エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 6 分で読了)

いつも従順な婚約者が少しSっ気を出してきた。

2019-11-18 01:27:49

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさんの投稿
前回の話

おっとりお姉さん系の彼女(現在の妻)と同棲を始めたら彼女のオナニー好きが判明した

パートナーにして欲しくても拒否されるプレイ、引かれたら嫌だし、恥ずかしくてしたいと言えないプレイというのは、どのパートナーにもあると思います。 実際俺も元カノとはNGプレイは多くありました。クンニ、ごっくん、AV鑑賞、オモチャ、生セックス…これらは全てダメでした。 ミナミに色々な…

同棲生活を始めてから、性欲処理に困る事はありませんでした。したいと言えばさせてくれる環境は、もしも仕事をしてなくヒモだったならばダメ人間になってたかもしれません。

ただ、少し誤算があったのは自分の性欲以上に求められる事も多かったという事です。

ミナミが割りとセックスが好きだった事と、子どもを欲しがっていた事も相まって、子どもが出来やすい日周辺は特にミナミは積極的でした。

ミナミは素直で直球勝負な性格なので、誘い方もド直球です。朝出かける前に

「今日は絶対エッチしてね?」

とお願いするミナミのお誘いはとても可愛らしく、どんなに疲れていても断るという選択肢は浮かびませんでした。

ただ、中出しをし続けて数ヶ月、セックスの回数もかなり多い方だったと思いますが、ミナミはなかなか妊娠しませんでした。

後からわかったのですが、ミナミは生理後から排卵日までの期間がかなり短く、体温差も少ない為体温計で毎日測っても判別が難しい方でした。簡単に言うと、いわゆる安全日がやたら長かったのです。

生理が来るとミナミは「またダメだったかぁ〜」と残念そうにしていました。結婚に向かっては確実に準備を進めていた俺たちですが、ミナミはやはり早く子どもが欲しかったようで、出来やすくする方法をしょっちゅうネット検索したりしていました。

その中に精液の量を多くするという記事があったのですが、それを見てミナミは悩んでいました。

「どうすれば量増えるんだろ…」

真剣に悩み始めたミナミに

「めちゃくちゃ焦らされたり、興奮したら出る量増えるよw」

と軽い気持ちで答えたら

「…そうなんだ!」

と真面目に捉えられました。まぁあながち間違った知識でもないのですが…

ミナミは生理の時には、お願いすれば必ずフェラで抜いてくれました。フェラのみの時も、普段のセックスと同じく、抜き目的でない丁寧なフェラをしてくれるのが好きでした。

そんなミナミが初めて性生活でお願いをしてきました。

「今週生理で出来ないけど…フェラも1人エッチも我慢して欲しいの。」

いつも俺に我慢させないミナミにしては珍しいお願いでした。ちょっと申し訳無さそうにお願いするミナミを見て、あぁ、前に悩んでいた件かなと思いOKと伝えると、ミナミは安心したように

「ありがと!終わったらいっぱいしようね!」と嬉しそうな顔をしました。

禁欲生活といってもたかが1週間、楽勝だろと思っていましたが、意外にも辛い1週間でした。

1人暮らしの時はそういう刺激から遠ざけたら別に我慢くらいどうという事はありませんでしたが…部屋着のミナミはかなりラフな格好をするので、無防備な姿を見ながらの禁欲は辛いものがありました。

時期も夏場だった為、風呂上がりは胸元ゆるゆるの部屋着用ワンピースを着ていて、頻繁に胸チラがありました。

太ももから下も生足をずっと晒されてたので…そういえば今まで抜いてくれとお願いしてたのはこういう刺激を受けてたからだったなぁ…と思い知りました。

何度かこっそりトイレで抜こうかとも思いましたが…いつも献身的なミナミからのお願いの事を思うと、裏切ることは出来ませんでした。

その1週間後、いよいよ禁欲生活解禁の日は俺も仕事を早く終わらせて残業もそこそこに家に急いで帰りました。

ミナミは珍しく平日に早上がりしてきた俺にびっくりした後

「もぅ〜、そんな楽しみにしてくれてたの?w」

とケラケラ笑っていました。夕食を食べて風呂に入り終わってそこそこの時間で、テレビを見ながらゆるゆるの部屋着ワンピで寛ぐミナミに我慢出来ず、ソファの隣に座る彼女の太ももを撫で回し始めました。

「やだぁくすぐったいw」

特に拒否もしないミナミに更に片方の手で胸を責めていきました。風呂上がりでノーブラの状態のミナミの美乳を、服の上から揉みまくりました。ワンピースは肌触りの良い素材でしたので、柔らかなミナミの胸を揉むとスベスベとした感触でいつまでも触っていられる気持ち良さでした。

「あんっ…もう…ベッドでしよ?」

寝室に誘導されると、ミナミはベッドに横たわって

「我慢させてごめんね?いっぱいしようね…」

と誘惑してくれました。

「ねぇ…今日はエッチなの見る?」

前回チラッと書きましたが、ミナミはオナニーが好きで、AVを見ながらオナニーする事もありました。

なのでたまに携帯でAVを見ながらエッチをする事があります。今日もそういう気分だったようで、ベッドで横たわりながら二人でどれを見るか選び始めました。

「ラブラブなやつにしようね。激しいのは怖いから…」

見るのはライトな内容のものですが、ミナミの好みは巨乳ものが結構好きなのでおっぱい星人の俺とは趣味が合いました。

あとは本人は否定していますが…激し過ぎないならソフトSMものも結構食い入るように見ていました。

挿入シーンよりは前戯シーンが好きで、女優が愛撫されたりキスしているシーンを見ながら俺の股間を触ってきたりキスしてきたりと徐々にムードを高めてきました。

そして枕元に用意していたローターを取り出すと、ミナミはオナニーを始めました。オナニーしながらAVを見て、「んぅ〜…あぁ…」と喘き声が出始めました。

そろそろ触られるだけも我慢出来なくなったので、オナニーに夢中なミナミの顔の横にチンポを持ってくると、舌を出してチロチロと亀頭を舐め始めました。

そのまましばらく奉仕をさせていると、ミナミは体勢を変え、フェラに集中し始めました。カリを舐め回した後、竿をハーモニカを吹くように舐め、徐々に睾丸の方まで顔を埋めてきました。

唇で柔らかく玉を包んだ後、柔らかな舌で丁寧に舐め続けました。敏感な所なのでヒヤヒヤしながらも、亀頭とは違うざわざわした刺激に思わず声が出ました。

「気持ちいい〜?声我慢しなくていいよ…」

いつもの甘めな声と違い、今日はちょっとS寄りの妖艶な声でした。

そのまま玉よりもさらに下までミナミは顔を埋めていきました。蟻の門渡り部分を丁寧に舐め続け、徐々にアナルの方に舌先が近づいてきました。

そこまで舐められるのは初めてでしたが、刺激はゾワゾワと来ていて声を我慢出来ませんでした。

声をあげると気持ち良くなっていると認識し、どこを責めたら気持ち良くなるかを確認しながら更にアナルに近づいてきました。

思わず腰を上げて感じている俺のアナルをミナミは丁寧に舐め始めました。舌先でチロチロと穴を刺激されると思わず仰け反りました。

何分舐め続けられたか分からないですが、かなり長い時間、ゆっくりと竿をしごかれながらアナル舐めを続けられ、我慢汁が滴るくらい責められました。

「出しちゃダメだからね…我慢するんだよぉ…」

いつもと全く違う完全にSになったミナミに戸惑いながらも、快感にあがらえずそのまま責められました。

「これだけ焦らしたらいいかな…?…もうちょっと焦らしちゃおうかな…?」

今回は完全にミナミが主導でした。仰向けでビンビンになった俺の上に跨ると、そのまま素股を始めました。

敏感になっている亀頭を咥え込む様にマンコでしごいてくれると、ニチャ…ニチャ…と音がしてきました。

もうそのまま奥まで入れてしまいたいと腰を動かすと

「勝手にしちゃダメだよ…悪い子はまだ焦らしちゃうよ…」

とノリノリでSになりきっていました。

散々焦らされて我慢の限界まで来た俺は、ついに素股中にミナミに挿入しました。

「あ…ちょっ…ダメェ…」

不意打ちをくらい感じるミナミの隙を突き、そのまま対面座位まで持っていくと膣奥まで挿入すると

「あぁ…奥過ぎ…っ…待って待って待ってぇ!」

焦り出したミナミを無視し、お尻を持ち上げ強制的に杭打ち機のようにチンポに打ち付けさせました。

「あっ…あっ…やぁぁぁ…」

パンパンとお尻を打ちつけながら感じるミナミの顔からは、さっきまでのSぶりはすっかりどこかに行ってしまっていました。

「もっとしてぇ…止まんなくなっちゃう…」

自分からも腰を振り、ミナミは仰け反りながら感じていました。顔も赤く体温もいつもより高くなり、汗だくになりながら抱きついてくるとヌルヌルになったオッパイが体に擦れ、お互いの汗でローションプレイをしているようでした。

ミナミが少しブルっと震えると

「あぁぁぁ…イッちゃう…イッていい?…イッていい?」

ミナミが何度も聞きながらイッてから少し遅れて、俺もミナミの奥でイキました。

ぐったりしているミナミからチンポを抜くと、マンコからは大量に出した精子が溢れてきました。

ミナミの顔の横にチンポを近づけるとお掃除フェラを始め、丁寧に舐めきってくれました。

「今日の凄かったね…あんなに出たら出来るかなぁ…」

疲れた顔をしながら少し嬉しそうなミナミの頭を撫でた後、すっかり濡れたシーツを取り替え厚めにバスタオルを引きました。

「今日はちょっとキャラ違ってたねw」

そういうとミナミは恥ずかしそうに

「興奮してくれるかなって…頑張ったのw」

と答えました。

普段は優しく色々頑張ってくれるミナミですが、この日はSになってみたり、腰使いが淫らだったり、色々な表情を見せるミナミをみる事が出来た夜でした。

この話の続き

おっとり優しい妻が恋人だった頃の初エッチの話

「まだ付き合って1週間だけど…(エッチするの)早くないよね?おかしくないよね…?」 ベッドの上に座り込んだまま、期待と不安が混じったように、当時付き合いたての恋人だったミナミは聞いてきました。 この日は付き合い始めて1週間目の休日、俺達にとって初めてのデートの日でした…

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]