エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

大学の水泳の授業がきっかけで… 6

投稿:2019-10-26 10:23:37
更新:2019-10-26 10:23:37

この話のシリーズ一覧

本文

プール大好きさん
前回の話

夏休みに友達と沖縄でスキンダイビングに挑戦することになってたけど、やや金欠気味なので沖縄はやめてもう少し近場の海に行くことにした。

あとせっかくギャル子と付き合い始めたので、友達とギャル子、ギャル子の友達、そして俺の4人で行くことになった。

近場の海はさすがに沖縄みたいな珊瑚礁はないけど、それでも砂浜と水の透明度は抜群にキレイな海なのでけっこう期待できる

そして何より…

「(今日はギャル子の海用の水着姿が見れる!わくわくする!)」

海辺のシャワーブースで一足先にサーフパンツに履き替えて、砂浜に敷いたシートでギャル子を待つ。

ギャル子「お待たせ〜♡」

ギャル子と、ギャル子の友達が揃って水着に着替えてきた。

ギャル子の友達はぶっちゃけあまり可愛くないので説明割愛するとして(笑)、ギャル子の水着姿は…抜群に可愛かった!

水泳の授業でギャル子の競泳水着姿を見た時は、ビキニよりよっぽどエロいと思ったけど、今日のギャル子の水着もイイ☆

今日のギャル子の水着は、縁取りだけ黒であとは爽やかな水色の三角ビキニ!

ふだんは競泳水着に隠れてる胸の谷間も露わになってる。改めて見るとけっこうバストもあるなぁ☆

そして下は、水色のTバックの上にローライズで浅履きの黒いパンツを重ね着してる!

シートの上に体育座りして水中マスクに曇り止めしてるギャル子の後ろ姿みたら、ローライズのパンツから、Tバックを履いたお尻の割れ目が覗いてる…エロい‼

さっそく俺のサーフパンツはテントが張ってしまった笑

今日はギャル子がスキンダイビングを教えてくれることになってたので、みんなそれぞれ水中マスクとシュノーケルを持って海に入り、なんとか胸の高さまで水がくるあたりまで進み、ここで足にフィンも装着した。

ギャル子「じゃあまず私がお手本みせるね♡」

そう言ってシュノーケルクリアの方法を見せてくれた。

マスクとシュノーケルを装着して、海中に潜るギャル子。透明度が高い海なので、水中を泳ぐギャル子の姿がよく見える。

2分近くも潜り続ける!…さすが肺活量あるだけあって、息も長い☆

ようやく海面に浮かんできたギャル子。強く息を吐き、ギャル子のシュノーケルの先端からピュッ!と勢いよく水が噴き出し、俺にかかった。なんか萌えた☆

ギャル子「じゃあやってみよー!」

俺もギャル子についてシュノーケルつけて泳いだ。プールにはいない魚やイカなんかもいて楽しい☆

こんな感じで2時間くらいスキンダイビングをやり、みんなで昼飯とかき氷を食べたあとは、俺とギャル子、俺の友達とギャル子の友達で別行動にした。

今回ギャル子の友達が来た趣旨の一つは、俺の友達と仲良くなってもらうことだったので☆

(後日談では、残念ながらこの二人はうまくくっつかなかったらしい…笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺とギャル子はいつもの水泳の授業のときつけてるゴーグルを装着した。

「向こうの波消しブロックまで泳ごう☆」

ギャル子「OK♡よーい、ドン!」

クロールで全力で泳いで、波消しブロックに辿り着いた。と同時に、下の方からブクブク音を立てて泡が上がってきた。

ギャル子が下から上がってきて、ゴーグルをとり微笑みかけてきた。

笑いながらも息が上がるギャル子。

ギャル子「はぁ、はぁ、はぁ…」

俺の首にギャル子の吐息の風がかかり、くすぐったい。たまにギャル子の口元が海面に触れ、吐息の風圧でバシャバシャて水しぶきがあがる。

そして透明な水中に視線をやると、三角ビキニから豊かな胸の谷間が…

ムラムラして、ギャル子とディープキスした。

キスしながら、俺はギャル子の胸と、ローライズから覗いたケツの割れ目のあたり触りまくった。

一方、ギャル子はサーフパンツの上から俺のアソコを触ってきた。もちろんサーフパンツは水中でテントを張っている!

「○○(ギャル子)の水着エロすぎて勃起収まらないよ」

ギャル子「じゃあ収めてあげる。ここなら人いないし♡」

そう言うとギャル子は再びゴーグルをつけてもぐり、海中の俺のサーフパンツを下ろした。海中で勃起したアソコが露わになった。

ギャル子「これからいいことしてあげる♡」

そう言うと、再び海中に潜った。そして、海中で鼻から息を吐きながらフェラを始めた!

ブクブクブクブクブクブク〜

目の前には音を立てながらギャル子の吐息が泡になって上がってくる。そして、海中ではなんとも言えない快感が!

ギャル子「はぁ、はぁ…」

息継ぎのために顔を出し、再び潜る

ブクブクブクブクブクブク〜

ギャル子「はぁ、はぁ、あん♡」

(ちょっと喘ぎ声)

ブクブクブクブクブクブク〜

ギャル子「すごい大きくなってるね〜」

ブクブクブクブクブクブク〜!

だんだん息遣いが荒くなってきたのか、上がってくる泡がデカくなってきた。この日は内海ほとんど波がないけど、ギャル子の潜ってるとこだけ吐息の泡で激しく波打ってる。

あまりに激しいフェラに、ついにギャル子の口の中に発射してしまった!

「ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!」

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:2
いいね
投票数:4
続編希望
投票数:41
お気に入り
投票数:1
名作
投票数:0
読みやすい
投票数:2
この記事の解析グラフを見る
合計:50ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 11回
  • 89回
  • 296回
  • 8,694回
  • 8,694回
  • 5,734位
  • 4,990位
  • 6,191位
  • 3,404位
  • 10,878位
※17260記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]