【現在22,366話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 9 分で読了)

好きな子が悪戯され汚されていく興奮(1/2ページ目)

投稿:2019-09-07 16:15:08

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

スカートの中の通り道◆EZlzVVY

初めての投稿です。読みにくかったらすいません。

長いので、時間がある時にゆっくり読んでいただければと思います。

そんなに遠くない、最近の思い出です。

僕は初めての恋で自分の性癖を知る事になりました。

小、中、高校とずっと机に向かっていた為、友達もかなり少なかったのです。

その為、恋愛とは程遠い学生生活を送り、今年、大学に入学しました。

大学生活も馴れてきて、少しずつ周りとコミュニケーションを取れるようになってきて、季節は最初の夏に入りました。

そんな時1人の女の子を意識し始めました。

ある映画の話題がきっかけに、気が付くとその子と話す時間が1日の楽しみになっていました。

ある日、新作の映画を2人で見ようと言う事になりました。

人生で初めての体験。

彼女の名前は、真奈。

155cmくらいで、スラリと伸びた白い脚、笑顔がとても似合う女性です。

吉○里帆と堀○真希を足して2で割ったようなイメージ。

分かりにくくてすいません。

その日真奈は、膝上くらいの白い花柄ワンピースで、スカートから伸びる脚はとても魅力的でした。

正直に言うと、映画よりも真奈が気になります。

映画も見終わり、映画の話しをしながら昼食を食べ、時間は午後になったところでした。

僕は勇気を出して、家にオススメの映画があると言って誘いました。

真奈「あ!それ前から気になってたんだ。いいよ!」

僕は神様ありがとー!と叫びそうになりました。

電車で揺られ、最寄り駅に着きました。

偶然にも、お互い近い距離に住んでいました。

大学の駅から3つ目が僕の駅、さらに3つ目が真奈の駅だったのです。

僕のアパートは、正面に階段があり、2階建てで、8部屋しか無い昭和を感じさせる古いアパートです。

大家さんの話しによると、人もあまりいないそうです。

部屋は2階の角、大家さんの真上です。

その大家さんですが、50歳くらいで175cm程、目がカエルのようにギョロっとしていて凄く特徴的です。

髪は薄く、太っていて、あまり良い印象を持たれるタイプではないと思いました。

アパートの入り口を入った所で、大家さんが掃除をしていて、こちらに気付き挨拶をしてくれました。

僕も真奈も軽く会釈をしました。

大家「おお可愛らしい子だな。これかい?」

小指を立てながら言いました。

「いえいえ!?友達ですよ!」

真奈「そんなに思いっきり否定しなくても(笑)」

意外な反応だったので、凄くびっくりしたのと同時に、これはもしや?と...

ただ大家さんは、真奈の身体を舐めるように見ていたので、その視線は気になりました。

その時、アパートの隅に置いてあった自転車が倒れている事に気付いたので。

「ちょっと自転車直して来るね」

僕は部屋の場所を指差し、鍵を真奈に渡して自転車の所へ。

ふと、真奈の方に振り向きました、僕は唖然としました。

なんと階段を上がる真奈を、大家が下からスカートの中を覗いていたんです。

段差に手を着き、顔を見上げるように。

その時風が吹き、スカートがフワっとめくれ、大家からは丸見えだったと思います。

ですが真奈は少しスカートを押さえる動きをしましたが、大家には気付いていないようで、そのまま部屋の前へ。

真奈「早く」

手招きしました。

僕は自転車を直し、小走りで真奈の元に、その際大家の顔を睨もうとしたんですが、その顔は、ニヤリと笑い、興奮しているようでした。醜悪な顔です。

真奈を先に部屋に入れ、テレビの正面に座らせ、そそくさと映画を見せました。僕は少し動揺していました。

僕は真奈の左後ろに、壁にもたれかかりながら座りました。

ようやく落ち着いてきたところ、僕は映画の内容は知っていたので、意識は真奈の方へ。

可愛いらしい横顔で、そんな真奈を見ては、嬉しくなっていました。

真奈は余程夢中になっているのか。

だんだん足元のガードが緩くなってる事に気付きました。

体育座りのような姿勢ですが、スカートの裾が落ちてきて、今は太ももの半分まで。

そこから見える太ももは、童貞の僕の下半身を刺激するのに充分な程魅力的です。

それに先程の事があったからでしょうか。

心の中で、パンティが見たい!という願望が出てきました。

何色?柄は?想像が止まりません。

僕は思い出したかのようにがっかりしました。

もう少し考えて座らせれば、テレビの台のガラス戸に反射して見えたんですが・・・

僕の下半身は大きくなっていました。

しかし同時に嫉妬が込み上げてきました。

だって大家は知っているんです。

あのスカートの中を、僕が知りたいパンティを。

大家を許せなくなりました。

映画も終わり。

真奈「今の最後どういう意味だったのかな?」

「やっぱりそうなるよね?僕も解らなくて、3回も観たよ(笑)」

真奈「ええそんなに?…ねえ良かったらこの映画借りていい?凄いモヤモヤしてるからもう1回観てみたい。今度あったら答え合わせしよ!…他にもオススメがあるの?」

「もちろん!じゃあ次はこれ!」

恥ずかしくなりました。

こんなに純粋に楽しんでくれているのに、あんな事を考えていたなんて。

心の中で謝りました。

その後も映画を観てるだけですが、好きな子と一緒にいるのは楽しくて、時間もあっという間に。

外はもう夜です。

真奈「もうこんな時間だから、そろそろ帰るね。今日は凄い楽しかったよ!」

「本当に?良かった。つまらなかったらどうしようかと思ってたんだ(笑)」

もう少し一緒にとは言えず、内心ほっとしつつも馬鹿と自分を責めました。

真奈「実は私、推理サスペンスみたいな映画凄い好きなの。好みも一緒だね!良かったらまた誘ってね」

僕は完全に真奈を好きになっていました。

調子に乗って。

「もちろん!じゃあ明日も!」

・・・駄目でした。

真奈を駅まで送って行こうと部屋を出ました。

すると、下に奴がいました。

大家「あれもう帰るのか?せっかくだから泊まって行けばいいのに」

真奈「いえいえ、友達ですから(笑)」

真奈はこちらをチラっと見て、意地悪く答えました。

そして真奈は会釈をして、僕は駅で、真奈の乗る電車を見送りました。

20分程でしょうか、アパートに戻ってくると、大家はタバコを吸いながら立っていました。

そして独り言のように。

大家「あの子可愛かったなあ、もったいないなあ、俺だったら食べるのに」

僕は怒りを抑えつつ、無視して隣を通り過ぎようとした瞬間。

大家「ごめんな、見ちまって。あの子真っ白いパンティで、ケツも綺麗でプリっとしてたぞ!ホント舐めまわしたくなったよ」

衝撃でした。

僕は、大家に何も言わずに部屋に帰り、そして何も考えられませんでした。

ただ僕の下半身は、今までにないくらい勃起していました。

その後1週間程経ち。

最近大家と会う事が増えました。

狙ってるのかと思う程です。

大家「今日はあの子と一緒じゃないのか?」

大家「今日は来ないのか?」

大家「今日はどうだ?そろそろ会うだろ?」

会うたびに聞かれます。

大家は完全に真奈を狙っているように。

僕は無視し続けましたが、そんな時でした。

バイト終わりの夜、忙しかった事もあり早く帰って寝たかったのですが、やっぱり大家がいました。

また聴かれるのかと、呆れていた時、大家が近づいてきてまた独り言のように。

大家「俺な昔から女の子の下着姿が好きでよ。裸より興奮しちまうんだ。それに忘れられなくて、何回もあの子のパンティで抜いてんだよ」

僕は唖然としました。

大家「後よ、ああいう大人しそうで可愛い子、舐めまわしたくなるんだよ。旨そうだもんな!(笑)」

僕は怒り。

「あんたみたいな奴がいるのに会わせるわけないだろ!」

大家「お前、あの時勃起してたろ?興奮したろ?お前は気付いてないだろうけどよ、変態だよ」

「そんなわけないだろ!一緒にするな!」

大家「そうか、じゃあ俺が言った事、俺とあの子で想像してみな」

怒りで頭がおかしくなりそうです。

部屋に帰り、落ち着こうとして、風呂場に入り冷水を被りました・・・駄目でした。

しかも勃起していました。

自分が信じられません、嫌なのに、頭の中でどうしても考えてしまいます。

真奈が・・・アイツに?

下腹の奥が締め付けられる感覚に。

僕は我慢できず、抜いてしまいました。

もう何が何だか解りません。

次の日の朝、駅から大学に向かう道で、後ろからポンと背中を叩かれました。

真奈「おはよう」

「おぉおびっくりした!」

真奈の笑顔は昨日の事を一瞬で吹き飛ばすくらいの威力です。

真奈「ねえ○○って映画知ってる?明日レンタルで出るみたいなんだ、観てなかったら一緒にどう?」

「え!?観る観る!」

前から気になっていた映画でした。

真奈「ほんと?よかったー!じゃあ明日借りて行くね!」

「え?…家に来るの?」

真奈「あっごめん。…ダメだった?」

頭に一瞬大家が浮かびましたが、まあ会わなければ大丈夫だろうと。

それより真奈とまた一緒に居られる事が楽しみだったので、一緒に観る事にしました。

また次の日の朝、僕は駅まで真奈を迎えにいきました。

普段、真奈の大学の服装は、ジーンズやロングスカートが多かったのですが。この日は、ピンクのフレアミニスカート、上はノースリーブの白いシャツでした。

(以前聞いた事があったのですが、真奈は子供っぽく見られがちだったので、少しでも自分を変えたくて、プライベートではミニスカートを好んで履くように、真奈はミニスカートを履きこなすイコール大人っぽいというイメージを、この時はもっていたそうです)

この考えが裏目に出ます。

真奈の姿はとても可愛かったです。

しかしそんな時間もすぐに終わりました。

奴です。アパートに入った時、大家がタバコを吸いに部屋を出て来ました。

大家「あれ?久しぶりだね!前に来た時も思ったけどやっぱり可愛いねー」

真奈「いえ全然そんな事ないですよ」

大家「今日はデートかい?

真奈「いえ…一緒に映画を観ようって約束してて、○○っていう映画なんですけど」

大家「あーあの映画か!俺も前から観たいと思ってたんだよ!」

僕はこの時、嫌な予感以外何もありませんでした。

大家「お邪魔じゃなかったら映画だけ一緒に観せてくれないかい?」

当たりました。

真奈は笑顔で。

真奈「私は大事だよ?」

「……分かりました」

大家「ほんとかい?ありがとね」

当然ですが、嫌です。

せっかくの2人の時間が、ましてやこんな奴と。

そう思ってる間に、真奈が階段を上がり始め。

まさか!?と僕は大家を見ました。

大家はニヤリと笑い、平然と真奈の後ろに付いていきました。

僕はほっとしました。部屋に2人を入れ、僕と真奈は前回と同じ位置に座りました。

後から大家が、キョロキョロとテレビの周りを見ながら、真奈の何故か右前、テレビと真奈が見えるように、横向きに座りました。

不思議に思いながらも、早速映画を。

推理ものなので、考えさせられる展開が多く、僕も真奈も夢中になっていました。

しかし大家の視線は、テレビと何かを交互に…

僕はハっとしました!

テレビを載せてる台のガラス戸は、左側を押すと、手前から反対側に開くタイプなのです。しかも偶然にガラス戸が半開きに。

大家の位置からだと、ちょうど鏡の役割になって反射しているはず。

スカートの中が斜めから、大家はこれを狙っていたのです。

真奈は足を伸ばし、膝を少し立て、また体育座りのような姿勢。

それに夢中になると、スカートのガードが緩くなるので、おそらく大家から丸見えでしょう。

大家と目が合いました。

ニヤリと笑いまた視線は、ガラス戸へ。

でも僕は何も言えませんでした。

興奮していたからです。

好きな子が覗かれている。

そんな嫉妬で、それに僕からはスカートの中が見えません。

スカートの裾は時間が経つにつれ、少しづつ落ちてきています。

大家はもう目を見開き、ガラス戸に夢中です。

その後も映画が終わるまで、大家はスカートの中を見続けていました。

映画が終わり、大家は急に真奈に話しかけました。

大家「スゲー夢中になっちまったな!ほんとに。君は気付いてないけど、ずっとパンティ見えてたぞ?オジサン夢中で見ちまったよ。可愛いらしいの履いてるね」

信じられない事を言いました。

真奈はびっくりして慌ててスカートを元に戻し、さらに顔を赤くして、うつむいてしまいました。

大家「なんだ。恥ずかしいのかい?ん?可愛いね、よかったらオジサンとどうだい?可愛いがってあげるよ。それともまだした事無いのかな、処女かい?」

「おい!いい加減にしろよ!」

大家「ははは!ごめんごめん。こんな可愛い子と一緒にいるから、調子に乗っちまった。オジサンの悪ノリだから忘れてくれよ」

真奈「……はい」

真奈からはまったく覇気が感じられません。

そして大家はすっと立ち上がり。

大家「今日はいっぱい贅沢なもの見せてもらったよ!ありがとな!」

僕は殴りたくなりました。

大家は軽く手を振って部屋を出て行きました。

少し沈黙の後。

真奈「私ね、高校の時に付き合った人がいたんだ。でもそれがね、周りに煽られたような感じで、…好きでもなかったんだ。でもね、そんな感じだから1ヶ月くらで別れて、だから…キスとかエッチとかした事ないんだ」

僕はそんな真奈を庇うように。

「僕も勉強漬けだったから、こうやって女の子と2人でいる事、初めてなんだ。今まで好きな子すら出来た事なかったからね。だから僕も童貞だよ」

真奈「…じゃあお互い初めてだね(笑)」

僕は勇気を出して言いました。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。