エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

②旦那の為に気が付いてないふりして露出を楽しんでます

2019-07-17 19:51:07

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

りほさん(20代)からの投稿

大家さんに撮られ二本の指をおまんこにいつもより激しく出し入れをしながら「あぁ~りほいっちゃう、おまんこ気持ちいいの、りほのおまんこ沢山見られたいの~」と言い、ぶるぶると痙攣しながらいってしまった後、われにかえり鏡を見てみると大家さんはいなくなっていて郵便物が玄関に置いてありました。「夢じゃないよね…郵便物あるって事はやっぱり大家さんに見られてたって事だし…」りほがイッてしまった後に大家さんがいなくなっていて、ほっとしたのと同時に「そのまま襲われたい…犯してもらいたい」って考えてしまいました。

そしてまたTシャツだけを着て、洗い物、お掃除、洗濯をしてひと休みしてから、いつものようにパートに行こうとお茶を入れ休憩しました。家事が落ち着き休憩をするときには、さっきの大家さんのいやらしい視線を思い出して、さっきのように全裸になりまたオナニーをしちゃってました。「大家さんにまたりほのいやらしい姿みてもらいたい…」りほは想像しながら薄茶色の乳首を引っ張りくりくり…昔買って全然使わなくて隠してあったおちんぽの形をした太くて長いバイブをおまんこにあてました…。りほはおちんぽバイブの先を入れ、おまんこのびらびらを両手で拡げ声を出して「大家さんのおちんぽください、いやらしいりほのおまんこにおちんぽください」って、いつも想像してることを口に出しながら更に奥へと押し込みました…「あぁ~ん、りほは見られて感じる変態なの、毎日りほのおまんこ見て欲しいの…りほのおまんこ道具にされたいの…」りほは夢中になっておちんぽバイブを出し入れしいきそうになり上を向くと、大家のおじさんと、同じアパートに住んでいる奥さんが今は出ていかれて独身のおじさん(中村さん)が携帯でりほのオナニーを撮り見ていました…。りほは「えっえっ」てびっくりして慌てて胸を隠しましたが、太いおちんぽバイブがりほのおまんこにささりうぃんうぃん動いていて、「見られちゃった…りほのいやらしい本気オナニー見られちゃったしかも二人に…」って思ったら、腰がびくんびくん自然と動いてしまい、大家さんと独身のおじさんにおちんぽバイブをくわえ込んだりほのおまんこを突き出すような形で体全体がぴーんってなり震えながらイッてしまいました…。

大家さんは「吉岡さん、そんな風に思ってたんですね、良いのが撮れましたよ、欲しいんですか?何が欲しいかきかせてくださいな、それともさっきの再生して確認しましょうか?」中村さんが「吉岡さんって真面目な方だと思ってましたけど…大家さんのいうとおりだったんですね」って…。

りほがもじもじしていると、おじさんが再生を…「あぁ~ん、りほは見られて感じる変態なの、毎日りほのおまんこ見て欲しいの…りほのおまんこ道具にされたいの…」

「吉岡さんのいうとおり見てあげますよ、続けてくださいな」「それとやっぱりお願いするときは、立って人の目を見てお願いしないとね、バイブ入れながらするんですよって」

りほは大家さんと中村さんの前に立ち、おちんぽバイブをおまんこにさしながら言われる通りに「りほは見られて感じる変態です、毎日りほのおまんこ見て欲しいです…りほのおまんこ道具にされたいです…りほはおちんぽ欲しいです」って…いきそうになるのを見ると中村さんがりほの乳首を両手で引っ張り…りほは崩れるように腰をカクカクしながらイッてしまいました。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]