エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

避難訓練でパンチラした美人教師

2019-12-03 20:59:04

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさんの投稿

私の勤務する中学校に凄い美人教師(あだ名も文字通り『美人堕ー』”ビジンダー”)が居ました。

ちなみに、その美人教師(以下『美人堕ー』)とは男性教師のみならず、生徒からも慕われている故、付けられたあだ名でありました。

芸能人で言うと、桜井日奈子の全盛期に目鼻立ちが似ており、肩口まであるボリュームある髪が小走りに走るとフワフワと揺れるさまは気品に満ちていて、とても魅力的でした。

その『美人堕ー』と私は同期にその学校に赴任してきました。年は向こうが一回り下(一応20代)ですが、通路ですれ違い会釈するにも、年上の私がなぜか緊張するくらいです。

『美人堕ー』の性格に関し、一部の生徒から、指導面が厳しく恐れられていた一面もあり、近寄りがたい存在に映るときもありましたが、一方で笑い上戸のときもあり、そうした複雑で、どこかプライドの高めな性格は同僚の男性教師から厄介にも感じられつつ、常に『美人だから仕方がない』という風評だったと思います。

そうして1年半ほど経った頃、学校で避難訓練がありました。

避難訓練はその年から『袋状のスロープ』といって、3階のベランダから地上に、一気に袋を伝って降りるという設定で、生徒の何人かが実施対象になりました。

3年生から順に実施し、2年生が終了後、最後に我々1年生が対象となります。

ちなみに『美人堕ー』は1年のあるクラスの担任でしたが、私は同学年の別のクラスの副担任という位置づけです。

スロープの下で教師が2人待ち構えて、上から下ってくる生徒をフォローするのですが、その役目に『美人堕ー』と私という赴任して日が浅い組み合わせが学年主任から命じられたのでした。

一通りの訓練を終えたそのとき、『先生方もどなたか訓練に参加されてください』という声が校長か教頭あたりから聞こえ、

自ずと、スロープの下に居た私が推薦されましたが、私は咄嗟に『前の学校でこの種の訓練は経験済なので、『美人堕ー』さんどうぞ!』と実際は、未経験でありながら嘘吹いてしまいました。

一方の『美人堕ー』は困惑しつつ、『この恰好なので・・・』と膝丈のピンクのフレアスカートを差し、遠慮する始末。

そこに、何人かの教師が自然と集まっていたのですが、先輩格の2人の女性教師が、『下で私たちがフォローするので、(恰好は)気にせずに!』と合いの手を差し出してくれたのには助かりました。

そうして、『美人堕ー』を説得。また避難訓練ということで、体育シューズを彼女は履いていたのですが、入り口玄関に向かい砂落としマットで砂を落としているときに、『もしかしてパンチラが拝めるのではないか!』と、要らぬ欲が湧いてきました。

一列に整列している生徒側からは、『美人堕ー』がスロープを滑って降りてくる際に、万一、スカートが捲れても、その角度からは見えません。(列の一番、端辺りは微妙ですが)

私も、スロープ下に立っていては、2人の女性教師の牽制もあり、一旦、その場を離れざるを得ません。『パンチラは、拝みにくいな・・・』と、渋々、諦めたものです。

そのとき、3階ベランダから『美人堕ー』がスロープを伝って降りてくる準備をしていました。

『美人堕ー』は3階から、私がスロープ下辺りに居ないことを念入りにチェックするような目線を送りました。ガードがさすがに堅いです。

やがて、袋状のスロープを滑って降りてくる『美人堕ー』でしたが、なぜか滑り出したところで途中で止まってしまいます。

もしかして、推測ですが手足などで意図的にセーブをかけ、万一でもスカートが捲れないように、両手で太腿に挟むように抑えていたのかもしれません。

死角に近い?一部の生徒の手前もあって、神経質になっているようでした。

そして、スロープを再び滑って来る際、またしても真ん中あたりで止まってしまいます。

これには、全生徒から笑いが漏れ、スロープ下の2人の女教師も、その方面を伺うように、どこか笑いを堪えているようでした。

その瞬間、注目が『美人堕ー』の失態に集中し、2人の女教師や他の生徒らの私に対するチェックまたは牽制の目が緩んだと判断し、『ここはチャンス!』とばかりに一気にスロープ下あたりに移動したのです。

ちょうど、そのタイミングで降りてきた『美人堕ー』のモロパンチラが拝めたのには、心の中でガッツポーズをするのでしたが、スロープを降りきって尚、『美人堕ー』は両手で太腿を押さえつけているまま、パンストの向こうの白パンチラを晒したままでした。

両手でスカートを太腿に挟んで押さえつけたつもりが、飛んだ失態です。

私は『美人堕ー』と目が合いそうになり、あわててその場を移動。見ていない振りをしましたが、まさかのモロパンチラを拝んで、心のニタニタ笑いを抑えるのに必死でした。

『美人堕ー』はその年度で寿退社して教師を辞任しましたが、パンチラをモロに露出したのは、赴任して2年間で犯した唯一のミスだったと思います。

パンチラガードに懸命にならなければ、私も、上手くタイミング良く拝めたかどうか疑問です。希に見るような美人教師が、ガードにガードを重ねた末のパンチラの見応えもなかなかのものであると、役得にしろ、ラッキー過ぎる体験談でした。

-終わり-
作者にメッセージを書く 次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]