エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 6 分で読めます)

続 玲子と JINとお父さん

2019-09-06 23:02:22

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

大阪府/玲子さん(50代)からの投稿

最近恋?に目覚めたらしい娘に、お父さんが模索してくる。

私は 恋というものを知らない。9さいからお父さんに

SEXの快楽を教えられた。

2.3年上の男の子さえ子供に見えた。

アウトローな生き様 肝の大きなお父さんを見て育ったから 普通の男に目に映らな

かった 。手?をかけた

娘が二十?歳でときめいている私に 父の心境が大蛇のように 絡んできた。

(私は 父からシャブを教えられた訳じゃない。家出をした時 知り合った 23才のアウ

トローな男に仕込まれた。

父が私を探し出し 何処にも行かず苦しむ私が、普通の生活が 出来るまで 傍にいて

くれた。私を抱くこともせず 、少し憐れむ目で見ている 怒られるよりも辛かった、心

も体も寂しかった。 ある日お父さんに 会社?から電話が入った「・・・見つけか?

ん、縛っとけ!今行く!」

「玲子、(私のほほに手を置き目を覗き込んで)時期に帰って来るから 外に出るなよ」

と言い、目を反らした父は

目を細めた、目の奥に炎がみえた。「うん、何処にも行かないよ」踵を返し「おぅっ」

歯ぎしりも聞こえて来た。

私は悟った。(こんな風に苦しんだのはYのせいだ!)

父が何処で何を、したのかも判らないし、お父さんに、

なにも聞かなかった。所詮喋る人ではない。

2日待っても父は帰って来ない、私は18で飢えた雌になっていた。お父さんのんを探し

出して 付いた2・3ヶ月 SEXをしていないオマ〇コが疼き、「入れたい!」(その頃

私はヴァイブを持っていなかったので学校で使っていた「リコーダー」を持ち出し 何

度も何度も子宮に付いた 余韻に浸っていたらお父さんが私を見降ろしていた。「お父

さん!抱いて!お父さんチンポいれて!」切迫詰まっている私をほくそ笑んで見降ろし

ている チンポを入れてくれた 激しく悶える 私に(ん?いつもとは違うな)

と思ったのでしょう、でも何度も何度もイカしてくれた。SEXが終わって

「お前 まさか」と私の腕を伸ばし、注射痕を見て起き上がり私を殴ろうとした。

父の手が震えていた。その手を見てなぜだか心が動いた、心から父に詫びた。「お父さ

ん ごめんなさい、ごめんなさい。」と縋った。私を抱きしめ 「外から 持ちむな!」

またSEXをした。それからの 時々のキメSEXになった次第です。

「玲子結婚したいんか ?」

「誰とも結婚出来けへん お父さんがこんな体にしたんやから!」(普通の男の人も知

らないのに・・・・・無理や

いつもお父さんと 比べてしまうのに・・・・ムリ)

アイツ、帰っえってないんやったら お前を放たらかして

どこ、行。ったんや!?」

「気になる?」お父さんを見据えて見たら 目を細めて見て来た一瞬震えた。

「用事を済ましに行ってんのヨ」「お前の買い物させてのんか?・お父さんデコみたいや

な 自分の用事を済ましに行ってるんよ・ふーん そぉか」いろいろと聞かれたけど交

わした(どぅせ 誤魔化している事位見空かれている なんか さっきのキツイ前戯だっ

たせいから 冷静になれた。

たまにはお父さん目の保養をさせたいなー K子さんが過ぎった

電話をした「瞳 K子さん来てる?小声で「来ているけど今日は公園無しやで、なん

で?息子さん学校での事?で2.3日居ないらしい」(好都合やん)

ママに残業出来ます!って言ったもん 息子さん何時から?今日見たい」(なおさらや

ん)

「今から行くわ 瞳も30分残業ね・ええ~」を聞きながら電話を切った。

「玲子」お父さんが私の腕を掴んっだ 、「お父さんそれ貸して」と取り上げた「どーする

んや!」「流さへんよ」

キッチンに行きカラ金魚2つに小分けした。「ああ~ね」

「それと、ちっちゃいのん1つちょーだい」ん?「駄賃用」舌打ち交じりで「お前が

怖い」そおー?お父さん私を呆れた目で見る.

閉店時間前に付くようにしたい「お父さん車代えて」 職質が1番怖い お父さんが電

話した「おい、急いでFにBMで来るように」と伝えた。車中で「綺麗なんか?」

「上クラス!あっ、部屋押さえといてて 楽しめるから。」部屋=ラブHに裏から覗け

る部屋が有りベッドの真横のガラスが防御するように、大きなマジックミラーが有る。

かき入れ時はともかくフロントのパネルには[使用中」が判るように[ライトOFF]にし

ている。

お父さん電話を 入れていた。ご機嫌の私を見て「お前が男だったらええなと思う時が

ある」「どーして?私は お父さんに抱かれる女で良かったと思っているのに?

お父さんのオールバックを整えて コロンを振り掛けた 。

「んー、いい男!」〇子(母)もゆうとるわ(はぃはい)

お店に入り、出向かいに来た瞳に金魚と1ッを判らないように

渡した「2杯目ね」といい瞳も頷いた K子さんはB〇Xで

客に肩を抱かれて歌を歌っている。私に、気ずきこっちに来た「閉店前に来てゴメン

ね あっちのお客さんいいの?」「いいの、いいの ベタベタ触って来て 逃げたかった

の」(逃がさないよ~)「こちらの方彼氏~?」

「この方は お父さんのお友達、ね~杉本さん!」

お父さん会釈して(初めて語る)「杉本です。」と挨拶をした。ヒヨウの顔に変わった。

(お父さん 私のだからね!)

K子さん、お父さんにクラっと来たのか エロビームでお父さんを見ている(落ちた)

お父さん私にニンマリした

瞳ちゃんK子さんにお飲み物あげて瞳に目配せしたコクッリ頷いきSが一杯入ったジントニック

とお父さんのバーボン・私のんで乾杯をおした 「もう閉店前だから私飲んじゃうわ」

とK子さんはグイグイ飲んだ 、お父さんと私も したり顔、お父さんその顔を悟られな

いようにトイレに立った。「杉本さん おしっこ?こっちこっちと連れて行った

連れて行く途中人がまだいるので 小声で「お父さん!

どーゆーつもり?私が目を?私が目を・・・・・の言葉を

遮られ「玲子、お前チンポ有るか?」私のあごをつまみほくそ笑む(持って行かれ

た・・・・・・)意欲下っていく。こうなれば お父さんがK子さんをどういうふうに料理す

るんだろぅ お父さんでイク K子さんを見たい!と気持ちを切り替えた。

K子さんの横に座り直したお父さんK子さんを監視しながら K子さんの膝小僧をなで

始めたK子さん目をぎゅーとつぶり足をクロスさせ軽く閉めたり開いたりを繰り返して

る。そしてわずかに腰を上下し始めた人の目が気になり出した。このままではダメだ~

「瞳ちゃん 御あいそして 玲子酔っちゃったーK子さん 酔った?「少し」(フフ 声が

うわずっている)「杉本さん玲子とK子さんを送って」「はいはい」」店に断り K子さ

んを連れだした。「K子さん 今日はお迎えは?」

「ううん~」「そー、息子さん来ないんだ~」

K子さん一旬??としていた。 耳元で囁いた「帰り道は 公園を通った先?」軽く耳を

咬んだ「あああ~ 」 足をまた強く閉めて おま〇この疼きに耐えて

いる」Fくんが来た。

K子さんをはさんで私達3人で座わった。助手席に瞳を乗せた

瞳 F君をジーッと見いる。

「杉本さん、K子さん、しんどそーやから少しの間部屋を貸してぇー」

お父さんヒョウの目のままで「いいですよ」また ほくそ笑んでいる。

左側のお父さんK子さんの片足を膝に乗せソフトに上下に摩っている K子さんは声を

荒げて自分でおめ〇こをパンツの上から摩り押さえクリをコネまわしている。お父さん

の顔を見たら私の顔を見ていた。その内K子さん1回イッタみたい

お父さん険しい目では無く「玲子 もぅ気が済んだか? お前女やろぅ業界のヤツらみた

いな事もぅするな!」睨まれた。

「玲子 帰るぞ え? 私のほほに手をあて 帰るぞ」

諭す目に心を奪われた うん、おと( お父さん)と言いかけた時私に当てている手の親

指を口に当てられた。

私達が親子である事を知って要るのは母と妹だけ、体裁の

ためじゃなく 報復が合った時に家族を守るためによ

と母が言っていた「F 車まで送れ!」

K子さんキョトーンとしる「すみませんね、K子さん 玲子ちゃん送って行くように言

われてますので また近じか店に行きますよ」K子さん身だしなみを正している。

もぅK子さんには興味がなくなった。

「瞳ちゃん K君待っているやろー 送って貰いー」

「玲子さんは?」「うん、杉本さんに送ってもらうし

K君のお勉強見てあげてる?」 きわどいエロvideoをあげていた。見てるよ!(剣の

ある言い方)そー(笑いながら「今度見てあげるね」

私口が堅いお客様との信頼関係を大事にしているから

瞳が 小〇生4の息子とSEXしている事お父さんにも 教えてない。

ウチの近くに止めて貰ったK子さん お父さんを目で追っている「杉本さん玲子 早く帰

りたい!玲子んち遠いからごめんね」F君を見据えてた、F君頷いた。お父さんの腕に

からみついた。K子さん おやすみなさ~い。

お父さんF君に 「部屋使っていいぞ ボーナスだ」て言っていた。

お父さん疲れたー そやなー

お話しはまだ続きます。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]