エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

SMホテルと知らずに入った結果

2019-11-05 20:22:12

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

お調子者さんの投稿

嫁の前の元カノとの話。

居酒屋行って、ショットバーで飲んで、酔っぱらってラブホに行ったら、何だか変わった雰囲気だった。

大き目のマッサージチェアに見える椅子があって、シャワー浴びて身体拭いて真っ裸で、元カノが、

「マッサージやりたい!」

って座った。

シャワー浴びたらのどか湧いて、冷蔵庫からビールだしてプシュっとやって見てたら、肘掛の下に手枷、足の脇に足枷があって、それぞれ椅子に繋がってた。

元カノを見ると、ウトウトしていたから、そうっと手枷足枷をカチャリとハメてみた。

そして、自販機で紫色のエロいバイブを買った。

自販機に行って気が付いたのが、椅子の自販機側にハンドルがあって、それを回すと足が少しずつ開いていく。

足が開いて元カノがハッと気づき、

「なにコレ。やだ~~止めてえ~~」

と言ったけど、バイブへの投資を無駄にはできないから、元カノのクリにバイブの突起を当ててスイッチオン!

ヴィーン・・・

「ア、ア、ア、ア、ア、ア~~~」

元カノが痙攣しだすと、オッパイがプルプルと揺れた。

次にオマンコの中にバイブをズブリ、円を描くようにクインクインさせた。

「アァァァァァアアァ~~~」

叫ぼうが止めないでいると、ピュピュピュっと潮を噴いた。

そして激しく突っ張りながらイキまくって、もの凄い恥辱の華を咲かせた。

椅子に座ったまま足を広げられ、ずぶ濡れのオマンコを丸出しにしながら潮を噴いて、わけのわからない叫びでヨガリ狂って、最後は白目を剥いて気絶しちゃった。

女って、これほど無様に快楽にヨガるんだと思って驚いた。

元カノ、椅子から外してやっても全身が麻痺してて動けなかったから、そのままベッドに寝かせて挿入して、もの凄く熱くなってるオマンコを堪能した。

もう、ほとんど反応がなく、ダッチワイフ状態だった。

ラブホを出る時はかなり酔いも醒めていた元カノは、フラフラとした足取りで、俺との会話もなくタクシーに乗って帰って行った。

それが元カノを見た最後の姿。

アパートについた頃、

”最低。サヨナラ”

とメールが来て、その後、返信しようが二度と反応することは無かった。

電話したら着信拒否されてた。

電話の向こうで、きっと大泣きしているだろう元カノが目に浮かんだ。

自分のした最低な行為に気が付き、激しく落ち込んだ。

紫色のバイブをごみ箱に思い切り投げ捨てた。

この季節になると思いだす、12年前の出来事。

酔っぱらって調子に乗って、大切な人を失ったバカな過去。

元カノの人格を完全い無視した凌辱行為、恥辱に満ちた行為で恋人に晒した痴態を思えば、二度とその恋人に顔を合わせたくもないだろう。

毎年元カノに「あの時はゴメン」と謝るこの時節。

あの元カノは、幸せだろうか・・・

-終わり-
次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]