エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

温泉で痴漢されて中出しセックスで潮吹き体験

2019-09-18 07:44:46

この話のシリーズ一覧

1:温泉でちんちんの大きなおじちゃんに痴漢された
2:温泉で痴漢されて中出しセックスで潮吹き体験(今見てる話

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

真希さん(20代)の投稿
前回の話

温泉でちんちんの大きなおじちゃんに痴漢された

わたしは、都内の専門学校に通う19歳です。 夏休みもそろそろ終わろうかという頃、わたしは一人旅をしてみようと思い、一泊ですが田舎の自然豊かな山でハイキングをして楽しみました。 ハイキングの途中に温泉があることを知り、混浴ですが自然の中の露天風呂に入ってみたく、調べたらバスタオル巻きOKなので、お…

おじちゃんに痴漢された翌日、わたしはまた同じ温泉に行きました。

朝早かったのですが、すでに温泉に入ってる人がいて、4人とも男性で、4~50代の男性が3人とあとは昨日のおじちゃんでした。

おじちゃんが「お~!また来たのか!昨日は楽しかったな!」と声をかけてきました。

他の男性もわたしの方を見ていたので恥ずかしかったのですが、勇気を出して服を脱ぎました。

タオルで前だけ隠して入ると、さっそくおじちゃんにタオルを取り上げられました。

おじちゃんは「昨日はあんなことまでしたんだから、隠すことないだろ~、みんなにもお姉ちゃんのデカいおっぱい見せてやれよ。」と言われ、わたしは恥ずかしくなって、顔がカァ~っと熱くなりました。

3人のおじさん達は興味津々にわたしのおっぱいを凝視してきて、メガネのおじさんが「あんなことって何したんですか?」って聞くとおじちゃんが、「セックス!」と正直に言ってしまって、みんなから歓声が上がり、気付けばわたしは3人に囲まれていました。

3人ともちんちんが立っていて、わたしの体を触ってきました。

おっぱいとお尻におじさん達の指が食い込み臭い口で顔や乳首を舐められて、わたしの意思とは関係なくアソコが濡れてくると、メガネのおじさんが「お姉ちゃん痴漢されて濡らしてるんだ?変態だね。」と言ってわたしのアソコに指を入れてきました。

髭で体毛が濃いおじさんもわたしのおっぱいを吸いながら「乳首もビンビンだ!」と言って舌先で乳首を転がすように舐め、ちょっとダンディーなおじさんはカチカチのちんちんを握らせてきました。

メガネのおじさんが「サイコーですよ!可愛くて巨乳で、誰からいきます?」と言うと髭のおじさんが「彼女に決めてもらわないと!さぁ、どのチンコがいいか言ってごらん。ちゃんとお願いしないと、お尻の穴に入れられちゃうぞ!」と脅かしてくるので、嫌だったのですがわたしは「あなたのおちんちんをわたしのおま●こに入れて下さい…。」とダンディーなおじさんに言いました。

ダンディーなおじさんは無言で挿入して一心不乱に突いてきました。

そして「もう出そうだ!」と言うので「中はやめて!」とお願いすると、離れて見ていたおじちゃんが「温泉が汚れるから中に出せ!」と言ってきて、ダンディーなおじさんは言われるがまま中に出してきました。

メガネのおじさんが「何だよ!次の人のこと考えろよ!」と怒っていましたが、髭のおじさんが「俺は構わん!」と後ろから挿入してきました。

わたしはもうイきそうだったので「もうイクっイっちゃう」と言うと髭のおじさんも「俺もイクぞ!」と言って中に出され、わたしもイってしまいました。

メガネのおじさんは「ったくよ!俺は口でいいや!」とわたしにちんちんをしゃぶらせましたが、「やっぱ生ま●こがいいな!」とわたしの片足を抱えるとちんちんを入れてきました。

みんなからも挿入してるところが丸見えで恥ずかしかったのですが、それよりもイったばかりなのにまたイきそうになり我慢してると、どんどんイヤらしい汁が溢れてきて、メガネのおじさんが「スゲー洪水だな、源泉はここか?」とからかってきました。

メガネのおじさんは「俺もう限界!」と中に大量に出してきて「汚ねーからキレイにしろよ。」と精液まみれのちんちんをわたしに咥えさせました。

わたしが泣きながらちんちんをしゃぶっていると、ダンディーなおじさんが「泣かすなよ可哀想に」と再び後ろから挿入してきました。

わたしは口にもアソコにも入れられ、髭のおじさんにはおっぱいをいじくられ、おかしくなりそうでした。

ダンディーなおじさんが2回目の中出しをして、もうおしまいかと思ったのですが、見ていたおじちゃんが「俺もヤらせてもらうかな?」と言って、反り返った大きなちんちんをしごきながら、やってきました。

もう4回も中出しされてるわたしのアソコにお構いなしに入れてきました。

他のおじさん達のモノとは明らかに大きさが違い、わたしは入れられたとたんにイってしまいました。

でもおじちゃんはマイペースでゆっくりと出し入れを繰り返し、わたしは全身に電気が流れたようになり、「もうやめて!もうイってるから~!」とお願いしても止めてくれず、わたしは「イヤぁー!全身おま●こみたいで、おかしくなるよ~!アっアっあぁ~~~ん!!!」と騒ぎまくると、おじちゃんは動きを早くしてガンガン突いてきました。

おじちゃんは「待ってろ!今、たっぷりと中に出してやるからな!」と言うとわたしのアソコの奥に熱い感覚が伝わり、中出ししたのが分かりました。

おじちゃんがちんちんを引き抜くと

アソコからだらりと精液が垂れると同時にわたしは初めて潮をふいてしまいました。

わたしは頭が朦朧として動けなかったのですが、おじさん達が介抱してくれて、脱衣場のベンチに寝かせてもらいました。

しばらく寝てしまったらしく、目が覚めると誰もいなく、わたしはタオルだけかけて寝ていました。

頭がぼんやりとして記憶が曖昧ですが、その後も誰かに中出しされたらしく、アソコの中が精液でいっぱいでした。

下着もなくなっていて、ノーパン ノーブラで帰りました。

-終わり-
作者にメッセージを書く 次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]