エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 5 分で読了)

愛人は娘の同級生 ③ 八景島でとびっこデート…そしてカーセックス…

2019-10-29 16:04:05

この話のシリーズ一覧

1:愛人は娘の同級生 ① 出会いから愛人になるまで2:愛人は娘の同級生 ② J◯時代のリアル制服を着せて
3:愛人は娘の同級生 ③ 八景島でとびっこデート…そしてカーセックス…(今見てる話
4:愛人は娘の同級生 ④ ラブホテルで朝まで生SEX 5:初体験は年上の幼馴染み…この経験が自分を中出しSEX好きに…6:愛人は娘の同級生 ⑤ 出張先で待ち合わせ…そのまま二泊三日の不倫旅行…一泊目①

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

東京都/NSYさん(50代)の投稿

間空きましたが続きです。

翌日

下腹部の異変で目が覚める

琴美がFをしてる…

「パパ、目が覚めた?おはよう❗」

「おはよう、琴美。朝からはキツいよ。」

「なんで?もうこんなに元気だよ。」

そう言うと琴美は私の息子をアソコニあてがい腰を沈める。

「パパは動いちゃダメ!私がパパを行かせてあげる…(笑)」

そう言うと琴美は私の乳首を愛撫しながら腰を動かす。

昨晩、夕食後、二回の生SEXをしたあとそのまま寝てしまい確かシャワーはお互いに浴びてない。

「パパ、昨日あんなに出したのにスゴいよ…」

そう言いながら私のムスコを膣内で締め付ける。

「パパ、気持ち良い?」

「気持ちいいよ」

私は琴美の細腰をつかんで下から突き上げようとすると

「動いちゃダメって言ってるでしょ!」

「いつもパパにいかされまくってるから今日は絶対琴美がいかせるの!」

そう言って琴美は私の手をどける。

限界が近づく…

「パパ、そろそろいくのね、ピクピクしてる…」

「パパ、出して!琴美のナカ、パパので一杯にして!」

「琴美、出る!」

ドクンドクンドクン…

琴美にいかされた…

(琴美、後でお仕置きしてやる)

そう思いながらお仕置きのプランを考える。

琴美は私をいかせた琴に満足しながら風呂に行った。

(そうだ、確かとびっこ入っていたな…)

(よし!これを使ってデート中に琴美をいかせよう。)

プランがまとまり私も風呂に行く。

琴美と入れ違いざまにこう言う。

「琴美、デートの服装JK制服な!」

「え!恥ずかしいよ…」

「JKにしか見えないのだから問題なし!」

「パパの変態…(笑)」

そう言いながらも琴美は制服を着てくれた。

車に乗り込み出発する

天気は雨…

午後には止むようだが…

一応横浜八景島に行く予定なのだがこの雨だから変更しようかとも考えていた。

その事を琴美に伝えると八景島で良いと言う。

まあアトラクションは乗れないが水族館で楽しむのもありかと納得した。

ドルフィンショーさえ中止にならなければ…

「あっ!そうだ。琴美、これを付けて。」

とびっこを渡す。

「なに、これ!」

「とびっこ」

「分かりやすくいえばリモコン付きピンクローター」

「変態…(笑)」

「私をどうしようっていうの?」

「まあまあ、ほとんど使わないから…」

「使ったら琴美がどうなるか見てみたい…」

「恥ずかしいよ…」

そう言いながらも琴美は付けてくれた。

ちょっとだけ振動を入れる…(笑)

「あっ!ダメだよん」

琴美は即反応する。

「一番弱い振動だよ」

先程の余韻がまだ残っているのだろうか…

あまりにも敏感すぎる…(笑)

これは面白くなりそうだ…(笑)

雨のおかげで渋滞にも嵌まらず1時間ちょっとで八景島に到着。

色々な魚を見つつ遅めのランチを食べて

メインのドルフィンショーの会場に行く。

一番後ろの端席に座る。

ここに座る時点でイタズラする気満々でしたけどね…(笑)

琴美はすっかりとびっこの事を忘れてショーに見いってる。

周りには誰もいない…

これなら少々強くしてもモーター音は聞こえないだろう…

私はスイッチを弱に入れる。

ピク!

琴美がこちらを見る。

「パパ、ダメだよ。」

琴美が小声で呟く…

私は無視をしてそのまま続ける。

5分ぐらいしただろうか…

琴美か明らかに快感に耐えてる赤面の表情…

私はセーターの上から軽く胸を愛撫…

琴美は声を出すまいと私の肩に顔を埋めてブルブルしながら耐えてる…

ショーがラストに向かう頃にスイッチを一気に強にする…

琴美がブルブル震えながらこう呟く…

「パパ…イク…」

私はスイッチを切り琴美を抱き寄せる。

ちょうどショーが最後の挨拶をしてるところだった。

「琴美、出ようか?」

琴美はグッタリしながらも頷き立とうとするが中々立てない。

私は立つのを手伝いながらゆっくりと歩く。

すると琴美が私の耳元で呟く…

「パパ…このままじゃイヤ!もう我慢できない…このまますぐにして!」

そう言いながら私の股間を触る…

「これが欲しい…」

「車の中で今すぐして!」

完全に琴美はエロエロモード…

確かに車はカーテンを閉めれば後部座席で出来るが…

流石に駐車場ではまずい…

(近くに埠頭があったな…)

「琴美、ちょっと移動するからそれまで我慢して。」

駐車場に着き車に乗り込む。

琴美は本当に我慢できないようで助手席から私のズボンのチャックを下ろしチ○コを出す…

そしてFをしようとした。

流石にそれをされたら運転ができないので手でするよう促す…

琴美は不満げだったが頷く。

駐車場を出て10分ほどで埠頭に到着。

周りには人は誰もいない。

私はとある建物で影になる場所を見つけそこに停める。

運転席を下り助手席に回り琴美を下ろす。

そして後部座席に乗り込みカギを閉めカーテンも閉める。

中部座席のシートを倒し簡易ベッドにする。

琴美はベッドに横たわりながら下着を脱いで正常位の体制になりながら…

「パパ!早く入れて!もう我慢できない!」

私も琴美の淫らな姿に発情したのか息子が痛い位に固い…

琴美のパイパンのあそこに息子をあてがい一気に挿入する。

琴美がいつもより一段階高いあえぎ声を上げる。

「パパー!」

昨夜の制服SEXも興奮したが今日の制服着衣カーSEXも一段と興奮する。

しかも琴美がパパと呼ぶので本当の近親相姦をしてるような錯覚を起こす。

琴美を起こし対面座位にしながら激しくDK…

いつもより琴美の膣内の収縮が激しい…

昨夜だけで5回、そして今朝1回

精液があるのか心配だったがご無用だった…(笑)

そろそろ限界に近づく…

正常位の体制に戻しラストスパート…

琴美が息も絶え絶えにこう喘ぐ…

「パパ!早くちょうだい!赤ちゃんの元いっぱいちょうだい!」

「琴美!行くよ!愛してる!」

「パパ!私も愛してる!」

(ドクドクドクドクドク…)

昨夜の初回と変わらないくらいの精液が琴美の膣内へ注ぎ込む…

全てを出し終えて後撫の余韻のDK…

ゆっくり息子を膣内から引き抜く…

一気に精液が溢れる…

琴美がゆっくり起き上がりお清めFをしながらこう言う…

「パパ!もっとして!」

「今日なんかおかしいの…パパといっぱいSEXしたいの…」

「琴美…流石にもうキツいよ…」

「ヤダ!もっとして!」

「わかったよ。夕飯食べたらまた琴美のところでしてあげるから…」

「私の家じゃないところでして!」

「家だと思いっきり声だせない…」

(あれで思いっきりじゃないのかよ…(笑))

(思いっきりの声とやら聴いてみたいね…(笑))

「わかったよ、じゃあどこ?」

「パパ、ラブホテル連れてって!」

「私、ラブホテル行ったことないから…」

確かにあの九州でのSEX以来、琴美との愛の営みは琴美の自宅のみ…

昨夜は初めて泊まったが、いつも帰っていた。

「本当か?彼氏とかと行ったことないの?」

「ないよ、お小遣い少なかったから…」

「そっか…、じゃあ行くか…」

「ウン!」

「その前にどこかのファミレスによって夕飯食べよう、そのあとラブホ探し」

「りょうかーい!」

「それとどこかで洋服も買わないとな…流石に制服でラブホはまずい……(笑)」

「ラブホの管理人に疑われて通報されたくないからね…(笑)」

「ェッ!通報されるの?」

「昔なら見て見ぬふりしてること多かったけど…流石に今はね…(笑)」

「どうみても援助交際にしかみえんしな…(笑)」

「…(笑)」

「アッ!ついでに下着も買っていい?」

「OK!」

「ありがとう、パパ!」

と言うわけで琴美とまさかの二泊目…(笑)

一応妻には仕事でもう一晩泊まる可能性あるとは伝えていたから問題はないが…(笑)

電話するか…(笑)

この続きはまた…

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]