エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 6 分で読めます)

バスケ部の顧問に下半身を脱がされて…

2019-07-12 00:58:57

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

K♂さん(10代)からの投稿

顧問「そうか…」

先生は僕の右太ももの裾も捲りあげ、両太ももを露わにしました。毛の生えた太い指でT君のようにイヤラシイ触り方で僕の太ももを撫で回してきました。

スッ……サワサワサワサワサワッ

「ッ…」

僕は抵抗せずに、先生のされるがままでした。

顧問「お前も大変だな…。Tにこんなことされてたのか…。」

先生はそう言いながら僕の太ももを楽しんでいるかのように触ってきました。

サワサワサワサワサワッ…

「………ッ…」

僕は無言で先生に太ももを触られていました。

僕の股間は既に盛り上がってしまいました。

顧問「…K…勃ってるぞ…」

「ごめんなさぃッ…」

顧問「まぁ、気にするな。で、次は何されたんだ?」

「ハーフパンツの…上から…揉まれました…」

顧問「どこを?」

「アソコ…ですッ…」

顧問「そうか…じゃあ確かめるために触るからな?」

先生はそう言いながらゆっくりと僕の勃起したチンポをハーフパンツの上から握りました。

ギュッ…

「ァッ…」

僕は先生にハーフパンツの上から勃起したチンポを握られると思わず小さく声を出してしまいました。

顧問「なんだK…確かめる為にやってるだけなんだぞ…こんなに硬くして感じちゃダメだろ…」

先生はそう言いながらハーフパンツの上から毛の生えた大きな手で僕のチンポを揉み上げました。

モミンッ…モミンッ…モミンッ…モミンッ…

「ァッ……ごめんッ…なさぃッ…」

射精したい…僕はそう思ってしまいました。

顧問「確かめる為にやってるだけだから頼むからイクなよ?先生困っちゃうからな…」

モミンッ…モミンッ…モミンッ…モミンッ…

先生は笑いながら僕の勃起したアソコを揉み続けました。

「…はぃ…ッ」

僕はそう返事してたまに目を閉じて感じてしまいました。そのまましばらく話しながら揉まれていました。

顧問「なんか湿ってきてないかお前?」

先生は右手でハーフパンツの上から僕のチンポをつかんだまま人差し指で先っぽをツンツンしてきました。

「ッ…すみません…ッ…」

僕は謝りながら太ももを露出してされるがままでした。

顧問「それくらいならいいけど射精すんなよ笑」

先生は笑っていました。

顧問「で、次はどうされた?」

「ッ…ハーフ…パンツ…の…なかに…手を入れられてッ…パンツの上から…されました…」

顧問「ほぉ〜…そうか…」

先生はそう言いながら右手を僕のアソコから離してベンチをまたいで僕の方を向きました

そして僕もベンチをまたがせるように座らせて僕の背中を先生のお腹にもたらせるようにしました。

僕はベンチにまたがった状態で先生にもたれかかりました。そして先生は後ろから僕の脚を開かせて僕に覆いかぶさるように手を前に持ってきました。

そして左手で僕のハーフパンツのゴムを掴み、引っ張りました。右手をその隙間に入れて僕のアソコを見つけてパンツの上からビンビンのチンポを握ってきました。

顧問「…ビチョビチョだぞお前…」

「ッ……ッ…」

先生はそう言いながら右手を僕のハーフパンツの中に入れて僕のアソコをパンツの上から揉んできました。

モミンモミンモミン…モミンモミンモミンッ…モミンモミンモミンッ…

「ぁッ……ンッ……」

僕は先生にもたれかかり、されるがままで小さく喘ぎ声をあげてしまいました。

顧問「……気持ちいいのか…?」

「……ッ……ンッ……」

僕はその質問には答えませんでした。

顧問「…答えろよ…」

先生はそういうと右手を滑らすように素早く上下にシゴいてきました。

シコシコシコシコシコシコッシコシコシコシコシコシコッ

「あッ……あッ……ゃッ…」

僕は快感に表情を歪ませ喘ぎ声をあげていました。

顧問「…おい、答えろほら」

シコシコシコシコシコシコッシコシコシコシコシコシコッ

「…ぁッ……きッ…キモチイ…です…ッ…ぁンッ…」

僕は快感に耐え、喘ぎながら正直に答えました。

顧問「…困った奴だなお前は…で、次は何されたんだ?」

先生はシゴく手を止めて僕に聞きました。

「…ッ…ぁンッ…」

僕はシゴかれていた手をいきなり止められて快感の波が一瞬高まり、両膝を一瞬上げて身体をビクつかせました。

顧問「ほら…早く答えろ」

先生は両手をブランと下におろした状態でいました。僕は先生にもたれかかっていました。

「…ッ…下…全部脱がされて…ッ…されましたッ…」

顧問「そうか…。じゃあ早く脱げ。」

僕は先生にもたれかかったままゆっくりと両手をハーフパンツにかけてパンツと一緒に掴み、脱ぎました。

僕は上はTシャツ、下は何も履いてない状態になりました。

先生は上から僕の下半身を覗き込み、両手で僕の太ももを触って脚を開かせました。

顧問「…毛まだ生えてないんだなぁ…」

先生はニヤついてる感じでした。

そして僕の勃起したチンポを右手で握るとシゴき始めました。

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコッシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコッ

「ぁッ…ぁッ…せんせぃッ…」

僕はあまりの気持ち良さに射精してしまいそうになり、右手で先生の太い腕を掴みました。

顧問「イッちゃ駄目だからな、状況を把握するために仕方なくしていることだからな。」

先生はそう言いながら僕のチンポを激しくシゴいてきました。僕の背中には先生の勃起したチンポが何度も当たっていました。

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコッ

「ぁあッ…あぁぁッ…せんッ…せいッ…だめッ…」

僕は先生の右膝に手を置いて顔を歪ませながら必死に快感に耐えていました。

顧問「ほらほらっ…イキそうになったら言えよ、そうしないとイッちゃうぞイッちゃうぞ?」

先生はものすごいスピードで僕のチンポをシゴいてきました。僕のチンポは気持ち良すぎて麻痺しているようでした。

「ぁあぁッ…せんッ…せいッ…だめッ…ィッ……ィッ…ちゃぅッ…」

僕はあまりの快感にベンチから腰を浮かせてしまいました。先生にイキそうなことを伝えました。

顧問「…なに?…なんだって?聞こえないぞ?」

先生はシゴく手を緩めませんでした。

僕はもう限界を迎えるところでした。

「せんっ…せぃッ……イクイクッ…イッ…ちゃぅ…ッ…」

先生「・・・」

僕がイクと言ったのにも関わらず先生は何も言わずにシゴく手を止めることはしませんでした。

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコッ

僕は両手を先生の太ももに置き、自ら腰を振っていました。

「あッ…も…ぅだ…めッ…イッ…クッ…」

ドピュッドピュッ…ドピュ……ドクンッ…ビュッ…ドクンッ…

そして僕は腰をビクンビクンッと反応させながらバスケ部顧問の手でついに射精してしまいました。

僕の精子は遠くまで1つ向こうのベンチにかかっていました。先生の手にも付いていました。

「ッ…ハァッ…ハァッ…ハァッ…ッ…」

僕は息を切らしながら先生の身体へもたれかかって果てていました。

顧問「なんでイッたんだよお前…俺はイクなって言っただろ?ほら、なんだこれ?」

先生は怒った口調でぼくの精子が付いた右手を僕の顔の前に出してきました。

「ハァッ……ハァッ……ハァッ…ごめッ…なさぃ…」

僕は息を切らしながら謝りました。

先生は僕のTシャツで手を拭いて立ち上がりました。

僕は下半身を露出したままベンチへ仰向けで寝ました。先生の方を見ると股間が膨れ上がっていました。

先生はスマホを取り出し僕の方へ向けました。

パシャッ…パシャッ…パシャッ…

僕の恥ずかしい姿の写真を撮っていました。

僕は恥ずかしくて両手で顔を覆いました。

顧問「外せ、手」

僕は恥ずかしくて外せませんでした。

僕はまだ勃起していました。

顧問「いいのか?言うこと聞かなくて?」

僕は顔から手を離しました。

顧問「カメラ見ろ」

僕はカメラを見ました。

パシャッ…パシャッ…パシャッ

先生はカメラを僕の下半身に近づけました。

パシャッ…パシャッ

先生は僕の身体の写真を撮るだけ撮るとスマホをしまいました。

顧問「記録として残してるだけだから安心しろ。早くズボン履け」

僕はゆっくりと起き上がり、落ちていたパンツとハーフパンツを履きました。

顧問「まだ色々調べることが残ってるからな。ただ、今日はもう帰っていいぞ。」

先生はスマホをいじりながら僕を見ませんでした。

先生の股間はまだ勃起していました。

「…おつかれさまでした…」

僕は着替えず、ロッカーからバッグを取り、急いで帰りました。

家に帰り、部屋に入った僕は天井を見て先ほどのことを思い出していました。

僕は興奮してきてオナニーをしてしまいました。

家で1人で射精した後、横になりこれから僕はどうなってしまうんだろう…。そう考えました。

つづく…

評価かコメントしないと怒りますo( ̄ ^  ̄ o) プィッ!

結構書くの大変なんですょ‼︎

おねがいしますね( ˘ ³˘)笑

下記のコメント欄に写真ありの雑談部屋のURL載せておくので話しましょう♪

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]