入します。

香奈さんに、もしかしたらバレているかも知れませんが、それはそれで興奮するので、私も止められません。

もしかすると、香奈さんも健太と早苗の事は気付いているかもしれませんが、あえてそこには触れません。それは、いつか香奈さんとヤレるかもと淡い思いを抱いているので、もし気付いていたのがわかったら、もぅ来てくれなくなってしまうかも知れないですし。

後、隆生が来た日は、もう隆生とはしないと決めたので、ただひたすら飲んで隆生が騒いで帰っていきます。

なので、特に何もありません。

しかし、2人がまだしたがって居るのは、会話や雰囲気だけでも十分伝わって来るので、隆生が帰った後の早苗は、その話をするとかなり燃え上がります。

阿川さんともあれからは本当にしていないと言っており、武田さんも同じくです。

ピルの服用を止めて、マジメに子作りをしていますが、中々子供が出来ず、少し焦ってもいました。

そんな日々を過ごしていた頃、早苗の実家に泊まりで行く機会がありました。

理由は、遠方に住んでいる親戚の家族が、短い連休を利用して久しぶりに墓参りのため帰ってくるからとの事でした。

実家に着くと、私達の結婚式であった以来の親戚の人達も来ていました。

簡単に挨拶を済ませ、飲み会が始まりました。

飲み会は、遠方の親戚の話を中心に大変盛り上がり、酒好きの早苗の親族は、ベロベロになるまで飲んでいました。

その親戚の中に、50代の独身のおじさんがいました。

そのおじさんは、冗談交じりに親戚の女子高生相手に、下ネタを繰り返し、みんなが笑いながら止めていました。

早苗も勿論ターゲットにされ、大きな胸の事や私達の夜の事など、親戚全員の前で聞いてきます。

私達はその話に対し、早苗と適当に話を合わせ、かわしていました。

その後、飲み続けるおじさん達と、お風呂に入る女性陣で別れました。

私は付き合いもあり一緒に飲み、女子高生や早苗達は順番にお風呂に入ります。

まずは、眠たいとの理由で遠方から来たお母さん、次に早苗のお義母さんがお風呂に入り、その後疲れているだろうと早苗が女子高生に「先に入ってきな(笑)」と言いましたが、「久しぶりだし、早苗ちゃんも一緒に入ろ~(笑)」と言うことになり、早苗は連れて行かれました。

2人がお風呂場に行き暫くすると、あの下ネタのおじさんが「飲み過ぎた~ちょっとトイレ行って外の風に当たって来るわ!」と出て行きました。

それから私もトイレに行きたくなりトイレを済ませ、夜風に当たるため外に出ました。

外にはおじさんの姿が無く、どこかで寝てるか倒れて無いか?と心配になり、近所を探しました。

しかし、見つからないため、家の周りを探し始めると、まさかと思いましたが、そのおじさんはお風呂場を覗いていました。

早苗の実家は旧日本家屋なので、お風呂場もすきだらけと言えばすきだらけです。

おじさんは少しだけ窓を開け、チンポを出してしごいていました。

窓から白い湯気が外に出て来て、中から早苗達の楽しそうな話し声が聞こえます。

私はどうすることも出来ず、その様子を暫く見ていました。

すると、何か気配を感じたおじさんが急に振り向き、私と目が合いました。

おじさんはすぐに止めるかと思ったら、チンポをしまうと私に向かって手招きをしました。

私は、おじさんに誘われるがまま隣まで行くと、その場にしゃがませ、「早苗の体見て、申し訳ないな(笑)だけど、暫く見ないうちに立派な体になったもんだなぁ~(笑)」と言いました。

おじさんは、早苗が中学生になる頃から、たまに覗きに来ていたらしく、結婚して実家を出るまで、10年近く早苗の裸を見ていたそうです。

それに付け加え「お前にも、ともちゃんの裸見せてやるから、それで勘弁してくれ!あの子、いい~体してるぞ~(笑)」と言い、場所を譲ってくれました。

おじさんに言われるがまま、窓の隙間から中を覗き込むと、2人が並んで座ってともちゃんが早苗の背中を洗っている所でした。

横から見ているので、申し訳ないと思いながらも、ともちゃんの胸も見えましたが、高校生とは思えないくらいデカい胸で、横から見る感じでは早苗とほぼ変わりません。

違うところと言えば、発育中の小さめの乳首と乳輪が薄いピンク色なくらいです。

ともちゃんが洗い終えると、反対を向き早苗が背中を洗います。

何も知らない2人は、ひたすら笑顔で話をしており、なんか心苦しくなりました。

おじさんは私の耳元で、「早苗は中学の頃からおっぱいデカくなり出してなぁ~アイツがブラジャー着けた時は、成長したなぁ~って感動したもんだ!(笑)」

「は…はぁ…」

「高校生になって、初めて男を知った時は、体中にキスマーク付けて来て、まぁサルみたいになるのも分かるけど、この先大丈夫かって心配したもんだ~」

「そうなんですか?」

「ああ~そりゃ毎回毎回新しいキスマーク付けてりゃ、心配にもなるよ~こっちは、子供の頃から見てんだからなぁ~」

(そんなに…激しかったのか…)

「社会人になって、男が変わったのか、体にアザ作ってる時もあったなぁ~ありゃ多分、手錠か何かで手を押さえられて、体も縛られたんじゃないか?」

「S…M…ですか…?」

「まぁ本人に聞かんと分からんがな…多分、その手のモンだと思うが、今はそんな事無いのか?」

「いえ…そんな事、した事無いので…何とも…」

するとお風呂場の2人が立ち上がり、自分の体を洗い始めました。

「おお~やっぱり早苗は良い体してんなぁ~(笑)旦那に愛されてる証拠だぁ~!ともちゃんもしっかり成長してるみたいだし、後5年後が楽しみだ(笑)」

確かにともちゃんの体は、乳首が小さいだけで、大人と何ら変わりはありませんでした。

陰毛も早苗の家の血筋なのか、こじんまりとした陰毛が生えているだけで、2人とも正面から割れ目が見えています。

たわわな胸を下から洗い、その度グニャっと形を変えます。

首筋を洗うともちゃんは、色っぽくてとても高校生には見えませんでした。

2人はじゃれながら、「ともちゃん、おっぱいおっきくなったねぇ~(笑)」と早苗が手を出し、「早苗ちゃん、もっとおっきいじゃ~ん(笑)」と触り返しています。

「私も早苗ちゃんみたいに、おっきくなるかな~?」と自分の胸を持ち上げ確認し、「ともちゃん、もぅ十分おっきいじゃん!(笑)」

「もっとおっきくなって欲しいの…」

「何で?」

「今の彼氏が、おっぱいおっきい人が好きなんだけど、街で私と歩いてるのに、おっぱいおっきい人が通ると、そっち見るんだよ~サイテーだと思わな~い!」

ともちゃん…もぅ処女じゃ無いのか…

「大丈夫だよ(笑)おばさんだっておっきいし、ともちゃんももっとおっきくなるよ(笑)」

「そうかなぁ~私、早苗ちゃんみたいになりたいなぁ~」

「なんで~?(笑)もぅ少しずつ垂れて来てるし、おっきいと色々不便だよ?」

「でも、男の人は喜んでくれるんでしょ?」

「まぁ~ねぇ~(笑)男の人はおっぱい好きだからねぇ~」

「○○さんもおっぱい好きなの?」

「えっ?(汗)ま…まぁ人並みじゃない?」

「えっ?じゃあ、早苗ちゃんのおっぱい好きなのって、別の人なの?」

「えっ?えっ?どう言う意味?(汗)」

「だって、さっき男の人はおっぱい好きって言ったのに、○○さんは人並み何でしょ?て事は、他に早苗ちゃんのおっぱい好きだって言う人が居るって事でしょ?」

「む、昔の話だよ(汗)結婚する前の話!(焦)」

「あ~早苗ちゃん怪し~(笑)○○さん以外に誰か居るんでしょ~(笑)」

「そんな人居ないって(汗)」

「ここだけの話にするから教えてよ~私、そう言うのに憧れてるんだから(笑)」

「そんなのに憧れなくて良いよ…(汗)」

「お願い!居るの?居ないの?」

「もぉ……居る……って言うか、本当に内緒だからね!(焦)」

(隆生たちかな?)

「それって、今も続いてるの?」

「…うん……」

(えっ!?)

全く知りませんでした。

「どんな人?」

「パート先の人…も、もぅこれ以上は許して…」

(あ、阿川さん…?)

「お願い!最後!その人って、○○さんより気持ちいいって事?」

「ま…まぁねぇ…(汗)」

「どんな感じ?」

「う~ん…どんな感じって……(汗)女の倖せ感じるって言うか…」

「その人としてると?」

「……うん……(照汗)」

「早苗ちゃん、その人の事好きなの?」

「それは無いよ!?好きなのは旦那だけど、それとこれは別だから…」

「じゃあ、体だけの関係って事?(笑)」

「う~ん……まぁそうかな?(汗)」

「もうその人と長いの?」

「まぁ…そこそこ…」

「いつから?」

「今のパート始めて暫くしてからだから…2年くらいかな?」

(えっ?阿川さんじゃない!?)

「え~!結構長いねぇ~!良く○○さんにバレないね!」

「まぁ…同じ職場の人だから…最近は、結構時間の調整は聞くからね…(汗)」

「そうなんだ~年上?年下?」

「……上……」

「その人、独身なの?」

「ううん…その人も結婚してるよお子さんもいるし…(汗)」

「じゃあ!W不倫ってヤツ!?」

「シー!ともちゃん、声おっきい!(焦)聞こえちゃうでしょ!」

「ごめん(笑)早苗ちゃん、その人と別れる気は無いの?」

「う~ん…子供がデキたら別れようと思ってるんだけど…(汗笑)」

「今、作ってるの?」

「うん…だけど、中々デキなくてね(汗)」

「一応だけど、その相手の人は、ゴムあり?」

「ゴムありって…(汗)ともちゃん、もうそんな事知ってるの?」

「当たり前でしょ(笑)で、どうなの?(笑)」

「う~ん……無し…(汗)」

「えっ?じゃあ、生で入れて外に出してるのー!?」

「……半々……(汗)」

「えー!中出し!?じゃあ~その人の子供を妊娠する可能性だってあるじゃん!」

「まぁ…ねっ…(汗)」

「最近って、いつその人としたの?」

「最近、色々あってその人とは暫くしてなかったんだけど……最近だと先週…?かな?(汗)久しぶりに(汗笑)」

(阿川さんの方が優先だったようです)

「してなかったのに、またしたくなったんだ(笑)」

「ま…まぁ…ちょっとね(汗)色々あって…」

この時に、健二ともしています…

「その時は、中出し?」

「……うん……多分大丈夫だから…」

「でも、今デキたらどっちの子供か分かんないじゃん!」

「そうなんだけど……久しぶりだったし求められると…断れなくて…」

「断ってるの?」

「さすがに危ない日だけはね(汗)」

「もし、妊娠したらどうするの?」

「それは…旦那の子供として育てるつもりだけど……でも、危ない日は旦那にしか出させてないし」

「でも、100%安心じゃ無いんでしょ?」

「それはそうだけど…(汗)」

「○○さん、カワイそ~早苗ちゃん、その人と別れる気は無いの?」

「まぁ…長いからねぇ~(汗)」

「えっ?その人の長いの?」

「ち、違うよ(焦)違わないけど、違うの~(汗)付き合いが長いって事…(汗)」

「でも、違わないんだ(笑)早苗ちゃんも長いの好きなの?」

「まぁ…そりゃ…ねぇ…(汗)」

「分かる~!私も長いの好きなの(笑)奥に当たる感じが良いよねぇ~(笑)」

「旦那の方が太いんだけど、私…太いより長い方が良いみたい…(照笑)」

「分かる~~~(笑)手前より奥だよね!」

「ともちゃんも大人になったね(汗)」

「て言うか、○○さんのって、ちっさいって事?」

「ううん…さっきも言ったけど長さは普通だけど、太さはその人よりあるから別に小さくは無いと思うよただ、その人が長いってだけ(汗)」

「でも、それだけでそんなに離れられないんだ~(笑)」

「だから、付き合いが長いから、中々タイミングが無いだけだって(汗)それに上司だし……子供がデキたら、キッパリ終わるつもりだよ?」

「終われるのかなぁ~(笑)」

「さすがに妊娠したら、そんな事しないよ…だって、私旦那の事、ホントに愛してるし(照)」

「ふ~ん(笑)○○さんの事愛してるのに、別な男の人と関係持ってるって、早苗ちゃんも結構悪女だね(笑)」

「ともちゃんも大人になれば分かるよ(汗笑)はい!この話は終わり!絶対に誰にも言っちゃイケないからね!」

「分かってる(笑)誰にも言わないよ!」

「じゃあ、そろそろ出ないと、みんなが心配しちゃうから…」

2人の会話が普段に戻り、体を流して湯船に漬かっていました。

私は、おじさんに肩を抱えられ、何とか玄関まで辿り着きました。

中に早苗が居るので入りたくなくて、そのまま玄関に座って居ると、おじさんに聞いたのか、早苗が「あなた~大丈夫?具合悪いんだって?」と言ってきました。

私は、それに答える事はおろか、早苗の顔すら見ることが出来ず、膝を抱えて伏せていました。

すると、「ホント大丈夫?飲み過ぎたの?」と早苗が私の背中を擦って来た瞬間、私は無意識にその手を払いのけてしまいました。

「イタッ!あなた!どうしたの!?」

私は立ち上がり、そのままフラフラと暗闇の中を歩き出しました。

早苗も後を追ってきて、「ねぇー!あなた、どうしたの!?中で何かあったの!?誰かに何か言われた?」と私の顔を覗き込んで来ますが、今聞いた話をするワケにも行きません。

今の話をすれば、私がお風呂場を覗いていた事がバレてしまい、早苗だけなら良いですが、ともちゃんの裸を見た事がバレてしまいます。

私は、コレまでに無いくらい胸が苦しくなり、いきなり走り出しました。

それも今出せる全力で…

モチロン早苗はついて来れません。

「あなたー!待ってー!どうしたのー!待ってってばー!」

早苗の声が遠くなります。

それでも走り続け、とうとう早苗の声は聞こえなくなりました。

ポツンポツンとある外灯の灯りをつてに、ただその道を歩きました。

今時珍しく、LEDでは無く蛍光灯が付いているような田舎です。

私は、車で1時間の道のりを歩いて家まで帰ろうと思いました。

ひたすら歩き続けました。

早苗から、電話が来ますがモチロンスルーです。

すると、『あなた、どこにいるの?戻ってきて!酔ってるし、危ないから、お願い!』

早苗は私の事を探しているようでした。

それはそれで危険だと思い『悪いけど、俺タクシー拾って先に帰るわだから、早苗は危ないから実家に戻って』と送りました。

またすぐに電話が来ましたが、スルーしました。

『どうしたの?ホントに何があったの?誰に聞いても、分かんないって言ってるお願いだから、教えて』

言える筈も無く…

『ごめん…それは無理…俺は大丈夫』『タクシー何か居ないよ!』と来ましたが、それから私は返事を返しませんでした。

途中でタクシーを拾うつもりでしたが、街中と違って1台の車すら通りません。

(甘かったなぁ…どうしよ歩いて帰ったら、朝になっちゃうよ…)

その時、ホントにたまたまですが、隆生からLINEが来ました。

内容は特筆するような事では無かったのですが、私はそのLINEに救われた気分でした。

隆生に『これから迎えに来てくれ』と頼むと、ワケも聞かずに『良いッスよ!』と返事が来ました。

場所を大体伝え、近くに来たらまた連絡を貰うことにしました。

1時間ほどして隆生から電話があり、近くに来たと言うので、唯一あるコンビニで待ち合わせしました。

「お疲れッス!いや~遠いッスねぇ~(笑)」

「悪いな…隆生…」

話の感想(10件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!