月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 11 分で読了)

ツンデレ巨乳彼女の家でのエッチ(1/2ページ目)

投稿:2020-01-02 14:15:46

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

名無し
前回の話

ある日の休日。

僕の家族が全員家を留守にして夜まで一人きりになる状況になりました。

学校の帰り道、一緒に帰っていたアスカにそのことを離して遊びに来ないか?というと、

アスカ「どうせエッチなことしまくる気なんでしょ。魂胆は分かってるんだから」

「いや~バレちゃったか。でもさ、時間気にせずにエッチしたくない?」

いつも学校帰りはどちらかの家でエッチをしていたのですが、親や兄弟が返ってこないか警戒しながらだったのでいまいち集中出来ていませんでした。

アスカ「それは…そうかもしれないけど…でも…」

「じゃあいいよ。一人でAVみて済ましちゃうから」

アスカ「それはダメ!HなDVD見ちゃダメ!」

アスカは僕の制服のすそを掴むと上目遣いになって。

アスカ「あんたが見ていい裸は…私のだけだから」

その姿があまりにも可愛くて僕は思わずキスをしてしまいました。

アスカはちょっとびっくりして顔を赤くしてムスっとしています。

「じゃあ…エッチOK?」

アスカ「OKだけど…一人エッチは我慢しなさいよね」

アスカはちょっと俯きながら小声でいいました。

「もちろん。アスカの爆乳みながらイクのが一番だもんね」

アスカはあきれた顔をしながら僕の背中を叩いてきました。

やってきた休日。

家族が出払った後、僕は部屋の掃除をしてまっていると12時くらいにアスカはやってきました。

清楚系のワンピースを着ていますが、Hカップの爆乳は隠しようがなくかなりの強調具合を見せています。

「逆にエロいよなその恰好は」

アスカ「別にそんなでもないでしょ」

「だってさ」

アスカの手を持って僕の股間に当てるとアスカはちょっとびっくりした顔になっています。

僕のアソコはアスカとのエッチな時間を考えるだけでギンギンに勃起していたのです。

アスカ「…スケベ」

と言いながらもアスカの手はアソコの形を確認するようにもみもみしてきます。

「アスカの手つきも相当スケベっぽいけど?」

アスカ「だってこんなカッチカチ…ねえ、ギュッてして」

僕はアスカの腕を引き寄せて玄関でギュッと抱きしめます。

もの凄く柔らかい爆乳が胸板でつぶれる感触に僕のアソコはさらにガッチンガチンに勃起してしまいます。

アスカ「ねえ…」

「なに?」

アスカは僕の耳元に顔を寄せてきて。

アスカ「正直ね…私もエッチなことしたくてたまらなかった。たぶん、今日の私、すっごいエッチになっちゃうとおもうけど引かないでね?

僕「エッチな彼女なんて最高じゃん」

僕たちは顔を見合わせてクスクスと笑い、何度もキスをしあいました。

アスカがシャワーを浴びたいということなので一緒に入ることに。

脱衣所で服を脱がしてあげると、上下花柄の可愛らしい下着をつけていました。

しかし、可愛いのは柄だけでパンパンにつまった爆乳の谷間は強烈で何度も見ているはずなのに目まいがするほど。

「ほんと、エッチな谷間だよな」

といいながら指を出し入れすると、アスカはクスッと笑って両腕で爆乳を挟むようにしてきます。

アスカ「ここで挟まれたいんでしょ?」

「めちゃくちゃ挟まれたいよ。挟んでもらえる?」

アスカ「もちろん。いっぱい…」

「どうしたの?」

アスカ「やばかった。今めっちゃエッチなこと言いそうになっちゃった」

「言っちゃおうよ。今日はリミッター外してさ」

アスカ「じゃあ…いっぱい、おっきなおちんちん挟んでシコシコしてあげる」

キスをしながらブラジャーを外してあげます。

現れた爆乳は全く垂れることなくきれいなおわん型をしており、特にピンク色でツンと

たっている乳首の美しさに息をのんでしまいます。

思わずペロっと先端を舐めるとアスカは喘ぎ声をあげて。

アスカ「やだ、まだシャワー浴びてないのに…」

「ごめん、あんまり綺麗だったから」

アスカ「ほんと、おっぱい大好きなんだから…」

アスカはしょうがないという風に笑うと僕のズボンとパンツを脱がしてくれました。

ビンビンに勃起したアソコは我慢汁でヌルヌルになっていました。

アスカ「ふふふ。なんかテッカテカなんですけど」

くちゅくちゅと我慢汁をいじりながら亀頭をこちょこちょとしてきます。

「だ、ダメ、それ出ちゃう」

アスカ「ダメだよ。出すならもっとエッチなことしながらね」

アスカに手を引かれてお風呂場の中へと入って行きました。

お互い大量の泡で体の洗いっこをしました。

僕はもちろんおっぱいを中心に洗いました。片手ではとうていつかみきれないふわっふわな爆乳は触っているだけで夢心地になります。

アスカ「ねえ、おっぱいばっかり洗いすぎ」

「だってすっごい柔らかいんだもん。さすが学校一の爆乳だよ」

アスカ「まあ…そこは否定しないけど」

「女子にだって揉まれてるだろ?」

アスカ「まあね。なんか私のおっぱいだけは揉んでいいみたいな風潮だから」

「そりゃこんな爆乳だもんな…」

アスカ「なに?ちょっと嫉妬しちゃう?」

「揉まれるくらいは全然。だけど…挟むのは僕のだけにしてね」

アスカ「あったりまえじゃん。てかさ…すっごいカチカチだね」

アスカは床に膝立ちになると、顔を間近に近づけて泡を塗りたくるようにシコシコとしてきます。

アスカ「すっごいエッチな形…素敵…だね」

「褒めてくれて嬉しいよ」

ビン!と大きく反り返させてみせるとアスカは声を出して笑ってくれました。

「ねえ、その泡泡のおっぱいでさ…」

アスカ「挟んでほしいって?しょうがないな~」

アスカは膝立ちのままパイズリをしてくれました。

アスカ「ふふふ、見えなくなっちゃった」

「なんかこうなると自分のアソコが情けなくなってくるよな」

アスカ「え?なんで」

「だってすっぽり隠れちゃうってさ…」

アスカ「で、でも先っぽはみ出してるじゃん。それって立派なおちんちんって証拠じゃ…」

「何でそんなこと知ってんの?」

アスカ「そ、それは…」

「正直にいいなさい」

アスカ「…ネットでエッチな動画みて勉強したから」

「パイズリの?」

アスカ「だって…もっと気持ちよくなってもらいたかったんだもん」

「アスカってさ…ほんとツンデレだよな。そういうとこめっちゃ可愛いよ」

アスカ「…うっさい」

そういってアスカはパイズリを少し激しくしてきました。

泡のおかげでいつもよりすべりがよく、爆乳の柔らかさも伝わってきてあっという間に射精感がこみ上げてきます。

「や、ヤバい!ア、アスカ、イク!」

アスカ「え?もう?」

アスカは慌ててパイ圧が強くしてくると、さらに我慢できずにびゅ!びゅ!と射精していまいました。

あまりの気持ちよさに腰がガクガクとなってしまいます。

アスカ「もう早すぎ!てかさ、泡なのか精子なのか全然わかんないんですけど」

「…アスカがいけないんだぞ」

アスカ「なんでよ?」

「この爆乳が気持ちよすぎるから…」

シャワーを取って胸にかかっていた泡を洗い流すと僕は乳首にむさぼりつきました。

アスカ「キャ!ちょ、ちょっと待って…」

赤ちゃんのように乳首を交互になめ、爆乳をギュッと止せ両方の乳首を同時に舐めます。

アスカ「待ってってば…あん!き、気持ちいい…ああ!」

アスカはよがって僕に抱き着いてきます。

爆乳を揉んでいた手をアスカのあそこに伸ばすと、ヌラヌラと濡れていました。

「アスカ…びしょびしょになってるよ」

アスカ「だって…もう」

アスカは僕の首に手を回してキスをしてきます。

僕が舌を入れるとアスカも舌を入れてきてディープキスに。

アスカはその勢いのまま顔まで舐めてきました。

アスカ「ねえ…エッチしたいよお」

「わかった。じゃあ、ベッド行こうか」

アスカはうるんだ眼で僕をみつめてうなずいていきました。

シャワーで泡を流して体を拭き、裸のまま階段を上がって僕の部屋へ。

アスカをベッドに寝かせると僕はそのままクンニをしました。

アスカ「キャッ!そ、そこ…あっあっあっ、ああああん!」

アスカのクリトリスを舐めると喘ぎ声は大きくなり、体をビクン!とよがらせます。

「アスカ、気持ちいい?」

アスカ「す、すっごく…あっ!あっ!ク、クリトリス!クリトリス!も、もっと!もっと舐めて!」

舌先でじらすようになめると、喘ぎ声はもっと大きくなり愛液がどんどんとあふれ出てきます。

「すごい…洪水みたくなってるよ」

シーツはアスカの愛液でびしょびしょになっています。

アスカ「意地悪…」

頬をプクッとさせて怒る姿があまりにも可愛くて、キュンと来てしまった。

僕は立ってビンビンに反り立ったアソコを見せつけます。

アスカはうるんだ眼になって起き上がると、僕の前で正座をしてフェラをしてきました。

まだフェラチオは慣れないのか、ただ口に先っぽを含んだり亀頭をなめてくるだけなのですが、それでもかなり気持ちがいい。

「ああ…すっごい気持ちいい…どう?僕の」

アスカ「すっごい美味しい…不思議だね、おしっこする場所なのに…」

「アスカが本物のスケベってことかな」

アスカ「うっさい…でも、あんたのなら一生舐めてられる気がする」

そう言いながらだんだんとフェラも情熱的になってくる。

出そうになる直前で僕は腰を引いてコンドームを枕の下から出しました。

僕がつけているうちにアスカはベッドに寝て足を開いて待っていました。

「めっちゃエロい体勢なんですけど」

アスカ「だってぇ…欲しいんだもん、おっきい…おちんちん」

アスカは目をそらしながら言いました。

「じゃあ…行くね」

アスカ「うん…」

ぐちょぐちょに濡れたアソコにゆっくりと入れて行きます。

最初は抵抗があったアソコも何十回とセックスを重ねていく内にほぐれてきたのか簡単に入って行きます。

僕のアソコが全て飲み込まれると、アスカの中のひだひだが絡みついてきてめちゃくちゃ気持ちがいい。

「すっげえ…いつもよりうねうねだ…」

アスカ「バカ。エッチなことばっか言ってないで…動いてよ」

腰を動かすとアスカは眉間にしわをよせながら可愛い喘ぎ声を上げます。

アスカ「あんっ!あっ、あっ、あっ、奥、奥にすっごい…ああああ!

僕「アスカ、気持ちいい?気持ちいいか?」

アスカ「すっごく…あああっ!お、おっきい、おっきくてかたい…あっ!あっ!ダメ、奥だめ!怖い、きちゃう、きちゃうから!」

さらに激しく腰を動かすと、アスカの爆乳が縦に横に激しく動き回ります。

「すっげえ…めっちゃエロい。アスカの爆乳すっげえ暴れてる」

アスカ「そ、それは激しく…ああああ!ダ、ダメだって!きもち、きもちよすぎ…あっ!あっ!あっ!おっきい、おっきくてかたいよお!あっ!イク!イッちゃう!イッちゃうってばあ!」

「ぼ、僕も、限界、限界かも。イッテいい?イッテいい!?」

アスカ「いいよ、来て!いっぱい、いっぱい。精子、精子、私の…あああああっ!あっ!激しい、激しすぎ!あああっ!イク!イク!イクぅ!!

僕「ああああああああ!」

僕も最後の力をふりしぼって全力で腰をふり、果てました。

アスカの中でどくん、どくん、と精子がでているのがわかります。

アスカ「すごい…いっぱい出てるの…分かる…」

アスカのアソコから出てくると、先っぽに大量の精子がたまっているのが分かります。

疲れ果てた僕はアスカの隣に寝ころぶと、アスカはピッタリとくっついてきました。

僕の耳たぶをチロチロとなめながら、胸板をゆっくりと撫でてきます。

僕も体にぴったりとくっついた大きなおっぱいをゆっくりと揉みながらキスをしました。

キスが終わるとアスカはチラっとコンドームがついたままのアソコを見て。

アスカ「とってあげよっか?」

「お願いできるかな」

アスカは微笑んでうなずくと、僕の足元に移動しました。

ゆっくりとコンドームを外して先っぽに溜まった精子をみてはにかんで。

アスカ「…そんなに気持ちよかったんだ」

「だってアスカの中、ぐっちょぐちょでエロかったし」

アスカ「…ぐっちょぐちょとか言わないでよ」

コンドームを縛ると、精子でぬれたアソコをアスカはお掃除フェラしてくれました。

アスカ「…すっごいね」

「なにが?」

アスカ「だって…おっきくなってないのに…素敵なんだもん」

「アスカのおっぱいほどじゃないよ。世界一なんじゃない?アスカの爆乳って」

アスカ「…あのさ、あんまり爆乳爆乳って言わないでくれる?すっごい卑猥」

「なんだよ、さっきまでデカチン最高~って叫んでたくせに」

アスカ「叫んでないし!そういうこと言う人にはお掃除フェラしてあげません!」

そう言ってアスカはプン、とそっぽを向いてしまいました。

「じゃあ・・僕がなめちゃお~っと」

僕はアスカをうつぶせに押し倒すと、足を持ちあげてあそこにむしゃぶりつきました。

アスカ「ちょ、ちょっと…あっ!あっ!そこダメ、ダメだって~!」

アスカはすぐに喘ぎ声をあげて快感に身をゆだねてしまっていました。

そのまま69の体勢になって2回戦に。

正常位でついている時に騎乗位をしてくれないかと頼んでみました。

アスカ「き、騎乗位って…あっ!あっ!あっ!う、上になる…あああっ!やつ?」

「うん。見たいんだ。アスカの爆乳がバインバイン揺れてるとこ」

アスカ「…スケベ」

と言いながらもアスカは上にまたがってきてくれます。

ゆっくりと腰を下ろしていくと顔がしかめっ面になり、

「大丈夫?もしかして痛い?」

アスカ「痛くはないけど…やばい…すっごい奥まで刺さって…もうイッちゃうかも…」

「ダメだよ。まだ見てないもんおっぱい揺れてるところ」

下から見上げるアスカの爆乳は威力はすさまじく、ちょっと動くだけで下乳がぱちぱちと体にあたっています。

アスカ「ねえ、怖い。怖いから、手、手握って」

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(3件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。