エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 9 分で読了)

元カノに復讐の大量中出し(2)(1/2ページ目)

2019-09-17 00:09:03

この話のシリーズ一覧

1:元カノに復讐の大量中出し(1)
2:元カノに復讐の大量中出し(2)(今見てる話

この話のカテゴリ

本文(1/2ページ目)

東京都/しょうごさん(20代)の投稿
前回の話

元カノに復讐の大量中出し(1)

三年前まで会社で付き合っていた元カノ、 現在30才で見た目は少し肉付きは良いが 目元がパッチリ二重で小柄な美人で 胸は大きめで柔らかい女性です。 仮に真理とします。 私は現在26才。当時から年上のお姉さんで 物凄くエッチの相性も良かったのですが、 私が若く結婚する気がなかったため、 …

ホテルに真理を連れ出すことに成功した

私は、着々と計画を進めていきます。

二人とも汗をかいていたので、

まずシャワーを浴びます。

久しぶりに見た真理の裸は

相変わらず私の好みの肉付きでした。

シャワーから上がり、

真理がベッドに座るのを確認すると、

私は鞄から手のひら大の缶ケースを取り出し、

隠すようにベッドに向かいます。

キスをして、雰囲気が上がってきたところで

「ねぇ真理。。」

『ん。。?』

「一緒にこれ飲もうよ」

『なにこれ?』

「んー。。女性用の精力剤なんだけど、男にも効くんだって」

『えー!!笑そんなの用意してたの??』

「うん、だって、真理とまたこういう事ができたら、失敗したくなくて。。」

『失敗?』

「そう、真理としなくなってから勃ちが悪くて。。」

『あはは!そうなんだー、、、』

「うん、だから、そういう薬を探してたんだ。そしたらこれは女性にも凄い効くって言うから、折角だし二人で楽しみたいと思って。どうかな?」

『そうなんだ、解った!一緒に飲もう!』

お互い薬を飲み終えると、濃厚なキスを交わし

ボディタッチを始めます。

『凄い、カチカチだよ。。』

「ね、凄い、効いてるのかな?」

『凄いね、、、』

「真理はどう??」

『効いてるのかな、、、?解んない。。』

「でも、凄い濡れてるよ?」

『やぁ、、あっ、、』

真理は元々濡れやすく、

ほろ酔いだったこともあり

徐々に大胆になっていきます。

さんざん焦らしたので切なそうに

脚をもぞもぞさせながら

『んっ、、、ねぇ、しよう?』

と言ってゴムを差し出してきます。

「ねぇ、真理?」

『ん、、?』

「生でしたいな。。」

『だめだよ。。赤ちゃんできちゃう。』

「赤ちゃん。。嫌?」

『嫌じゃないけど。。』

「嫌じゃないんだ。。?」

『え?そりゃあ。。赤ちゃん欲しいけど、一人じゃ育てられないし』

「じゃあ、もし妊娠したら結婚してあげるよ。」

『え??』

『良いの??本当に??』

「うん、真理は俺と生でしたくない?」

『したい。。』

「じゃあいっぱいエッチしようよ。」

『うん、、、ああっ、、!』

「どうしたの?凄い敏感じゃん?」

『だってぇぇ、、ああああぁぁ、、』

クリトリスを撫でると、

何とも淫靡な声で喘ぎます

『ねぇ、、、お願い、、』

「どうしたの?」

『欲しい。。。』

「なにが?」

『しょうごの。。』

「おねだりの仕方忘れたの?」

『ええ、、、恥ずかしい。。ああっ』

「辞める?」

『やだぁ、チンチン欲しい、、』

「おねだりは?」

『しょうごのおちんちん入れて下さい』

「ちゃんと言わないと辞めるよ?」

『真理のマンコにしょうごのおちんちん下さい、、』

「生で?」

『お願い、、、生のおちんちん早くマンコに欲しい、入れて下さい、お願いします』

真理がどんどん発情していきます。

「自分で入れて?」

仰向けになった私のギンギンに勃起した

チンコに手を添えながら、

騎乗位の体制でゆっくりと挿入していきます。

既にニュルニュルになった生のマンコの

質感を味わっていると、

『はぁっっっああああっ、、』

一番奥まで入れたところで、

真理のあえぎ声が一段と強くなり、

身体に一瞬力が入りました。

「イったの?」

『ハァ、ハァ、、う、、ん、、、』

「入れただけなのにイったんだ。超エロいじゃん。そんなに興奮してるの?」

真理は入れただけでイってしまったようで、

ビクンビクンしながら呼吸を荒くしています。

「真理可愛いじゃん。撮って良い?」

『え、、、恥ずかしい、、』

「大丈夫、顔映さないから。入ってるところだけさ、ね?」

『ああああっ、、好きにして、、』

最近のスマホは暗いところでも綺麗に写ります。

もちろん動画です。

結合部がなまめかしく、しっかりと写っています。

「すげーエロいじゃん。もっと気持ちよくなって良いんだよ?」

『あああっ、、しょうご。。しょうご。。』

子宮を押しつけるような腰のグラインドがどんどんスピードを上げていきます。

このあたりから顔を映さないと言う

約束はどこかへ行って

バッチリ真理の恍惚に染まる顔も写っています

「そんなに激しくしたらイっちゃうよ?」

『ああっっ、、イって良いよ、イって、ああ、、』

「生チンコ好き?」

『好き!!気持ちいい!!ああっ!!中に出して!!ああっ!!』 

真理の生マンコの気持ちよさに

イキそうになりましたが、

私より先にまた真理がイってしまいました。

「またイっちゃったんだ?すげー興奮してんだね。そんなに気持ちいい?」

『うん、、ヤバい。。』

「ふうん、○○とどっちが気持ちいい?」

『え?』

○○=元カノが浮気した、私たちの破局の原因です。

『なんでそんなこと聞くの、、、?あぁ、、』

挿入したまま、イったばかりで身体も火照りまくりの真理に畳みかけます。

体制をかえて、正常位の体位で

録画を続けます。

「○○とどっちが気持ちいいの?」

『言えない、、、撮ってる、、』

「なんで言えないの?」

『だってぇぇ、、ああっ』

「結局あいつと付き合ってるの?」

『え、、、あああっ』

「教えてよ」

『付き合って、、る、、、、』

予想はしていましたが、

思いの外ショックだった気持ちと、

興奮がこみ上げてきます。

「ずっと誤魔化してたくせに、付き合っていたんだね。」

『ごめんなさい。。ああっ、申し訳なくて言えなかった、、ああんっ』

「ふーん、で?あいつとは最近してるの?」

『最近は、、、あっ、、してない、、、』

「また嘘?」

『あああっ、、、先週、、、』

「あはは、してんじゃん。」

『でも、、、』

「でも?」

『生でしたこと無い、、、』

「そうなんだ?」

『うん、、、結婚するまでお金貯めなきゃって、、子供はそれまで作れないって』

「あはは、そうなんだ。それはそれは、真面目だね。んで?真理は今何してるの?」

『んぁぁあっ、、、言わないで、、』

「言わないでじゃ、ないよね?」

『ああっ、、』

「子作りセックスしてるんだよね?」

『あああんっああっ!!』

「また彼氏を裏切って、今度は元彼と子作り生セックスしてるんだよね?真理は悪い子だね?」

『んんっっ!』

またイったみたいで、

エビぞりになって呼吸が一瞬止まりました。

荒々しく呼吸をしている真理に続けます。

「またイっちゃったね?凄いね、すぐイくじゃん。気持ちいい?」

『気持ちいいい、、ああぁ』

「本当に悪い子だね?」

『ごめんなさい。。ああ、、』

「誰に謝ってるの?」

『え、、、』

「ちゃんと○○に謝らないとだめだよね?」

『ああん!!あぁ、はぁっ、、ん、、○○くん、、ごめんなさい。。』

「なにが?」

『ああっ、、、浮気してごめんなさい。。』

「違うよね?何してるかちゃんと言わないとだめだよね?」

『んんっ!!はぁっ、、』

「元彼の俺となにしてるんだっけ?」

『あああっ、、、』

「ちゃんと言って」

『あああ、、、○○くん、、あああっ、、、元、、元彼と、、子作り生セックスしてごめんなさいいっ!!』 

「どっちが気持ちいいの?」

『しょうご。。しょうご。。の、、』

「俺の?」

『しょうごのチンコの方が○○くんのチンコより気持ちいいの!!ああっ!!生チンコ気持ちいい、気持ちいい!!!』

「じゃあ、真理のマンコは誰のかちゃんと言わないとね。」

『あああっ、真理のマンコは、しょうごの物です!しょうご専用です!!ああっ!』

「俺専用なんだ?じゃあ俺のチンコ無しじゃ生きていけないね?」

『生きていけない!!しょうごのチンコが良い!!好き!!好き!!!あぁぁっイクッイクッ、、』

真理も凄い興奮度合いで、

私も限界でしたがここで寸止めして抜きます。

『ええ、、?え?なんでぇ、、、』

切なそうに腰をもじもじさせてます

「そろそろ俺もイキそうだよ。どうして欲しいかちゃんと教えて?」

『イカセて。。。』

「そうじゃないよね?ちゃんと広げて。おねだりして?」

真理は人差し指と中指で

真っ赤に充血したマンコを懸命に広げながら

おねだりしてきます。

『お願い、、チンコ欲しい、ここに、、生で奥ぐちゃぐちゃにかき回して沢山精子出して欲しいです。しょうごの赤ちゃん欲しい、お願いします。入れて下さい』

「良い子だね。じゃあいくよ?」

再度ヌルヌルのチンコをズブズブと挿入します。

『奥!!奥突いて!!あああっ、、!』

「はぁ、、ああー、、イくよ?中に出すよ?」

『来て!!お願い!!ああっ!!来て!中にいっぱい出して!!!ああっ!』

私が逃げないように、

両脚で私の腰をがっちりホールドしてくる

真理にラストスパートをかけます

「ああーイクッイクッ!!」

『来て!来てっ!!あああ!!!!!』

ドピュルルル

過去に経験したことの無い様な射精感とともに、

彼氏持ちの元カノの生マンコの一番奥に

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!