エチケン

体験談・小説メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

JD ミニスカート 逆さ撮り ②

投稿:2019-11-06 10:12:44
更新:2019-11-06 10:12:44

この話のシリーズ一覧

本文

名無しさん
前回の話

こんにちは

前回、多くの続編希望をいただきありがとうございました。

今回は、学校外での逆さ撮りの成功体験談を投稿したいと思います。

私は1人暮らしをしています。

アパートから学校に行く時、道路の途中で細い道に入るところがあります。

そこには、途中で6〜7段くらいの階段になっているところがあります。

私は、「もしかしたらここで逆さ撮りができるのでは?」

とはと思ったのです。

それは5月のことでした。スカートを履く女性が少しずつ増えてくる春から夏にかけての涼しい季節です。

そこのスポットは、後ろから人がきたり、違う細い道と合流するポイントにもなっていて、第3者がいれば絶対に逆さ撮りすることはできない場所となっています。

普段通り登校していると、目の前に日傘をさした白のタイトミニスカートで歩いている人が前にいました。(顔は綺麗な顔をしていました。)

私は理性を失い、長い時間撮りたいと思い、スマホの通常のビデオモードではなく、スローモーションモードにし、階段でスカートの中に3〜4秒くらい突っ込みました。

撮れた手応えはなんとなくあり、「どんなパンツを履いてたんだろう」

と思い、学校についてトイレで確認しました。

そしたらなんとそこには、

ピンクと白のギンガムチェックの綿のパンツがスローで映っていたのです。

大人っぽい顔立ちの人であったため、子供っぽいパンツに私は大興奮。

この興奮度が私にとって、逆さ撮りの魅力なんだということを教わったような気がしました。

階段で足が前、後ろと動いているので、ちょうど足が組み替わる時にパンツのクロッチの部分がもっこりするのです。

筋も見えるくらいもっこりしていて、とってもエロかったです。

また、違う日にも成功したことがあります。

顔はブサイクでしたが、とってもミニを履いていたので超至近距離での逆さ撮りに成功しました。

パンツは薄い紫のサテン。

ギンガムチェックのパンツとともに何度もおかずにしています。

ここのスポットは、バレにくく、さらに綺麗に撮れるので、今もチャンスがあれば狙っているスポットです。

やはり、成功するたびに、逆さ撮りの魅力を感じさせられているような気分になります。

前回同様、続編希望が多ければまた投稿させていただきたいと思っています。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメントを投稿する

内容[必須:現在0文字]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]