エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

旅行先で始まった友達同士のセックスを見てしまった

2019-12-02 02:24:27

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさんの投稿

大学3年の時、仲のいいメンバー6人で、コテージに一泊する旅行に行った時の話。

メンバーは「俺」「ユウト」「カイ」の男3人と、「アヤ」「マイ」「トモカ」の女3人。

入学当初から仲が良く、恋人関係にはなったことのないグループだった。

女子は3人ともそれぞれ魅力があり、アヤは活発で男勝りだが、顔は整っていて美人系でスタイルもいい。マイは優しくて素直で、童顔の隠れ巨乳。トモカは大人しくてみんなを一歩引いて見ていて、でも顔は1番かわいい。

そんな3人の中で、俺はマイが好きで、いつか付き合いたいと思っていた。

料理してゲームして飲んで騒いで、あっという間に夜をむかえ、2時を回る頃にはみんな各自の布団で横になっていた。2部屋あるので、男と女に分けて3組ずつ寝ていた。

夜中の3時ごろにトイレに目が覚めた俺は、起き上がると隣のユウトが居ないことに気付いた。寝るときは確かにいたはず。

あいつもトイレか?と思いながら、カイを起こさないようにゆっくり部屋を出ると、かすかにシャワーの音がした。

シャワー室は部屋からは少し離れた、トイレの隣にある。おれはトイレに向かいながら、こんな時間にユウトがシャワーを浴びているのか?と思いながら近づくと、シャワーの音の中に、、、

「アンッ!アンッ!アンッ!…」

「ハァ…ハァッ!…」

という声が聞こえた。聞き耳を立てると、それはユウトとマイの声のようだった。

おれはゆっくり脱衣所の扉をスライドさせ、中に入ると、脱衣カゴにはユウトのTシャツやトランクス。マナのスウェットと下着があった。

狭い1畳ほどの脱衣所。目の前にあるシャワー室の扉は、磨りガラスのため中は見えないが、音はかなりはっきり聞こえた。

「アンッ!アンッ!ユウトくん!アッ!!」

「マイ…かわいい…!アアッ!!」

「ユウトくん…きもちいぃ…」

「マイ…気持ちいいよ…あぁっ…!」

「っふ…!ふっ…んんっ…」

ジュボジュボジュボジュボ

「ッッ…!ハッ!…それ…気持ちいい…」

「ユウトくんの…硬い…」

「マイ…おっぱいで挟んで??」

「んふっ…いいょ♪」

「あっ…ぅあ…柔らかっ…おっぱいデカ…」

絶望的な気分になった。

好きだったマイはユウトとヤっていた。

マイはユウトのモノを積極的に咥え、自分の身体で精一杯の奉仕をしていた。聞こえるマナのエロい声と、目の前にあるマイの下着。Dカップのブラジャーと、少し濡れたパンツを手に取り、右手で股間をいじりながら、ブラジャーやパンツの匂いを嗅いだり、舐めたりしていた。

マイの喘ぎ声と生々しい下着で抜こうとしたが、「布団でヤらない?」「えー?でもみんないるし」という会話が聞こえ、出てくるかも知れないと思い、慌てて脱衣所から出た。

部屋に戻る途中、何となく女子部屋を開けると、布団から顔を出しているトモカと目があった。多少動揺はあったが、さっきまでの大事件と比べたらなんてことなかった。

「トモまだ起きてたの?」

「うん。少しでも音がすると起きちゃうんだアタシ」

「あ!ごめんおれが起こした?」

「ううん、少し前にマイちゃんが起きて出てった時に起きたんだ」

「マイはなんか言ってた?」

「ううん、あたしが起きたの気付かなかったし、ユウトくんと喋ってたし」

やっぱりユウトがマイを誘い出したのか。でも、2人を責める気にもならないし、そんな資格もない…

「俺くんはまだ起きてたの?」

「ん?あぁトイレに…」

そういえば尿意はもう無くなっていた。

「そか。あたしもトイレ行こうかな?」

困った。トモカがトイレに行ったら、ユウトとマイに気付いてしまう。しかし足止めをする口実が思いつかない。

しかし、トモカがトイレに向かおうとすると、ユウトとマイの声とシャワーの音は止んでいた。トモカがトイレに入っている間にシャワー室を確認したが、もう2人は居なかった。

もしやと思い、シャワー室を挟んで女子部屋と反対側にある男子部屋を覗くと、暗闇でユウトとマイが布団を被り、声を殺してセックスしているのが分かった。

寝ているカイから一番遠い壁側に布団を移動させ、ときおりマイの「アッ!」「気持ちいい…」「入れて…」という声が聞こえた。

トモカが出てきた。

「どしたの?」

「いや、別に」

「ユウトくんとマイちゃんどこ行ったん?」

「ん?さぁ…」

「あの2人付き合ってるのかな?」

「さぁどうなんだろうね?…」

「さっきユウトくん来た時、マイちゃんに触ったりキスしたりしてたし、多分そうなんだよね。いいなぁ」

「ん?トモも彼氏欲しいの?」

「もちろん。」

大人しくて地味目だけど顔はめちゃくちゃ可愛いトモカ。それに、今まで気づかなかったがなかなの大きさの胸がTシャツを張らせている。マイたちのセックスを見て興奮しているおれは、思わず。

「トモおれのことどう思う?」

「ん?俺くん?かっこいいとおもうよ?」

「トモのこと好きって言ったら?」

「その聞き方ずるい。ちゃんと言い切らないと」

「確かにそうだ……俺トモのこと好き」

「ほんと?じゃあ付き合って!」

とんとん拍子で付き合うことになった。そして、下半身の興奮が治まっていないおれは、トモを廊下で抱きしめ、胸を揉んだ。

「デカ…こんなにあったの?」

「恥ずかしいから隠してた」

「…見せて」

「えー…じゃあここでしよ?」

さっきまでユウトとマイが交わっていたシャワー室に、俺たちは入った。

脱衣所でトモカを脱がすと、見事なEカップ巨乳とくびれたウエスト、張りのある尻に真っ直ぐな生足が現れた。身体は下腹部以外は無毛で、めちゃくちゃキレイ。

シャワーを流しながら、身体を舐めまくった。乳首や脇、脚、背中、とにかく全身舐めまくった。トモカは小さな声で「んっ…ゥゥっ…あぁっ…」と呻きながら、身体をくねくねさせる。

立ちバックで突きまくると、少し大きな声で「アン…アンっ…!アハン…っ…!」と喘ぐ。締まりも最高だった。

トモカにパイズリやフェラもさせながら、シャワー室で二回セックスした。

結果オーライだが、マイよりも可愛くて隠れ巨乳だったトモカは、性格も自分好みで今までで一番可愛いと思える彼女になった。

今でも毎日巨乳を堪能しながら、セックスしまくっている。

-終わり-
作者にメッセージを書く 次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]