エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

女子高生のパンツを見ていたら、女子高生に絡まれ、事件は起きた

2019-11-08 05:37:59

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

変態小僧さん(30代)の投稿

僕が小学4年生のとき、どエロな事件が起きた。なかなか貴重な体験だったから、今でも、会話内容まである程度記憶している。

その日も、学校が終わり、習い事の教室に向かっていたら。

アパートの階段に座り込む二人の女子高生がいた。

女子高生たちは、近くの偏差値の低い高校の女子だった。上は紺色のブレザー、下は紺色の激ミニのスカート、脚は黒タイツを履いていて、二人とも長髪で、マスクを着けていた。二人とも磨けば美人になりそうな、まあまあのルックスだったが、イケイケな感じで怖そうだった。

一人のほうが、脚を下品に開いていたので、僕は通りざまに、その子のスカートの中を覗いた。タイツのせいで、パンツの色がちょっとよくわからない。

するとその子がこっちを見たので、僕は顔を伏せた。

しかし、すぐにまた、僕は彼女の開いた脚に目を移した。

スカートの奥に目を凝らすと、タイツ越しに、白色のものが見えた。

ラッキ~白パンツかあ。

しかし。

堂々とスカートの中を見ていた僕の顔を、彼女がじろりと見上げた。

ヤバいヤバい!

そそくさと立ち去ろうとした。

しかしここから、意外な展開に発展した。

「こんにちはー」

女子高生の声が、斜め後ろから聞こえた。

僕は少し怖がりながら、振り返って立ち止まった。

すぐに二人が「やっほ~」と言いながら駆け寄ってきた。

女子高生A(こっちが、脚を開いていたほうの女子高生)「おかえり~」

女子高生B「何年生?」

「4年生」

女子高生A「ふ~ん、、、」

にやにやする女子高生A。

女子高生Aが、Bにこそこそ耳打ちした。

二人「キャハハハハ!」

二人は顔を見合わせて笑った。

そして

女子高生A「ねーぼく~、ウチのパンツ見てたな~?」

と、女子高生Aが冷やかす感じで言ってきた。

「見てないです」

女子高生A「またまた笑。気づいてるし笑」

僕は何も言い返せない。

女子高生A「あ、だいじょーぶよ、全然怒ってないから~」

女子高生B「ふふっ笑」

二人の柔らかで穏やかな雰囲気に、僕は安堵した。

女子高生B「むしろもっと(パンツ)見ちゃえよ笑」

女子高生Bが、女子高生Aのスカートをめくった。

女子高生A「ちょっとー!」

女子高生Aが、Bのスカートをめくり返した。

女子高生B「いやぁ笑」

二人「キャハハハハ!」

僕は困惑しつつ、エッチな気持ちにもなっていた。

女子高生A「もっと見せてやろっか?」

「え、、、」

女子高生A「見たいやろ笑?」

女子高生B「正直に言いな」

女子高生A「いいよ、お姉さん平気やから笑」

少し悩んだ末僕は

「ちょっと見たいです」と遠慮がちに答えた。

するといきなり、女子高生Aが自分からスカートの前をつかんで、上に捲りあげた。

スカートの中のタイツが、、、タイツ越しのパンツが、、、丸見え。

パンツはやっぱり、白のパンツだった。

僕は興奮しながら、沈黙した。まじまじと、女子高生のタイツ越しの白パンツに目をやった。

女子高生A「めっちゃ見るね笑。やっぱはずかしい笑」

女子高生B「あはは笑」

女子高生Aは、スカートを押さえてパンツを隠した。

女子高生A「どう?感想は?笑」

「あ、うん、、」

女子高生B「恥ずかしがってる笑」

女子高生A「あっ、チンコたった笑?」

女子高生Aが、僕の膨らんだ股間を見た。

女子高生A「やだ笑。(股間を手で)隠してるし笑」

女子高生B「スケベ笑」

「、、、、」

女子高生A「パンツ好きなん?」

「うん、、、」

女子高生A「やだ、えっち笑」

女子高生B「あたしのもー、ほれ」

女子高生A「あはは笑」

女子高生Bも、いきなりスカートの前をつかんで、上に捲りあげた。

タイツ越しのパンツは、これまた白っぽいパンツに見えた。

僕は、女子高生Bのタイツ越しのパンツを、なめ回すように、じっとりと見た。

女子高生B「きゃ~やだぁ笑」

恥ずかしそうに女子高生Bも、パンツを隠した。

女子高生A「やばいね笑」

女子高生B「やばい、ノリでやったけど、恥ずかしい~笑」

二人が僕を見た。

女子高生A「ずっと(股間)押さえてるね笑。」

「、、、」

女子高生B「みーせーてー」

二人が、僕の手を剥がした。

勃起してズボンを突き上げているチンコを見た二人は「きゃ~っ!」と、はしゃいだ。

女子高生A「結構おっきい笑」

女子高生B「パンツなんかで、そんなおっきくなるんやねえ」

「うん、、、」

女子高生B「まだ小4でしょー?」

女子高生A「他の子も、女子のパンツ好きなん?」

「うーん、わかんない」

女子高生A「君だけかもね笑」

女子高生B「同級生のパンツも見たりすんの?」

「いや、上級生とかのほうを多く見てる。」

女子高生A「年上が好きなの?」

「うん。」

女子高生A「だからウチらのパンツで、興奮したの笑?」

「、、、、」

女子高生B「当たりだね笑」

すると女子高生たちはクスクスと笑いあい、「じゃーねー」と挨拶してきた。

興奮しきっていた僕は、二人が向こうをふりむいた瞬間、女子高生Aのスカートを後ろから捲りあげた。ふくよかで張りのある尻を、タイツが包み込んでいて、タイツに白パンツが透けていた。

「キャッ!」

僕はそのままの勢いで素早く、女子高生Aの尻を一回揉み、そのまま女子高生Aのタイツをパンツごと、斜め下に引っ張った。タイツとパンツが一瞬グイイ~ンと伸び、僕の手から離れた白パンツが、「パチン!」と乾いた音をたてて、女子高生の尻を叩いた。

「なにすんの!」

女子高生Bが、僕を女子高生Aから引き離した。

ノリのいい女子高生たちとはいえ、流石にキレた。

女子高生Aがパンツやタイツを履き直している一方で、女子高生Bが僕の顎をつかんだ。

女子高生B「ふざけんなよ!」

「ごめんなさい」

パンツやタイツを履き直した女子高生Aも参戦してきた。

女子高生A「さいってー、、、ドスケベ!」

僕は腰のあたりを女子高生Aに蹴られた。

それから、二人は僕を睨みつけ、去っていった。

怖くなった僕は、足早に習い事の教室に急いだ。

それからは、習い事の教室に行く際には、別のルートを通るようにした。

-終わり-
次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]