エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

結婚したかった元カノの故郷を訪ねて

2019-12-02 19:03:31

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

風来坊さん(30代)の投稿

金曜の夜、俺と彼女は仕事が早く終わる方のアパートで過ごした。

呆れるほど舌を絡めて、呆れるほど交わって、呆れるほど仰け反って、呆れるほど射精した。

翌土曜日はどこかへお出かけして、ラブラブな二人の仲を見せびらかした。

アツアツのバカップルだった。

夜は居酒屋で飲んで、12時近くまで遊んでアパートに帰って一緒に寝た。

翌日曜日は10時くらいまで寝てて、真昼間からセックスに耽った。

明るい部屋で、恥ずかしがる彼女を無視して股を開かせて、マンコの奥まで覗いた。

「ダメェ~~恥ずかしいよ~~」

の声が、次第に、

「ダメェ・・・ハ、ハァン・・・」

となって、結局パジャマを全部脱がされ、じっくり視姦されて濡れていった。

そして乳房を揉まれて乳首を舐められ、乳首が勃起して、両足を大きく広げられ濡れたマンコ丸見えになると、カチカチのチンポをズブリ、愛液がジュブっと出た。

激しく出し入れすると、マンビラがペロンペロンとめくれて、愛液が白く泡立ってマンビラとチンポにへばりつく。

愛液の音がジュピジュピ、肉のぶつかる音がパンパン、彼女の喘ぎ声がアンアンと部屋中に響いた。

安全日の時は、そのままマンコの中にドクドク射精、そうでないときは彼女のお腹にドピュドピュ射精した。

裸のままお昼を食べて、シャワーで汗を流して、午後も汗だくでセックスに励んだ。

ジュビジュビ、パンパン、アンアン・・・部屋中に猥褻な音が響き渡った。

そして夕方、近所をお散歩デートして、

「じゃあ、また週末会おうね。」

と言って、さようならした。

暮れなずむ街を歩いて、自分のアパートへ帰る足取りは重かった。

あの彼女とは結婚すると思っていた。

彼女だってそう思っていたはずだ。

そうでなければ、安全日とは言え中出しなんかさせないと思う。

でも、2011年3月、彼女の故郷が高波に浚われた。

帰りたくても手段がない彼女、不明の家族の安否、抱きしめる事しかできない俺。

仕事中だった父親と専門学校にいた妹は無事だったが、彼女は母親と実家を失った。

結局彼女は、父親の実家に身を寄せた家族に会いに行ったまま、東京には戻らなかった。

いや、一度戻ったけれど、それは、仕事を辞めてアパートを引き払うためだった。

あれ以来、裸で愛し合うことは無く、俺は、泣きながら彼女の引っ越しを手伝った。

結婚しようという言葉は、あまりに残酷で口にできなかった。

「じゃあな。頑張れよ。何か力になれることがあれば、遠慮なく言ってくれ。」

「ありがとう。あなたと過ごした時間は、忘れない。出会えてよかった・・・」

「これ、少ないけど・・・」

お見舞いと、彼女の亡きお母さんへの香典を渡した。

「ごめんね。遠慮なくいただくね。」

そう言った後、彼女の目から大量の涙が流れた。

「さようなら。」

「さようなら。そしてありがとう・・・」

彼女は改札を抜け、東北新幹線のホームに向かうエレベーターに消えた。

俺26歳、彼女24歳、2年の交際は幕を下ろした。

あの後、俺は彼女との思い出の中で生きていた。

彼女と別れた1年後、後の妻となる女に告られ、彼女を忘れるために付き合い、ほのぼのとした安らぎを感じて、5年前に結婚した。

去年第二子が生まれ、俺は二児の父となっている。

先週、あの日からもうすぐ9年になろうとしている東北の沿岸に出張した。

日帰りで間に合う仕事だったが、金曜日だったから宿を取った。

翌日、出張先からそう遠くない別れた彼女の故郷を訪ねてみた。

まるで、区画整理したように綺麗に造成され、復興の力強さを感じた。

プラプラと当てもなく、風来坊のように2時間くらい街を散策した。

まだ、建物はまばらだが、十分に人の気配が感じられた。

この街のどこかに、彼女がいるかもしれない・・・彼女、32歳の彼女は幸せだろうか・・・

そう思って街並みを見渡したら、急に涙があふれてきた。

帰りの新幹線、彼女と過ごした2年間が走馬灯のように頭を巡った。

ここに彼女との思い出を書き綴って、彼女の幸せを祈りたい。

-終わり-
作者にメッセージを書く 次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]