月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 13 分で読了)

【評価高め】
事故の相手が細身巨乳美人だったので(1/2ページ目)

投稿:2019-07-26 21:19:52

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

名無し

 俺は車で長旅をしてる。旅を続けてると出会いもあるものだ。

 夜、山道走ってたら、狭い道で車が向こうからやって来た。とてもすれ違える広さじゃないので、後ろの広くなってる場所まで下がってやる事にした。

バックしていって俺が左に避けようとしたその瞬間、相手の車は発進して、勢い余ったのか俺の車に衝突した。

どしんと衝撃音がした。

「マジかよ」

 そう呟くしかなかった。

 それでも広くなってる場所までバックしとりあえず駐車すると、相手も隣に車を停めてきた。なかなかここは広く、何台か停められる。舗装されておらず葉っぱで覆われていて、待避所ぽくもある。

 俺は、相手の車に向かった。

 中を覗くと若い女だった。外から見ても分かる。超美人だ。

 ドアを開けて、

「すみません」

 開口一番それだ。

 出てきた女は、本当に美人で細身の抜群のスタイルだった。セーターみたいなのを着ていて、スカートは清楚な膝丈フレア。そして何より胸がでかい。張り出ている部分とウエストのくびれが、感動的だ。顔は目鼻立ちがくっきりしてて美形だった。

 2人で傷を確認すると、なかなか目立つ傷だった。

「お姉さん、警察は俺が呼ぶよ」

 常識的な事を俺が言うと、女は震え出して、

「そ、それだけは…」

 なんで、と訊くと、

「免許証忘れてしまって…。今持ってないんです……」

 その時は、免許不携帯だ。しょうがない、警察に正直に言うしかないだろ、と思いつつも、

「お願いします。修理代はわたしが払います」

 懇願する女の様子に、俺の中の悪魔が囁いた。

「知ったこっちゃねえよ」 

 と凄む俺。

 以前、免許不携帯でも過失は変わらない、と聞いた事があったが、女の勘違いに乗っかる事にした。

「あんたが悪いんだろ。仕事クビになってもしょうがない」

「許してください、修理代は払いますから」

 女は膝より上のスカートの前で手を合わせ、震えている。そんな可憐な姿を見たらたまらない。

「仕事終わりか?」

「休みとって友達と遊んで来た帰りなんです」

「すみません…」

「とりあえず乗りなよ」

 俺の車は長旅用に後ろの方が就寝スペースになっている。こんな時にもってこいだった。

「えっ」

 女は間抜けな声を出した。でも美人なので嗜虐心がそそられる。

 バックドアを開けると、マットと毛布が敷いてある。普段はここで車中泊してるのだが…。

 今回はここで美人と目くるめく時間を過ごす気になったのだ。

 女は目を丸くして、顔を青ざめさせている。

間髪入れず俺が肩を抱くと、抵抗もせずにブルブルと震えてる。ふわっといい匂いが。

「言いなりになってくれたら、警察には言わねえよ。頑張り次第じゃ、修理費だって請求しない。どうだ?」

 俯いていたかと思うと、クリクリさせた瞳に真剣な光を宿しながら顔を上げて、

「あ、あの……。婚約してるんです。こ、こんな、こんな事は…」

「なら、なおの事警察沙汰は困るだろ。彼氏が家で待ってるのか?」

「いいえ…1人暮らしで…」

 また俯く。なら、好都合だ。俺は動悸が収まらなかった。こんな好機2度とあるものか。

「早くしないと、通報するぞ。免停になるかもなあ」

「お、お願いです……」

 尚も訴えてくる女。

「じゃあ、どうするんだ?俺だって舐められた真似されて怒ってんだぞ。あんたが事故起こしたくせに、警察に通報しないでくれだ?ふざけんじゃねえぞ。俺の仲間呼んでシメてもいんだぞ?」

 女は美しい顔に恐怖を浮かべ、可憐な唇を震わせた。

 こんな山道、誰も助けに来るわけがない。

「……はい、乗ります」

 言う通りに乗り込んでくれた。

「靴は外で脱いで」

「はい」

 ドアを閉め、さあ開始だ。外からは満月の月明かりで意外と明るい。

 顔を近づけると、美人が怯えて顔を背け、

「やっぱり…無理です」

 と言ってきた。

「何言ってんだ」

 俺は肩をぐっと掴んで、押し倒して組み伏せた。

「やぁ…っ」

 女の華奢な身体を押さえつけながら唇を奪おうとすると、

 目を潤ませて、

「キスはちょっと……駄目っ」

 構わずブチュウとキスしてやる。

 首を振って抵抗する女の頭を押さえ、再びキスする。

 柔らかくて最高だ。でも唇はきゅっと固く閉じてて舌をなかなか入れさせてくれない。

「やめて」

 女は俺を押しのけようともがく。足もばたつかせるので、俺は腕を押さえつけ、覆いかぶさる。

 小さく悲鳴を上げる女。

「こんな山の中、誰も助けにきやしねえぞ。助かりたかったら言いなりになれ」

 凄んでやって、何発かビンタを食らわせてやると、大人しくなった。

 震える女の胸をセーターの上から揉むと弾力もあって柔らかくて素晴らしい。さらにはスカートの上から股間を擦ったり、伸びる生足を撫でまわしたりした。

 女は胸元に両手を丸めながら、その手をブルブルと震えさせてる。

 そんな様子がすげぇ可愛い。

 しばらくふとももを堪能して、頬擦りもさせてもらって、

「お姉さん、ほんと可愛いよ」

 と顔を近づけキスする。舌を入れようとすると素直に応じてくれた。

 しばらく舌で口内を凌辱してやった。

 唾液をどんどんと流し込んでやりながらのキスは興奮した。

 なかなか、これはさせてもらえないからだ。興奮するのに。

 舌を絡めるとグチョグチョと音を立てるのがいい。

 一旦終えると、糸を引く。女は綺麗な眉をしかめて俺をじっと見る。

「そういうの止めてください。涎流し込まないで」

 無視して、また同じようにする。直接的には抵抗せずされるがままの女。

 抱きつくと、ほのかにいい香りもするし、マシュマロみたいな胸が当たってくるし、たまらない。

「さ、脱いで」

 起き上がって、俺が脱ぎだすと、女は仰向けになって口を唾液塗れにして目を背けたままだ。

 構わず全裸になると、俺の息子はもう我慢が出来ないと怒張しまくってる。

「ほら、さっさと済ませたいだろ」

 と軽く頬を叩いてやると、ゆっくりと起き上がった。

「…。避妊してくれますか?」

 女が服に手をかけ、俺をじっと見つめてきた。

 ああ、いかん。美人って事を武器にして懇願してきたぞ。

「お願いします……」

 涙目で訴えてくる。

「じゃあ、ゴム持ってんの?」

 女の綺麗な瞳に一瞬、計算が駆け巡った光が帯びた。

「車にあるので、取ってきていいですか?」

 そのまま逃げる気だな、と勘づいた俺は、それを利用して、

「車に乗り込んだら逃げる気だろ。だから駄目だ」

「逃げません」

 必死に首を振る女。

「無理だぞ。すぐ追い掛けてやる。こんな山道で逃げられる訳ないだろ。事故って谷に真っ逆さまだぞ?」

 さっと青ざめる女。やはりそうだったようだ。

「じゃあ、一晩中付き合ってくれるならゴム有りでしてもいいけど。本番終わっても俺とずっとイチャイチャしてくれるならな」

 女は俯いた。

「すみません…やっぱりゴム持ってないです」

 震えながら応える女。

「やっぱりじゃなくて、持ってるって嘘ついたんだろ!」

 俺は女に詰め寄った。

「すみませんすみません…」

 俯きながら震え声で謝る女に興奮した。

「許して欲しければ、脱げ」

 女は俯きながらゆっくりと脱ぎだした。

 セーターやスカートをするすると脱ぎ、下着も黙って脱ぐ。

 一糸まとわぬ身体を晒し、一瞬綺麗な乳首を見せるも、すぐに豊満で形の良い乳房を腕で覆い隠し、ささやかな陰毛の生えた股間も手で隠す。

 白くて絹の様な肌だった。スタイルも言うまでもない。細身巨乳で、こんな良い女なかなかいない。

「しゃぶって」

 硬直したチンポを女の顔面に近づけると、女は何も言わずに手で優しく握って、ゆっくりと可憐な唇で咥え込んだ。

 沈痛な表情で、音立てて奉仕してくれる。竿も舐めたり、亀頭や玉を舐めながら手でもしごいてくれる。

 素人にしては、上手だ。結構気持ちいい。しかもこんな美人。

「パイズリして」

 こくりと頷くと、女は胸にチンポを挟んでくいっくいっとしごき始めた。

「ああ、いいよ」

 胸の圧迫感が竿に刺激をもたらし、そして綺麗で豊かな胸に俺の汚いチンポが挟まれているという光景がさらに興奮させる。

「しゃぶりながらして」

 と言うと、舌で亀頭をちろちろしたり、唇で亀頭を舐りながら、胸をぎゅ、ぎゅ、としてしごいてくれる。

「よし、そろそろしようぜ」

 というと、女は口からチンポを離し、俺が肩を抱いて押し倒すのに任せた。視線はそっぽを向いていたが。

 股を開いて、チンポを押し当てて、

「どうする?ナマでしていい?」

 と尋ねると、こくりと頷いてくれた。

「でも、中には出さないでくださいね?」

「言う事聞いてくれたら、そうするよ?」

「はい」

 と頷く女に、ぐっと押し込んで挿入すると、凄い締りだ。

「いいぞっ」

 俺は思わず口にしてた。

 女は顔を苦痛に歪め、ほろっと涙をこぼしていたので、

「そんな顔するの失礼だろ。嬉しそうにしろ。いいか動いて?」

 と脅すと、女は引きつった無理やりな笑顔で、

「い…いいですよ。動いてください…」

 ときた。

 お言葉に甘えて腰を振る。

 ああ、気持ちいい。久々の女がこんな良い女だなんて。

 胸を揉むと、感動的なくらい柔らかくて弾力があってすべすべで……。

 抱きつくと、水も弾くような若々しい肌が吸い付くようだった。

「あん、あん、あん、あん、あん」

 女は顔を背け、目を閉じて喘ぐ。何か癪だったので、

「俺の目見て喘いでくれる」

 と言うと、

 言う通りに、潤んだ瞳で俺を見つめながら喘いでくれた。

 もう、興奮しまくって、首筋や耳を胸を舐めたり、キスしまくった。

「あん、ああん、あ、あっんっ」

 とにかく気持ちよくて、パンパンと音が鳴るくらい突いた。

 ディープキスの合間に

「ねえ、抱きついて」

 と言うと、手足を回してきた。でも、ただ回しただけって感じだったので、 

 しばらく舌を絡めてから、

「おい、タンツボキスするぞ」

 さっき唾液流すと嫌がったので、ちょっと征服欲が刺激されたのだ。

「口開けて」

 言う通りにした女の口に向かって、唾液を垂らす。女の目が一瞬恐怖に滲んだ。

 垂れた唾液を舌で受け止める女。

「噛んで」

 もぐもぐ。

「飲み込んで」

 ごくり、白い喉元が動く。

「また開けて」

 何回が続けて、最後は抱きついて舌をねじ込んでやった。

 舌を絡めつつゆっくりと腰振りを再開して、

「笑って」

 と俺はニッコリと言った。

 女も微笑み返してくれる。

 美人と微笑み合いながら正常位セックス。最高だ。手を握り合って、恋人つなぎをして…。

「あん、あん、あん、あん」

「気持ちいいか?」

「気持ちいい、あん、ああん」

 女は俺と見つめ合いつつそう応えてくれる。

 ゆったりと腰を振っていたが、だんだんと射精感を感じてきたので、ペースを速めた。

「あっ、あん、あっ、あっ、あん、中はやめて、くださいねっ?」

 懇願する目つきで女が言う。

「じゃあ、好きって言って」

 女は一瞬、逡巡する様子を見せたが、微笑んで、

「好き」

 と応えた。

「あっ出る!」

 俺はもう耐えきれなくて、ドクンドクンと膣の中で精液を発射してしまった。

「あっ、え、え?あ、え?嘘、逝ってるの?」

 俺の様子に女は愕然としてた。

 気持ちよすぎて、身体を痙攣させつつ、女に抱きついた。

「いやああああ……えぐっ…えぐっ…」

 泣く女も可愛くてキスをしばらく楽しんだ。

 互いに汗の滲んだ身体を密着して、息荒く、セックスの余韻が2人を包んでた。

 俺は性欲が強いし、こんな良い女なかなかいないので、ずっと抱きついたままキスし続けた。

 挿入したままずっとキス。

「もうやめて、やめて」

 女は悲痛な声で言うがお構いなし。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(10件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。