エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 13 分で読めます)

同僚の嫁を計画的に襲った話。4 〜出張略奪編1〜(1/2ページ目)

2019-09-06 23:52:09

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/2ページ目)

飯田(仮)さん(30代)からの投稿

▼簡単なスペック

俺・・・30歳。中肉中背。がっちりめ。嫁も子供もいるけど、同僚の嫁ゆうこちゃんに一目惚れしてレイプした。ゆうこちゃんを襲ってからは嫁とはヤってない。

ゆうこちゃん・・・会社の同僚F君の嫁。同い年だけど同い年には見えない、アイドルみたいな人。顔は深キョン似。小柄だけど巨乳。1才くらいの子供いて専業主婦。何回も俺に襲われてるので俺のことを警戒してる。

……………

前の話を読んでない人にもわかるように説明すると、

今から1年くらい前。

同僚Fの嫁「ゆうこちゃん」と初めて対面。

可愛すぎて一目惚れ。

初対面から1年後、ゆうこちゃん含む同僚家族たちと大人数のキャンプへ。

そこで無理やりゆうこちゃんを襲った。

写真も動画も撮ったんで、それで脅してゆうこちゃんを後日呼び出し。

ホテルに連れ込んで一日中エッチしまくった。

ゆうこちゃんは口では「気持ちいい」とか言ってくれるけど、それは俺が脅してるからであって。

犯している最中、ずっと泣いているし震えていた。

おもちゃ使ってイかせまくったり、

執拗に色んな体位で抱いてみたりしたけど

何度抱いたって、俺のモノになりそうな気配は遠のく一方。

そこらへんによくいる、尻軽でホイホイ不倫するような女とは違って、ゆうこちゃんはどこまでいっても旦那に一途で俺を受け入れなかった。

だからこそ諦められない。

いつかは体だけじゃなくて心まで俺のものにしたい。。

こうして俺はゆうこちゃんにどんどん執着していった。

で、最近の話なんだけど。

ゆうこちゃんの旦那Fが海外出張に出てるという情報をキャッチ。

社内スケジュールを確認すると、あと2週間は帰ってこないらしい。

「(ってことはゆうこちゃんの家まで行けば襲い放題じゃん…?!)」

俺は仕事中にも関わらず激しく勃起してしまった。

…ってなわけで、その翌日。金曜日の夜。

時刻は夜22時頃。

俺はゆうこちゃんの家の前まで来ていた。

ゆうこちゃんの家はFが建てた新築一戸建て。

乗ってきた車を近くの砂利駐に停めて、

嫁には「酔っ払った上司に足止めくらったから朝までコースかも」って電話して、会社から直接ここに来た。

玄関のインターホンを1回鳴らす。

…………出ない。寝たか…?

2回鳴らす。

3回、4回…

「『ガチャ』

お、出た。

「『…………………何しにきたの……』

インターホンのカメラに写ってるんだろうね。俺が来たとわかってるわけだ。

「こんばんは。何しに来たかなんてわかるでしょ?開けて。開けてくれないとここで騒ぐよ。」

「『………………いま開けます。』

写真、動画撮っといてほんとよかった。

アレのおかげでゆうこちゃんは完全に俺の言いなりだ。

ガチャ……

おしゃれな茶色のドアがゆっくりと開いた。

そこには薄手のカーディガンを羽織った部屋着姿のゆうこちゃんがいた。

紺色でツルツルした感じのショーパンタイプの部屋着。

すっぴんで、髪も低い位置で結んでるけど、それでもやっぱり可愛い。

むしろ生活感があってなんかエロい。

「お邪魔しま〜す」

ゆうこちゃんは無言。

勝手に靴を脱いで上がる。

お風呂上がりかな?石鹸みたいないい香りがする。

「こどもはもう寝たの?寝室2階?」

「そうだけど…」

ゆうこちゃんは困ったような、怯えてるような顔をしてるけど、そんなの御構い無し。

勝手にズカズカとリビングへ入る。

3人がけくらいのデカめのソファに腰掛ける。

「F、出張なんだってね〜」

「…………だから何…こんな時間に急に来るなんて……」

ソファから離れた部屋のすみで立ち尽くしているゆうこちゃん。

「そんな所にいないでさ、俺のとなり座って?」

すごい嫌悪感丸出しの顔。俺とは目を合わせずうつむき気味。

「家にあげてくれたってことは、拒否権ないって観念したからだよね?騒ぐとこども起きちゃうんじゃない?早く。ここ座って。」

そう言うと、渋々近くに寄ってきて、となりに腰掛ける。

「俺が何しにきたかなんてさ、わかってるんでしょ?」

ゆうこちゃんの小さい頬を優しく撫でる。

ゆうこちゃんは俯いて、固まっている。

「ほっぺすべすべだね…こんなに可愛い子、そうそういないもん。見た目だけじゃなくてさ、中身も、すごい好きなんだよ…」

なだれ込むようにソファに押し倒す。

ゆうこちゃんは小さいから、図体デカめの俺が乗っかると、すっぽりと全身に覆い被さることができる。

顔を背けるゆうこちゃんに無理やりキスをする。

「いやっ…!!こんなの…!いつまで続ければいいの…?!もうやめようよ…!」

「やめないよ。ゆうこちゃんが俺のものになるまでは。」

ゆうこちゃんの両手を頭の上に持ち上げて、片手で手首のあたりを押さえつける。

「どうすればいいの…?やだ、やだ、もう嫌だ……!」

「いきなりだと痛いだろうから、ゆっくり気持ちよくしてってあげるよ。」

服をめくるとノーブラ。

蛍光灯の下で見るとすごいボリューム感。

凶暴なサイズの美乳が露わになる。

直に胸を揉みながら乳首に吸い付く。

「いやーー!」

手を振りほどこうと抵抗されるけど、力でねじ伏せる。

小柄で非力なゆうこちゃんを抑え込むのなんて簡単だ。

脇の方からおっぱいを寄せ上げて、優しくモミモミ。

そしてソフトクリームを舐めるように、乳首をたっぷり口に含んで、舌先でコロコロと転がす。

「やだっ、、、もう触らないで!離して!!」

乳首を責めながら、胸を揉んでいた手を下半身の方へ…。

パンツを脱がせにかかる。

「いやっ!やめて!お願い!もうやだ…!」

「今日は周りの目も、時間制限も、なんも気にしなくていいから丹念にクンニしてあげるよ。」

体を下に移動させ、ゆうこちゃんの下半身をがっちり拘束。

パジャマとパンツをまとめて一気に下まで下ろす。

「ちょ……!やだっ………!」

「じゃあまずはクリトリスを舐めてあげるよ」

両足を開かせ、がっちりホールド。

大事なアソコが丸見えになる。

ゆうこちゃんの股間に顔をうずめて、クンニ開始。

いつもより丁寧に、優しくクリトリスを舐め始める。

「ふあっ………………あっ……んっ…………」

クリトリスの先を舌でペロペロしたり、つんつんしたり。

数回のセックスで、もうゆうこちゃんの感じるポイントは熟知している。

喘ぎ声が大きくなる所を狙ってしつこく責める。

徐々に抵抗が弱くなってきた。

すでに膣の奥からトロトロの液体が漏れ出ている。

今度はクリトリスの根元からごっそりすくいとるように舌を這わせる。

「ああっ………!いやぁっ………!」

ゆうこちゃんは片手で俺の頭を股間から引き剥がそうとしてくる。

まあそんな力では俺は剥がれない。

もう片手は自分の口を抑えて声を我慢しようとしている。

声を出せば出すほど俺が興奮して責めてくることをもうゆうこちゃんは知っている。

でも声を我慢しようと必死になってる姿がまた可愛くて燃えるんだよね。

お次はクンニしながら中指を膣内へ挿入。

ゆっくり指を進めていく。中はもうトロトロ。

「だめっ……!ああっ……入れないでぇ……!」

いつも嫌がるわりには濡れてるよね。

体は正直ってやつなのか?

それともただの防衛本能なのか?

膣内の上側を擦ると、少しザラザラしていてゆうこちゃんがビクッと跳ねた。

「ここがゆうこちゃんのGスポットかな?クリちゃんの根元のちょうど裏側なんだって。表と裏から同時にいじめてあげるね。」

膣内のザラザラを押し上げるようにしてぐっぐっ、とリズミカルに刺激しながら、

クリトリスを舌で虐める。

「ああああっ!!だめっ!!それやめてぇ…!!!」

ピチャピチャ…

グジュッグジュッ…

膣内がぎゅっと狭くなって、俺の指に吸い付いてくる。

指を追加。2本の指を差し込んで中をぐいぐい擦り上げる。

「ああっ!ああっ!だめ!やだ!とめて!!」

ゆうこちゃんの腰が反って身体にぎゅっと力がこもる。

逃げる腰を追って、中も外もぐちゃぐちゃに擦りあげる。

「あっ、あっ、やっ、やめっ、ああっ!」

悶えるゆうこちゃんは最高に可愛すぎる。

「ふ、ふぁっ……………!!!」

少し大きめの喘ぎ声とともに、ゆうこちゃんが大きくビクッと跳ねた。

…結構激しくイッたみたいだ。

膣内がビクビクと痙攣している。

引き続きクンニ&手マン責めを続行。

「いやっ!!もうやめてっ!いま触らないで!いや!!!!!あっ……!!!!」

またイッた。

今度は手マンだけ。

悶えるゆうこちゃんの顔を観察しながら

Gスポットを小刻みに刺激する。

「ああっ!いや!いや!もう…やめて…!たすけてっ……!」

「すごいえっちだよ…。たくさんイッちゃいな…!」

また腰を反らせてビクッと跳ね上がった。

「はぁ……はぁ……いや……こんなのやだ……」

「すごいね。連続でイッたんじゃない?中でイけるようになってきたんだね。」

俺がここに来てからまだ30分くらい?だけどゆうこちゃんはすでにぐったり。

「ねぇ、今度は俺のこと気持ちよくして。」

「え……どうすればいいの………」

「ちゃんと気持ちよくしてくれたらすぐ帰るよ。」

そう言いながら俺は立膝をつき、自分のズボンとパンツを脱ぎ捨てた。

クンニして、手マンしただけなのに、俺のちんぽはガチガチに反り返って、赤紫になるほど充血していた。

「ゆうこちゃんが悶える姿見てたら、すごい勃っちゃった。ほら、ゆうこちゃんここに座って…?」

ゆうこちゃんは恐る恐る起き上がって、俺のちんぽの前に座った。

「ほら、わかるでしょ?まずは、ちょっと舐めてくれない?」

そう言うと、少しのあいだ迷った様子でもじもじしていたが、覚悟を決めたのか、

ゆうこちゃんが無言で俺のちんぽを掴んで、

さきっちょを舌でぺろぺろし始めた。

「(うわっ……何これ、気持ちいい…)」

それにこの眺め、最高すぎる。

あのアイドル顔負けに可愛いゆうこちゃんが。

会社の同期の嫁なのに。人妻なのに。

俺のちんぽを……!

次に小さなお口を開け、

俺のちんぽを…ぱくり!

「うっ……!」

ついつい声が出てしまう。

ゆうこちゃんの可愛いお口の中はよだれをたっぷり溜めていて、もうじゅぼじゅぼ。

トロトロの口の中で、ちんぽを舌でコロコロと転がされる。

めちゃめちゃ気持ちいい。

腰から下が溶ろけそう。

Fはいつもこんなことしてもらってんのかよ。

今度は唇でちんぽを締め付けるようにされて、また思わず「うっ」と声が出る。

唇で締め付けたまま、顔をゆっくりと前後に動し始める。

俺のちんぽがゆうこちゃんの口から出たり、入ったり。。

「(エッロ……………)」

脳みそが溶けそう………!

前後に唇でしごかれながら、時々舌で裏筋を撫でられると脳みそを直接触られてるような感覚に。

今度はよだれでヌルヌルになったちんぽを手コキしてくれる。

ちんぽも、ゆうこちゃんの手も、よだれでヌルヌル。

手コキしながら亀頭を口に含み、舌でレロレロしてくれる。

ヌルヌルのちんぽを絶妙な力加減でシコシコされ、同時に先端を責められて、もう、抗えない気持ち良さ。

ポンプで吸引されるように精子がのぼってきた。

「もうだめ、イクよ……!」

可愛い可愛いゆうこちゃんの口内に…

特濃ザーメン発射………!

「あっ、イクっ……………!」

頭が真っ白になった。。。

ぼやーんと気持ちよくなっていると、目の前のゆうこちゃんが涙を零しながら、口の中にある俺のザーメンをティッシュに吐き出していた。

「あれれ、ごっくんできなかったね。残念。お仕置きだよ。」

「えっ…!話が違う………!」

ゆうこちゃんを再び押し倒す。

そしてゆうこちゃんの可愛いお顔の上にまたがる。

「舐めて。」

顔面騎乗位での強制フェラ。

驚いているゆうこちゃんのお口に、無理やりちんぽをねじ込む。

「俺が気持ちよくなってるから自分が主導権にぎったとでも思った?ゆうこちゃん、いま襲われてるんだよ?今からめちゃめちゃにしてあげるからね」

そう言って、俺を退かそうと抵抗するゆうこちゃんの顔面に股間を叩きつけた。

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!