エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 22 分で読了)

女子◯生とGカップママ、パパの出世のため上司にパンティと乳輪を見せてたら、気絶するまで犯されました。(1/3ページ目)

投稿:2019-10-04 20:30:42
更新:2019-10-04 20:30:42

この話のシリーズ一覧

本文(1/3ページ目)

名無しさん

1 お色気作戦

帰宅したら、ママがなぜかお化粧をしながら夕飯の準備をしていました。

「夏菜ちゃん、今日はパパがお客様を連れてこられるから。一緒に晩御飯を食べてね」

「パパがお客様って珍しいね。誰なの?」

「パパの会社の部長さん。今度、次の部長候補にパパが上がってるから、家族の様子を知りたいって」

それでママのスカートが短いのか。私は合点がいきました。

「ママ、もしかしてお色気作戦で部長のことオトすつもり?」

「ウン、イヤな子ね!」とママは言いました。「やっぱり、スカート、もう少し短いほうがいいかな?」

「もうじゅうぶん短いよ、ひざ上30センチはあるじゃない!」私は言いました。

「ひざ上30センチなら、アン・シネのスカートと同じ。知ってる?おじさんたちってアン・シネをオカズにオナニーしてるんだって。だからママ、アン・シネよりエッチにならなくちゃ。もっと短いスカートにしようっと」

ママは履いてたスカートを脱ぎました。ママのパンティはブルーのTバックを履いてたのでびっくりしました。

「ママ!Tバックなんか履いてるの?」

「そうよ!今夜はママ、部長さんにパンティをバンバン見せちゃう。オバンくさいパンツより、セクシーなパンティの方が、部長さんも喜ぶでしょ?」

ママはそいうと、学校から帰ったばかりの私の姿を見つめました。

「聖愛女学院の制服って、みんながオカズにするっていうわね…。夏菜ちゃん、そのままで部長さんをお迎えして」

「ええ〜?イヤだ、着替えたい」

私は駄々をこねました。クローゼットには、エッチなショートパンツやセクシーなミニスカートもありました。でも、この格好、膝上40センチのセーラー服が一番、男性のオカズになることは自分でもわかっていました。

「夏菜ちゃんの帰宅が遅くなって、パパの帰宅と同時になっちゃったってことにするから。パンティは何を履いてるの?」

私はスカートをまくり、ママにパンティを見せました。H&Mで買った、黒のレースのパンティ。

「女子◯生って、黒よりも白の方がいいのよ」とママは即座に言いました。「白に履き替えて。白のコットン、前がハイレグになってるやつ、持ってるでしょ?夏菜はあれが一番セクシーに見えるわ」

「ええ〜。あれ、お股がチクチクしてイヤだな」

「何言ってるの!あれを履いた夏菜ちゃん、死ぬほどセクシーよ!」ママがまくし立てました。

「内緒だけど…。夏菜ちゃんがあれ履いてるところ、パパが見ちゃって。パパ、あの夜、ママに…。

『恭子、今日、夏菜が履いてたパンティ、洗濯機から出して、履いてくれないか』

っていうの。どうして?って言ったら、すごく言いにくそうに、

『さっき、間違って脱衣場を開けたら、夏菜のパンティ姿、見ちゃって…。白のハイレグのパンティ。すごく、セクシーで…』

ママ、びっくりしちゃって。

『パパ。まさか夏菜に欲情しちゃったの?』

『そうなんだ…。夏菜と、近親相姦したいって思っちゃった…』

パパ、照れたように言ってた。ママ、ちょっと驚いて。夏菜にパパを取られちゃイヤだから。すぐ夏菜のパンティを履いて、戻ってきたら、パパったら、ママに襲いかかってきたの。

「そのパンティを履いたまま、パパ、すごいセックスしてきて…。パンティ脱がさないで、お股の間から入れてきたのよ。あんなパパ、久しぶりだった。

「3回も、ママの中で出したのよ…。3回目なんか、出しながら、『夏菜…。夏菜…』って。ママの中で射精しながら、夏菜と近親セックスしてたみたい」

ママはこともなげにそう言いました。

「パパが夏菜と近親相姦したいって思っちゃうほど、あのパンティ、夏菜に似合ってるのよ」

2 私はパパのオカズ

そういえば…。

ちょっと前も、お風呂に入っていると…。

パパが、脱衣場に入ってきて、洗濯機の中をゴソゴソして…。

すぐに出て行って。

で、私、新しく買ったシャンプーをカバンに忘れていたんで、濡れた体にバスタオル巻いて、お風呂を出て、自分の部屋に行ったら…。

私の部屋、電気がついてて。

閉めたはずの扉も開いてて。

中をのぞいたら…。

パパが全裸で、私の、捨てたはずの古いパンティを履いて…。

クローゼットのパンティ、10枚くらいを抱きしめながら、

今日のパンティを裏返しにして匂い嗅いでた。

『夏菜、夏菜!』

今日のパンティでパパ、おチンコを包むと…。

前かがみになって、すごく痙攣してた。

射精、したんだ…。ってわかった。

私、パパのオカズにされてる…。

そう思ったら、この家にいることが怖くなったことがあったっけ。

でも、そのことはママには言わないでおきました。

いつか、ママのいない夜、パパにレイプされるかも…。

その思いはおぞましかったけれど…。

同時に、オマンコの奥がズンズンと疼くような性感もありました。

3 パパの上司に性のサービス

私はママに言われた通り、白のハイレグのパンティに着替え。

制服のスカートをさらに2センチ、短く折り込みました。

ママは、胸の谷間が大きく強調された、チューブトップのノースリーブを着ました。黒いブラジャーを、わざと腋から見えるように。

純白のスカートは、チューリップのようにヒラヒラと風に舞うやつで。

膝上35センチ。

「ママ、完全にパンティを見せるつもりでしょ?」私は言いました。

「そうよ。パパが部長になるためなら、パンティぐらいいくらでも見せちゃう。夏菜もそのつもりでいてね。今日来る部長さん、女子◯生フェチかもしれないから。スカート、あと2センチ上に縫いこんで」

「ええー。これ以上短くしたら立ってるだけで見えちゃうよお」

「人妻好きなら、ママがサービスするから、女子◯生好きだったら、夏菜ちゃんお願いね」ママは言いました。

「お願いって何を?」

「だから、いっぱいパンティ見せたり。いざとなったら、乳首くらいは見せてあげて」

「ええ〜。絶対イヤだぁ」

「ママは覚悟決めてるわよ、明日ホテルに誘われたら、ママ、行く。パパの出世のためなら。だから夏菜も…」

「えっ、何?」

「援助交際とか言われたら、考えてみてね」

「ええ?イヤだよう!」

「だって、中学の時の彼氏と、もうセックスしちゃってるんでしょ?」

「うん…。そうだけど…」

「とにかく私たち女性班は、パパを全力でサポートするの。それが性的なサービスでも。だから夏菜ちゃんも…」

「ただいまあ〜」

パパが帰って着ました。

「部長さん、お連れしたよ」

「初めまして」

「万谷部長、妻の恭子です」

「万谷部長!」ママは満面の笑みで部長さんの手を握った。

「お待ちしてましたの!上がってください!」

ママは感極まった風を装って、握った手をGカップの胸に押し当てていました。

「娘の夏菜です」パパが私を紹介しました。私は笑顔を作って挨拶しました。「初めまして」

万谷部長は笑顔で私に頷きました。

「すごい美人の奥さんとお嬢さんですね。家族仲もよろしいようだ。羨ましい」

4 パンチラ食事会

食事会が始まりました。

ママが万谷部長の横に座りました。表向きはおかずを取り分けやすいように、という理由でしたが…。

実際は、ママはずっと万谷部長の太ももに手を置き、

それどころか、万谷部長の手を、自分の太ももの上に置かせていました。超ミニのママのスカートは、太もものほぼ全部がむき出しになっています。

ママは部長が、太もものいちばん美味しい部分である、内ももを触れるように、ちょっとだけ足を広げ。

部長の指が、ももの内側に届くように配慮していました。

しかもスカートは、知らないうちにまくれた風を装って、ちょっとだけパンティを見せていました。

おかずを部長のお皿にいれる時は、自分の谷間をずっと見せつけて。

Gカップの胸に押し下げられたチューブトップは、ママの乳首ギリギリまでずり下がっていて。

ママのピンク色の乳輪は、上の半分がもう見えていました。

万谷部長がトイレに立たれた時、パパが私たちに言いました。

「お色気作戦、かなり効いてるぞ!」

「部長さん、勃起してる。このトイレ、5分以上かかったらきっとオナニーしてるわ」ママが言いました。「オナニーさせたらこっちのものよ。私と夏菜に、明日も明後日も会いたいって思うでしょ?そうなるにはパパを部長にするしかないもんね」

水洗トイレの音がしました。

「まだオナってはいないみたい。夏菜ちゃん、今度は夏菜ちゃんがママの席に座って」

「ええ?イヤだよお」

「お願い、夏菜ちゃん。パパが部長になったら、アメリカ留学だけじゃなく、フランスもイタリアも行ける。だからママがやったようにするのよ、わかった?」

5 もう犯されてる女子◯生

万谷部長が再び席に着きました。

「部長さん、私、次のお料理を作りますから。夏菜にここに座らせて、お料理を取らせますわね」

「次の美人が来たんだね、嬉しいなあ」

万谷部長はそう言いました。歯クソとニンニクの匂いがしました。

ママの席に座ります。スカートは短すぎて、座っただけでパンティが見えちゃう。

万谷部長は私のパンティを、ニコニコ笑いながら凝視しています。

なんとかスカートをたくしあげようとしましたが、短くしすぎたスカートは、どう座っても私のパンティを隠してくれません。

もう高2なのに、ワカメちゃんのパンティみたいに見えちゃってる…。

調理場からママが、口パクで私に指示を送って来ます。

『部長の太ももに、手を置いて』

私は言われた通り、部長の太ももに手を置きました。部長はニコニコ笑いながらも、

「あふぅ…」

と性感のため息を漏らしました。

そして部長は、何気ない動作で…。

太ももに置いた私の手を、自分の股間へと導き。

ズボンの中でいきり立ってるサオを、握るように導きました。

私はパンティを見られながら、部長のペニスを握り、部長のお皿におかずを乗せていました。

まるでもう、犯されてるみたい…。

ママを見ると…。

ママの口が動きます。『ガマンして。ガマン』

私が『ええ〜』という顔をすると、ママは自分のスマホに何かを入力し、ラインで送って来ました。

『パパに気づかれないように、部長に手コキをしてあげて。』

イヤだったけど、言われた通り、私は部長のイチモツを、上から下、下から上、にシェイクを始めました。

部長は冷静に、フォークでお肉を口に運びながら…。

空いてる手を、私の太ももの上に置きました。

私の太ももを撫で始めました。

ママからまたラインがきました。

「ちょっとだけガマンしてね!ママもさっき、触られたから!」

万谷部長の左手は、右太ももを舐めるように撫で回すと、対岸の左太ももへと移動しました。

「夏菜ちゃん?あれ、お手手が、おろそかになってるよ?」

部長が私に言いました。手コキが止まっていることを、責めているのです。

「手コキ、大好きなんだ。もっと強くコイてくれるかい?」

パパに聞こえないよう小声で部長は囁くと…。

ズボンのチャックを下ろし。

いきり立ったペニスを、奥から抜き出しました。

ええっ?私はパニックになりました、助けを求めてママを見たら…。

ママはパッと目をそらし。

私に背中を向けました。

(ママ…)

さすがに実の娘に、知らない男の生ペニスをシコれ、という勇気はママにもなかったのでしょう。

でも目をそらせたということは、

「部長の望むようにしろ」ということです。

私はなるべくパパから見えないよう、机の下に隠れるように手を動かし。

強く、弱く。強く、弱く。

部長さんのイチモツをしごきました。

「フッ…あふぅ…」

部長は明らかに、性を感じていました…。

部長の手は、堅く閉じた私の両モモをこじ開け…。

パンティの上から、オマンコをさすり始めました…。

私はとっさにママを見ました。

6 ヘンタイ部長の正体

すると信じられないことに…。

ママが、ソファに崩れ落ちるように倒れました。

「えっ?」

私は驚いてパパを見ました。

そういえばずっと静かだったパパ。パパは椅子に座りながら、首をガックリとうなだれ、眠りに落ちていました…。

「夏菜ちゃん。これ、外科手術に使う睡眠薬だよ。強力なんだ。パパとママのお酒に、さっきこっそり混ぜたんだ。やっと聞いてきたね。パパは、あと4時間は起きない」

部長は小瓶に入った薬を見せて笑いました。

私は恐怖のあまり、身がすくみました。部長さん、パパとママに睡眠薬を飲ませたんだ…。

「夏菜ちゃん。おじさんは聖愛女学院の女の子たちが大好きでね。電車で痴漢したり、パンティを盗撮したりして、オナニーしてるんだ。お金をあげて、セックスさせてくれるコもたくさん知ってる。」

怖くて声が出ませんでした。おじさんはすごく強い力で私の手首を握り、とても逃げ出せない状況でした。

「水沢クンがよく夏菜ちゃんの写真を見せて自慢してたから。かわいい娘でしょ?って。聖愛の制服着てるし、おじさんの好みにピッタンコだったからね」

私の膝の下に手を回し、部長は私を抱っこして、自分の膝の上に座らせました。スカートは全てまくられて、パンティが丸見え…。

「きのう、電車で痴漢にあわなかった?ずっと夏菜ちゃんのお尻に、ギンギンの股間を擦り付けてたヤツがいただろ?あれ、おじさんだよ。夏菜ちゃんが可愛いから、ズボンの中で射精しちゃった」

ハイレグの隙間から伸びた、薄い産毛の陰毛を、部長さんは指で弄んでいます。

「だから今日は、夏菜ちゃんを直接、食べにきたんだ」

私の髪に顔を埋め、何度も何度もクンクン、クンクンと匂いを嗅ぎました。

「夏菜ちゃんとオマンコで、おじさん、射精したいな」

部長は私の顔に、舌を這わせました…。

最初は、ほっぺに。

次は、おでこに。

次は、眼球に。

目は、強く強く閉じていました。まぶたの上から、眼球を舐め回して…。

何度か、まぶたを舌でこじ開けようとさえしました…。

そして、次は鼻…。

私の鼻を、口で覆うと…。

乳首を吸うみたいに、鼻を吸いました…。

そして舌を、鼻腔の中に侵入しようと、突き刺していました…。

その間もずっと、左手はパンティの上から私のオマンコを撫で回しています…。

たっぷり1分は、鼻を吸い、鼻腔に舌を挿入し続け…。

やっと部長は口を離しました。

「クサいだろ?鼻を舐められると、むちゃくちゃクサいんだ…。でもそのクサさが、やがて性欲に変わるんだ」

次は口だ、キスされる…。キスはイヤだな…。と思った、次の瞬間、

部長の口が私の口に覆いかぶさり…。

キス、されちゃった…。

舌で歯をこじ開け…。

舌を私の口に絡ませました。

歯クソとニンニクの口臭が、私の口いっぱいに広がり…。

鼻は、さっき舐められた唾の匂いで噎せ返るように臭くて…。

こんな汚い男にキスされた屈辱で、私は涙が溢れて着ました…。

すると、部長の顔がみるみるうちに、喜びの笑顔に包まれました…。

「その涙は、恥ずかしの涙っていうんだよ。…。嫌いな男にクンニされてイク時に流れる愛液と同じ味がするんだ」

そういうと部長は私の涙を、この世で最も貴重な水滴であるかのように、うやうやしく舐めて…。

さらにそれが流れ出ている眼球を、再び吸いました。

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

コメントを新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!