エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

出会い系の相手は会社の相手でした。

2019-10-26 23:52:54

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

まーくんさん(20代)の投稿

出会い系で知り合った人妻さんがいた。

『えっ、まささん....』

『えっ?』

そこにいたのは会社の人だった。

『まさか、ゆうって!』

『えっと、えぇ....』

めちゃくちゃ気まずい。

『あの、ごめんなさい!なにもしないから黙ってて...』

ゆうさんは年齢は歳上だけど、入ってきたのはゆうさんが後の人妻さん。

正直相手が独身なら告白も考えていた相手だった。

『はい....』 おとなしく言うことを聞いた。

翌日出社。相手と挨拶。

『おっ、おはようございます...』

『まっ、まささんおはようございます...』

『ゆっ、ゆうさん。』

『なんですか?』

倉庫に呼び出す。

『あのときの事、サイトに登録してること絶対内緒にするので、セックスしたいです!』

『ダメだよ!社内不倫になるじゃん!』

『ぼくゆうさんのこと正直タイプだし、セックス誘われたら好きなだけ、好きな性癖も満たしたい!』

そう言い抱きついた。

『ちょっと!!ダメ!!ここだと尚更ダメ!!』首筋にキスをした。

『ね?お願いここはダメ!わかったから!予定合わせてホテル行こ?えっちしてもいいから』

相手の言葉に喜んでもう一度抱き締めた。

数日後。

『旦那飲み会だから朝方まで来ないから』

夕方仕事終わり、ホテルで服を脱ぎ始める。

食事なしでとりあえず体の相性の確認からだった。

全裸になり、相手の身体を目に焼き付けてそのままキスをした。

身長の低いゆうさんは背伸びして来て可愛い...

歳上なのにロリ体型で二児の母でもある。

『キス上手だねまささん』照れながら誉めてくれた。

『ゆうさんだってめっちゃ優しい』

『大きくないけど触って』

おっぱいを触らせてくれた。

『お子さんまだ小さい?』

揉むと白いのが出てきた。母乳だった。

『ううん飲まなくなってしばらく経つけどまだ出るの』

『飲んでもいい?』

『いいよ、ちょっと私大人に授乳とかしてみたかったから』

『旦那さんは?』

『レスだから。久しぶりに男の人とできるからちょっと楽しみなの。全く知らない人よりまささんだから少し安心した部分もあるからお願いしてもいい?』

『じゃあお言葉に甘えていただきます』

ちゅー

ちゅー

音をたてて飲んでみた意外と難しい。

慣れてき母乳が出てきた。

『あっ♡あっ♡まささん...飲んでる』小声で感じながら授乳してくれた。

10分は人妻から授乳を受けてから

フェらをしてくれた。

『舐めるの久しぶりだから痛くないかな?』

『めっちゃ気持ち良い。ねぇ69したい』

『いいの?』

そう言うと上に乗って顔にまんこを向けてきた。

舐め合ってから『まささんサイトで約束したこと覚えてる?』

『うん生で?』

『何があっても酔った勢いね?』

『知らない人ってことで』

ゆうさんは股を開いて寝転ぶ。

ためらうこと無く、まんこに差し込んだ。

『あぁ気持ちいい...』おっぱいを触りながら感想をいった。

『私も久しぶりだけど、結構サイズちょうどいいかもぉ♡あと、ゆうって呼んで♡』

『僕はまーくんって呼んで♡』

『そんな可愛い呼び方でいいの?♡』

『ゆーちゃんって呼ぶ』

『えぇ!めっちゃ恥ずかしいよ!』

『ねぇそろそろ♡』

そう言い腰を動かす。

『あぁ♡まーくん、気持ち良い?』

『僕は気持ちいい...これ以上早くすると出ちゃう(^-^;』

『人妻相手に興奮しちゃってぇ!変態!』

『ゆうだって!』

正常位でとりあえず抱き締めた。耳元で憧れの相手の喘ぎ声。

『あっあっ』

『はぁはぁ、バックでしよ?』

相手は四つん這いになり後ろから入れる。

ゆうは『んあぁ...気持ちいい...』そのままお尻は突き出たまま頭を下げた。

入れた瞬間少し相手が腰を動かしている。

『ねぇ、ゆうぅ!腰動かさないで!気持ちいい!』

『えっ!?動いてる?私!?』

『腰が上下してる...』

『ここまで相性良いの初めてだから...動いちゃうのかも(*/∀\*)』

可愛い

『僕動くから』腰を持ってパンパンと音を立てて腰を振った。

『ねっ、ねぇ~♡あっあっ』

『んん?なに?はぁはぁ』

『なっ、中に出すの、なら私正常位がいいから、あっあっ』

『わかった!』

スピード出来る限り上げた。

『正常位しよ...はぁはぁ』

もう一度体位を戻す。

『んあ♡やっぱりいい♡ねぇまーくん?』

『なに?』

『避妊めんどくさいでしょ?』

『男としては中に出してみたいけど、ゆうが相手だから出したいって思うよ!離婚はさせたくないけど....』

『旦那に明後日中出しもさせておくから、好きなだけ何度も出してよ♡旦那より気持ちいいから♡』

『ゆうと子どもできちゃうかもしれないってこと?♡』

『嫌?作っても良いけど♡』

そういわれ何故か興奮した僕。

抱き締める、相手も強く抱き締めてくれた。

『出そう!』

『出して!旦那と子どもは作らないから!まーくんの子ども作らせて!!』

『あぁぁぁ!!』

どぷゅ

『あん♡出てるね♡はぁはぁ』

しばらく関係を続けていた。

『まーくん。妊娠しちゃった♡』

産まれて間もないのにまた懲りず

今度は旅行に堂々と出掛けたり、相手の自宅に忍び込んだり、自分の自宅に持ち帰って子作りに励んでおります。

-終わり-
次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]