エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 8 分で読了)

【評価高め】
レイプしてしまった後輩マネージャーから「話がしたい」と連絡が来た(1/2ページ目)

2019-11-26 00:30:45

この話のシリーズ一覧

1:部室に忘れ物を取りに行ったら後輩マネージャーが密かにオナニーしてた
2:レイプしてしまった後輩マネージャーから「話がしたい」と連絡が来た(今見てる話

この話のカテゴリ

本文(1/2ページ目)

部室の先輩さん(20代)の投稿
前回の話

【高評価】部室に忘れ物を取りに行ったら後輩マネージャーが密かにオナニーしてた

俺が高校2年の時のお話。部活にはマネージャーがいた。名前はあんな。 俺の1年後輩だが、素朴な可愛さを持っているいわば"癒し系"の女子だった。 身長は155cmくらい。スタイルもいい。そしてなにより、なかなかの巨乳の持ち主。 ちなみに俺と同級生のマネージャーで…

『先輩とお話がしたいです。明日、私の家に来てくれませんか。』

俺が部室であんなを襲ってしまってから数日後。あんなからこの内容のメールが来た。

俺はあんなが何を話したいのかは分からなかったが、とりあえず会ったら謝ろうと思った。そんな気持ちで、俺はあんなの家に向かった。

呼び鈴を鳴らすと、10秒ほどしてドアが開いた。…あんなだった。

あんな「…」

「…」

あんな「と、とりあえず…入ってください…」

重い空気のまま、俺はあんなの部屋に通された。

「…」

あんな「…」

「あんな…ごめん」

あんな「ごめんって言われても…私、どう返せばいいんですか…?」

「…」

あんな「ひどいですよ、先輩…私、はじめてだったのに…」

「…本当にごめん」

あんな「…でも…」

「でも?」

あんな「わ、わたし…あの時、すごく気持ちよくて…」

衝撃の告白だった。

「…え?」

あんな「先輩のエッチが…ずっと忘れられなくなっちゃったんです…」

「ご、ごめん…責任は取る」

困惑のあまりトンチンカンな事を言い出してしまう俺。

あんな「どっ、どう責任取ってくれるんですか?」

「えっ、えーと…」

あんな「先輩…思いつきでそんなこと言わないでください…」

うつむき加減にこう言ってきた。

「ご、ごめん…」

もはや謝るしかない状態。他に言葉が出てこない。

あんな「先輩…私、どうすればいいんですか?」

「どうすればって…?」

あんな「だからっ!…先輩が無理やりしてきてから…ずっと…エッチな気持ちになっちゃって…」

「…」

あんな「せんぱい…」

「…」

あんな「…もう一回…今度はやさしく…エッチしてくれませんか?」

「…はっ!?」

予想外のお願いをされた。俺は驚きを隠しきれなかった。

「ちょ、ちょっと待て…」

あんな「先輩のせいで…こうなっちゃったんですよ…」

「い、いやいやいや…俺、あの後めちゃくちゃ後悔したから…」

あんな「…」

「そ、それは…やめよう…な?」

あんな「…バカ」

小声でボソッとあんなが言った。

「えっ?」

あんな「先輩のバカ!わたしの…私のはじめて奪っといて、なんでそんなこと言うんですか!」

あんなは声を荒らげ、目を潤ませながら言ってきた。

「あ、あんな…落ち着けって…」

あんな「だ、だって…先輩のせいで…わたし、悩んでるのに…」

「で、でも…あんなだって、好きでもない男にされるのは嫌だろ?」

あんな「ぐすっ、ぐすっ…」

「…」

あんな「せんぱい…」

「…?」

あんな「じゃあ…わたしと…付き合ってください…」

「えっ…?」

あんな「わたし…中途半端なの…嫌なんです…」

「…」

あんな「だっ、だからっ…先輩と付き合って…恋人として、エッチしたいんです…」

「それじゃあ…身体目当てってことになるぞ…」

あんな「か…身体目当てで近づいてきたのは…先輩じゃないですか…!」

またあんなは泣き始めた。必死にこらえているようだが、目からは涙が流れてきている。

あんな「せんぱい…」

あんなは上の服を脱ぎだす。

「お、おいっ、からかうのはやめろ」

あんな「からかってなんかない!」

顔を真っ赤にして反論してきた。俺はその剣幕にビクッとした。

あんな「…先輩は…せんぱいは…自分だけ満足して…終わりにするんですか…?」

「そ、そうじゃなくて…」

あんな「そうじゃなかったら…なんなんですか…!」

「お、俺はもうお前のことを傷つけたくないんだよ…」

あんな「だ、だったら…なんで…」

「…ごめん、あんな。俺…帰るわ…本当にごめん」

俺はその空気に耐えきれなくなり、部屋を出ようと腰を上げかけた。

あんな「えっ…やだっ!行っちゃダメッ!」

ガバッと勢いよく、俺はあんなに押し倒された。驚きながらあんなの顔を見ると、潤みきった目で俺のことをじっと見てきている。

あんな「…ここまでしても…ダメですか…?」

そしてあんなは、硬直している俺に顔を近づけ、唇をつけた。

あんな「んはぁ…せんぱい…」

「あんな…」

あんな「先輩が…悪いんですからね…」

あんなは舌を入れてきた。グイグイと押しつけてくるので、口を開けざるを得ない状況で、それでもなお舌を俺に突っ込んできた。

あんな「せんぱい…ほしい…」

「あんな…」

あんな「先輩が今日してくれれば…あの日のことは…なかったことにしますから…」

あんなは俺のズボンとパンツを脱がせた。そして現れたち○こをゆっくりと触ってきた。

「あぁ…」

あんな「先輩…せんぱい…」

「あんな…もうやめよ…」

あんな「先輩…いまさら何言ってるんですか…あの日は、嫌だって言ってもしてきたじゃないですか…」

「で、でも…」

あんな「せんぱい…興奮してるんだ…」

気づけば俺のち○こはカチカチになっていた。あんなは嬉しそうにそれを扱いている。

「あんな…」

あんな「せんぱい…もう…我慢できないです…」

スカート姿だったあんなはパンツを脱ぎ、俺の上にまたがってきた。そして俺のち○こを2本指でつまむと、秘部に先端をつけた。

あんな「…せんぱい…」

グチュッ!…そんな音がしたのと同時に、俺のち○こは一気にあんなの中を貫いた。

あんな「あぁんっ!せんぱい…気持ちいい…」

これまでより格段に大きな喘ぎ声を出した。あんなの中は、あの日のようにびしょ濡れだった。

あんな「せんぱいぃ…気持ちいいよぉ…!」

ピチュッ、グチュッ、グチュッ…あんなは秘部を相当濡らしているらしい。

「あんな…あんなぁ…」

あんな「せんぱいっ、気持ちいいですか?」

「あんな…俺が悪かったから…やめよう、もう…」

あんな「せんぱい…この前の時は、嫌がっても入れてきたじゃないですか…」

話しかけながら、上の服を再度脱ぎ始めるあんな。

「そ、そうだけど…」

あんな「先輩、あの時に気持ちいいって言ってましたよね…」

「…」

あんな「せんぱい…一緒に、気持ちよくなろ?」

その時、ブラのホックがパチンと外れ、あんなの胸が俺の目の前に現れた。そしてあんなは、その大きな胸を揺らすように腰の動きを強めてきた。

あんな「あぁっ!はぁっ!あんっ!あんっ!気持ちいい…!せんぱいぃ!」

グチュッ、グチュッ、グチュッ…あんなの中では、俺のち○こによって愛液がかき回されている。

あんな「せんぱいぃ!せんぱいのっ…せんぱいの…すごい気持ちいいぃ!わたし…せんぱいのじゃないと…やだ…!」

「あんな…」

あんな「せんぱい…わたしのおっぱい…触って?」

あんなは俺の両手を掴むと、そのまま自分のふくよかな胸に誘導してきた。

あんなの胸は、弾力のある、揉み心地のある胸だった。俺はあんなが掴むのをやめてからも、本能的にその胸を揉みまくっていた。

あんな「せんぱい…やっぱり、おっぱい好き?」

「ん…そうかな…」

あんな「だって…ずっと触ってるもん…」

そして、しばらくあんなが腰を振っていると、あんなの反応が変わりだした。

あんな「せんぱい…っ!わたし…イッちゃうかもぉ…!」

「はぁ…はぁ…」

あんな「せんぱい…せんぱいぃ!あぁあぁ、はぁぁ、ふあぁっ!」

あんなは秘部にひときわ深く挿入してから、その弾みで俺の方に倒れ込んできた。

あんな「あぁ…はぁ…はぁ…」

「…」

あんな「せんぱい…もっとしたいよ…」

そう言って俺のち○こを一度抜くと、今度は四つん這いになって誘ってきた。

あんな「後ろからして…」

プリンとしたお尻を突き出してきた。…だが、俺はこのタイミングでやめるべきでは、と迷っていた。すると痺れを切らしたあんなが、こう言ってきた。

あんな「はやく…はやく入れてよぉ…!」

…負けた。俺は諦めて、肉付きのいいあんなのお尻を掴みながら、ゆっくりあんなの中に入っていった。

あんな「あっ…はぁぁ…っ!」

あんなはビクッと反応しながら、俺のち○こを受け入れてくれている。

あんな「あんっ…せんぱいの…奥まで入ってるぅ…」

俺が動かないでいると、あんなの方から腰を動かしてきた。

あんな「なんで…せんぱい…動いてくれないんですか…」

「だ、だって…」

あんな「先輩だって…気持ちいいでしょ…」

グチュグチュという音をさせて、あんなは俺の下腹部にお尻を当ててくる。

「あぁ…」

あんな「お願い…動いてっ…!せんぱい…!」

もうどうにでもなれと思い、俺は腰を振り始めた。あんなのお尻と、俺の下腹部がピタピタと弾け合う。

あんな「あぁっ!はぁん!せんぱい…せんぱいが動いた方が…気持ちいいですっ!」

腰の動きを少しずつ早めていくと、ピタピタと弱い音がしていたのが、だんだんとパンパンという強い音になっていった。

あんな「あぁん!せ、せんぱいっ!気持ちいいっ!んぁぁ、あぁっ…せんぱいぃ!」

「はぁ…あんな…あんな!」

あんな「せんぱいぃ…は、はげし…い…っ!」

後ろから、あんなの胸を再び揉んでみる。

あんな「あぁぁ…あんっ…はぅぅ…はぅ…ひぁっ!」

俺の手が乳首に当たるたびに、あんなはビクンと反応していた。乳首が弱いのかな?と思い、そこを集中的に触ってみる。

あんな「はぁぁ!そっ、そこダメぇ!やだっ、そこ…そこばっかり触らないでぇ!」

ピンと立った乳首を指で弄りながら、ビクビクと震えるあんなの身体を丸め込む。

あんな「せんぱいっ…あっ、奥まで…」

先端が、あんなの中の最深部まで到達した。そして、優しく奥を刺激する。

あんな「あぁ!せんぱい…そんなにしたらイッちゃう…」

「あんな…気持ちいいぞっ」

あんな「わ、わたしも気持ちいいっ!あぁっイッちゃう!はぁぁ!」

その瞬間に、あんなの中がギュッと締めつけられた。あんなは荒く息を立てて、呼吸を安定させようとしている。

あんな「せんぱい…まだ…する?」

「俺も…そろそろ出そうだ…」

あんな「な、中はダメですよ…外に出してくださいね」

「わかってる」

そうして再び腰を動かす。ラストスパートで、勢いよくあんなのお尻に当てていく。

あんな「はぁぁ!奥…入ってるっ!んぁぁ!」

パンパンと、高い音が部屋の中に鳴り響く。そして、部屋の中にはなんとも言えない匂いが充満していた。

あんな「あぁん!んんっ!はぁっ!」

「あんな…そろそろ出すぞ!」

あんな「せんぱいっ!そとっ!外に出してね!中に出しちゃ…ダメだよ…あぁっ!」

最後にあんなの奥にグッと突き入れてから、あんなの綺麗なお尻に精液をかけていった。

あんな「はぁ…はぁ…はぁ…」

あんなはしばらく言葉を発さず、ただ荒い呼吸をしていた。

俺はそばにあったティッシュを2~3枚取り、あんなのお尻についた精液を拭き取った。精液の一部は、太ももを流れている途中だった。

あんな「ありがとう…せんぱい…」

精液を拭き終わると、あんなはお尻を床について俺の方を向いた。

あんな「先輩…気持ちよかったです…」

「俺も…気持ちよかった…」

あんな「せんぱい…」

そう呼びかけられ、俺はあんなの顔を見る。

あんな「私と…付き合って…くれますか?」

「…うん」

あんな「…せんぱい…」

あんなはそのまま、俺に抱きついてきた。胸の感触は確かに伝わってきたが、不思議ともう一度したいという気持ちは出てこなかった。

あんな「…好き…」

「あんな…」

あんな「これからは…責任取って…優しくしてくださいね…」

「うん…」

しばらく抱き合った後、俺とあんなは脱いだ服を再び着た。

あんな「そういえば、先輩…聞きたいことがあって…」

「なに?」

あんな「あの…その…」

「…?」

あんな「あの日…ブラと、パンツ…部室に置いてきちゃって…」

「…ああ、確かに置きっぱなしになってたな」

あんな「…あの後、あれ…どうしました?」

「持ち帰るのはなぁ…と思ったけど、バレちゃマズいなと思って、確か俺のロッカーに突っ込んでおいたはず」

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!