エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 6 分で読了)

公園で・・・(前編)

2019-08-09 01:22:32

この話のシリーズ一覧

1:公園で・・・(前編)(今見てる話
2:公園で…(後編)

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

愛知県/やよいさん(10代)の投稿

私は中部地方で大学生をしている、やよいという者です。現在二年生なのですが、夏の間にあったお話を書かせていただこうと思います。

 

 私はアニメが大好きで、半年ほど前にチャットアプリで知り合った一つ上の男性と共通のアニメの話題をきっかけに仲良くなりました。

それから彼とはアニメ以外の話でも、なんでも話していて楽しくて、ほとんど毎日チャットしています。学部の友達よりも彼とお話ししていたほうが楽しいくらいでした。

何しろ内向的な性格で、なかなか心を開ける友達に巡り合えていなかったのです。

 彼は大学には通っていなくて、社会人として働いているのにも関わらず、クラシック音楽や芸術に造詣が深く、ニックネームは大好きだという作曲家のドビュッシーからかりています。

話していても教養の深さがよく見て取れる彼を、わたしは有意義な会話ができる相手として大切に思っていました。

チャットアプリで男性とお話しすると、必ず「顔を見せてよ」とか、「おっぱいの大きさどのくらい?」とか聞いてくる野郎たちが表れるのですが、彼はそんなことも全く聞いてこなかったものでしたから、心地よく会話を共にできる唯一の相手だったのです。

 ある七月下旬のことでした。いつもどおりチャットをしていた時のことです。

 わたし「やっほー」

 彼  「やっほー元気?」

 わたし「元気だよ笑 もうすぐ夏休みだしね」

 彼  「おおーいいなあ、夏休みなんかするん?」

 わたし「うーん、、、バイトとサークルくらいかな」

 わたし「そっちは?」

 彼  「うん…俺は特に何もないな」

 わたし「そっか」

 

 彼  「会いに行っちゃおうかな笑」

 わたし「ええ~~笑 会ってどうするの笑笑 話すことなさそうじゃん」

実はこの時、わたしは内心ビビっていました。夏休みは確かに時間があるから、彼に会う時間くらいは十分とれるし、ゆっくりと話題を広げることだって努力すればできるでしょう。何しろチャットの上だけなら気心知れた中なのですから。

しかしわたしは容姿にさほど自信があるわけではないため、会って彼にどう思われるのかが怖かったのです。だから、曖昧な返事をしてチャットを終わらせてしまいました。

次の日わたしは、寝ぼけまなこでチャットを確認して仰天することになるのです。

 

 彼「今〇〇行きの新幹線に乗ってる」

 彼「どうしても暇で会いに来ることにしちゃった笑」 

 彼「夕方の五時くらいに着く」 

強引だな、と内心小さな反感を覚えながらも、こうなっては仕方がありません。腹をくくって彼に会ってみることにしました。いい友達なのだから、こちらの見た目がどうこうなんてことはきっと気にしないはずだ。話が盛り上がって、案外楽しめるかもしれない。そう自分に言い聞かせながらもいつもより丁寧に髪をとかして、結わえ、お気に入りのワンピースを着ました。もちろんお化粧にも普段より時間をかけてから、駅まで彼を迎えに行きました。

薄暗くなっているというのにまだ外はじとじとと蒸し暑くて、駅前の並木にとまったカナカナセミが奥ゆかしく鳴いていました。

「どこにいるの?」

わたし「黄緑色のワンピースを着て、バス停近くの郵便ポストのとこに立ってる」

しばらくすると私の方へまっすぐに、男性の影が歩いてきました。

「…こんにちは」はにかみながら、でも私の方をまっすぐに見ながらそう言った彼を見て、わたしは一層緊張してきました。

「こんにちは」どきどきしながらもできるだけ笑顔をつくりつつ挨拶することができましたが、恥かしくてうつむいてしまいました。中学高校と柔道に打ち込んだという彼は、がっしりとしていて肉付きが良く、しかし半袖からのぞく腕の筋が鍛えられた肉体を示唆しています。背はわたしよりすこし高い程度でしたが、

(男、ってだけでこんなに重厚なんだ…)

普段大学の男子なんて山ほど見ているはずなのに、妙に感心してしまったのでした。

駅前のお店は、週末の夕方ということもあってどこも混んでいましたから、わたしたちは自販機でお酒を買って、公園のベンチで座って飲むことにしました。

「…ありがとね、遠いのに」

「いや…今週末に限っては暇だったしね」軽く笑う彼。

「そっか」

「…緊張してるの?」

「えっ・・いや、まあ、そりゃあね…一応初対面だし…でしょ?」

いつもチャットでなら、馬鹿なこともくだらないこともフランクな口調で言い合えるのに…

(このワンピース、こんなに丈が短かったっけ…)

(男の人の手ってこんなゴツゴツしてて大きいんだ…)

今日に限ってはそんなことばかり気にしてしまいます。

薄暗くてじっとりとした空気に缶チューハイの冷たさが心地よいのと、緊張と照れをごまかしたいのとで、そんなに強くないのにお酒をハイペースで飲み進めてしまっていました。

「静かだね」またも彼は少し笑いながら言いました。

「ほら…やっぱり喋ることおもいつかないじゃん、だからだよ」わたしも笑ってしまいました。

「思えば不思議だよな」

「不思議って??」

「あんだけチャットしてお互いの趣味とか考え方とか好き嫌いとかさ、もうよく知ってるじゃん」

「うん」

「それなのに、実際会ったらこんなにお互い話題に困るんだよなあ、って」

「確かにね…」

「……」 

遠くから響くカラスの鳴き声と生ぬるい夏の夕暮れの空気が、より一層二人の間のぎこちない沈黙を強調しているように思えて、わたしは彼の方をまっすぐ向けません。

(…どうしよう何かしゃべらなきゃ)

わたしが必死に頭を巡らして話題を探していると、ふいに彼はわたしのほうに距離を詰めて、かとおもうと私の手からそっとチューハイの缶を取り上げました。

(えっ?)

そう思うか思わないかのうちに、彼の腕が私の背中に回されました。

思ったよりもごつごつして固い…そして熱い腕があせばんだ私の背中を抱いています。

 (‼)

わたしの驚きが声になるよりも早く、彼はもう片方手を伸ばして、私のワンピースのすそをちらりとめくりました…わたしのむっちりとした白い太ももの間に挟まれた、薄いピンクのコットンパンティがあらわになります。

「えっちょっと!?」

びっくりして声を上げるものの、お酒が入っていてうまく力が入りません。

彼はそのまま片腕を私の肩に回し、もう片方の手で、パンティの上からわたしの大切なところを何度も優しく撫でまわしました。

不思議と、嫌だとは感じませんでした。

 わたしは恥かしさで涙目になりながらも、彼の優しい指が熱っぽく感じられて、じわじわと気持ちよくなっていきます。

(ほかの人に触ってもらうのって、こんなにどきどきするんだ・・・・)ぼんやりとした頭でそう考えました。背中を支えていた手がゆっくりと下に降りて、腰のくびれあたりを優しく抱きました…その間も彼の指はわたしのパンティの上をなぞり続けていきます。

私の吐息が湿りを帯びて、激しくなっていきました。それに呼応するように、急にセミが騒がしく鳴き始めたのは偶然でしょうか。みればさっきまで下の方が赤かった空は、もうすっかり闇の色を濃くしていました。

「気持ちいい・・・?」

「……うん…」

「嫌じゃない…?」

頭がぼーっとして、何も答えられないでわたしは頭を彼の胸にもたげて身を任せました。

彼の指は私の太ももの間にさしこまれて、一番大切なところに、何か確認するかのように触れました。

「濡れてるね…パンツの上からでもわかるくらいびしょびしょになってるよ」そういって少しうれしそうにわらいます。

私の首筋を音を立てて舐めながら、ついにわたしのパンティを脱がせ始めました。

まくりあげられたワンピースの裾の下に、わたしの黒々とした陰毛が丸見えになってしまいました。

公園に一本だけ立つ街灯の青白い光が、そこを強調するかのように照らしつけています。

(こんな…外なのに)

(人が来て見られたら…)心がきゅっとするようなそんな不安感がわたしをいっきに襲いましたが、それと同時に私のあそこはより一層熱くなって脈打つようでした。

そしてわたしは、生まれて初めて自分の性器を男性に見られて、恥かしくてたまらないのに、何故か自ら脚を広げてしまうのです。

彼の指が私の割れ目にさしこまれると、そこはクチュ…といやらしい音を立てて彼の指へと糸を引きました。

「ほら…見て」彼の指には、わたしのいやらしい液体が驚くほどたくさん絡みついていました…「いや…‼」思わず顔をそむけたとたん、彼は三本の指でいきなりわたしのクリトリスにその液体を擦り付けて、ゆっくりと愛撫し始めました。電灯の明かりに反射して、彼の指とそこだけがてらてらと光り輝いています。彼の片腕はブラジャーを乱暴にす“り上げて、わたしの胸をワンピースの生地の下で揉みしだき始めました…

「ぅぁあぁ…っっあぁ…♡」もう声の我慢ができません。

「クリトリス大きいな…言われない?」そこを指ではじきながら彼は問いかけます。

「んひゃあぁぅっ…ぅ!」

「もうこんなに勃起して皮がむけちゃってるよ…」そういいながらも彼は、そこをはじき続けるのをやめてくれません。そのたびにピチャっ、ピチャっ、と甘美な音が公園の静かな空気に響き渡りました。

「ひゃあぁぅっっ…!ぁぁあぁ…っっ…」「…ダメぇ…っ」

「こんなに濡らしながら何言ってるの」私の目をまっすぐみつめながら、その割れ目を思いっきり広げます。

大股開きになったわたしのそこは、自分でもわかるくらいにひくひくと痙攣してしまってました。恥かしくて涙がこぼれます。手で顔を覆いながら、

「いやぁぁ…っ」少し泣いてしまいました。

「ごめんごめん」そういうと彼はまたクリトリスを、円を描くようにやさしく愛撫し始めました。(続く)

この話の続き

公園で…(後編)

私は中部地方で大学生をしている、やよいという者です。現在二年生なのですが、夏の間にあったお話を書かせていただこうと思います。    私はアニメが大好きで、半年ほど前にチャットアプリで知り合った一つ上の男性と共通のアニメの話題をきっかけに仲良くなりました。 それから彼とはアニメ以外の話でも、なん…

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]