エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 12 分で読了)

我が娘(こ)とセックスがしたいお父さんへ。私はこうして、中◯生の実娘と近親相姦しました。(1/2ページ目)

2019-10-10 15:36:37

この話のシリーズ一覧

1:我が娘(こ)とセックスがしたいお父さんへ。私はこうして、中◯生の実娘と近親相姦しました。(今見てる話
2:我が子とセックスしたいお父さんへ。「ロリータ近親セックス」にとろけた夜。3:我が子とセックス。ロリータ性愛、近親相姦、ママに内緒。人生最高の射精性感は、娘の膣の中でした。4:巨乳!巨尻!爆ボディ妻、地獄のエロ拷問!!巨根、フルストロークセックス!!夫婦だけの、濃密セックス。

この話のカテゴリ

本文(1/2ページ目)

名無しさんの投稿

娘を持つ男親なら誰しも、思うはずです。

美しく成長した「自分の娘と」、いつの日か…。

「めくるめくセックスをしたい」と。

どんなに否定しても、すべての男の欲望の隅にある、

「ロ◯コン」という淫夢。

この2つを掛け合わせると、すべての男親には…。

「産毛も生えない娘の子宮に、初めて精液を流し込む、最初の男になりたい」

と願っているはずです。

そして私は昨夜、ついにその願望を叶えました。

13歳、中学2年生。エミリ。

昨夜、エミリは私の腕の中で

「パパ、パパ」

と私の名を呼びながら、

何度もエクスタシーに痙攣し、

私はエミリの膣の中で射精し。

娘の卵巣に精液を流し込んだ、最初の男になりました。

今日はその過程を詳細に語りたいと思います。

私と同じく、

「我が娘(こ)とセックスがしたいお父さん」

たちの参考になれば幸いです。

そもそもの始まりは数日前。愛する妻とセックスしていた時のことです。

誤解がないように申します。私は妻を心から愛しています。妻も、私を愛してくれています。

そして妻との性行為は常に心から満足しています。

結婚して13年、未だに毎日のように、私は妻を抱きます。

妻も毎日、私の腹の下でオルガズムに打ち震えています。

13年も毎日。信じられないと思いますが…。

これを可能にしているのはひとえに、妻の努力のおかげです。

妻は結婚前のEカップのおっぱい、100センチのお尻、そして美しくくびれた腰、のスタイルを守るため、運動や食事制限などの努力を惜しみません。

しかしそんなことは彼女にとっては当然で。

彼女は私と結婚しても、ただの1回も…。

ベッド以外で、私に裸を見せたことがありません。

セックスを終えても、次の朝は必ず私より早く起き、

完璧に身支度を整えた状態で私を起こしてくれます。

お風呂上がりなどでも必ずパジャマを着た状態になるまでは私の前に現れません。

もちろん、私の前でオナラやゲップなどしたことがなく。

要は、妻はセックスを終えると、常に処女に戻るのです。

だから夜毎、私は妻のブラを外すときは手が震えます。まるで、初めて妻を抱いた、13年前のあの夜のように。

しかし同時に、妻はセックスをより深く楽しむための挑戦も厭わず。

例えばクリトリスのピアスが性感を高め、性交の快楽を高め、男性を喜ばせる、と聞くと、

すぐにクリニックを予約し、クリトリスにピアスを施したり。

ハイジニーナ、つまり陰毛やお尻周りのムダ毛などすべてツルツルに処理する美容法に私が興味を示せば…。

これもすぐにクリニックを予約。

1年かけて私のために、女性器をツルツルの状態にしてくれたのでした。

ハイジニーナの施術が終わったのが数日前。

もちろん、すでにずっと前から彼女の陰毛は限りなく薄くなっていましたが…。

ついに施術が終わった、ということは私を興奮させ。

ツルツルになった妻のオマンコをずっとずっと、クンニで責めていました。

「恥ずかしい…。見ないでください…。見ないでください…。アッ!キモチいい…!」

妻・郁子はそう言いながら、初めてクンニした13年前と同じ反応で、私を喜ばせていました。

「郁子…。ツルツルおまんこ、可愛いよ。セクシーで、卑猥で。私に見せようと、こんなおまんこにしたんじゃないのかい?」

「イヤ!言わないで!…。私はただ、聖志さんに喜んでもらおうと…」

「喜んでるよ…。こんな綺麗なおまんこ、初めて見たよ。クンニせずにいられないよ」

「聖志さん…。パパ!パパ!イキそうです!イッちゃう!イキ…!ます!」

クンニでイッた郁子に覆いかぶさり、無毛の膣に陰茎を差し込みます。

ピストンのたびに…。

「いやらしくめくれ上がる尿道のワレメ。」

まるで、まるで…。

ロ◯ータとセックスしてるみたいだ…。

いつも以上の興奮、

いつも以上の劣情、

で妻の膣を強く抜き差し。

妻が喉を見せ、小さなイキ声を上げたところで…。

私も大量の射精を、妻の子宮に放ちました。

私は射精時の激痛にも似た性感に耐えるため、

同じくイキの痙攣に震えている妻の豊満な女体を強く、強く抱きしめ。

貪欲に精液を搾り取ろうと…。

射精中のペニスを強く締め付ける膣壁の快楽に耐えていました。

セックスの快楽の余韻が冷めるのに、かなりの時間が経ちました。

やっとお互い、まともに喋れるようになった時…。

妻が悲しそうな顔をして言いました。

「聖志さん…。今…。精液を、お出しになられている時…。

「『エミリ…!エミリ…!』って…。

「エミリの名前を呼びながら、私を抱かれていました…」

この言葉に私は驚きました。

「まさか…!そんなはずはない!」

私は即座に否定しました、が…。

「聖志さん、いいんです。実は今日が初めてじゃないの。黙ってたけど、何回か、射精して私を抱きながら、エミリの名前を呼ばれることあるの」

悲しそうな笑顔で、郁子は言いました。

「近親相姦、したいのね…。エミリと」

私は答えに窮しました。しかし郁子は全てお見通しでした。

「洗濯前のエミリのパンティーが、よく大量の精液で濡れてることも知っています…。あなたがエミリの部屋に超小型CCDを設置して、エミリのオナニーを録画してるのも…」

「正直に、答えてください…。エミリと、近親相姦、したいんですね…?」

郁子は私の口を吸いながら、

「知っていました…。あなたの欲望は。だから私、恥ずかしい毛をすべて脱毛してエミリみたいになりました。それに、それに…」

郁子は力を失っている私のペニスを握り…。

前後にシェイクを始めました。

「正直に言います。私も、セックスしたいんです…。エミリと」

この告白は私を驚かせました。

「エミリはまるで…。私の13歳の頃と同じように美しい。エミリのすべてをこの手で抱き、エミリの恥ずかしいところを舐め、エミリを抱きながらオルガズムに震えたい…」

再び力を取り戻した私のペニス。

郁子は私の上になり、突き上げたペニスを自分の濡れそぼったおまんこに突き刺しました…。

「パパ…。パパ…。パパが私以外の女と浮気するなんて、絶対に許さない。でも…。エミリだけは別。エミリは私がパパと同じくらい愛している、唯一の娘。パパもエミリのこと、私と同じくらい愛してる…」

郁子は私の口を吸いながら、腰を狂ったように動かし、膣とペニスをこすり始めました。

おまんこはまるで別の生き物のように強烈な力で私のペニスをくわえ、いやらしく振り回しています。

私はついに、カミングアウトしました!

「ママ!私はエミリとセックスがしたい!ずっとずっと、したかったんだ、エミリとセックスが!愛する娘とセックスして、娘をイカせて!エミリの中で出したいんだ!」

「しましょうパパ!エミリと近親相姦!禁じられた近姦の扉を開いて!エミリと私を近姦の快楽でイカせてください!」

Eカップのおっぱいをブルンブルンと震わせながら郁子は絶頂に達し、

私は郁子の腰を抱えるように下から上に向けて射精しました…。

そして昨夜。

私たちは作戦を決行しました。エミリの生理を把握し、安全日を待っていたのでした。

夜11時。

私たちはエミリにおやすみを言って、夫婦の寝室に向かいました。エミリも自分の部屋に引き上げました。

私はパソコンを起動し、

エミリの部屋に仕掛けたネジ型CCDの映像にアクセスします。

しばらく部屋で音楽を聴いていたエミリでしたが…。

やがて、ソワソワとしはじめ。

私たちの部屋と隔てている壁に耳を当て、音がしない、つまり我々が寝たことを確認すると…。

ベッドに横になり。

スマホの画面で何かを見ながら…。

パジャマのズボンに手を入れ。

オナニーを始めました。

私の横で画面を見る郁子。ゴクリと唾を飲み込む音が聞こえます。

「…!…!」

エミリは左手でスマホを見て、右手で自分の股間をまさぐっています。毛布を強く噛んで、必死に声を抑えています。

エミリはついに辛抱できなくなり毛布をはねのけ、

パジャマのズボンを下ろし、パンティーもずり下げ、

ベッドの隅に設置した超小型ネジ型カメラの目の前に幼いおまんこを晒す形で、

幼な膣に指を入れ、中を弄っています。

「ああ…!パパッ!パパッ!」

この一言に、郁子が驚きました。

「エミリ…。パパをオカズに…。オナニーしてたのね…」

「郁子、そろそろ…」

私が郁子を促しました。郁子はハッとした表情を浮かべ、うなずきました。

「じゃあ、行ってまいります」

郁子はそういうと、夫婦の寝室を出て、エミリの部屋に向かいました。

郁子の格好は…。

極小ビキニのパンティーとブラジャー。腰に細いチェーンを巻き、スケスケのネグリジェを羽織っています。

貞淑な郁子が未だかつて見せたことのない、淫媚なスタイル。

CCDのエミリは、もういつイッてもおかしくないくらい、高速で指を動かしています。

その時…。

「エミリ?入るわよ〜」

郁子がノックもせず、エミリの部屋に入りました。

エミリは慌てて毛布をかけ、

「マ、ママ!どうしたの?ノックぐらいして!…。なあに、その格好?」

郁子は妖艶な笑みを浮かべてベッドのエミリに近づきながらネグリジェを脱ぎます。

Eカップの巨大な乳房の上には、乳輪さえ隠せないくらいの極小の布が載っているだけ。

パンティーはもはや布でさえなく。

縦15センチ、横10ミリの、極細シールが貼ってあるだけ。小陰唇は、隠しきれていません。

「エミリちゃん。何してたの?」

ベッドの横にひざまずいて郁子が聞きます。いつもと別人のような淫乱な母の姿に驚くエミリ。必死に下半身を毛布で隠しながら、

「な…。何もしてない!」

「本当?パパのこと考えながら、イケナイこと…してなかった?」

郁子はそう言いながら、エミリが落としたスマホを拾い。

エミリの指を当ててロックを外すと…。

エミリが直前まで見ていた写真があらわになりました。

「まあ!今年の夏、家族でハワイに行った時の写真。でもパパだけが写ってる。パパのブーメランビキニ、セクシーだったわね。布の上からパパの太いおちんちんの形、くっきり浮き出てる写真ね…」

エミリは真っ赤になって、母の手からスマホを取り戻そうと手を伸ばしました。郁子はあっさりと、それをエミリに返しました。

「ママのスマホ、見せたげるね。パパの、もっとエッチな姿が映ってるから…」

郁子は写真アプリを立ち上げ、エミリに見せます。

私の全裸写真。陰茎が屹立し、おへそに当たっている写真です。

「イヤッ!」

エミリは手で顔を覆い、見ないようにします。

「パパのこと、好きじゃないの?ママはパパのことが大好き。パパとのセックスが大好き」

スマホをタップします。郁子と私がセックスしている動画が流れます。

『ママ!もっと締めて!もっと強く締めておくれ!』

『パパ!愛してます!愛してます!もっとください、もっとください!』

私たちの激しいセックスシーンが接写で録画したその動画を、郁子はエミリの顔の前に起きます。

「エミリ、よく見て。これが愛するパパとママのセックス。パパはセックスが、とても上手」

エミリはごくごくと生唾を飲み込みながら、顔を覆っていた手を離し、

私が郁子の乳首を吸いながら、まだ薄い陰毛が生えていた頃の郁子のおまんこにピストンしている動画を、食い入るように見つめています。

郁子はエミリの髪を撫でながら…。

エミリのパジャマの前を開け。

動画で私が吸っている郁子の右乳首と同じ、エミリの右乳首に…。

キスをしました。

「ママは左より、右の乳首が感じるの。だからパパ、ママの右の乳首を舐めてくれるの。噛んでくれたりもするの」

エミリの右乳首を甘噛みしながら郁子が言います。

「エミリも感じる?右の乳首?」

郁子は本格的にエミリの乳首を吸い、転がし、甘噛んでいます。

そうしながら右手を毛布の中に入れ…。

むき出しになった、幼いおまんこに指が到達しました。

エミリは一瞬、身体をよじって指を拒もうとしましたが…。

母の指は強い意志を持って、娘の濡れた膣壺に侵入し、

侵入された以上、その甘い性感は13歳には拒むことなどできない気持ち良さです。

「エミリちゃん、動画を見て。パパはこうやって…」

郁子はエミリの乳首を噛み、少し引っ張ります。

「乳首を引っ張ってるでしょ?痛いけど、気持ちいいの。そしておまんこは…」

中指と人差し指を、エミリの蒼い性器の中で動かします。

「こんな風に、こんな風にママをいじめるの!」

「ママッ!…キモチ、いい!キモチいい!」

「キモチいいでしょ?でもね…」

エミリに覆いかぶさり乳首と膣を責めていた郁子は、上体をずらしました。

「パパにしてもらえば、もっとキモチいいのよ」

エミリは…。

もう1人の人物が、自分の足元に立っていることを知ります。

全裸で、

フル勃起ペニスをシェイクしている…。

父である私の姿を目にしたのです。

「パッ…!!パパ?!」

突然の恐怖に、エミリはとっさに上半身を起こし、逃げようとしました!

でもそれはできません。

郁子がエミリの手首を握り、ベッドの端に押さえつけているからです!

「マ、ママ?!やめて!やめて!」

下半身をばたつかせてエミリが抵抗します。幼いおまんこは、今の今まで分泌していた蒼い膣蜜がネバネバと糸を引いて垂れています。

私はなるべくエミリを怖がらせないよう、静かに娘の上に覆いかぶさりました。

「エミリ…。パパが来たよ。毎日、パパをオカズにオナニーしてくれてたね?パパの『ここ』のこと考えながらオナニー。してくれてたね?」

ガマン汁で濡れそぼった亀頭で、娘の無毛なワレメを撫で回します。

「パパも、エミリのこと、考えながらオナニーしてたんだ。エミリのことが大好きだからね」

「ママもよ。ママも、パパとセックスしながらエミリのこと考えてたのよ。エミリとセックスしたいって」

「パパ、ママ…。ほんとなの?」

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!