エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

性欲が強すぎて、特定の彼氏ができません、毎日誰かに抱かれるかオナニーです2

2019-11-03 05:13:35

この話のシリーズ一覧

1:性欲が強すぎて、特定の彼氏ができません、毎日誰かに抱かれるかオナニーです
2:性欲が強すぎて、特定の彼氏ができません、毎日誰かに抱かれるかオナニーです2(今見てる話
3:性欲が強すぎて、特定の彼氏ができません、毎日誰かに抱かれるかオナニーです3

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさん(30代)の投稿

かな、30才、事務職。

独身、彼氏もいません。

私、とにかく性欲が強すぎて、彼氏ができても私の性欲の強さに驚き長く続きません。

特定の彼氏をつくることは半ば諦めています。

身長150㎝、B88(G)W60H85、童顔です。

今回はもう一人のSF、Aさん との事です。

Aさん、42才、普通の会社員です。奥さん、子供もいます。

とにかく、いやらしく、ねちっこちプレイが凄いんです。T君ほどの体力は有りません

が、とにかくテクが凄いんです、アソコも大きく、T君よりでかい、SFの中では一番

です。

しかし、その巨根は中々入れてくれない、「じらしプレイ」が得意です。

Aさんとは最近会えていないのですが、先月会った時の事をお話しします。

「かなちゃん、もう濡らしてんじゃないの」

そう言ってキスをしてきます。あっという間に脱がされて、巨乳を揉まれ、乳首舐めら

れます。

とにかくAさんは舐め技が凄いんです。

いつも全身舐められ、トロトロにさせられます。

舐めらがら

「昨日は誰とHしたの?」

「誰ともしていません」

「うそでしょ、そんなの、正直に言わないと止めちゃうよ」

「ごめんなさい、駅前で声かけられたおじさんと・・・」

「やっぱり、かなちゃんの方が声かけられるような、きわどい格好して誘っていたんで

しょ」

「はい、そうです」

「かなちゃんは相変わらず、淫乱女ですね。それでどうでしたか?そのおじさんは?」

「満足できませんでした」

「ほう、それはどうして?」

「小さくて、包茎で、直ぐ逝っちゃうし」

「それは最悪ですね、帰ったら即オナニーだったでしょ」

「はい」

そんな会話をしながら、全身舐められます。

そして足を広げられ、オマンコを、と思うと、なかなか舐めてくれません。

脚の付け根とかおへそとか、周辺を舐められます。

「もうHな汁が溢れてますよ」

「もう我慢できません、舐めて下さい」

「どこをですか?」

「おまんこ」

「あら、直ぐに言っちゃって、仕方ないですね、もうこのデカクリもヒクひく動いてま

すしね」

そう言ってデカクリに舌を這わしてきます。

下が触れたとたんに、体に電流が流れた感じ、じらされていたので反応します。

「相変わらずのデカクリさん、まだ進化してんじゃないですか、前より大きいような気

がしますよ」

今度はデカクリも吸われます、そして口に含んで吸ったまま、中で舌をチロチロとされ

ます。

これの技凄いんです、強く吸われ、真空状態にしての舐めは、もう気持ちよすぎて

「あー気持ちいい、逝きます」

「あーダメですよ、そんな直ぐに逝っちゃあ」

と言い止められます。それを繰り返し、最後は。

「お願いです、逝かせて下さい」

と、こうなります。

「わかりました」

そう言って、強く吸われ、中で舌が・・・

「あー逝きます、逝く、逝く」

じらされて、いるので物凄い気持ちがよく、頭が真っ白になる感じです」

「気持ちよかったですか?」

「はい」

今度は、オマンコに指を入れられます。

「もう、トロトロですよ」

そう言って中をグリグリとかき回されます。

「しかし、毎日、誰かのチンポかバイブが入ってるのに、よく締まるオマンコですね」

そう言って激しくかき回してきます。

「あー出て来ましたよ、潮吹いてますよ」

そうなんです、Aさんとはこうやっていつも潮吹いちゃうんです

「あー気持ちいい、逝っちゃいます、また逝きます」

「いいですよ、何回でも逝って下さい、淫乱オマンコ」

ここからは逆に連続で逝かされます。

「そろそろ私も気持ちよくしてもらっていいですか」

Aさんの巨根が目の前に。

とにかく太いんです、カリも大きくて。

「相変わらず、いやらしい舐め方をしますね、こんなに舐められると皆さん直ぐ逝っ 

ちゃうでしょ」

「はい」

「私も逝っていいですか?」

「はい、お口に下さい」

Aさんお口の中に大量に出しました。

この日は、Aさんも溜まってたのか、興奮してたのか、早めに、そして大量の精子が出

ました。

それを飲み干すと、またしばらく、舐めと手マンで連続で逝かされます。

Aさん、1回射精してもガチガチに勃起したままですが、なかなか入れてくれません。

「お願いです、入れて下さい」と言うと

「では、好きなように」とAさん仰向けになります。

私は跨り、挿入。Aさんの巨根が簡単に入ります。

私は直ぐに激しく腰を振ります。もう我慢できず、激しく繰り返し逝きまくります。

「あー逝っちゃいます、逝く、逝く」

「簡単に逝っちゃいますね、まだ逝きたいですか?」

「はい逝きたいです」

「わかりました、何回でも逝ってください、でも黙って逝っちゃだめですよ」

「はい」

そうして、何回も逝きました。

連続で逝きますから、絶えず

「逝きます、逝く、逝く」こんな感じで繰り返して叫んでいたと思います。

何回か逝ったときに、Aさんも

「私も逝きそうです」と言います。

私はAさんの巨根を咥えて口の中で射精してもらい、飲みました。

そしてまた跨り腰を振ります。

止まることなく連続で逝きます。

そしてAさんも射精。

AさんもT君ほどではないですが、精力は強いです。

まだ勃起したままのものをバックから、バックではアナルに指を入れられ逝かされます。

今Aさんとは、アナルプレイも始めました。今はまだ指のみですが。

またそのことは後に報告します。

そんなこんなで、Aチンポで逝かされ、間手マンで潮を吹かされ、数え切れないくらい

に逝かされました。

今日Aさんと会うので楽しみにしています。

しかし、これを書きながら、オマンコ触ってしまい、もう何度も逝ってます。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]