エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 37 分で読めます)

子供がデキない私たち夫婦の出した答えは…(1/4)

2019-08-12 00:11:01

この話のシリーズ一覧

1:子供がデキない私たち夫婦の出した答えは…(今見てる話
2: 子供がデキない私たち夫婦の出した答えは…23:昔のツレに頼んだ代理種付けセックス 妻がもう一度と言ってきた

この話のカテゴリ

本文(1/4)

名無しさんからの投稿

【現在】私35歳 健一 妻29歳 めぐみ 158 Eカップ  セミロングの髪はうっすら茶色 清楚な感じで下ネタNG 子供なし 痩せ型でキレイな方です。

2年付き合ってから結婚して、現在結婚7年目になります。

私たちには、お互い子供が好きなのに中々出来ず、しかし、どちらかに原因があった場合ツラくなるからと、病院へは行かず、自然にデキるのを待つ事にしていました。

子作りの方も、この年齢になっても生理の時以外、週に最低3回はするようにしていましたが、天からの授かり物は、中々家に来てくれませんでした。

しかし、めぐみも30歳手前になり、そろそろ1人目は…と思い始めた、約1年前、結婚6年目にして、初めて病院へ行くことになった時の話です。

病院へ行き、検査をすると、原因は私の方にあることが分かりました。

妊娠がデキないワケではありませんが、精子自体の数が少なく、妊娠する可能性が、極めて低いと言われました。

その日から、私はめぐみに、申し訳ない気持ちでいっぱいになり、食事すらまともに取ることが出来なくなりました。

しかし、めぐみは、「大丈夫だよ!お医者さんも言ってたでしょ?妊娠デキないワケじゃ無いって それに、食事療法とかでも変わるって言ってたから、まずはご飯食べないと(笑)」

めぐみは、医者に言われた通り、精子に良いとされるモノを毎日作ってくれ、それが逆に申し訳なさを倍増させていました。

結婚してから、ずっと続いていた、週3回以上のセックスも、段々回数が減り、1ヶ月後には、全く無くなってしまいました。

それは、私がそんな気になれず、立たなくなってしまったためで、めぐみが色々頑張ってくれても、出来なくなったからです。

その内、落ち込む私を見るめぐみ方が、元気が無くなり、家の中の雰囲気はガラリと変わってしまいました。

私は、自分が原因でこんな事になったので、何とかしないとと思い、色々な方法で、勃起出来ないか探ってみましたが、結局、その方法は見つかりませんでした。

そんなある日、町内会の集まりに夫婦で出掛けました。

お年寄りが多い地域なので、私たち夫婦は若い方になり、その中でも、めぐみが1番若い女性でした。

めぐみは、1番下なのもあり、料理の準備や、たまに、集まった男性陣にお酌を頼まれ、キャバクラ状態になっていました。

これまでそのような事は無く、今回初めてお酌などをしたため、めぐみは戸惑いながらも、笑顔で対応していました。

その時、男性(おじさん)がめぐみの膝の上に手を置いたり、腰に手を回したりしているのを見て、妙な胸騒ぎと共に、股間が疼くのが分かりました。

お酒を飲んだ男性陣は、次第に大胆になり、横に座らせ抱き寄せるヤツすらいました。

めぐみは、私の事を気にして、チラチラとこちらを見ますが、私も何も言えず、別のグループで飲んでいました。

結局、その男性たちの奥さんたちが現れ、一喝した事で、めぐみは解放されましたが、私の中で、モヤモヤしたモノが残りました。

集まりが終わり、2人で歩いて帰りながら、「今日、散々だってね(汗)」

「えっ?なにが?」

「いや…おじさんたちに、お酌させられてたでしょ?」

「あ~ あれ、ちょっとビックリしたけど、大丈夫だよ(笑)」

「そう?まぁめぐみが大丈夫なら、良いんだけど…」

なぜか、それ以上は聞けずに、家に帰りました

夜になり、全部済ませてから、お風呂になりました。

私は、これもですが、なぜかめぐみとお風呂に入りたいと思い、声を掛けました。

セックスをしていた頃でも、たまにしか入らなくなっていたくらいなので、最近ではそっちの話はタブーにすらなっていました。

めぐみも「どうしたの!?珍しいね~!(笑)」と驚きつつも、笑顔で了解してくれました。

久しぶりに2人でお風呂に入り、どうしてもめぐみの体を洗いたいと言う気持ちが抑えられず、「ねっ…ねぇ…久しぶりに洗ってあげよっか?(汗)」

「えー良いよ~ 恥ずかしいしー」

「そんな事無いよ だって夫婦でしょ?」

「そうだけど~ ……じゃあ…洗ってもらおっかな?(照)終わったら、交代ね(笑)」

「えっ!?俺は良いよ~(汗)」

「そんなのズルいでしょ?私も恥ずかしいのにOKしたんだから(笑)」

「わかった…(汗)」

話が決まり、手にボディーソープを付け、首から洗いました。

久しぶりに触るめぐみの肌は、スベスベで、とても30前には見えません。

胸だって、子供を生んでいないお陰で、全く垂れること無く、20代前半の時のままです。

と言うか、どちらかと言うと、若い頃の硬さも取れ、今の方が良いくらいです。

「ふふっ(照)やっぱり何だか恥ずかしいね(汗)」

「そうだね(汗笑) 俺も洗ってて何だか恥ずかしいよ(汗)」

「それはそうよ~(笑) いい年して、一緒にお風呂に入って、洗いっこなんて、絶対友達に言えないよ~(笑)」

「でも、昔は良くこうやって一緒に入ったのにね」

「そうだね~ 今は、たまに入っても、時間短縮のためとかだもんね(汗)」

普通に話していますが、私は恥ずかしくて、ワザとめぐみの胸を避けていました。

しかし、肩や腕なども洗い終わり、もう胸しか無い状況になりました。

私は、ドキドキしていましたが、それを悟られないように、「そう言えば、明日の昼間、どうする?」とどうでも良い話をしながら、胸に手を掛けました。

「明日?う~ん…午前中はゆっくりして あっ…」乳首を触った瞬間、不意にめぐみが声を出しました。

「あっ ごめんごめん それで?」

「あ~ お昼から、ちょっと買い物行きたいけど…あっ…んっ… もっ…もぅ~話に集中出来ないよ~(汗)」

めぐみの反応を見て、「じゃあ、後から話す?それとも、洗うのやめる?(笑)」

「………あ…後から話す……(恥)」

「わかった!(笑)」

めぐみのOKも貰ったので、開き直って、胸を集中的に洗いました。

すると、少しだけ、私のチンポが反応しだし、1ヶ月ぶりくらいに、少し大きくなりました。

めぐみは、まだそれに気付いて折らず、めぐみもこうやって体を触られるのが久しぶりだったので、そんな余裕も無い感じでした。

あくまで洗いっこなので、胸だけだとおかしいと思い、お腹も洗いながら、胸に戻ると言う感じになりました。

「んんっ……あっ… ……んっ…」まだ恥ずかしいのか、めぐみは声をガマンしているようでした。

胸を起点に背中も洗い、その度、ワザと乳首の上を通過しました。

「はっ…んんっ…ああっ…んんっ…」

背中を洗い終えると、次はお尻に起点を移し、前から抱きつくようにして、両方のお尻を洗いました。

お尻を広げるようにして洗うと、「ダメッ…恥ずかしいよ…あんっ…」と恥ずかしそうに言いました。

「ふふっ めぐみ、気持ちいい?」

「えっ…?ああ~ うん…(照)けんちゃんに触られたの久しぶりだし、気持ちいいよ(照笑)」

「なに?(笑)他の人に触られてたみたいな言い方じゃん?(笑)」

「そんなワケないでしょ…(汗)」

「ははっ 冗談(笑)俺も、めぐみの体触ってて、興奮してきちゃった(笑)」

「ホント!?(笑)」

「うん(笑)だって、なんか当たってない?」

「えっ? あっ!ホントだ!少し大きくなってる~!」

まだ半立ちにもなっていませんが、それに近いくらい、大きくなっていました。

するとめぐみは、まだ私が洗っているにもかかわらず、私のチンポを握ってきて、ゆっくりしごき始めました。

めぐみの手にはボディーソープが着いているので、ヌルヌルした感触が伝わってきます。

私も負けずに、後ろからめぐみのマンコを指で触ると、水では無い、ヌルッと感触がありました。

「めぐみも、反応してるね(笑)」

「いちいちそんな事、言わなくていいよ~ 恥ずかしいから…(照)」

「ごめんごめん 俺も反応してるから、つい嬉しくて(笑)」

「うん(照)」

どちらとも無くキスを始めると、キツく抱き合いました。

立ったまま、お互いの肌と肌が触れ合い、久しぶりでとても気持ち良い感触に包まれました。

私は、お互いの泡をお湯で長し、めぐみの乳首に吸い付きました。

めぐみの乳首は、私の口の中で、硬くなり、その存在を強く感じました。

「あ~けんちゃん!ああんっ…!」

めぐみに髪をくしゃくしゃにされながら、夢中で乳首を舐めました。

気が付けば、痛いほど勃起しており、嬉しくてすぐにめぐみに入れたいと思いました。

「めぐみ!ここで入れて良い?俺…もうガマンできない…」

「うん!来て!」

向かい合ったまま、めぐみの片足を持ち上げ、正面から挿入しました。

「あああ~~~気持ちいいーー!」

めぐみのその言葉は、とても気持ちがこもっているように感じ、今まで本当に申し訳ないと思いました。

キスをしながら腰を振り、久しぶりのめぐみのマンコを堪能していると、少しずつ射精感が来ました。

私が、イケる!と思った時、一瞬、ほんの一瞬だけ、自分の精子の事が頭をよぎると、その瞬間から、射精感が無くなり、見る見る硬さも失って行きました。

なんで!と焦れば焦るほど、復活する事は厳しくなり、結局差し込んでも、マンコに入って行かないくらい柔らかくなってしまい、久しぶりのセックスは、そこで終了しました。

「けんちゃん…大丈夫だよ(笑)ちゃんと出来たんだから、焦らずに行こ(笑)それに、私、スッゴく気持ち良かったし(笑)」と落ち込む私を励ましてくれました。

またいつもの雰囲気に戻りそうになりながらも、途中まで出来たので、最悪の所までは落ち込まずに、頭を洗ってお風呂から出ました。

暫く、関係ない話をして、2階に上がり寝ることにしました。

布団に入り、「めぐみ…さっきはごめんね…俺イケると思ったんだけど…」

「焦らずに行こ?これまでも、2人でそうして来たでしょ?(笑)」

相変わらず、めぐみはとても優しく、年下なのに、姉さん女房のように、私を癒してくれました。

暫く雑談をした後、「そう言えば、帰るときの続きだけど…」

「町内会の?」

「うん めぐみ…結構触られてたよね?」

「あ~少しね(汗)」

「少し?結構触られてたと思うけど…足とか腰とか…」

「見てたの?(汗笑)見てたんだったら、助けてよ~!」

「なんかめぐみも楽しそうに見えたから、声掛けにくくて…」

「楽しいワケ無いでしょ?」 

「でも、笑ってたでしょ?イヤじゃ無かったの?」

「まぁみんな、お酒飲んで酔っぱらってたから、仕方ないよ(笑)」

「えーそれだけ?酔ってたら良いの?」

「良いわけじゃ無いけど、本気で何かしようと思って触ってるワケじゃ無いし、お酒の勢いだから、気にしても仕方ないでしょ?(笑)」

「でも、○○さんとか、ガッツリ触ってたよね?」

「あ~そうだね(汗)あの人が、1番触ってた(笑)」

「イヤじゃ無かった?」 

「別に…何とも あの年のおじさんだし、私もそんなに若くないけど、自分より若い女の体に触りたかったんじゃない?(笑)」

また、変な胸騒ぎと股間が疼き始めました。

「触られたの、足と腰だけ?」

「座ってるときに、軽くだけどお尻は触られたよ(笑)」

「マジで?」

「他の人も触ってたけど、まぁいっかってほっいた(笑)」 

「えー!他の人にも~!」

「後、私の胸元、スゴく見られてた(笑)」

「えっ!?」

「お酌するときとか、どうしても前屈みになるでしょ?だから、胸のとこが、空いちゃうんだよね(汗)」

「じゃ、じゃあ、胸チラって事?」

「うん(笑)どこまで見えてたか判んないけど、横に居る人には、結構見られちゃったかも(汗)」

「判ってて見せてたの!?」

「まぁ減るもんじゃ無いし、別にそれくらいいいでしょ?(笑)」

下ネタNGのめぐみが、そんな事を言い出し、正直戸惑いましたが、私の股間は明らかに反応し始めました。

「ホントは、めぐみも触って欲しかったんじゃ無い?」

「あ~それもあるかも(笑)最近、ずっとしてなかったもんね~」

「じゃあ、あれワザと?」

「さぁ~どうでしょ?(笑)」

「めぐみ…俺…」膨らんだ股間を見せると、「なんで~?(笑)何で、反応しての~?」

「分かんない…分かんないけど…めぐみの体を他の男が見たり触ったと思うと、興奮しちゃうんだよ…」

「ふふっ でも、嬉し!」とズボンの上から股間を触り始めました。

「実はね けんちゃんが怒ると思って言わなかったんだけど、○○さんに抱き寄せられてた時、○○さん、ずっと私の胸を触ってたんだよ!」

「えっ!ホントに!?」

「うん 腰に回してた腕が上がって来ちゃって、引っ張られた時、胸のとこまで腕が上がって来たから」

「マジか…」

「うん 流石に周りに見られるのはちょっと…って思ったから、自分の腕で隠してたけど、片方の胸をずっと揉まれてたんだ(照)」

「鷲づかみ?」

「ううん さすがにそれは無いけど、でも、下から揉まれる感じ?」

「拒否し無かったの!?」

「まぁ酔っ払ってるだけだし、その場の雰囲気もあるから…私が拒否すると、雰囲気悪くなるでしょ?」

「でも、判ってて揉まれてたんだ…」

「まぁあれくらいなら、別に怒る事でも無いし(笑)」

めぐみの話を聞いて、ムクムクと血液が流れる度、大きくなってくると、「やだ~けんちゃん、硬くなって来てるよ~(笑)」

めぐみは、ズボンの中に手を入れ、直接チンポを刺激し始めました。

8割がた硬くなると、「今度は、私がしてあげる(笑)」とチンポを出して、フェラをしてくれました。

久しぶりに咥えた事もあり、めぐみはねっとりとした感じで、チンポをしゃぶってくれました。

完全に勃起し、チンポが硬くなると、「今度は、私が上になるね(笑)後、余計な事は考えなくていいから私だけを見てて♡」

めぐみはそう言いながら、下を脱ぎました。

私は、その言葉を信じ、ずっとめぐみだけを見ていました。

私に跨がると、チンポを握りマンコに位置を合わせます。

そして、「………あ…ああ~」腰を沈めながら、お風呂にでもつかったような声を出しました。

めぐみは、全てが入ると、私が目を離さないよう、上も脱いでくれ全裸になりました。

ゆっくりと上下に動きだし、次第に速くなってくると、同時に細い体に大きな胸が、ぶるんぶるんと揺れ出します。

「ああ~けんちゃん、気持ちいいー!もっとー!もっとー!」

「めぐみー!触られて気持ち良かった?」

「うん…ちょっとだけ、気持ち良かった(笑)ああー!硬い!けんちゃんのまた硬くなった!」

「もっと聞きたいよ!めぐみの口から」

「あんっ!あっ!○○さんに、ずっと乳首を摘ままれてたのー!コリコリされて、気持ち良かったよー!」

「うん!」

「私、ホントは、もっと揉んで欲しくて、手で隠してたの!」

「うん!」

「○○さんにイジられて、私の乳首が硬くなってるの、バレちゃった」

「うん!」

「○○さん、触るの上手くて、スッゴく気持ち良かったよ!」

「うん!」

「お尻を触られた時も、アソコの方まで手が入ってきてて、指で押されちゃった」

「うん!」

「ああんんっ!気持ち良かったから、知らない振りして、ずっと触って貰ったよ!」

「うん!」

「私、スッゴい濡れてたから、○○さんにも、バレちゃったかも! ああーけんちゃーん!」

「ああー めぐみー!イクッ!イクよ!」

「イッてー!私の中でイッてー!」

私は、1ヶ月ぶりにめぐみの中に出しました。

「出てるの分かるー!ああ…ああ…」

射精を感じためぐみも、体をビクつかせ、イッたようでした。

射精が終わると、めぐみがゆっくりチンポを抜き、マンコから白い精子がボトッと落ちました。

それを手で抑え、「勿体ない(笑)」と言いながら嬉しそうに笑ってくれました。

そのまま横になり、溢れないようにすると、私のチンポを咥えて、キレイにして、溢れた精子も舐めて取ってくれました。

「ありがとう(笑)」

「なんでそんな事言うの~(笑)私だって嬉しかったんだから、お礼なんて言わないで♡(笑)」

暫く裸のまま布団に寝転び、めぐみは「ねぇ~けんちゃん、もう一回(照)」と言いましたが、「ご、ごめん…無理そう… でも、まだめぐみに何もしてあげてないから、今度は俺がするよ(笑)」と、キスをしたり、胸を舐めたりした後、手でイカせて眠りました。

その日から、めぐみの過去の男性遍歴が気になりだし、話を聞き出すようになりました。

最初は「え~何でそんな事聞くの~言いたくない…」と言っていためぐみも、セックスが始まり、ちょっとした事でも話が聞けると、私が勃起するのが分かり、少しずつ過去の話をしてくれるようになりました。

とは言っても、私と21歳の時に付き合ったので、その前の彼氏は2人しかいませんでしたが、それでも十分興奮出来、その話でまためぐみとのセックスが復活しました。

しかし、人は飽きが来るもので、毎回聞いていたせいで、段々刺激が足りなくなってきてしまいました。

勃起し無くなったワケではありませんが、物足りなさを感じ始め、妊娠もしない事から、つい魔が差し

「ねぇめぐみ~」

「なに?」

「やっぱり、俺のじゃ妊娠出来ないと思うんだ…」

「どうしたの?急に…焦らなくても良いって言ったでしょ?」

「そう言ってくれるのは、俺ももの凄く救われてるけど…やっぱり、めぐみに早く子供を抱かせてあげたいんだ…」

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!