月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 2 分で読了)

同じ塾の美人J◯の乳首を拝ませてもらった話

投稿:2019-09-16 04:44:59

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

名無し(広島県/10代)

数年前のことです。私は国立の大学に合格するため、塾に通っていました。交通の弁がいいところにあったためか、沢山の学校の生徒が同じ塾にいました。もちろん女の子もいろんな学校から通っていましたが、その中でも私が1番気になっていたのが、その塾から1番近い高校に通っていた春香(仮名)でした。

実は春香と自分は小学校、中学校ともに同じ学校に通っていたのですが、同じクラスになったこともなく、顔見知り程度でした。当時から清楚系美人として有名でしたが、同じ学校の知り合いから高2までに10人以上から告白されたと聞いた時はさすがにびっくりしました。

春香が塾に入って来たのは、高3の部活の引退後でした。久しぶりに春香の顔を見ると、やはり中学の頃より美貌に磨きがかかっていました。幸い、その塾には同じ中学出身の同級生がいなかったので、私とと春香は話す機会が増えていきました。

彼女の高校は白く、胸当てのないセーラー服の学校だったので、もしかしたら胸チラが拝めるのではないかと考え、何度か塾終わりに勉強会に誘い、隙を見て胸元をチラチラ見ていましたが、いつもセーラー服の下にT-シャツを着ており、胸はおろか、ブラさえも拝めない日々が続いていました。

ある日、私はいつもの様に春香を勉強会に誘いました。いつものように隙を見て胸元をチラチラと覗いていると、いつも着ているはずのT-シャツがなく、胸元からは薄水色のキャミがチラチラ見えていました。なぜその日に限ってT-シャツを着ていなかったかは分かりませんが、胸チラを狙う絶好のチャンスである事は間違いなく、私は慎重に、さらにチラ見の回数を増やしました。

最初はキャミしか見えていませんでしたが、春香が体勢を変えた事で、白いブラもチラチラと見え始めました。ただ、イスに座っている状況では乳首まで見ることは無理そうでした。

そこで、私は一計を案じ、机の下に置いてあるカバンからプリントを取り出し、上に持ち上げる際に、あたかも手が滑って落としたかのようにプリントを床に落としました。こうする事で春香が前屈みになり、上手くいけば乳首まで見れるのではないかと考えたのです。

案の定、春香は前屈みになってプリントを必死になって集めようとします。私もプリントを拾おうとするふりをしつつ、上から春香の胸元を覗き込みました。

すると、浮いたブラの隙間から、薄い茶色の乳首が飛び出ているではなりませんか! そこからは何も考えられず、その乳首を凝視していました。

今思えば、怪しまれてもおかしくないほど凝視していていました。何人もの男を振り続けた美人J◯の乳首を見れて、思ってた以上に興奮していたのでしょう。

胸自体は大きくもなく小さくも、なかったですが、美人J◯の乳首ってだけで股間が熱くなりました。

時間にすればおよそ30秒ほどでしたが、その乳首は今も僕の脳裏にやきついています

-終わり-
ダウンロード
この話をダウンロードする
※端末に保存し、オフラインで読めるようになります。
※同じ記事は5回までダウンロード可。
※寄付された方限定の機能です。(詳細はこちら

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]